#コンパス攻略

#コンパス【環境】: 10月シーズンを振り返り!コクリコとルルカの使用カードに面白い変化が!?

『#コンパス』で2020年10月1日から11日にかけて開催された、10月シーズン"ゆめものがたり"。本記事では、実際にシーズン中プレイしていて目立ったヒーローやカード、環境変化について振り返りながら紹介していく。

公式データ

使いたいけど使いこなせない人が超多数「コクリコ」

【連】カードの人気上昇中!万能ヒーロー「ルルカ」

シーズン情報

シーズン開始日とバランス調整が同日に!波乱の幕開けとなったシーズン

2020年10月に行われたシーズンバトルは、コクリコがテーマの「ゆめものがたり」。

シーズン開始と同時にヒーローのバランス調整が実施されるという、今までにない波乱の幕開けとなり、プレイヤーの対応力が求められた。

2020年10月シーズンボーダー

まずは開発チームの協力のもと、今回のシーズンボーダーを公開!

どれくらいバトルポイントを稼げばアイコンやカードを獲得できるかなど、次シーズンの目標を決める際の参考にしていただきたい。

順位 BP 前回比較 ボーダー
10位 5,544
【S8】44
▼105 金アイコン
100位 5,054
【S7】54
▼42
500位 4,886
【S6】386
▼34 銀アイコン
1,000位 4,509
【S6】9
▼25
5,000位 4,221
【S5】221
▼38 銅アイコン
30,000位 3,540
【S4】40
▼59 限定カード獲得
90,000位 2,674
【S2】174
▼164 限定チップ獲得

9月のルチアーノシーズンと比べると、全体的にボーダーは落ち着いた結果に。

今シーズンは通常よりエンジョイ期間が短かったため、じゅうぶんにランクを上げることができず、いつもより低めのランクからスタートしたプレイヤーが多かったことが要因の1つであると考えられる。

10月シーズン ヒーロー使用率&勝率ランキングTOP10【S5~S9】

続いて、S5-S9ランクでのヒーローの使用率と勝率を紹介。

使用率 ヒーロー 勝率 ヒーロー
1位
▲19

コクリコ
1位
▲13

忠信
2位
▲5

ディズィー
2位
▲11

めぐみん
3位
▲1

ジャンヌ
3位
▲19

まとい
4位
▼2
#コンパス【環境】: 10月シーズンを振り返り!コクリコとルルカの使用カードに面白い変化が!?
Voidoll
4位
▲3

ポロロッチョ
5位
▲1

ミク
5位
▼4
#コンパス【環境】: 10月シーズンを振り返り!コクリコとルルカの使用カードに面白い変化が!?
デルミン
6位
▲3

アイズ
6位
▲5

オカリン
7位
▲5

ソル
7位
▼2
#コンパス【環境】: 10月シーズンを振り返り!コクリコとルルカの使用カードに面白い変化が!?
乃保
8位
▼5

甘色
8位
▲15

春麗
9位
▼1

アクア
9位

イスタカ
10位
▼5

ギルガメッシュ
10位
▼2

ザック

※順位変化は先月比のもの

使用率1位は、今シーズンの主役である「コクリコ」。シーズン直前のバランス調整対象ではなかったにも関わらず、前回シーズンより大幅に順位を上げている。

また、今シーズンは『ギルティギア』コラボ復刻直後の開催だったため、コラボヒーローの「ソル」と「ディズィー」の使用率も上がっている。

勝率はトップ3が大きく変動している。忠信、めぐみん、まといと勝率トップ10ではあまり見られることがなかったヒーローが多くランクインしている。

注目ヒーローの順位変化【S5~S9】

10月シーズン直前にバランス調整が入ったヒーローと『ギルティギア』コラボで復刻したばかりのヒーロー「ソル」「ディズィー」「カイ」の使用率と勝率も公開。

ヒーロー 使用率 勝率

ソル
7位
▲5
28位
▼3

ディズィー
2位
▲5
29位
▼25

カイ
32位
▲4
42位
▼4

ジャンヌ
3位
▲1
13位
▼3

乃保
21位
▲6
7位
▼2

ソーン
28位
▲4
27位
▲13

零夜
25位
▲6
26位
▼2

忠信
45位
▲2
1位
▲13

ギルガメッシュ
10位
▼5
15位
▲6

※順位変化は先月比のもの
※10月1日のバランス調整で上方修正されたヒーロー名を赤色、下方修正されたヒーローを青色で表示

『ギルティギア』コラボヒーローは、復刻直後で初入手した人も多いのか、3人とも使用率が上がっているが、まだ使い慣れていないせいか、勝率は3人とも下がってしまっており、特にディズィーは大きく勝率を落としてしまっている。

前回シーズンで注目されていた、ジャンヌとギルガメッシュだが、今シーズン直前のバランス調整で下方されたものの、使用率と勝率にはさほど影響は出ていない。

#コンパス【環境】: 10月シーズンを振り返り!コクリコとルルカの使用カードに面白い変化が!?

10月シーズン ヒーロー使用率&勝率ランキングTOP10【S1~S4】

さらにS1-S4ランクでのヒーローの使用率と勝率を見ていこう。

勝率ランキングは毎月の傾向どおり、コラボ開催から日が経った限定ヒーローたちが席巻している。

使用率 ヒーロー 勝率 ヒーロー
1位
▲26

ソル
1位
▲1

リュウ
2位
▲31

ディズィー
2位
▼1

モノクマ
3位

まとい
3位

春麗
4位
▼3

甘色
4位

忠信
5位
▲25

カイ
5位
▲11

レム
6位
▼2

ソーン
6位
▲3

リヴァイ
7位
▼5
#コンパス【環境】: 10月シーズンを振り返り!コクリコとルルカの使用カードに面白い変化が!?
ルチアーノ
7位
▼2

ザック
8位
▲20

コクリコ
8位
▲10

アイズ
9位
▼4
#コンパス【環境】: 10月シーズンを振り返り!コクリコとルルカの使用カードに面白い変化が!?
メグメグ
9位
▼3

めぐみん
10位
▼3

エミリア
10位
▲1

オカリン

※順位変化は先月比のもの

S1-S4ランクでは、シーズン開始直前に復刻した『ギルティギア』コラボヒーローの「ソル」、「ディズィー」、「カイ」や今シーズンの主役である「コクリコ」が大きく使用率を上げている。

勝率のほうは、コラボ復刻から少し経った「レム」と「アイズ」が大きくランクアップした。

注目ヒーローの順位変化【S1~S4】

S5ランク以上と同様、10月シーズン直前にバランス調整が入ったヒーローと『ギルティギア』コラボで復刻したばかりのヒーロー「ソル」「ディズィー」「カイ」の使用率と勝率も公開。

ヒーロー 使用率 勝率

ソル
1位
▲26
26位
▼24

ディズィー
2位
▲30
28位
▼27

カイ
5位
▲25
27位
▼20

ジャンヌ
13位
▼4
36位
▼4

乃保
23位
18位
▲8

ソーン
6位
▼2
42位
▲5

零夜
18位
▼1
39位
▲7

忠信
45位
▲5
4位
▲8

ギルガメッシュ
24位
▼12
15位
▼6

※順位変化は先月比のもの
※10月1日のバランス調整で上方修正されたヒーロー名を赤色、下方修正されたヒーローを青色で表示

『ギルティギア』コラボヒーローの3人の使用率が大きく上がったが、逆に使い慣れていないプレイヤーが増えたため、勝率が大幅にダウンしていることがわかる。

下方修正を受けた「ジャンヌ」と「ギルガメッシュ」は、使用率も勝率も下がる結果となった。

データや体感から、今回は…

  1. 人気爆発で使用率トップだが、使いこなすのが難しい「コクリコ
  2. 最近使用カードにちょっとした動きのある「ルルカ

の2人にフォーカスし、開発チームからいただいたヒーローごとのカード使用率ランキングから、注目されているカードをピックアップして、現環境で増えつつあるデッキや立ち回りを紹介していく。

使いたいけど使いこなせない人が超多数「コクリコ」

コクリコのおすすめデッキ・立ち回り
10月シーズン使用率
(S5~S9)
10月シーズン勝率
(S5~S9)
1位/50人中 38位/50人中
10月シーズン使用率
(S1~S4)
10月シーズン勝率
(S1~S4)
8位/50人中 49位/50人中

今シーズンの主役で、圧倒的使用率を誇ったコクリコ。

ただ、全ヒーローでもワースト級に耐久が低いうえに、接近戦を強いられるということもあって使いこなすことは難しいヒーローともなる。

その結果が、勝率ランキングに大きく出ている。

【10月シーズン】コクリコのカード使用率ランキングTOP10(S5~S9)

順位 カード名 順位 カード名
1位
ミナ&ルナ&レナのバーゲンセール戦争
2位
全天首都防壁 Hum-Sphere LLIK
3位
反導砲 カノーネ・ファイエル
4位
オールレンジアタック
5位
*絢爛ノ美* ボラ&アルヒコ&アペイロン
6位
機航師弾 フルーク・ツォイク
7位
楽団姫 ディーバ
8位
楽団長 ドルケストル
9位
祭り開始!どでかい和太鼓
10位
革命の旗

コクリコのカード使用率トップ10最大の特徴は、回復カードが1枚も入っていないこと。

耐久力の低さから、攻撃を受けると一撃で倒されることが多いことや、全ヒーローで最も移動速度が速く、倒されてからの前線復帰も早いことなどが要因だろう。

ランキングには、敵へダッシュアタック(以下、DA)をするために接近する際、自分の身を守る【防】カード(以下、ダメカ)や防御力アップカード、火力を出せるものから状態異常などのサポート系までさまざまなスキルの攻撃カードが入っている。

現状で、最も主流となるであろうデッキ構成は以下のとおり。

【10月シーズン】コクリコの主流デッキ

  • 反導砲 カノーネ・ファイエル
  • オールレンジアタック
  • ミナ&ルナ&レナのバーゲンセール戦争
  • 全天首都防壁 Hum-Sphere LLIK

敵へ接近する間は全天で身を守り、苦手な貫通攻撃はバーゲンで防いでいく。

得意のタイマンでは、DAを中心に攻めていき、敵がダメカを使ったらカノーネオールレンジでトドメを刺していこう。

コクリコ好きの筆者も、今シーズンはこちらのデッキをよく愛用していたが、キル能力が高いだけでなく、オールレンジで敵をダウンさせたり、カノーネでダメカを割ったりして、味方を助けることもできるので、かなり万能なデッキだと感じている。

サポート型デッキのコクリコがアツい!

キル寄りの万能型デッキが強力なのは理解していただけたと思うが、ここ最近、少しずつ数を増やしているのが、状態異常などの攻撃カードを採用したサポート型デッキのコクリコ。

カードの使用率トップ10にも「*絢爛ノ美* ボラ&アルヒコ&アペイロン」、「祭り開始!どでかい和太鼓」、「革命の旗」という、キル目的ではない攻撃カードのランクインが目立っている。

先ほど紹介した「【10月シーズン】コクリコの主流デッキ」でうまくいかないと感じている人は、これらのサポート系の攻撃カードを使ってみてはいかがだろうか。

サポート型デッキ

  • 革命の旗
  • *絢爛ノ美* ボラ&アルヒコ&アペイロン
  • ミナ&ルナ&レナのバーゲンセール戦争
  • 全天首都防壁 Hum-Sphere LLIK

コクリコのHSはとても強力なうえにたまりやすいので、革命の旗で敵からスキルゲージを吸収すれば、1試合に2回HSを使うことも可能。

また、絢爛ノ美で敵をスタンさせて味方のキルサポートもでき、さらにスタンした敵へ確実に革命の旗を当てることも可能なので、そういった意味でもこの2枚の組み合わせは相性がいいのだ。

さらに、こちらのデッキはキルをすることが目的ではないので、デッキレベルが周りより低くても使いやすいだろう。

【候補】ドルケストルや和太鼓も採用OK!

コクリコのカード使用率ランキングで8位にランクインしている「楽団長 ドルケストル」や9位の「祭り開始!どでかい和太鼓」もデッキに組みこめる。

ドルケストルは、防御力の高いコクリコと相性がよく、全天よりも効果時間が長いのがメリットだが、状態異常やダウンが防げないのがデメリットだ。

和太鼓は、ダウンやサイレントで味方をサポートできるのはもちろん、敵はカードが使えなくなるので、コクリコのDAを当てやすくなったり、攻撃ステータスがレアリティのSRで最も高かったりと、コクリコ自身とも相性がいいカードでおすすめ。

ドルケストル全天と、和太鼓革命の旗と入れ替えるといいだろう。

革命の旗はバーゲンと連切り必須!

革命の旗を使うにあたって絶対に気をつけなければいけないのが、他の【周】のURカードと異なり、カードを切ってから実際に攻撃するまでの時間、つまり発動時間がかかること。

革命の旗の発動時間中に攻撃の範囲外へ逃げられてしまったり、最悪の場合倒されてしまったりすることも。

そのため、革命の旗を使う場合はバーゲンと連切りをして、発動時間をカットしつつ自分の身を守るようにしよう。

バーゲンとの連切りで、敵の周囲スタン攻撃から身を守りつつ、革命の旗でスキルゲージを吸収。革命の旗を使ったあとは、スキができやすいので、いったん敵と距離をとることをおすすめする

絢爛ノ美は味方がそばにいるときに使おう!

サポート型デッキのコクリコは、フルークオールレンジなどの瞬発火力を出すカードがなく、絢爛ノ美で敵をスタンさせても1人でキルまで持っていくのが厳しいことが多い。

そのため、絢爛ノ美の主な使用目的は味方へのキルサポートで、Voidollやピエールなどと似たような使い方となる。

どうしても1人でも防衛しなければいけない場面を除いては、味方が誰かしらそばにいるときに使うように心がけよう。

味方がすぐそばにいるときに使えば、スタン中に敵を倒してくれる

カードだけでなくHSやDAでのサポートも可能!

コクリコのHSとDAによるアビリティには、強力なデバフ効果があるので、それによる味方へのサポートも可能。

革命の旗でスキルゲージをどんどん吸収してHSを使ったり、ピンチの味方がいたらDAで攻撃力を下げて生き延びさせたりと、カードに頼らないサポートができるのもコクリコの強みだ。

少々わかりづらいが、味方ディズィーが敵ルチアーノに遠距離スタン攻撃をされてピンチに。敵ルチアーノにDAをして攻撃力を下げることで、カードなしでも味方を守ることができた

【連】カードの人気上昇中!万能ヒーロー「ルルカ」

ルルカのおすすめデッキ・立ち回り
10月シーズン使用率
(S5~S9)
10月シーズン勝率
(S5~S9)
11位/50人中 11位/50人中
10月シーズン使用率
(S1~S4)
10月シーズン勝率
(S1~S4)
15位/50人中 33位/50人中

ここ半年くらいは安定した使用率の高さを誇るルルカだが、あるカードの登場をきっかけに、ルルカ初登場となった今年2月のシーズンと比べて、カード使用率ランキングにちょっとした変化が起きている。

【10月シーズン】ルルカのカード使用率ランキング(S5~S9)

順位 カード名 順位 カード名
1位
機航師弾 フルーク・ツォイク
2位
ドリーム☆マジカルスクエア
3位
帝皇機神 ケーニヒ・イェーガー
4位
魂を司る聖天使 ガブリエル
5位
楽団姫 ディーバ
6位
【デルミン】デビルミント始龍
7位
全天首都防壁 Hum-Sphere LLIK
8位
ライバル狂刃忍者 -幽々院ゆらら-
9位
【ダンまち】ソード・オラトリア
10位
学園の王者 生徒会執行部
【2020年2月シーズン】ルルカのカード使用率ランキング

使用率1位は、2月シーズンと同じく「機航師弾 フルーク・ツォイク」。しかし、2月シーズンよりも使用率がグッと落ちている。

その代わりに、2月シーズンのランク外から6位へと急上昇したのが「【デルミン】デビルミント始龍」。

フルークでも敵を倒せないことも少なくないため、始龍でダメージを与えつつ回復して前線維持力を上げたり、フルークと違い遠くまで吹き飛ばさず、そのまま追撃してキルへつなぐことができたりと、メリットはとても多く思える。

考えられる10月シーズン時の主流となるデッキ構成は、以下のとおり。

【10月シーズン】ルルカの主流デッキ

  • 機航師弾 フルーク・ツォイク
  • ドリーム☆マジカルスクエア
  • 帝皇機神 ケーニヒ・イェーガー
  • 魂を司る聖天使 ガブリエル

カード使用率ランキング上位4枚のカードをそのまま採用したデッキ。

マジスクで敵の行動を制限し、ダメカを使ってきたらHAで壊して、ダメカを使ってこなかったら、通常で少し削ってからフルークで一気に倒していこう。

始龍を入れるなら、フルークと入れ替えになるが、そうするとデッキすべてが水属性になり、木属性で確実に弱点をつかれてしまうのが最大のデメリットだ。

ルルカの【連】カードがアツい!

今年7月末に『ダンまち』コラボで登場した引き寄せ【連】カードの「【ダンまち】ソード・オラトリア」(上画像中央)。

こちらのカードを採用したルルカが少し前に流行ってから、ルルカの【連】カードが見直されている傾向にあるように思える。

2月シーズンのルルカのカード使用率トップ10には、【連】カードは生徒会しか入っていなかったが、今シーズンになるとオラトリアゆららもランクインしており、こちらの3種類の【連】カードがひそかな人気上昇を見せている。

今回は、通常【連】、貫通【連】、引き寄せ【連】の3枚の【連】カードを用いて、それぞれのメリットやデメリットを交えて紹介していく。

キル能力を求めるならこれ!生徒会などの「通常【連】カード」

ルルカは攻撃力がアタッカーとしては高くなく、フルークでは敵を倒しきれないことも少なくない。

そのため、フルークよりも大きな火力が出る生徒会をはじめとした通常【連】カードが使われる。

全弾当てることができれば、フルークの約2.6倍の威力を叩き出せるので、ガンナーはもちろんアタッカーも倒せることが多い。

ただし、全弾当てるのが非常に難しく、ダウン効果もないので、攻撃している途中で逃げられたり、ダメカでダメージを防がれたりと簡単に対策されてしまう。

数発当たっただけではあまりダメージを与えられない。逃げるだけで避けることができるので、敵にカードを使わせることもできない

つまり、ただ闇雲に通常【連】カードを使ってもまともにダメージを与えられないということだ。

そのためには、HAや攻撃カードを使っている途中、いわゆる敵のモーション中に通常【連】カードを使う必要がある。敵はモーション中だと思った方向に逃げたり、ダメカなどのカードを使うこともできないのでスキだらけだ。

もちろん、敵のモーション中に通常【連】カードを当てるだけでもいいが、マジスクを使えば敵のモーション時間をさらに伸ばすことができ、通常【連】カードをよりヒットさせやすくなるので、おすすめの組み合わせだ。

敵のセイバーオルタのHAにマジスクをかけることでモーション時間を延長させて、その間に通常【連】カード(生徒会)を確実に当てて倒すことができた!

使える場面が最も多く汎用性が高い!ゆららなどの「貫通【連】カード」

ゆららをはじめとした貫通【連】カードは、ルルカ以外のヒーローでも人気が高い。

その人気の1つは、使用場面が多いという汎用性の高さにあるだろう。

攻撃カード使用やポータルキー取得中などのモーション中やスタン中はもちろん、ダメカを貫通してダメージを与えられるので、敵が全天などの発動時間「短」のダメカを使ったスキに合わせて攻撃することもできる。

ダメカの上からでも使えるというだけで、使える場面がかなり増えるのだ。

敵が発動時間「短」のダメカを使った瞬間を狙ってのゆらら(貫通【連】カード)。通常【連】と違い、安易にダメカを使わせない強さがある

さらに貫通【連】カードは、最終弾をヒットさせると敵をダウンさせるという強力な効果がある。

貫通【連】カードで倒しきれなかったとしても、そのあとのダウン中に通常攻撃で倒すこともできるのだ。

ただし、他のURの【連】カードと比べるとかなり威力が低く、全弾当てても倒しきれないことも少なくないのがデメリット。

圧倒的拘束力&巻き込み力!オラトリアなどの「引き寄せ【連】カード」

今年7月末の『ダンまち』コラボ限定カードとして初めて登場したスキルの引き寄せ【連】カード。現状、このスキルを持つURカードは、上画像の「【ダンまち】ソード・オラトリア」のみとなる。

本来、コラボ限定カードは、入手や限界突破が恒常と比べて大変なので、カード使用率ランキングに入ることはあまりないのだが、そんななかで同ランキング9位にまで食いこむほど人気が高い。

この引き寄せ【連】カード最大の特長は、他の【連】カードよりも射程が長いことだ。

そのため、複数の敵を巻き込みやすく、さらに引き寄せ効果もあるので、攻撃中は敵をしばらく拘束することもできる。

射程が長いがゆえに攻撃を当てやすく、複数人の敵を巻きこむのも容易だ

さらに、引き寄せ【連】カードは威力もそれなりにあり、貫通【連】カードと比べてもかなり高めとなっている。

そのため、引き寄せ【連】カード単体で敵をキルできるのもメリットだ。

しかし、他の【連】カードよりクールタイムが長めであること、現時点でコラボ限定カードのみのスキルであるため入手困難であることがデメリットとしてあげられる。

シーズン情報

シーズンバトル告知文

ランキング報酬限定カード:【おわらないとけい】コクリコ

ランキング報酬限定&参加賞アイコン

シーズン限定コスチューム:【コクリコ】ぷくぷくぐんぷく【裏】

過去のバトル環境記事はこちら


2020年4月シーズン
(テーマ「ヴィオレッタ」)

2020年3月シーズン
(テーマ「デルミン」)

2020年2月シーズン
(テーマ「リリカ」)

2020年1月シーズン
(テーマ「アタリ」)

2019年12月シーズン
(テーマ全員)

2019年11月シーズン
(テーマ「ソーン」)

(C) NHN PlayArt Corp.
(C) DWANGO Co., Ltd.