#コンパス攻略

#コンパス【環境】: 2月シーズンを振り返り!復刻登場したミク&リン・レンの人気カードをチェック!!

『#コンパス』で2021年2月4日から14日にかけて開催された、2月シーズン"アイ、煩って"。本記事では、実際にシーズン中プレイしていて目立ったヒーローやカード、環境変化について振り返りながら紹介していく。

公式データ

味方サポートで真価を発揮!「初音ミク」

通常攻撃も非常に強力!「鏡音リン」

ドア型が依然定番!「鏡音レン」

シーズン情報

シーズンバトル

ルルカが初めてテーマヒーローとなった2月シーズン「アイ、煩って」。

シーズン開催直前には「雪ミク2021」が初登場した『初音ミク&鏡音リン・レン』コラボ復刻が行われ、シーズンバトルでは、ミクをはじめとする限定ヒーローや強力なサポート性能を誇る限定カードがよく見かけられた。

『#コンパス』の2月の風物詩ともなりつつある『初音ミク&鏡音リン・レン』コラボ復刻。単なる復刻イベントではなく、毎年雪ミクコスチュームが追加されている

そんな2月シーズンを、特別にいただいた公式データも見ながら振り返っていこう。

2021年2月シーズンボーダー

まずは開発チームの協力のもと、今回のシーズンボーダーを公開!

どれくらいバトルポイントを稼げばアイコンやカードを獲得できるかなど、次シーズンの目標を決める際の参考にしていただきたい。

順位 BP 前回比較 ボーダー
10位 5,606
【S8】106
▼50 金アイコン
100位 5,115
【S7】115
▼2
500位 5,008
【S7】8
▲66 銀アイコン
1,000位 4,569
【S6】69
▲8 TEPPENバトル応募条件
(代表者のみ)
5,000位 4,319
【S5】319
▲27 銅アイコン
30,000位 3,604
【S4】104
▼13 限定カード獲得
90,000位 2,797
【S2】297
▼67 限定チップ獲得

金銀銅アイコンのデザインが、2018年3月に行われたリリカシーズンの限定アイコンと対になるようなデザインであったこともあってか、同じくシーズン初テーマとなった前回の零夜シーズンよりも激化したのが、5,000位以上のボーダーライン。

また、今回から2021年のTEPPENバトルが開催。大会出場希望者が、より熱量高くバトルした影響もあり、出場条件となる順位前後のボーダーラインが上昇していると思われる。

銅アイコンとはなるが、2018年3月のリリカ限定アイコンと今シーズンの限定アイコンを並べるとこのようになる。リリカ・ルルカ好きなら普段以上にほしいアイコンになっただろう

2月シーズン ヒーロー使用率&勝率ランキングTOP10【S5~S9】

続いて、S5-S9ランクでのヒーローの使用率と勝率を紹介。

使用率 ヒーロー 勝率 ヒーロー
1位

ニーズヘッグ
1位
▲1

忠信
2位
▲2

甘色
2位
▲1

ポロロッチョ
3位
▲6

ミク
3位
▲16

ディズィー
4位
▲1
#コンパス【環境】: 2月シーズンを振り返り!復刻登場したミク&リン・レンの人気カードをチェック!!
Voidoll
4位
▲9

ジャスティス
5位
▲9

ルルカ
5位
▲2

ヴィオレッタ
6位
▲5

ジャンヌ
6位
▲12

めぐみん
7位
▼1

アイズ
7位
▲1

アタリ
8位
▼6

芥川
8位
▲6

勇者
9位
▼7

ピエール
9位
▲12

ザック
10位
▼2

めぐみん
10位
▼5

イスタカ

※順位変化は先月比のもの

前シーズンに引き続き、使用率1位に輝いたのは「ニーズヘッグ」。

なお、前シーズン後の下方修正の影響か、勝率は38位へと大きく落としている(前回1位)。

ニーズヘッグと相性がよく、固定チームメンバーとして選出されやすい「ルルカ」「ジャンヌ」も大きく使用率を上げている。

ニーズヘッグとジャンヌには、1月シーズン後に加え、2月シーズン後にも下方修正が入っている。ただ、体感としてはまだまだバトル環境で活躍しやすいヒーローに変わりない印象。3月シーズンも見かけやすいヒーローとなるだろう

また、『初音ミク&鏡音リン・レン』コラボ限定ヒーローのなかでも、特に多く見かけられたのがコラボ復刻以前から人気の高い「初音ミク」だ。

勝率ランキングには、タンクが多くランクイン。

2位の「ポロロッチョ」とチームを組んだ、通称タンポロが依然として強力なことがわかる。

注目ヒーローの順位変化【S5~S9】

2月シーズン直前にバランス調整が入ったヒーローたちと『初音ミク&鏡音リン・レン』コラボ限定ヒーロー3人の使用率と勝率も公開。

ヒーロー 使用率 勝率

ミク
3位
▲6
47位
▼10

リン
27位
▲3
23位
▲23

レン
49位
▲3
31位
▼6

ジャスティス
53位
▲1
4位
▲9

ジャンヌ
6位
▲5
17位
▼8

コクリコ
21位
▲8
42位
▼10

リュウ
16位
▲32
15位
▲37

マリア
36位
▲6
26位
▲13

メグメグ
40位
▲4
35位
▲15

ポロロッチョ
50位
▲3
2位
▲1

猫宮
32位
▲14
20位
▲34

甘色
2位
▲2
12位
▲4

ニーズヘッグ
1位
38位
▼37

51位
▼16
25位
▲15

※順位変化は先月比のもの
※1月25日のバランス調整で上方修正されたヒーロー名を赤色、下方修正されたヒーローを青色で表示

バランス調整の影響を最も大きく受けたのは、『ストリートファイターV』コラボ限定ヒーローのリュウ。

最大の武器であるHSを発動しやすくなり、耐久力の要となる体力倍率もアップしたことで、デッキレベルが多少低くても活躍しやすいアタッカーとして、使用率・勝率ともに一気に高まっている。

コラボ復刻が行われると、使用率が高まるかわりに勝率が下がる傾向があるが、その使いやすさからか「鏡音リン」のみ勝率も前シーズンに比べて上がっている。

2月シーズン ヒーロー使用率&勝率ランキングTOP10【S1~S4】

さらにS1-S4ランクでのヒーローの使用率と勝率を見ていこう。

勝率ランキングは毎月の傾向どおり、コラボ開催から日が経った限定ヒーローたちが席巻している。

使用率 ヒーロー 勝率 ヒーロー
1位
▲18

ミク
1位
▲3

忠信
2位
▼1

芥川
2位
▲10

ディズィー
3位
▲10

ルルカ
3位
▲17

めぐみん
4位

ニーズヘッグ
4位
▲6

ヴィオレッタ
5位
▲17

リン
5位
▲4

モノクマ
6位

甘色
6位
▲26

ジャスティス
7位
▼2

まとい
7位
▲4

リュウ
8位
▼5

ソーン
8位
▼5

ザック
9位
▼1
#コンパス【環境】: 2月シーズンを振り返り!復刻登場したミク&リン・レンの人気カードをチェック!!
Voidoll
9位
▼8

春麗
10位
▼8

零夜
10位
▼2

レン

※順位変化は先月比のもの

S1-S4ランクでは、シーズン直前にコラボ復刻した「初音ミク」が使用率トップに。

本ランク帯でのガンナーに人気が集まりやすい傾向もあってか、「鏡音リン」も大きく順位を上げている。

シーズンテーマとなった「ルルカ」も、S5-S9ランク同様に使用率が高まっている。

注目ヒーローの順位変化【S1~S4】

S5ランク以上と同様、2月シーズン直前にバランス調整が入ったヒーローたちと『初音ミク&鏡音リン・レン』コラボ限定ヒーロー3人の使用率と勝率も公開していく。

ヒーロー 使用率 勝率

ミク
1位
▲18
34位
▼18

リン
5位
▲17
43位
▼21

レン
38位
▲12
10位
▼2

ジャスティス
48位
▲1
6位
▲26

ジャンヌ
14位
▲2
38位
▼1

コクリコ
24位
▲5
52位
▲1

リュウ
42位
▲11
7位
▲4

マリア
19位
▼1
47位
▼18

メグメグ
11位
▲1
48位
▲6

ポロロッチョ
49位
▼1
28位
▲14

猫宮
22位
▲10
20位
▲27

甘色
6位
40位
▲11

ニーズヘッグ
4位
19位
▼17

43位
▼26
50位

※順位変化は先月比のもの
※1月25日のバランス調整で上方修正されたヒーロー名を赤色、下方修正されたヒーローを青色で表示

S1-S4ランクで、特にバランス調整後の変化が顕著なのがコラボ限定ヒーロー「猫宮ひなた」。

アサルトライフル時の射程距離がアップし、HSもゲージ必要量が減って使いやすくなっている。

もうひとり注目したいのが、通常攻撃の使い勝手がグンとよくなった「ジャスティス」。

使用率は横ばいなものの、大きく勝率を上げている。

今回は…

  • コラボ復刻で大人気!「初音ミク」「鏡音リン」「鏡音レン

の3人の開発チームからいただいたヒーローごとのカード使用率ランキングや、ランキングから考える人気デッキなどを紹介していく。

#コンパス【環境】: 2月シーズンを振り返り!復刻登場したミク&リン・レンの人気カードをチェック!!

味方サポートで真価を発揮!「初音ミク」

初音ミクのおすすめデッキ・立ち回り
2月シーズン使用率
(S5~S9)
2月シーズン勝率
(S5~S9)
3位/54人中 47位/54人中
2月シーズン使用率
(S1~S4)
2月シーズン勝率
(S1~S4)
1位/54人中 34位/54人中

ランク帯問わず、人気を博した「初音ミク」。

今回人気の要因として、同コラボで手に入る限定カードとの相性が、限定ヒーロー3人のなかでもよく、入手後すぐに使いやすかったことも挙げられるだろう。

カード使用率ランキングTOP10にも、多くのカードがランクインしている!

【2月シーズン】初音ミクのカード使用率ランキングTOP10(S5~S9)

順位 カード名 順位 カード名
1位
帝皇機神 ケーニヒ・イェーガー
2位
*絢爛ノ美* ボラ&アルヒコ&アペイロン
3位
【空駆ける歌姫】初音 ミク
4位
神技官 アンジュ・ソレイユ
5位
【祝福する歌姫】初音 ミク
6位
魂を司る聖天使 ガブリエル
7位
ぶじゅつかの超速加速
8位
銀河防衛ロボ Unidoll-2525
9位
どこにでもいけるドア
10位
【号令する歌姫】初音 ミク

ランクインしたカードのなかでも突出して使用率が高いのが、イェーガー絢爛ノ美(通称:緑号令)の2枚。

その他ランクインカードの2倍以上の使用率を記録し、ミクには欠かせないカードとなっている。

入手時期が限られたコラボカードながら3位に入ったのは、空駆け

ステータスの相性はよくないものの、一時的にチーム全体をスピード上げられる強力なスキルで、固定チームを中心に人気の代えのきかないカードだ。

空駆けをはじめとするUR移動速度【強】カードは、シーズン後に下方修正が入っている。とはいえ、まだまだ強力なカードには変わりないだろう

【癒】カードでいちばん人気なのは、アンジュ

祝福Unidollといったサポートの幅をさらに広げられる全体回復カードの人気が高いのが、ミクらしい特徴だ。

カードランキングから考えられる、現環境でのミクの定番デッキは、以下のとおり。

【2月シーズン】初音ミクの主流デッキ(※コラボカードあり)

  • 【空駆ける歌姫】初音 ミク
  • *絢爛ノ美* ボラ&アルヒコ&アペイロン
  • 帝皇機神 ケーニヒ・イェーガー
  • 神技官 アンジュ・ソレイユ

空駆けでチーム全体の機動力を上げて、アビリティやHSも活かしながらサポートをメインに立ち回っていくデッキ。

空駆け効果中にダッシュしながら絢爛ノ美を使うと、スライドしながら発動でき、相手に避けづらい攻撃にできるのも強力なポイントだ。

アンジュ祝福Unidollにした、さらにサポートに特化したデッキも人気で、自身の体力管理はより難しくなるが、味方が一時的により一層戦いやすくなる。

恒常カードだけで組む場合、空駆けと同スキルのURカードは現状存在しないので注意。惜しくもTOP10には入っていないが、SRカード「*伝説ノ美* プロティバラリナ」を代用で採用する使い手も多い(11位)

【カード】基本は3回発動!「全体加速カード」の使い方

全体加速カードの空駆けプロティバラリナスカイウォーカーは、スキルが非常に強力なぶん、クールダウンが空駆けなら70秒と非常に長くなっており、1試合に使える回数は限られている。

ステージやチーム編成にもよるが、

  1. バトル開幕【残り時間3:00】
  2. 中盤の交戦時や前線復帰サポート時【残り時間1:50-1:25】
  3. バトル終盤【残り時間0:40-0:15】

に使うと、1試合最大となる3回使えて、スキルを最大限活かしやすい(※)。

※空駆けを使用し、「クールタイム短縮」メダルがついていないヒーローの場合。プロティバラリナ、スカイウォーカーは、強化倍率が落ちるがクールダウンは55秒と若干短い

中盤~終盤で使う際は、最低限マップ上に味方全員が表示されている状態で発動するようにして、味方が交戦しやすくなるタイミングや誰かがやられてしまい、いち早く前線に戻りたい状況で狙って使えると、より機能しやすくなる。

味方がキルされてリスポーンするまで(マップ非表示時中)に発動してしまうと、その味方を強化できないので要注意!

また、全体加速カードを使う場合、ステージなどにもよるが、開幕発動後は自陣ポータルキーを1陣(A,E)2陣(B,D)と制圧する役割を担うことになりやすい。

スピードアップした味方に最前線へと向かってもらい、開幕からどんどん攻めていきやすくなるのが、全体加速カードの魅力だ。

野良バトルで使う場合、急に強化されても味方は強みを活かしづらい。スタート前に「味方強化するぜ」といったチャットを使って、しっかりと意思表示するようにしたい

【カード】2度目のピンチが狙い目?「全体即時回復カード」の使い方

Unidollを代表とする全体割合回復カードは、基本的に味方のピンチ時に使いたい。

ただ、特に連携をとることが難しい野良バトルでは、味方の回復カード発動タイミングと発動が重なってしまい、むだになることも少なくない。

基本的には、味方の回復カードがなくなった2回目のピンチを狙って使うようにすると、タイミングがかぶりにくいだろう。

味方のどちらかがピンチになったら使ってOK。画面左上の残りライフやマップ上や視覚内での味方の動きなども確認しつつ発動していこう

また、スタン・ダウン中など、味方が回復カードを使えないことがわかった場面で使用するのも有効。

味方の状況をしっかりみて、ここぞという場面で使っていこう!

通常攻撃も非常に強力!「鏡音リン」

鏡音リンのおすすめデッキ・立ち回り
2月シーズン使用率
(S5~S9)
2月シーズン勝率
(S5~S9)
27位/54人中 23位/54人中
2月シーズン使用率
(S1~S4)
2月シーズン勝率
(S1~S4)
5位/54人中 43位/54人中

S1-S4ランクでの使用率の高さが目立ち、S5-S9ランクではデータ上安定して勝てている「鏡音リン」。

ヒーローアクション(HA)やヒーロースキル(HS)は、味方サポートに特化したものとなっているが、移動性能がそこそこ高いうえ耐久力も低くはなく、現環境でも活躍しやすいガンナーだ。

サポートを得意としながら、自身でダメージも稼ぎづらくもなく、サポート系のカードだけでなく、得意攻撃カードの【遠】カードや【近】カードもランクインしている。

【2月シーズン】鏡音リンのカード使用率ランキング(S5~S9)

順位 カード名 順位 カード名
1位
全天首都防壁 Hum-Sphere LLIK
2位
楽団姫 ディーバ
3位
迅雷の科学者 アバカン
4位
魂を司る聖天使 ガブリエル
5位
ミナ&ルナ&レナのバーゲンセール戦争
6位
-蒼王宮-氷冠女王イデア=N=ユランブルク
7位
反導砲 カノーネ・ファイエル
8位
【リゼロ】ゼロから始まる異世界生活
9位
ハイカラ盟友忍者 -壬生咲みみみ-
10位
【文スト】ありふれた日常の幸せ

TOP10のなかでも圧倒的に支持を集めているのが、多くのガンナーで愛用されている全天ディーバの2枚。

3位のアバカンも5位以下のカードの2倍以上の使用率を記録している。

搭載すると、高い攻撃力を確保しながら味方のキルサポートはもちろん、自身の通常攻撃を畳み掛けるスキを作れるのが魅力だ。

ガブリエルと比べると使用率は下がるものの、8位~10位には属性の幅を広げて通常攻撃をより活かしやすくなる火属性の【癒】カードがランクインしている。

ランク外とはなるが、11位には「-蒼王宮- 聖歌連隊 ミローディア」、14位には「妖炎参謀 月夜叉」が入っている。8位以下の【癒】カードは、いずれも攻撃ステータスが高いのも魅力のひとつだ

ランキングを踏まえた、現環境でのリンの定番デッキは以下のとおり。

【2月シーズン】鏡音リンの主流デッキ

  • 迅雷の科学者 アバカン
  • 楽団姫 ディーバ
  • 全天首都防壁 Hum-Sphere LLIK
  • 魂を司る聖天使 ガブリエル

ルチアーノをはじめとする多くのガンナーで使い回せる、超定番の人気デッキ。

ディーバ全天展開中は、ほとんどの被ダメージを1まで下げることができ、全体的に低めなガンナーの耐久力をカバーしやすい。

1ヒットでもさせれば相手をスタン状態にできるアバカンだが、発動時間が「短」で、単体発動するとスキが大きくなる。

ディーバなどを起点にして発動することで、スキを最小限にして使っていこう。

【カード】のけぞり効果活用でより強力に!「-蒼王宮-氷冠女王イデア=N=ユランブルク」の使い方

リンにとっては、アバカンの枠の次候補に挙がり、他のガンナーでも採用率が高いイデア

空駆けや「楽団長 ドルケストル」などによる【強】カード効果と【続】&【癒】カードのライフ持続回復効果を打ち消せるカードだ。

発動時に相手をのけぞらすこともでき、

  • ポータルキー制圧妨害
  • カードキャンセル

を狙えるのも強力。

基本的にカードキャンセルを狙って行うことは難しいが、相手が打ち上げられた際にダウンを防ぐために使ったカードを無効化することは容易だ。

バトルによってはもったいない場合もあるが、立て直しのためのカードを無効化できれば、相手をキルまでもっていきやすくなる。打ち上げ中にイデアを当てた場合も、相手はダウンしないので注意!

イデアはクールダウンが長いが、カード効果を活かせる場面が多い。

そのため、バトル中に相手のカードが判明していくなかで、そのバトルでの基本的な使用用途を絞るようにするのがおすすめだ。

効果範囲が広い全体強化カードや耐久力の高いタンクのやっかいな持続回復カードなど、イデアで妨害できるもののなかで、最もやっかいなものを優先に打ち消していこう。

アバカンの起点にすることで、スタンを当てやすくするといった使い方もある

ドア型が依然定番!「鏡音レン」

鏡音レンのおすすめデッキ・立ち回り
2月シーズン使用率
(S5~S9)
2月シーズン勝率
(S5~S9)
49位/54人中 31位/54人中
2月シーズン使用率
(S1~S4)
2月シーズン勝率
(S1~S4)
38位/54人中 10位/54人中

コラボ復刻も、限定ヒーロー3人のなかでは大きく使用率が伸びることはなかったレン。

ただ、S1-S4ランクでは高い勝率を記録しており、後述の「どこにでもいけるドア」を搭載したドア型を中心に安定した活躍を見せたことがわかる。

【2月シーズン】鏡音レンのカード使用率ランキング(S5~S9)

順位 カード名 順位 カード名
1位
帝皇機神 ケーニヒ・イェーガー
2位
どこにでもいけるドア
3位
*絢爛ノ美* ボラ&アルヒコ&アペイロン
4位
神技官 アンジュ・ソレイユ
5位
祭りの真打ち!打ち上げ花火
6位
銀河防衛ロボ Unidoll-2525
7位
-蒼王宮- 終焉禁獣 グラナート
8位
究極系ノーガード戦法
9位
魂を司る聖天使 ガブリエル
10位
-蒼王宮- 聖歌連隊 ミローディア

上位4枚のカードの使用率が非常に高く、ほとんどのレン使いが定番デッキを使用していることがわかる結果に。

その使用率は、4位のアンジュでも5位の打ち上げ花火の4倍を超えている。

昨今のバトル環境では、タンクでもドアを採用しないヒーローが増えているなか、レンが活躍するには欠かせない1枚になっている。

ランキングから考える現環境のレンの定番デッキは、以下のとおり。

【2月シーズン】鏡音レンの主流デッキ

  • *絢爛ノ美* ボラ&アルヒコ&アペイロン
  • 帝皇機神 ケーニヒ・イェーガー
  • どこにでもいけるドア
  • 神技官 アンジュ・ソレイユ

【周】カードをある程度得意とするタンクヒーローの定番デッキ。

基本的には、バトル開幕直後にドアで敵陣2番目のポータル(D,B)やC地点を確保し、序盤から有利な展開を作っていけるのが、このデッキの強みだ。

採用カードの体力ステータスがいずれも高いのも魅力で、体力ステータスを確保できるほど、ヒーローアクション時やアンジュ発動時の回復量も増えていく。

シーズン情報

シーズンバトル告知文

ランキング報酬限定カード:【ずっといっしょ☆魔法少女】ルルカ

ランキング報酬限定&参加賞アイコン

シーズン限定コスチューム:【ルルカ】リラルラ女学院 指定制服【冬】

過去のバトル環境記事はこちら


2021年3月シーズン
(テーマ「グスタフ」)

2021年2月シーズン
(テーマ「ルルカ」)

2021年1月シーズン
(テーマ「零夜」)

2020年12月シーズン
(テーマ「4周年」)

2020年11月シーズン
(テーマ「トマス」)

2020年10月シーズン
(テーマ「コクリコ」)

(C) NHN PlayArt Corp.
(C) DWANGO Co., Ltd.