【1号ブログ】ザンギエフさん解説【ストII編その3】

ザンギエフさん解説、第3回。今回は、スーパーとエックスのザンギエフさんについて解説していきます。おまけでダイエットスクリューについても触れていきます。

格ゲー戦乱時代

スーパーストII辺りになると、『餓狼伝説スペシャル』とか『サムライスピリッツ』とか、SNKの面白いタイトルも出てきて、ゲームセンターもストII一色ではなくなっていきました。

『バーチャファイター』もこの辺ですね。2D格闘、3D格闘という区分けもされていきます。

このころの僕は、『天外魔境II』でシナリオに衝撃を受けたり、SFC買って家庭用のスーパーストIIで回していたりしたでしょうか。ゲーム業界全体が、活気にあふれていたころでもあります

スーパーのザンギエフさん

スーパーストIIからは、基板が「CPシステムII」に変更され、グラフィックやサウンドがパワーアップ。ザンギエフさんもさらにかっこよくなりました。

ザンギエフさんの新イラストは、ダンディになりました。ターボ→スーパーでまた顔つき変わりまくりですが、かっこいいのでよしとしましょう

新要素としては、4人の新キャラクターが追加されたのと、四天王のグラフィック一新がメイン。

ザンギエフさんには新しい必殺投げ・フライングパワーボムが授けられました。

バンザイしてから走り寄り、相手を掴んだらジャンプして盛大にパワーボムを決めます。密着していると、高威力のアトミックスープレックスが出ます

ターボで猛威を振るったハイスピードダブラリは、「クイックダブルラリアット」に変更。さすがに足元無敵はなくなりました。

あとは、スーパーからスクリュー失敗時にスカリポーズが出るようになり、掴めなかったときは大きな隙ができてしまいます。

ターボまでで最強だった「ガード方向ボタン離しスクリュー(※)」が不可能になってしまったのです。

スクリューの失敗ポーズは、けっこう長いこと硬直します。あと、小、中、大で威力と飛ぶ高さが変わるようになりました

※レバーの最後をガード方向にして、パンチボタン離しでスクリューを入力するテクニック。スクリューは3/4回転の最後をどこにしてもよく、必殺技はボタンを離したときにも入力が認識されるため、この入力だと掴めなかったときにガードになってくれる

ザンギエフさん解説で熱くなって忘れていましたが、スーパーからはコンボのヒット数表示が出るようになりました。

最近の格闘ゲームでは、コンボ時にヒット数が出るのは当たり前ですが、元祖はスーパーストIIだった記憶です。

これにより、連続技としてつながっているかどうかがわかりやすくなりました。他にも、先に攻撃を当てた「FIRST ATTACK」、リバーサル成功時の「REVERSAL ATTACK」表示も追加されています

対戦環境としては、サガットが相変わらず超辛いとか、キャミィのキャノンスパイク(昇竜キック)をガードしても反撃できないとかあって、厳しい時代は続きます(こればっか)。

【1号ブログ】ザンギエフさん解説【ストII編その3】

エックスのザンギエフさん

ストIIシリーズの最終形であるエックスでは、全キャラクターに超必殺技的なスーパーコンボが追加されているほか、新必殺技も多数増えました。

ゲームスピードも選択できるようになり(お店の設定にもよる)、ゲームの快適性も上がっています。

ザンギエフさんには、波動拳などの弾を消せる必殺技「バニシングフラット」、超破壊力のスーパーコンボ「ファイナルアトミックバスター」が追加されパワーアップ!

バニシングフラットは、手にオーラをまとい、薙ぎ払いながら前進します。先読みは必要ですが、うまく弾を消せればスクリュー確定のチャンス!

スーパーコンボのファイナルアトミックバスターは、バックドロップ×2→スクリューとつなぐ超大技。体力6割くらい減ります。ただし、コマンドがレバー2回転と超難しく、間合いも狭め

その他の調整点としては……

  • 遠距離中キックのリーチが長くなり、超強くなった
  • 大足払いのリーチも伸びた(ただし、出るのが少し遅くなった)
  • レバー入れ中Por大Pで、小さくジャンプしながら頭突きが出せる(あまり使えない)

など。地上戦がかなり強化されているのがうれしいです。

総合的に見ると、バランスがいい強さ(ザンギエフさんの中では)になっていたと思います。

豪鬼相手には9:1とか10:0とか言われてますけどね!

大野さん必殺・ダイエットスクリュー

エックス大会の準決勝で、ハルオガイルのしゃがみ大Pをスカしてスクリューを決めた大野さん。

あれは「ダイエット」と呼ばれ、強者ザンギエフさんたちによって開発されたマニアックなテクです。

やり方を解説しましょう。

例えばダルシム戦では、普通に飛び込んでも、レバー後ろ小Pで「ペチッ」と簡単に返されてしまいます

ザンギエフさんはやられ判定が広く、ジャンプで接近しようとしてもほぼ対空技で落とされてしまいます。

ですが、ジャンプ大Kが出終わったあとの宙返りモーションは、一時的にやられ判定が狭くなり、さまざまな対空技を回避して着地することができるのです。

なんともアクロバティックなモーションですが、この状態がなかなか強いのです。最初に気づいた人、すごいと思います

やり方は簡単で、前ジャンプしてすぐに大Kを出します。当然、これは相手に当たりませんが、上記モーションで相手の対空技を回避するのが目的なので、問題ありません。

相手に接近するころには、上の写真のモーションでやられ判定が狭くなっているので、対空技をかわすことができます。

まずは、ジャンプしてすぐに大K。相手に当てないようにして出します

そして、宙返りモーションで相手に接近していきます。ルチャリブレもいけそうなザンギエフさん

ダルシムが後ろ小Pを出しますが、なんと空振りに終わります。ザンギエフさんは安全に着地できます

ダルシムが技を空振っている隙に、もちろんスクリュー!激アツな瞬間です

サマーソルトキックのような、横にも判定が広い対空技はさすがにかわせませんが、それでも多くの通常技対空をスカせるため、超重要なテクニックです。

とまあ、まさか令和になってザンギエフさんのダイエットについて熱く解説することになるとは思いませんでしたが、今後もマイペースでいろいろ書いていこうと思います。

(C) CAPCOM U.S.A., INC. 2018 ALL RIGHTS RESERVED.