にゃんこ大戦争【攻略】: レジェンドストーリー「夜のしじま」を基本キャラクターで無課金攻略

レジェンドストーリー「脱獄トンネル」4つ目のステージ「夜のしじま」では、メタルゴマさまが初登場。名前のとおりメタルな敵なので、対策をしっかり立てていこう。

  1. 攻略パーティー紹介
  2. 「夜のしじま」解説

クリティカル攻撃できるキャラクターが必須

このステージは、「メタルゴマさま」や「メタルカバちゃん」といった「メタルな敵」が出現。

特にメタルゴマさまは体力が非常に高く、クリティカル攻撃がないと倒すのは不可能に近い。

クリティカル攻撃ができるキャラクターは、必ずパーティーに入れておこう。

レジェンドストーリーのひとつの区切りである脱獄トンネル。すべて難ステージといっていいくらいなので、そろそろ基本キャラクターの第3形態を用意しておきたいところだ

攻略パーティー紹介

メタルゴマさまを倒さない限り、クリアが難しいステージ。

ゆっくりとだが着実に迫ってくるので、クリティカル攻撃やメタルな敵を妨害できる攻撃で、定期的に押し戻しておきたいところ。

比較的入手しやすいクリティカル攻撃要員として、基本キャラクターである「ネコ島」、量産しやすい「ねこジュラシッター」、クリティカル率の高い「スターもねこ」を選択。

攻撃要員だけでは心もとないため、メタルな敵をふっとばせる「芸術のネコスタチュ」も起用。一方的に押し込まれないような展開にしていく。

編成(名前は左から右の順番)

  • 1ページ目:ネコモヒカン、ゴムネコ、ねこジュラシッター、ネコジェンヌ、ネコ島
  • 2ページ目:スターもねこ、芸術のネコスタチュ、ネコライオン、ネコキングドラゴン、狂乱のネコムート
  • にゃんコンボ:なし
  • 壁役:ネコモヒカン、ゴムネコ
  • 範囲攻撃キャラクター:ネコジェンヌ
  • ハイ・エナジー対策:狂乱のネコムート
  • メタルな敵対策:ねこジュラシッター、ネコ島、スターもねこ、芸術のネコスタチュ
  • 拠点破壊/緊急壁役:ネコキリン

※「日本編1~3章のお宝コンプ済み」「全キャラクターのレベル30(基本キャラクターは20+10)」の状態で挑戦

また、時間経過で複数出現する「ハイ・エナジー」にも注意しておきたい。メタル系の敵が壁になり、遠距離の範囲攻撃以外ではダメージを与えにくくなってしまう。

ネコムートのような、遠距離からまとめて攻撃できるキャラクターも必ず入れておこう。

ニャア少佐がいれば3分でクリア可能!

普通にプレイするとかなり難易度が高いステージだが、レアキャラの「ネコと宇宙」第2形態「ニャア少佐」がいれば、驚くほど楽にクリアできる。

「ネコと宇宙」は、暴風系ステージ「紅のカタストロフ」のクリア報酬で入手可能だ。

ニャア少佐は遠くからクリティカル攻撃を速射してくれる上、量産も可能。メタルゴマさまに一方的に攻撃することができる。

このキャラクターありきの戦術なので軽く紹介するにとどめるが、持っているならぜひ入れておこう。

上記で紹介している編成で、ねこジュラシッターをニャア少佐にすると、ハイ・エナジー出現前に敵拠点を削りきることが可能。筆者は4回挑戦して、すべて3分かからずにクリアできた

対策キャラクター紹介

1. ねこジュラシッター:ガチャ限定のレアキャラクター「ねこジュラ」の第2形態。ごくたまにクリティカル攻撃を出す特殊能力を持っている。

攻撃速度、移動速度が速く、量産しやすいところがメリット。攻撃射程は短いものの、複数で殴ることでカバーしていける。

2. ネコ島:基本キャラクター「ネコフィッシュ」の第3形態。赤い敵に強いところはそのままに、クリティカル攻撃が追加されている。

体力や攻撃力が高く、前線で長持ちしてくれるところがメリット。メタルではない敵にもそれなりにダメージを与えてくれる。

このステージの場合、序盤に複数迫ってくる赤い敵である「ゴマさま」の処理でも活躍してくれる。

3. スターもねこ:日本編第1章の西表島クリアで入手できるEXキャラクター「もねこ」の第2形態。

無課金で入手できる中では、かなりクリティカル発動率の高いキャラクター。

再生産まで時間がかかるのがネックなので、できるだけ前線にいられるように、壁役で守っていこう。

4. 芸術のネコスタチュ:暴風系ステージ「ダークネスヘブン」クリアで入手できるレアキャラクター「ネコブ・ロンズ」の第2形態。

たまにメタルな敵をふっとばす能力を持っている。範囲攻撃持ちでもあるので、複数のメタルな敵を押し返せる点が魅力だ。

このパーティーでの戦術

ハイ・エナジーにはネコムートで攻撃:体力の高い「ハイ・エナジー(ハイエナのような見た目の敵)」が定期的に出現することが、このステージの難しさのひとつ。

メタルゴマさまがいる状態でハイ・エナジーが複数体合流すると、長期戦になりかねない。ネコムートでまとめて攻撃していこう。

メタルゴマさま撃破後はネコドラゴンなどで攻め込む:メタルな敵は強敵だが、前線のネコジェンヌがなかなか倒されないので、削りきって倒すことも可能。

特にメタルゴマさまがいない場合は、無理に対策キャラクターを出さなくても問題ないだろう。

その分、ネコドラゴンなどにお金を使い、ハイ・エナジーに少しでもダメージを与えられるようにしておこう。

「夜のしじま」 (消費統率力 115)

時間経過で登場するハイ・エナジーがメタルゴマさまと合流してしまうと、バトルがかなり長引いてしまう。

そのため、できる限り早く拠点をたたき、メタルゴマさまを早々に出現させたほうが、攻撃する時間を長く確保できる。

強敵の紹介

1. メタルゴマさま:ゴマさまのメタルバージョン。射程は短いが、高攻撃力のかみつきを行いながら、徐々に近づいてくる。

メタルな敵の中では非常に体力が高く、クリティカル攻撃以外で倒すことは現実的に難しい。

さらに攻撃が高速であるため、射程の短いキャラクターではキャンセルされることも少なくない。

可能なら、遠距離からクリティカル攻撃できるキャラクターを編成したいところだ。

前述のニャア少佐(ネコと宇宙)やガチャ限定キャラクターの「ネコシュバリエ」がいると対応しやすい。

2. ハイ・エナジー:ハイエナのような見た目のキャラクター。高い体力と長めの範囲攻撃を持つ他、ふっとばす特殊能力も備えている強敵。

とはいえ、ネコジェンヌやネコムートなら範囲外から攻撃することが可能。

壁役でしっかり距離を保ちつつ、遠距離攻撃で削っていこう。

3. メタルカバちゃん:カバちゃんのメタルバージョン。目立った攻撃などはないが、非常に硬いのが特徴。

今回のステージでは、メタルゴマさまやハイ・エナジーの壁役のような役割をするため、攻撃しにくくなる要因のひとつ。

体力自体はそれほど高くないため、通常攻撃でも削り倒すことができる。

ネコジェンヌなどの範囲攻撃キャラクターで、ほかの敵もろとも攻撃してしまおう。

序盤:ゴマさまを迎え撃つ

序盤からゴマさまなどのザコ敵が来るため、壁役とネコ島、ネコジェンヌなどで対応していく。

前述のハイ・エナジー出現の関係で、できる限り早く拠点をたたきたい。

働きネコのレベル上げは3くらいにとどめ、先にネコムートを投入、敵拠点への進攻を始めておこう。

ネコムート投入と同時に、メタルな敵に有効なキャラクターの生産も開始する。

ゴマさまを倒すとお金がけっこう入るので、この間に働きネコのレベルもMAXにしてしまおう。

中盤:メタルな敵対策キャラクターを総動員

拠点をたたくと、すぐにメタルゴマさまが出現する。

この段階ではまだハイ・エナジーが出現していないので、攻撃を当てやすい状況だ。

メタルな敵対策キャラクターを随時投入して、クリティカルが少しでも発動するように立ち回っていこう。

定期的に出現するメタルカバちゃんやゴマさまは、メタルゴマさま攻撃時の妨げになる。

お金には余裕があるので、対策キャラクターのほかにネコジェンヌやネコムートなどの範囲攻撃キャラクターも投入して処理しておこう。

終盤:メタルゴマさまの撃破を最優先

少し経つとハイ・エナジーが出現するので、ここが踏ん張りどころ。

メタルゴマさまを倒さないと徐々に押し込まれてしまうため、まずはこちらの撃破を目指そう。

ネコジェンヌやネコムートで取り巻きを倒しつつ、クリティカルを持ったキャラクターで攻撃していく。

クリティカルの発動は運次第だが、壁役でできるだけ進攻を遅らせることは有用。

自拠点に迫られるまで粘って攻撃していれば、いずれ倒せるはずだ。

ハイ・エナジーは複数出現するが、メタルゴマさまさえいなければそれほど恐くない。

壁役でネコムートの維持もしやすいので、2体はもちろん、3体投入することも可能。大火力で圧倒していこう。

この段階なら、もうメタルな敵対策キャラクターは必要ない。ネコドラゴンなどの攻撃キャラクターの生産を優先させよう。

メタルゴマさまとハイ・エナジーが合流すると、かなり長期戦になってしまう。クリティカル攻撃ができるキャラクターで、少しでも早くメタルゴマさまを倒せるようにしていこう

(C)PONOS Corp.