にゃんこ大戦争攻略

にゃんこ大戦争【攻略】: 金曜暴風ステージ「国士無双」をお手軽編成で攻略

暴風ステージ「国士無双」では、「ホワイトサイクロン」がボスとして登場する。浮いてる敵を妨害できるキャラクターを編成して、「ネコなわとび」をゲットしよう!この記事では、レアキャラクターまでの編成に抑えた、比較的お手軽な編成での攻略をご紹介。

  1. 攻略パーティー紹介
  2. 「進撃の白渦 激ムズ」解説

弱点は「浮いてる敵」のみ!妨害役を必ず編成しよう

毎週開催され、曜日に応じたサイクロンが登場する暴風ステージ。

金曜日開催の「国士無双」では、クリティカル攻撃ができる「ネコなわとび」が確率でドロップする。

ボスの「ホワイトサイクロン」の属性は「白い敵」と「浮いてる敵」。ほかのサイクロンより弱点を突きにくいので、「浮いてる敵」を妨害できるキャラクターが必須だ

ネコなわとびは、ごくたまにクリティカル攻撃を発動する。コストが低く、再生産までの時間も非常に短いおかげで、対「メタルな敵」に対して、数撃てば当たる戦法がとれるところが魅力

攻略パーティー紹介

ホワイトサイクロンは、射程は短いものの攻撃力が高く、妨害役で止めないと、どんどん自拠点へと詰め寄られることになってしまう。

「浮いてる敵」を妨害できるキャラクターを複数編成して、相手の進行を止め、押し返せるようなパーティーで挑戦していこう。

編成(名前は左から右の順番)

  • 1ページ目:狂乱のネコビルダー、狂乱のネコカベ、ゴムネコ、ねこふんど師、ネコジェンヌ
  • 2ページ目:ネコマージョ、ネコラマンサー、ネコキングドラゴン、狂乱のネコムート、タマとウルルン
  • にゃんコンボ:なし
  • アイテム:なし
  • 壁役:狂乱のネコビルダー、狂乱のネコカベ、ゴムネコ
  • 妨害役:ねこふんど師、ネコマージョ、ネコラマンサー
  • 攻撃役:ネコジェンヌ、ネコキングドラゴン、狂乱のネコムート、タマとウルルン

※育成状況

「日本編1~3章のお宝コンプ済み」「未来編1~3章のお宝コンプ済み」「基本キャラ+値20(平均)」

なお、妨害できる確率が低いレアキャラクターのみで挑戦する場合、前線に複数配置しておかないと、妨害効果が発動しない可能性がある。

妨害キャラクターが足りない場合は、相手の属性を問わず妨害ができる「ネコジャラミ」「タマとウルルン」「ネコヴァルキリー・聖」などがおすすめ。攻防で安定感をもたらしてくれるはずだ。

ウルルンはレジェンドストーリーの「脱獄トンネル」、ネコヴァルキリー・聖は未来編第2章クリア後に入手できる。難易度的には前者の方がクリアしやすいので、持っていない場合は先にレジェンドストーリーを進めてみよう

「進撃の白渦 激ムズ」 (消費統率力 200)

強敵の紹介

ホワイトサイクロン:サイクロン系の「白い敵」担当。攻撃力が高く、射程の短い範囲攻撃を繰り返しながら、少しずつ進行してくる。

能力的には「レッドサイクロン」に近いのだが、こちらは妨害役の対象となる属性が「浮いてる敵」のみ。弱点が少なく、止めにくい難敵だ。

「浮いてる敵」への妨害役、特にふっとばせるキャラクターが常に攻撃している状況を保ちながら、押し返している間に遠距離攻撃で体力を削っていこう。

序盤:耐久しながらお金を最大近くまでためておく

最初は、「カ・ンガリュ」が大量に押し寄せてくる。

壁役で耐えながら、ネコジェンヌで敵をさばいてお金を稼いでいこう。

敵の第一波を倒し切れば、働きネコも所持金もMAXまでためられる。ちょうどこのタイミングで、ボスであるホワイトサイクロンが「ナマルケモルル」とともに登場する。

中盤:ボスを引きつけてから全戦力を投入する

ナマルケモルルは広範囲攻撃を繰り出すため、できるだけボスと引き離しておきたい。

最初に生産した戦力は放棄して構わないので、キャラクターの生産はいったん止め、ボスを自拠点側に引きつけよう。

拠点間の中間に達するくらいになったら、再度生産開始。ネコムートやウルルンとともに、壁役、妨害役を全力で生産していこう。

終盤:ボスを倒せるまで妨害役を欠かさず投入する

ここからは、ボスを倒すまで総力戦が続く。

常に妨害できる状況が続けば、ボスを押し返すことは容易となる。ネコムート、ウルルンを維持することで、1分ほどでボスを倒せるはずだ。

反面、妨害役が足りないと押し込まれ、後方の攻撃役が倒されてしまう恐れもある。妨害役は、生産可能になり次第、忘れずに投入しておこう。

ボスさえ倒せばクリアしたも同然。攻撃速度の遅いナマルケモルルを素早く倒して、拠点を破壊していこう。

万一ネコムートやウルルンを倒されてしまった場合は、とにかく粘ることが重要。耐えている間に、2体目のネコムート、ウルルンを投入して立て直しを図ろう

(C)PONOS Corp.