#コンパス攻略

#コンパス【環境】: 5月シーズンを振り返り!初参戦「ラム」をはじめとした『リゼロ』ヒーローが大人気!!

『#コンパス』で2022年5月12日から22日にかけて開催された、5月シーズン"受け継がれし魂"。本記事では、実際にシーズン中プレイしていて目立ったヒーローやカード、環境変化について振り返りながら紹介していく。

公認Discordで転スラコラボヒーロー限定の大合戦を開催!

#コンパス【環境】: 5月シーズンを振り返り!初参戦「ラム」をはじめとした『リゼロ』ヒーローが大人気!!
▲画像をタップ(クリック)してDiscordに参加しよう!▲

公式データ

シーズン初参戦!【近】カードが人気の「ラム」

これからはおかあさんの使用率が上昇!?「エミリア」

ここ数シーズン高使用率&高勝率!「レム」

自由枠はイデアとカノーネが人気!「ゲームバズーカガール」

コラボ初復刻で6月シーズン大注目!「ライザリン・シュタウト」

シーズン情報

ランク問わずラムとレムが人気!S1〜S4ではエミリアが大人気!!

2022年5月に行われた「受け継がれし魂」は「ゲームバズーカガール」が初めてテーマとなったシーズンバトル。

4月30日に『Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ)』コラボが復刻し「レム」と「エミリア」が再登場しただけでなく、新ヒーロー「ラム」が実装され、ラムにとっては初参戦のシーズンとなった。

ラムは、スプリンターとしては高めの攻撃倍率と体力倍率が魅力的だが、近くにレムがいないときにカードを使用すると、体力の10%ダメージを受けるデメリットがあるアビリティ持つ、体力管理が難しいヒーローだ

今回は5月シーズンを、特別にいただいた公式データや実際にプレイした感覚などから、注目のヒーローやバトル環境について振り返っていく。

2022年5月シーズンボーダー

まずは開発チームの協力のもと、今回のシーズンボーダーを公開!

どれくらいバトルポイントを稼げばアイコンやカードを獲得できるかなど、次シーズンの目標を決める際の参考にしていただきたい。

順位 BP 前回比較 ボーダー
10位 5,647
【S8】147
▲90 金アイコン
100位 5,050
【S7】50
▼47
500位 4,881
【S6】381
▼39 銀アイコン
1,000位 4,500
【S6】0
▼11 TEPPENバトル応募条件
(代表者のみ)
5,000位 4,193
【S5】193
▼7 銅アイコン
30,000位 3,512
【S4】12
▼2 限定カード獲得
90,000位 2,571
【S2】71
▲21 限定チップ獲得

忠臣がテーマとなった4月シーズンと比べると、金アイコン獲得ラインとなる10位とシーズン限定データチップがもらえる90,000位のボーダーが上がっている。

次回の6月シーズンは、S4ランク以上になるとチームを組めなくなる「野良シーズン」となっており、野良シーズンは500位以上のボーダーが大きく上がる傾向にある。

6月シーズンで銀アイコンを狙う方は、S7ランク以上になることが条件になってきそうだ。

5月シーズン ヒーロー使用率&勝率ランキングTOP10【S5~S9】

続いて、S5-S9ランクでのヒーローの使用率と勝率を紹介。

使用率 ヒーロー 勝率 ヒーロー
1位
▲2

キリト
1位
▲16

ジャンヌ
2位
▼1

バグドール
2位
▲2

レム
3位
NEW

ラム
3位
▲16

デルミン
4位

レム
4位
▲28

零夜
5位
▼3

ステリア
5位
▲5

ザクレイ
6位
▲8

アインズ
6位
▼5

ポロロッチョ
7位
▼2

アスナ
7位

ステリア
8位
▼2

ピエール
8位
▼6

トマス
9位
▲1

GBG
9位
▲26

輪廻
10位
▼1

アクア
10位
▼1

アリス

※順位変化は先月比のもの

前回の4月シーズンでは使用率1位の座を明け渡していた「キリト」が、5月シーズンで再び使用率1位に返り咲いた。

ただし、4月末のバランス調整で移動速度を下げられた影響か、4月シーズンでは15位だった勝率が43位まで大幅にランクダウンしている。

勝率を大きく落としたキリトに対して、勝率を大幅に上げたのが「零夜」と「輪廻」。

なかでも、2021年11月シーズンで初参戦して以降高い勝率を誇っていた輪廻は、前回の4月シーズンでは勝率が35位と落ち込んでいたが、4月末のバランス調整対象にならなかったものの、5月シーズンで勝率トップ10に復活した。

注目ヒーローの順位変化【S5~S9】

4月シーズン後にバランス調整が入ったヒーローたちと、新ヒーローの「ラム」やコラボ復刻した「レム」「エミリア」の使用率と勝率も公開。

ヒーロー 使用率 勝率

ラム
3位
NEW
23位
NEW

レム
4位
2位
▲2

エミリア
20位
▲15
54位
▲2

ボイドール
13位
▲2
42位
▲11

ソル
17位
▲32
39位
▲7

モノクマ
46位
▲9
13位
▲5

アイズ
22位
▲25
28位
▲26

キリト
1位
▲2
43位
▼28

バグドール
2位
▼1
21位
▼10

ステリア
5位
▼3
7位

※順位変化は先月比のもの
※4月25日のバランス調整で上方修正されたヒーロー名を赤色、下方修正されたヒーローを青色で表示

5月シーズンで初参戦の新ヒーロー「ラム」は、使用率3位、勝率23位という結果に。

ここ数シーズンで猛威を振るい続けている「レム」は、4月末のバランス調整で下方修正されたことを感じさせないほど、高い使用率と勝率を維持している。

S5ランク以上で最も順位変動が大きかったのが「アイズ」で、4月末のバランス調整で防御倍率が1.15倍から1.35倍に大きくアップされたことなどもあり、使用率も勝率も20位以上アップしている。

5月シーズン ヒーロー使用率&勝率ランキングTOP10【S1~S4】

さらに、S1-S4ランクでのヒーローの使用率と勝率を見ていこう。

使用率 ヒーロー 勝率 ヒーロー
1位
▲13

エミリア
1位
▲5

モノクマ
2位
NEW

ラム
2位

ザクレイ
3位
▲20

レム
3位

岡部
4位

ソーン
4位

アインズ
5位
▲6

GBG
5位
▲4

春麗
6位
▼4

バグドール
6位
▲6

ノクティス
7位
▼4

キリト
7位
▲13

ソル
8位
▼7

ステリア
8位

サーティーン
9位
▼4

メグメグ
9位
▼2

忠信
10位
▼4

サーティーン
10位
▲6

ニーズヘッグ

※順位変化は先月比のもの

『リゼロ』コラボ復刻の影響で、「レム」と「エミリア」の使用率が大幅アップ。

ガンナー人気が高い傾向にあるS1〜S4ランクにおいては、新ヒーローの「ラム」やS5ランク以上で絶大な人気を誇るレムを差し置いて、エミリアが使用率1位を獲得している。

注目ヒーローの順位変化【S1~S4】

S5ランク以上と同様、4月シーズン後にバランス調整が入ったヒーローたちと、新ヒーローの「ラム」やコラボ復刻した「レム」「エミリア」の使用率と勝率も公開。

ヒーロー 使用率 勝率

ラム
2位
NEW
49位
NEW

レム
3位
▲20
27位
▼26

エミリア
1位
▲13
48位
▼26

ボイドール
13位
▲4
59位
▲3

ソル
19位
▲14
7位
▲13

モノクマ
62位
▲1
1位
▲5

アイズ
45位
▲5
13位
▲4

キリト
7位
▼4
34位
▼2

バグドール
6位
▼4
25位
▼4

ステリア
8位
▼7
12位
▼7

※順位変化は先月比のもの
※4月25日のバランス調整で上方修正されたヒーロー名を赤色、下方修正されたヒーローを青色で表示

4月末のバランス調整で移動速度とヒーローアクション(HA)の最短のタメ時間を下方修正された「ステリア」だが、少し使用率と勝率は下がっているものの、高い順位をキープしている。

S5ランク以上でも、高い使用率と勝率を誇っており、ランク問わずに活躍していることがわかる。

ランク問わずに高い使用率と勝率だった影響か、5月末のバランス調整でも下方修正を受け、HAの最短のタメ時間がさらに延長されてしまった。4月の調整ぶんと合わせて、実装時から約0.3秒HAの最短のタメ時間が伸びたことになる

今回は…

  • シーズン初参戦!【近】カードが人気の「ラム」
  • これからはおかあさんの使用率が上昇!?「エミリア」
  • ここ数シーズン高使用率&高勝率!「レム」
  • 自由枠はイデアとカノーネが人気!「ゲームバズーカガール」
  • コラボ初復刻で6月シーズン大注目!「ライザリン・シュタウト」

の5人の開発チームからいただいたヒーローごとのカード使用率ランキングから、一部ヒーローについて覚えておきたいポイントなどを紹介していく。

シーズン初参戦!【近】カードが人気の「ラム」

ラムのおすすめデッキ・立ち回り
5月シーズン使用率
(S5~S9)
5月シーズン勝率
(S5~S9)
3位/66人中 23位/66人中
5月シーズン使用率
(S1~S4)
5月シーズン勝率
(S1~S4)
2位/66人中 49位/66人中

新ヒーローということもあり、ランク問わずに使用率が高かった「ラム」。

しかし、勝率は高いと言うほどでもなく、特にS1〜S4ランクでは思うように勝てていないようだ。

【5月シーズン】ラムのカード使用率ランキングTOP10(S5~S9)

順位 カード名 順位 カード名
1位
帝皇機神
ケーニヒ・イェーガー
2位
【デルミン】
デビルミント始龍
3位
反導砲
カノーネ・ファイエル
4位
【リゼロ】
絶望という病
5位
【リゼロ】
ゼロから始まる異世界生活
6位
-蒼王宮-
終焉禁獣 グラナート
7位
*絢爛ノ美*
ボラ&アルヒコ&アペイロン
8位
全天首都防壁
Hum-Sphere LLIK
9位
魂を司る聖天使
ガブリエル
10位
機航師弾
フルーク・ツォイク

【近】カードと【周】カードの発動速度が速いラムだが、【周】カードはヒット後のスキが大きいからか、人気が高いのは【近】カードのようだ。

特に使用率2位の始龍は人気が高く、ラムのアビリティで受けたダメージを回復しつつ、目の前で転倒させたあとに通常攻撃で追撃しやすいという相性のよさがある。

そんなラムにシーズン後追い風が吹き、ラム自身の上方修正はなかったが、カードバランス調整でラムがよく使う【近】カードが軒並み上方修正された。

【近】カードは威力を中心に多くのカードが上方修正。使用率2位の始龍、3位のカノーネ、4位の絶望という病、10位のフルークも調整対象で、6月シーズンでの活躍が期待できそうだ

ランキングを踏まえた、現環境でのラムの定番デッキは以下のとおり。

【5月シーズン】ラムの主流デッキ

  • 反導砲 カノーネ・ファイエル
  • 【デルミン】デビルミント始龍
  • 帝皇機神 ケーニヒ・イェーガー
  • 魂を司る聖天使 ガブリエル

【近】カード2枚を主軸としたデッキ。

【防】カードを使っていない敵に対しては始龍、【防】カードを使っている敵に対してはカノーネで攻撃しよう。

ただし、恒常カードのみでデッキを組むと水属性カードのみになり、敵から木属性攻撃で安定して弱点ヒットされやすいことが欠点だ。

もし、『リゼロ』コラボカードを持っていたら、カノーネ絶望という病に、ガブリエルを「【リゼロ】ゼロから始まる異世界生活」に変えよう。デッキに属性を増やせるだけでなく、ステータスアップにもつながる

ラムのHSを使いこなすポイント

ラムを使いこなすにあたって、最もつまづきやすいのがHSだろう。

ここからは、HSにおいて大切なポイントをピックアップして紹介していく。

HSは前線から離れすぎた場所で使わない!

ラムのHSの効果時間は、約6秒間と非常に短い。

のほたんのHSと同じ感覚で、スタート地点でHSを使ってしまうと、前線に向かう間にHS効果がほとんど消費されてしまう。

前線から離れすぎない場所で、HSの演出終了直後に敵に邪魔されないよう味方に守ってもらえる場面で使うか、敵の攻撃カードやHSなどをかわすように使うのが理想的だ。

残り時間30〜40秒を切ったあたりで倒されそうなタイミングで、体力が削られすぎないうちにHSを使うほうがいいだろう。HSの演出中に味方が近くにいる敵に対処してくれていると、HSの強みを思う存分発揮できる場面が整う

HS中にダッシュ攻撃は基本的に使わない!

ラムはHS中、通常攻撃にガードブレイク効果が付与される。

ガードブレイク効果を存分に活かしたいことやダッシュ攻撃はスキが大きいため、HSの効果時間がもったいないということもあり、HS中は基本的に通常攻撃や攻撃カードで攻めるといいだろう。

HS中の攻撃カードは、体力の多い敵を一気に倒したいときや敵の攻撃カードによる転倒を防ぎたいときに使いたい

これからはおかあさんの使用率が上昇!?「エミリア」

エミリアのおすすめデッキ・立ち回り
5月シーズン使用率
(S5~S9)
5月シーズン勝率
(S5~S9)
20位/66人中 54位/66人中
5月シーズン使用率
(S1~S4)
5月シーズン勝率
(S1~S4)
1位/66人中 48位/66人中

『リゼロ』コラボ復刻により期間限定登場した「エミリア」。

特にS1〜S4ランクで圧倒的な人気はあるものの、勝率はランク問わず今一歩なのが現状だ。

【5月シーズン】エミリアのカード使用率ランキング(S5~S9)

順位 カード名 順位 カード名
1位
全天首都防壁
Hum-Sphere LLIK
2位
楽団姫 ディーバ
3位
迅雷の科学者 アバカン
4位
おかあさん だーいすき
5位
魂を司る聖天使
ガブリエル
6位
【リゼロ】
ゼロから始まる異世界生活
7位
ハイカラ盟友忍者
-壬生咲みみみ-
8位
妖炎参謀 月夜叉
9位
ミナ&ルナ&レナの
バーゲンセール戦争
10位
連合宇宙軍
シールドブレイカー

ガンナーのカード使用率ランキングでよく見られる1位全天、2位ディーバはエミリア使いにも欠かせないものになっている。

回復カードは5位〜8位にランクインしている4枚で割れているが、5位のガブリエルや6位のゼロから始まる異世界生活のような単体即時回復が人気のようだ。

注目すべきは、デッキの残り1枠に入ってくるであろう4位のおかあさん

デッキに採用する際、3位のアバカンと比べられがちで、今回のエミリアのカード使用率においても、アバカンおかあさんの使用率の差はほんのわずかだったため、ほぼ5:5で使われていると思っていいだろう。

ところが、5月末のカードバランス調整で、一部カードの防御ステータスが大幅にアップ。

もし、これらのカードが今後流行することになれば、エミリアを含めた防御力の高いヒーローを苦手とする多段攻撃系のガンナーは、おかあさんなどの防御力ダウンカードを使わなければ、ダメージを思うように与えられなくなるため、6月シーズンではおかあさんの使用率が上がる可能性が高いだろう。

写真は、カードバランス調整で防御ステータスが大きく上がったカードのうちの1枚「とある家庭用メカの反乱」のレベル50時のステータス。防御ステータスが突き抜けて高くなっていることがわかる

ランキングを踏まえた、現環境でのエミリアの定番デッキは以下のとおり。

【5月シーズン】エミリアの主流デッキ

  • 迅雷の科学者 アバカン
  • 楽団姫 ディーバ
  • 全天首都防壁 Hum-Sphere LLIK
  • 魂を司る聖天使 ガブリエル

今回はアバカンのほうが使用率が高いので、アバカンを採用しているが、通常攻撃のダメージが通りづらいようであれば、アバカンおかあさんに変えてみよう。

回復カードは、もし『リゼロ』コラボカードのゼロから始まる異世界生活を持っていたら、ガブリエルと入れ替えるのがおすすめだ。

ゼロから始まる異世界生活のほうが、ガブリエルより攻撃ステータスが高いうえに、デッキに全属性のカードを入れられるため、弱点ヒットさせて攻撃しやすくなる。

ここ数シーズン高使用率&高勝率!「レム」

レムのおすすめデッキ・立ち回り
5月シーズン使用率
(S5~S9)
5月シーズン勝率
(S5~S9)
4位/66人中 2位/66人中
5月シーズン使用率
(S1~S4)
5月シーズン勝率
(S1~S4)
3位/66人中 27位/66人中

『リゼロ』コラボ復刻により期間限定登場した「レム」。

ランク問わず使用率が高い状況が続いており、S5ランク以上では勝率もトップ10に入ることが多い今流行のヒーローの1人だ。

【5月シーズン】レムのカード使用率ランキング(S5~S9)

順位 カード名 順位 カード名
1位
-蒼王宮-
終焉禁獣 グラナート
2位
帝皇機神
ケーニヒ・イェーガー
3位
全天首都防壁
Hum-Sphere LLIK
4位
楽団姫 ディーバ
5位
オールレンジアタック
6位
絶夢の魔女
リベレーション★ルルカ
7位
【文スト】
武装探偵社
8位
*絢爛ノ美*
ボラ&アルヒコ&アペイロン
9位
狂愛の次女 ヴァルヴァラ
10位
【リゼロ】
間断なき結束

レムは【周】カードの発動速度が非常に速いため、多くの【周】カードがランクインしている。

なかでも今後注目されるのが、5位のオールレンジや10位の間断なき結束といった貫通効果のある【周】カード。

5月末のカードバランス調整にて、主に威力が上方修正されており、レムのアビリティ効果は乗らないものの、ある程度ダメージを与えながら転倒させる手段として有効だ。

『ペルソナ5』コラボ限定カードの心の怪盗団は、パラメータも上方修正されて、オールレンジより攻撃ステータスがそこそこ高く、体力ステータスが低くなっている

ランキングを踏まえた、現環境でのレムの定番デッキは以下のとおり。

【5月シーズン】レムの主流デッキ

  • -蒼王宮- 終焉禁獣 グラナート
  • *絢爛ノ美* ボラ&アルヒコ&アペイロン
  • 帝皇機神 ケーニヒ・イェーガー
  • 魂を司る聖天使 ガブリエル

恒常カードのみでデッキを組むため、サポート力を重視したデッキ構成。

恒常カードには、現時点である程度の攻撃ステータスが確保された威力の高い【周】カードがないため、絢爛ノ美で敵をスタンさせたり、グラナートで敵の【防】カードを割ったりして、自身だけでなく味方がキルしやすい場面を作っていこう。

もちろん、グラナートやレムの通常攻撃によるダメージは大きいので、積極的にキルを狙っていきたい。

サポート重視のデッキでは、倒されずに前線を維持し続けるのも重要であることから、カード使用率ランキングではトップ10に入らなかったが、回復カードのガブリエルを採用している。

恒常カードでキル重視のデッキを組む場合

  • 狂愛の次女 ヴァルヴァラ
  • 絶夢の魔女 リベレーション★ルルカ
  • -蒼王宮- 終焉禁獣 グラナート
  • 帝皇機神 ケーニヒ・イェーガー

ダメージ吸収【周】カードのヴァルヴァラは発動時間「短」であるのが欠点だが、リベルル連切りすることでヴァルヴァラの発動時間を短縮しつつ、リベルルで引き寄せて転倒させた敵に確実にヴァルヴァラを当てることができる相性のよさがある。

しかし、ヴァルヴァラリベルルとのコンボとして使わないと活かしづらい点には注意だ。

また、デッキに入っているカード4枚ともに攻撃ステータスが高いわけではなく、レムの攻撃力の底上げをしづらいのが惜しいところ。

レムのアビリティをうまく使い、ヴァルヴァラグラナートのダメージを増やしていきたい。

自由枠はイデアとカノーネが人気!「ゲームバズーカガール」

ゲームバズーカガールのおすすめデッキ・立ち回り
5月シーズン使用率
(S5~S9)
5月シーズン勝率
(S5~S9)
9位/66人中 30位/66人中
5月シーズン使用率
(S1~S4)
5月シーズン勝率
(S1~S4)
5位/66人中 50位/66人中

5月シーズンのテーマヒーローである「ゲームバズーカガール(GBG)」。

4月シーズンから使用率が高いヒーローではあったが、特にS1〜S4ランクでは勝率が伸び悩んでいる。

【5月シーズン】GBGのカード使用率ランキング(S5~S9)

順位 カード名 順位 カード名
1位
全天首都防壁
Hum-Sphere LLIK
2位
楽団姫 ディーバ
3位
-蒼王宮-氷冠女王
イデア=N=ユランブルク
4位
反導砲
カノーネ・ファイエル
5位
ミナ&ルナ&レナの
バーゲンセール戦争
6位
魂を司る聖天使
ガブリエル
7位
妖炎参謀 月夜叉
8位
ハイカラ盟友忍者
-壬生咲みみみ-
9位
【リゼロ】
ゼロから始まる異世界生活
10位
【リゼロ】
絶望という病

GBGもエミリアと同じく、ガンナーのカード使用率ランキングでよく見られる全天ディーバが1位と2位にランクイン。

回復カードが6位〜9位に入っているが、2021年6月シーズン時と比べると月夜叉の順位が9位から7位に上がっており、月夜叉の人気が上昇しているのがわかる。

全体回復で自身の体力管理が難しくなるものの、攻撃ステータスが高く、恒常カードでガンナーのデッキに入れづらい火属性であることが人気の理由だろう。

ランキングから考える現環境のGBGの定番デッキは、以下のとおり。

【5月シーズン】GBGの主流デッキ

  • -蒼王宮-氷冠女王イデア=N=ユランブルク
  • 楽団姫 ディーバ
  • 全天首都防壁 Hum-Sphere LLIK
  • 魂を司る聖天使 ガブリエル

GBGのデッキには【防】カード2枚と回復カードを搭載し、残った1枠を自由枠としてさまざまなカードを採用するケースが多い。

自由枠に関しては、現時点ではアビリティとの相性がいいイデアの使用率のほうが高いが、ガードブレイク【近】カードのカノーネも人気で、5月末のカードバランス調整で威力がアップしたことで、6月シーズンでは使用率がさらに伸びそうだ。

コラボ初復刻で6月シーズン大注目!「ライザリン・シュタウト」

ライザリン・シュタウトのおすすめデッキ・立ち回り
5月シーズン使用率
(S5~S9)
5月シーズン勝率
(S5~S9)
14位/66人中 46位/66人中
5月シーズン使用率
(S1~S4)
5月シーズン勝率
(S1~S4)
29位/66人中 14位/66人中

5月シーズン終了後に『ライザのアトリエ2』コラボ復刻で再登場した「ライザリン・シュタウト(ライザ)」。

5月シーズンは復刻前ではあるが、すでに高い使用率で、特にS5ランク以上で数ヶ月間安定した人気を誇っている。

前回の野良シーズン(2021年12月)では、S5ランクの使用率5位だったこともあり、次なる6月の野良シーズンでも活躍が期待される。

【5月シーズン】ライザのカード使用率ランキング(S5~S9)

順位 カード名 順位 カード名
1位
帝皇機神
ケーニヒ・イェーガー
2位
*絢爛ノ美*
ボラ&アルヒコ&アペイロン
3位
どこにでもいけるドア
4位
究極系ノーガード戦法
5位
神技官
アンジュ・ソレイユ
6位
#夜光犯罪特区
#きてるちゃんライヴ
7位
-蒼王宮-
終焉禁獣 グラナート
8位
迅雷の科学者 アバカン
9位
ハイカラ盟友忍者
-壬生咲みみみ-
10位
【リゼロ】
ひとときの団欒

タンクとしては珍しく、回復カードの使用率が高くないのがライザの特徴。

HAの回復性能が高いがゆえに、回復カードを入れるよりも【防】カードを2枚入れて、【防】カードを展開して転倒などを防ぎながら、HAで回復しつつ錬金アイテムを投てきして妨害するスタイルが、ライザの主流となっている。

それを象徴しているのが4位のノーガードで、敵はガードブレイク手段を持たないと、ダメージを80%カットするノーガードを展開しながらHAをするライザを倒すのが厳しいだろう。

また、ライザは恒常カードのみでデッキを組みやすいのも魅力の1つだ。

ランキングから考える現環境のライザの定番デッキは、以下のとおり。

【5月シーズン】ライザの主流デッキ

  • どこにでもいけるドア
  • *絢爛ノ美* ボラ&アルヒコ&アペイロン
  • 帝皇機神 ケーニヒ・イェーガー
  • 究極系ノーガード戦法

ライザのカード使用率ランキングトップ4をそのまま採用したデッキ。

ライザは攻撃カードを2〜3枚採用したドアを入れないデッキも少なくないが、最近はドア採用型デッキが増加傾向にある印象だ。

ドアを採用しない場合のおすすめデッキ(徒歩型)

  • #夜光犯罪特区 #きてるちゃんライヴ
  • *絢爛ノ美* ボラ&アルヒコ&アペイロン
  • -蒼王宮- 終焉禁獣 グラナート
  • 帝皇機神 ケーニヒ・イェーガー

ドアを入れない通称「徒歩型」のデッキの場合は、【防】カードを1枚にして、妨害やサポートができるカードを3枚入れるのがおすすめ。

絢爛ノ美で敵をスタンにさせてからは、HAの投てきアイテムでさらに転倒や状態異常を狙うもよし、きてるちゃんでスタン時間を延長させてもよしで、妨害能力にかなり長けたデッキとなっている。

シーズン情報

シーズンバトル告知文

ランキング報酬限定カード:【GB流正統後継者】ゲームバズーカガール

ランキング報酬限定&参加賞アイコン

順位 報酬アイコン
1位〜10位
11位〜500位
501位〜5,000位
参加賞

シーズン限定コスチューム:【ゲームバズーカガール】ワイルドキャノンガール【彩】

過去のバトル環境記事はこちら


2022年8月シーズン
(テーマ「イスタカ」)

2022年7月シーズン
(テーマ「アダム」)

2022年6月シーズン
(テーマ「スプリンター」)

2022年5月シーズン
(テーマ「GBガール」)

2022年4月シーズン
(テーマ「桜華忠臣」)

2022年3月シーズン
(テーマ「青春アリス」)

(C) NHN PlayArt Corp.
(C) DWANGO Co., Ltd.