• VRゴーグル向けおすすめゲーム(2016年夏)

VRゴーグル向けおすすめゲーム(2016年夏)

VR熱の高まりとともに、スマホアプリにもVR対応のものが多く出始めている。この記事では、その中でもおすすめのゲームをまとめて紹介していこう。

無料で楽しめるVRゴーグル向けゲームが続々配信中!

VRゴーグルを購入して、いざアプリをダウンロードしようしても数が多すぎてなかなか決められない方も多いはず。

この記事では、そんな何からプレイすればいいか迷っている方のために、おすすめのVRゴーグル向けゲームを紹介していこう。

VRコンテンツをより楽しむためにほしいアイテム

具体的な紹介の前に、VRゴーグルを使用する際にあると便利なものを紹介しておこう。

ゲームを最大限楽しむためにはおさえておきたいポイントだ。

回転するイス

どの方向を向いても映像が見られるのがVRの醍醐味。ぐるぐるとイスごと身体を回転できた方がコンテンツを楽しみやすい。

シューティング系のゲームなどは、首を上下、椅子を左右へ回転させながらプレイするものが多い。周りの安全を確かめ、360度回転できる椅子に座って全力で楽しもう

ワイヤレスコントローラ/ゲームパッド

VR対応のゲームには、タップ操作やコントローラーに対応するものも多くある。

中にはコントローラがないとゴーグルをつけながらプレイできないものもあるため、より多くの作品を楽しみたい方はぜひ入手しておきたいところだ。

ゴーグルをつけながらアプリを起動といったことも可能になるため、ワイヤレスコントローラはなかなか便利。ゲームパッドとして使えるものも多いのでVR対応アプリ以外にも使える点は魅力

シューティング

Inmind VR

『Inmind VR』は、患者の脳内に潜り込んで障害を引き起こす神経細胞を治療していくシューティングゲーム。

脳内の不思議な世界をジェットコースターのように駆け抜けていくので、遊園地のアトラクションのような感覚が味わえる。

目から患者の脳内に入り込むと、数多の神経が張り巡らされた空間が待ち受けている。遠くない未来、手術はこういう形式になるのかもしれない

赤い細胞が治療すべき対象になる。画面中央のポインタを赤い細胞に一定時間当てることで治療完了だ。

プレイヤー自体もジェットコースターのように動いているため、治療中に通りすぎてしまうことも。いち早く赤い細胞を発見することが重要だ

Deep Space Battle VR

迫りくる敵船隊と、宇宙で空中戦を繰り広げるシューティングゲーム。

アクション性の高さと、全方向に飛び回る機体を追いかけるのが楽しい作品だ。

舞台が宇宙ということで、水平方向だけでなく真上や真下など、あらゆる角度から敵が襲いかかる。飛び回る機体を追いかけて撃ち落していこう

決められた時間内に、指定された機数を撃ち落すことができればクリア。クリアを重ねることで、自機の種類(全6種)や挑める宇宙(全8種)が増えていく。

プレイヤーの視点はコックピットモード(FPS)とスペースシップモード(TPS)で切り替え可能

Last War Hero VR

第2次世界大戦を舞台にした1人称シューティングゲームで、VRゴーグルをつけながらだとゲームパッドが必要となる。

敵兵が迫る状況の中、さまざまな銃を駆使して対応していくのが面白い作品だ。

操作は、中央のポインタでメニューを選択し、コントローラのボタンで決定。シナリオは複数あり、地形や使える武器が異なってくる

各ステージで敵兵をすべて倒せばクリア。自軍の拠点を守っている設定なので、拠点に迫られないように近い敵を優先して倒していく。

レーダーを頼りに、迫りくる敵兵を銃で倒していく。敵はさまざまな方向からくるため、より早く倒すことが求められる

アドベンチャー

VR Fantasy

ダンジョンを探索していくアドベンチャーゲームでゲームパッドが必要なタイトル。

ダンジョンの謎を解きながらモンスターを倒していく、まさに冒険という言葉がぴったりの作品だ。

360度どちらを向いてもダンジョン。ひと昔前のダンジョンAVGがVRで再現されたようなゲームだ

ダンジョン内にあるアイテムを駆使しながら、徐々に進んでいく。トラップやギミックを解き明かしていく面白さがある。

もちろん、モンスターも登場。武器を振るって撃退していこう。上方向を見れば現在のHPなどが確認できる

House of Terror VR free

さまざまなトラップが仕掛けられた恐ろしい家から脱出していくゲーム。VRゴーグルをつける場合はゲームパッドが必要。

薄気味悪い雰囲気と、突然聞こえる効果音、恐ろしいトラップなど、お化け屋敷をアプリで再現したような作品だ。

舞台は荒れ果てた洋風の家。行ける場所が限られる中、脱出のための手がかりを探していく

最初は行けないような場所を、マップ内にあるカギなどのアイテムを利用して開放していく。どこからトラップが襲ってくるかわからないので進むときは注意が必要だ。

唐突に床からトゲが現れたり、大きな毒グモが壁にくっついてたりする。知らずに近づくと途端にゲームオーバーになってしまう、まさに恐怖の家

なごみの耳かきVR

従妹(いとこ)の”なごみ”に耳かきをしてもらえる癒やし系アプリ。

耳かきをしてくれている間もやさしくしゃべりかけてくれるので、癒やしがほしい人はぜひ試してみてほしい。

古風な造りの家の中におり、なごみちゃんの姿はどこにもない。どこにいるかなとVRをつけたままキョロキョロしてみると自分の右側に着物を着たなごみちゃんがちょこんと座っている

左右どちらの耳を向けてもOK。画像のような状態でじっとしていれば耳かきをはじめてくれる

このアプリのすごいところは、なごみちゃんに耳かきをしてもらっている耳の方から「ゴソゴソ……」という音がするところ。

状況に応じてなごみちゃんが「もう眠くなってきちゃった?」や「まだ耳かき途中だよ?」と、ささやいてくれるのでイヤホンがあったほうが確実に楽しめるだろう。

何度も起き上がると怒られてしまうが、怒った顔もかわいい

 アクション

 ピクセルVRバトル ~マルチプレイ協力対戦~

1980年代のゲームキャラクターたちが地球を襲う映画『ピクセル』のDVD、ブルーレイ発売を記念して作られたアプリ。

VR空間を駆け回るパックマンを捕まえるアクションゲームだ。マルチプレイで複数人と楽しむこともできる作品。

マップ内をウロウロする巨大なパックマンを、カートに乗ったプレイヤーが追いかける。カートは勝手に前に進むので、身体の向きを変えることで方向転換していく

基本的にはプレイヤーがパックマンに複数回触れれば勝利となるのだが、パックマンがパワークッキーを食べた状態で触れてしまうとゲームオーバーになってしまう。

「パワークッキーを食べられた」表示は唐突に現れる。この瞬間攻守が逆転し、パックマンから逃げなければいけなくなる。このせめぎあいがなかなか面白い

Perfect Angle Zen edition VR

すべての操作を視点のみで行える、目の錯覚を利用したパズルアクションゲーム。

思わぬところから思わぬ形が出現する、視覚の妙が楽しめる作品だ。

一見するとただのバラバラな脈略のないものにしか見えないものも、特定の角度から見ることで見覚えがあるものが浮かびあがる

ステージは70を超えるステージが用意され、難易度は徐々に上がっていく。

とはいえ特に制限時間はなく、禅をモチーフとした和やかなBGMやマップが用意されていることもあり、まったりとゲームを楽しむことができる。

「どうしてもわからない!」というときは、プールに潜ることでヒントを得ることもできる

みんなde鬼ごっこ

仮想空間の中で複数人が鬼ごっこをするアクションゲーム。

最大8人まで参加できるので、友だち同士で盛り上がるには持ってこいの作品だ。

ゴーグルをかけた状態での首の傾きによってプレイヤーの動作が変わる。基本的には走りっぱなしなので、この操作のうまさが勝敗を分ける

制限時間内に鬼が全員を捕まえられるかどうかで勝敗が決まる。参加せずに観戦することも可能だ。

学校の机を大きくしたようなマップ。障害物やアイテムも多数あるので単純な鬼ごっこ以上のものが楽しめる

複数人でプレイするには同じwi-fi環境に接続する必要がある。ホストが作った部屋に、部屋番号(IPアドレス)を入力して参加してみよう

(c)Nival
(c)ARCHIACT INTERACTIVE LTD.,
(c)Bloompix Studios
(c)2015 Chibig
(c)2014 Lakento
(c)1996-2016 DLsite.com
(c)Sony Pictures Entertainment(Japan)lnc.
(c)Ivanovich Games SL
(c)PARTNERS INC.