#コンパス攻略

#コンパス【初心者攻略】:劣勢時こそプレイヤースキルが試される!「タンク」の立ち回り方

『#コンパス』で、立ち回りが難しいと言われているロールの「タンク」。ポータルキーを守るのが主な役割だが、ただエリア内に居座っているだけでは、勝つことが難しいときもある。また、劣勢になってからの立ち回りが最も難しいロールでもある。そこで、本記事では、ポータルキーを守る立ち回りはもちろん、リードを許しているときにどうしたらいいかなど、タンクについて徹底解説していく。

  1. 「タンク」とは?
  2. タンクの特徴
  3. タンクのおすすめカード
  4. タンクの立ち回り
  5. 敵に完全無視されたときはどうするべきか
  6. ドアを持っていない場合は?

「タンク」とは?

『#コンパス』の4種類あるヒーローロールの1つ。

他のロールと比べて、体力や防御力などの耐久面のステータスが高め。

それを活かして、ポータルキーや味方を守ることが、タンクの役割となる。

ヒーロー選択画面で、左上にあるマークでロールがわかる。タンクの場合は、盾が目印だ

他のロールなら倒されてしまうこの場面でも、タンクならある程度耐えることができる。味方の援護が来るまで、ポータルキーをしっかりと守り抜こう

タンクの特徴

タンク全ヒーロー共通で、他のヒーローとは異なる特徴がいくつかある。

これらを把握しておかなければ、タンクを使いこなすことはできないので、しっかりと理解しよう。

  • ヒーローアクション中でも、マップ視認やカード使用可能
  • 攻撃カードなどで飛ばされにくい
  • 攻撃のプッシュ量が大きい

ヒーローアクション中でも、マップ視認やカード使用可能

アタッカーやガンナーで、ヒーローアクション(以下、HA)を使うと、以下のような画面になる。

左がアタッカーの忠臣、右がガンナーのまといがHAをしている画面。どちらもHAは、マップが表示されず、画面下部にあるカードなどの表示も消えている

つまり、HA中はマップを見て敵の位置を確認することも、カードやヒーロースキル(以下、HS)、属性変更をすることも一切できないということだ。

これによって、HAはうまく使えばチャンスに繋がることがあるものの、場合によっては大きなスキになり、最悪の場合倒されてしまうことがある。

しかし、タンクの場合は、HA中でもこれらが表示されるので、HAをしていても大きなスキになることはない。

比較すると、画面が明らかに違うことがわかる。タンクはHA(長押し)をしながら、カードやHSの使用、属性変更ができ、マップを見て状況判断も可能だ

片方の指でHA(長押し)しつつ、もう片方の指でカードが使える。これによって、アタッカーやガンナーよりもHAのスキができにくい

これは、タンクの基本中の基本なので、ぜひ覚えておこう。

攻撃のプッシュ量が大きい

近距離攻撃や周囲攻撃など、カード攻撃のプッシュ量が、他のロールと比べて、タンクは大きくなっている。

こちらは、スプリンターであるアタリとタンクであるグスタフが、それぞれ周囲攻撃(オールレンジ)で攻撃したときのプッシュ量の比較。グスタフのほうが、敵を遠くに飛ばせていることがわかる(※)

これによって、敵をポータルキーから遠くへ飛ばしてから戻ってくるまでに、ポータルキーを奪取しやすくなっている。

※タンク以外のヒーローでも、ヒーローごとにプッシュ量が異なる

攻撃カードなどで飛ばされにくい

まず、「飛ばされる」とは、どういうことかを説明する。

近距離や周囲攻撃カード、特定のヒーローのHAなどで、画像のように弾き飛ばされることをいう。飛ばされると、その間にポータルキーを奪われたり、着地時に転倒してスキができたりと、悪いことだらけだ

しかし、タンクはその飛ばされる高さや距離を軽減できる。

こちらは、アタッカーであるアダムとタンクであるジャンヌに、それぞれ近距離攻撃カード(フルーク)を受けたときの吹き飛び量の比較。違いは一目瞭然。飛ばされにくいと、そのぶんポータルキーを守りやすくなる

タンクのおすすめカード

タンクに共通して、おすすめのカードがいくつかあるので紹介する。

どこにでもいけるドア

  • スキル:前方にあるポータルキーに瞬間移動(ワープ)
  • クールダウン:100秒
  • 発動時間:長
  • 解放ランク:C

おすすめヒーロー(タンク)

ポータルキーを守る役割であるタンクだが、耐久力がある代わりに、移動速度の遅いヒーローが多い。

また、他のロールと比べて、ヒーロー単体での逆転力が低いので、是が非でもポータルキーを守り抜かなければならない。

そこで便利なのが、「どこにでもいけるドア(以下、ドア)」。

タンクを使っているほとんどのプレイヤーが採用している、大人気カードだ。

自分が向いた先にあるポータルキーへ、一瞬でワープができる。奪われそうなポータルキーや取りたいポータルキーへとすぐに移動できる、タンクととても相性のいいカードだ

しかし、ドア最大の欠点が、クールダウン時間が長いこと。

1試合に使える回数は、最大2回(※)のみなので、使うタイミングをしっかり考えなければならない。

※「クールタイム短縮」メダルを一定数付ければ、1試合最大3回使える場合もある。

回復カード

体力を回復すれば、耐久できる時間も長くなるので、必ず1枚は入れておくべき回復カード。

しかし、回復カードは種類が多く、どれがタンクに合うのかわからないプレイヤーもいるだろう。

回復カードには、即時回復持続回復全体回復エリア回復の4種類がある。

今回、コラボ限定カードしかないエリア回復は、考察しないものとする。

タンクに最もおすすめの回復カードは、持続回復カードである「祭りの真打ち!打ち上げ花火(以下、花火)」。

  • スキル:体力を持続回復(10秒間で最大120%)
  • クールダウン:35秒
  • 発動時間:短
  • 解放ランク:D

おすすめヒーロー(タンク)

全ヒーロー

花火は、すべての単体回復カードのなかで、最も総回復量が多いので、耐久面ではとても頼もしい。

しかし、花火を含めた持続回復カードの天敵が、「-蒼王宮-氷冠女王イデア=N=ユランブルク(以下、イデア)」。

イデアは、敵の強化効果だけでなく、持続回復効果まで打ち消す

つまり、イデアに打ち消されると、回復しきれなくなってしまうのだ。

体力を回復するために、花火を使用。しかし、効果時間中にイデアで打ち消され、体力をじゅうぶんに回復することができなかった

しかも、イデアは採用率がそれなりに高い。使う敵が増えてくると、持続回復カードを思ったように使えなくなる。

そこで、安定して回復ができるのが、即時回復カードである「魂を司る聖天使 ガブリエル(以下、ガブリエル)」。

  • スキル:体力を100%回復
  • クールダウン:30秒
  • 発動時間:短
  • 解放ランク:E

おすすめヒーロー(タンク)

即時回復は、カードを使うと一気に回復できる。

例えば、ガブリエルはカードを使うとすぐに、体力が全快する。

イデアの影響を受けず、安定して回復できるのが、即時回復のメリットでもある。

基本的に、タンクの回復枠は、花火かガブリエルから選ぶようにしよう。

帝皇機神 ケーニヒ・イェーガー

  • スキル:被ダメージを50%減らす(10秒間)
  • クールダウン:28秒
  • 発動時間:無
  • 解放ランク:B

おすすめヒーロー

敵からのダメージを軽減や、状態異常を防げるので、耐久面で非常に心強いカードだ。

しかし、他にもダメージ軽減できるカードがあり、「帝皇機神 ケーニヒ・イェーガー(以下、イェーガー)」よりも軽減率が高いものもある。

左が「究極系ノーガード戦法」で、ダメージ軽減率は80%、右が「全天首都防壁 Hum-Sphere LLIK」で 、ダメージ軽減率は100%

しかし、タンクではどちらも採用率が低め。

そこには、発動時間が大きく関わってくるのだが、詳しい理由は、以下のページをご覧いただきたい。

タンクの立ち回り

今回は、ドアを採用しているタンクの立ち回りを中心に解説する。

グスタフやモノクマなど、ドアを入れなくても強さを発揮するヒーローの立ち回りは、ヒーローごとの立ち回り記事をチェックしていただきたい。

ドアをデッキに入れている場合、最も重要なのが、試合開始直後のドア使用だ。

タンクはポータルキーを守ることを得意としていても、奪い返すのは苦手。

まずは、ドアを使って、誰よりも先にポータルキーを取るのがタンクの役割となる。

肝心のワープ先だが、基本的には敵陣2番目へワープして、そのポータルキーを取得する。

そのワープ先は、ステージによって異なるので、以下の記事でステージごとのワープ先を確認していただきたい。

 誰よりも先にポータルキーを取得して、そのポータルキーを守り抜けるのがベスト

しかし、ドアでワープした直後、敵が2人がかりで狙ってきたり、ポータルキーから剥がそうとしたりと、全力で襲いかかってくる。

敵の猛攻に耐えたり攻撃をかわしたりして、必死に耐えよう

ここで最も重要なのは、極力死なないことだ。

倒されそうになったら、敵陣の守りは諦めてC地点へ戻り、そちらを守るようにしよう。

ポータルキーから剥がされた場合

倒されはしなかったが、ポータルキーから近距離攻撃カードや、周囲攻撃カードなどで剥がされてしまった場合でも、敵陣から逃げて、C地点を制圧。

先に味方がC地点を制圧してくれていたら、そのままC地点内でスキルゲージをためよう。

守りにくいC地点だが、リードされるよりはいいので、意地でも自陣を守りきる気持ちで挑もう

倒されてしまった場合

万が一、倒されてしまったときは、自陣が広がりきっていないとしても、まっすぐC地点へ向かおう

基本的に、タンクがスキルゲージをためる優先度は、他のロールと比べて低め。

味方にスキルゲージをためてもらうために、タンクは最前線であるC地点へ向かい、味方を自陣に戻してあげよう。

属性相性を考えてダメージ軽減

もし、こちらが攻撃側だった場合は、敵に弱点を突くように属性変更をして、攻撃しているプレイヤーが多いだろう。

属性で弱点を突くと、ダメージが1.2倍になる。攻める側は、できるだけ敵の弱点である属性で攻撃するのが、基本となる

属性変更は、逆に守る側でも使うことができる。

敵に通常攻撃で弱点を突かれていたら、違う属性に変更して、ダメージを軽減することができる。

ガンナーや通常攻撃が強いアタッカー(マリアや乃保、ポロロッチョなど)に対して有効だ。

こちらが属性変更で弱点を回避することで、敵も再び弱点属性への変更を強いられる。そして、こちらも再び属性変更。いたちごっこになることもあるが、相手にストレスや、何もしないよりも気を引くことができる

また、敵のデッキを予測して、事前に属性を変更するのもアリ。

例えば、忠臣と対峙した場合、フルーク(火属性)とカノーネ(水属性)がデッキに入っていることが多いため、どちらの弱点も突かれない水属性に変えて待ち構える。

忠臣に狙われていると感じたら、すかさず水属性へ変更。ただし、別の属性の攻撃カードである可能性もあるので、敵がカードを使う瞬間を見逃さないようにしよう

また、まといは火属性、アダムは水属性の攻撃力がアップするアビリティがある。この2人と対峙したら、迷わず弱点が突かれない属性へと変更しよう

敵に完全無視されたときはどうするべきか

倒すのが難しいと判断されたタンクは、敵に無視されがち。

そうすると、味方2人と敵3人がタンクから離れたところで戦うことになり、味方に負担がかかってしまう。

味方2人が倒されてしまうと、敵3人から袋叩きにされるか、2つのポータルキーを同時に狙われるなど、ポータルキーが守りづらくなる。

それでは、敵から無視されないようにするには、タンクはどのような動きをすればいいだろうか。

劣勢時を中心に紹介していく。

エリアが広がっていないポータルキーに張りつく(劣勢時)

開幕のドアで剥がされたあとや、敵が広げきっていないポータルキーのエリア内に居座り、敵が目を離したスキに奪ったり、いつ奪われるかわからないというプレッシャーを与えたりする効果がある。

また、エリア内に居続けることで、これ以上敵にエリアを広げさせないようにする。

ほぼ確実に1人は引き付けられるため、敵2人vs味方2人での戦いに勝ってもらうという、味方依存にはなるが、味方といっしょに戦うよりは、勝ち筋がグッと上がる。

エリアの広がりきっていないポータルキーに張り付き、常にこちらに目を向けて、思い通りに動かせないようにする。味方が敵を倒したり、気を引いてくれたりして、スキができたら、そのポータルキーを奪うことができる

敵陣側へ行き、敵を1人引きつける(劣勢時)

リードを許していて、敵陣のエリアもほぼ広がりきっている状態だった場合、C地点に居座ってもできることは少ないので、敵陣の奥へ行き、敵を1人でも引きつけよう。

C地点からできるだけ遠くへ、敵を引きつけることにより、敵2人vs味方2人での戦いに持ち込ませる

その戦いに勝ってもらい、C地点を取り返すのが目的だ。

敵のリリカを敵陣1番目付近へ引きつけている。C付近で味方2人と敵2人が戦っている状況。味方まといがHSを使って、確実に勝ちをもぎ取り、C地点を制圧。制圧後は、敵陣に居座る必要がないので、C地点へ戻り守りに徹しよう

スキをついて裏取りへ(劣勢時)

それでも取り返せない場合は、マップや状況を確認しながら、敵のスキを突き裏取りで逆転を狙おう。

確実に裏取りが決まるならば、ドアを使って、奪いたいポータルキーへ行っても構わない。

味方のきららがHSを発動。これにより、敵がHSの対応に追われるスキを突いて、敵陣最奥のポータルキーの裏取りを目指す。きららのHSにより、敵が2人倒れ、無事裏取りが成功した

妨害カードで味方をサポート(常時)

デッキにおいて、イェーガーなどのダメージカットのカード、回復カード、ドアの他に、もう1枠として、妨害カードを入れるのもアリだ。

その場合、味方をサポートしたり、時には自力でポータルキーを取り返したりすることも可能になる。

しかし、そのぶん耐久力は落ちるので、好みで採用しよう。

敵のリリカをスタンさせて、味方にキルをしてもらうサポート

味方がポータルキーを制圧中に、敵のVoidollが割り込むためにダッシュでポータルキーへ向かっている。それを妨害するためにスタン。無事、制圧することができた

ドアを持っていない場合は?

もし、ドアが未所持だったら、代用として「ぶじゅつかの超速加速」がおすすめ。

しかし、ある程度足の速さがあるタンクでないと運用が厳しい。

ぶじゅつかで運用が可能なタンクは、こちらの4名。特におすすめなのは、最初のヒーローガチャでも入手可能なジャンヌ

開幕と同時に使用して、真っ先にC地点へ向かおう。

敵にスプリンターがいた場合、先に奪われてしまうことがほとんどだが、妨害カードを使い、敵を弾き飛ばせば、奪い返すことも可能だ

そこからは、本記事で紹介したタンクの立ち回りとほとんど同じになる。

しかし、ぶじゅつかは最高レア度のURなので、入手が難しい。

もし、ぶじゅつかがなければ、敵を妨害できるカードを使い、味方をサポートしよう。

SRカードの中なら、敵を遠くに飛ばせる【押】【近】カードや、周囲の敵の動きを止められる【止】【周】カードもおすすめ

(C) NHN PlayArt Corp.
(C) DWANGO Co., Ltd.