#コンパス攻略

#コンパス【環境】: 9月シーズンを振り返り!「イグニス」初参戦&高火力ガンナーが大活躍!!

『#コンパス』で2021年9月9日から19日にかけて開催された、9月シーズン"でんせつのつづき"。本記事では、実際にシーズン中プレイしていて目立ったヒーローやカード、環境変化について振り返りながら紹介していく。

公式データ

今シーズン初参戦ながらも幅広いランク帯で活躍!「イグニス」

ショットガン主体がトレンド!「猫宮ひなた」

固定チームを中心に大活躍!「メグメグ」

みみみの人気が上昇中!今シーズンの主役「かけだし勇者」

次回シーズンの考察

シーズン情報

高火力ガンナー×ルルカのチームが大活躍!耐久重視の環境から変化!?

2021年9月に行われた「でんせつのつづき」は、かけだし勇者が初めてテーマヒーローとなったシーズンバトル。

今シーズンが始まる直前に『FINAL FANTASY XV(FF15)』コラボが初復刻した影響で、コラボヒーローの「ノクティス」を見かける機会が少し増えたように感じたシーズンバトルとなった。

今回は2021年9月シーズンを、特別にいただいた公式データや実際にプレイした感覚などから、注目のヒーローやバトル環境について振り返っていく。

2021年9月シーズンボーダー

まずは開発チームの協力のもと、今回のシーズンボーダーを公開!

どれくらいバトルポイントを稼げばアイコンやカードを獲得できるかなど、次シーズンの目標を決める際の参考にしていただきたい。

順位 BP 前回比較 ボーダー
10位 5,632
【S8】132
▲85 金アイコン
100位 5,074
【S7】74
▼52
500位 4,903
【S6】403
▼40 銀アイコン
1,000位 4,511
【S6】11
▼13 TEPPENバトル応募条件
(代表者のみ)
5,000位 4,219
【S5】219
▲9 銅アイコン
30,000位 3,519
【S4】19
▲1 限定カード獲得
90,000位 2,505
【S2】5
▼3 限定チップ獲得

ニーズヘッグがテーマとなった8月シーズンと比べると、10位以内が条件となる金アイコン争いが激化。

他のボーダーラインについては、8月シーズンとほとんど変わらないか若干低い結果となっている。

9月シーズン ヒーロー使用率&勝率ランキングTOP10【S5~S9】

続いて、S5-S9ランクでのヒーローの使用率と勝率を紹介。

使用率 ヒーロー 勝率 ヒーロー
1位
▲52

オカリン
1位

アタリ
2位
▼1

ルルカ
2位
▲1

デルミン
3位
NEW

イグニス
3位
▲3

ザクレイ
4位
▲24

リリカ
4位

ジャンヌ
5位
▲40

勇者
5位
▲14

リリカ
6位
▲36

猫宮
6位
▲12

マルコス
7位
▼4
#コンパス【環境】: 9月シーズンを振り返り!「イグニス」初参戦&高火力ガンナーが大活躍!!
Voidoll
7位
▼2

ルルカ
8位
▲46

ザクレイ
8位
▲1

オカリン
9位
▼4

アクア
9位
▲2

ポロロッチョ
10位
▼4

ピエール
10位
▲11

ヴィオレッタ

※順位変化は先月比のもの

使用率が大幅に上がっているのが、1位の「岡部倫太郎(オカリン)」、5位の「かけだし勇者」、6位の「猫宮ひなた」、8位の「ザック&レイチェル」の4名。

勇者はテーマヒーローに選ばれたこと、他の3名は8月末に実施されたバランス調整で上方修正されたことで人気が急上昇したと考えられる。

なかでも、オカリンとザクレイは勝率ランキングでもトップ10に入っている。

使用率が高いヒーローはミラーマッチが増え、勝率が伸びづらい傾向にあるので、使用率・勝率ともにトップクラスのオカリンとザクレイは、9月シーズンで猛威を振るったヒーローといえるだろう。

シーズン中の高い使用率と勝率を受けて、9月末のバランス調整でオカリンは下方修正されている。防御力が下がったことでアビリティの恩恵も少し減り、ヒーローアクション(HA)するリスクが若干高くなっているが、10月シーズンでも活躍しそうだ

「ルルカ」は、前回の8月シーズンに引き続き、使用率と勝率ともにトップ10にランクインする安定した強さを見せている。

HAを使った後隙が短く、HAを使うデメリットがほとんどないため、ガードブレイク効果だけでなく敵の足止めする手段としても大活躍。オカリンなどの高火力ガンナーとの相性も非常にいいヒーローだ。

しかし、ルルカは9月末のバランス調整で下方修正を受け、HAの後隙が約0.1秒増加している。だが、7月末のバランス調整では、HAの後隙が約0.2秒短くなっていたため、7月以前のルルカよりHAの後隙が約0.1秒短くなったことになる

また、同じく8月末のバランス調整で上方修正を受けた「リリカ」も使用率4位、勝率5位という好成績で、勝率6位の「マルコス」とチームを組む「リリマル」固定が流行していた。

注目ヒーローの順位変化【S5~S9】

8月シーズン後にバランス調整が入ったヒーローたちと、新ヒーローの「イグニス」やコラボ復刻した「ノクティス」の使用率と勝率も公開。

ヒーロー 使用率 勝率

イグニス
3位
NEW
20位
NEW

ノクティス
33位
▲4
41位
▼11

リリカ
4位
▲24
5位
▲14

リュウ
15位
▼13
50位
▼3

ザクレイ
8位
▲46
3位
▲3

ソーン
54位
▼6
43位
▼14

トマス
55位
▲2
11位
▲23

猫宮
6位
▲36
44位
▲12

オカリン
1位
▲52
8位
▲1

48位
▲8
55位
▼4

芥川
20位
▼3
59位
▼1

※順位変化は先月比のもの
※8月23日のバランス調整で上方修正されたヒーロー名を赤色、下方修正されたヒーローを青色で表示

新ヒーローで今シーズン初参戦となった「イグニス」は、使用率3位、勝率20位という快調な滑り出しとなった。

シーズン中に多かったオカリンがヒーローアクション(HA)で溜めている間に、イグニスはHAで引き寄せてキルチャンスを作ることができるため、オカリンに対して相性がいいヒーローとしても注目されていた。

イグニスは9月末のバランス調整でHAのタメ時間が長くなっている。ただ、使用感はさほど大きく変わることはないだろう

バランス調整で上方修正されたヒーローは、使用率も勝率も上昇傾向にあり、逆に下方修正されたヒーローは順位が下がる傾向にある。

しかし、「ソーン」と「芥川龍之介」は、上方修正を受けたにも関わらず、使用率と勝率ともに下がってしまっている。

8月末のバランス調整でHAの威力とアビリティの効果量がアップしたソーンだが、9月末のバランス調整でさらなる上方修正が実施されている。10月シーズンでの活躍に期待だ!

9月シーズン ヒーロー使用率&勝率ランキングTOP10【S1~S4】

さらに、S1-S4ランクでのヒーローの使用率と勝率を見ていこう。

勝率ランキングは毎月の傾向どおり、コラボ開催から日の経ったコラボ限定ヒーローたちが多く見られる。

使用率 ヒーロー 勝率 ヒーロー
1位
NEW

イグニス
1位
▲27

オカリン
2位
▲4

リリカ
2位
▲14

ザクレイ
3位

メグメグ
3位
▼2

リヴァイ
4位

まとい
4位

モノクマ
5位
▲6

ルルカ
5位
▼3

ギルガメッシュ
6位
▼1

ルチアーノ
6位
▲15

レム
7位
▲22

猫宮
7位
▼4

忠信
8位
▼7

エミリア
8位
▼2

ヴィオレッタ
9位
▼2

ソーン
9位
▲20

春麗
10位
▲5

芥川
10位
▼2

カイ

※順位変化は先月比のもの

S5-S9ランクでも高い勝率を記録した「岡部倫太郎(オカリン)」が、S1-S4ランクでは勝率1位を獲得。幅広いランク帯での活躍がうかがえる。

使用率1位には、新ヒーローの「イグニス」がランクイン。S1-S4ランクでは新ヒーローが登場した次のシーズンで使用率1位を取りやすい傾向にある。

注目ヒーローの順位変化【S1~S4】

S5ランク以上と同様、8月シーズン後にバランス調整が入ったヒーローたちと「コラボ復刻祭」で復刻した5名のヒーローの使用率と勝率も公開。

ヒーロー 使用率 勝率

イグニス
1位
NEW
17位
NEW

ノクティス
14位
▲18
24位
▼19

リリカ
2位
▼1
13位
▲7

リュウ
30位
▼29
33位
▲4

ザクレイ
25位
▲24
2位
▲14

ソーン
9位
▼2
57位
▼5

トマス
48位
▲2
45位
▲9

猫宮
7位
▲22
15位
▲9

オカリン
12位
▲33
1位
▲27

50位
▲5
38位
▼6

芥川
10位
▲5
43位
▼9

※順位変化は先月比のもの
※8月23日のバランス調整で上方修正されたヒーロー名を赤色、下方修正されたヒーローを青色で表示

新ヒーローの「イグニス」の使用率と勝率は、S5ランク以上と大差は見られなかった。ランク帯関係なく使いやすいヒーローになっているといえるだろう。

9月シーズン直前に復刻登場した「ノクティス」は、今回の復刻で初めてノクティスを手に入れ、慣れないなか使った影響か、使用率は上がったものの勝率は下がっている。

また、「ソーン」は8月末のバランス調整で上方修正されたが、S5ランク以上と同様に使用率も勝率も順位が下がってしまっている。

今回は…

  • 今シーズン初参戦ながらも幅広いランク帯で活躍!「イグニス」
  • ショットガン主体がトレンド!「猫宮ひなた」
  • 固定チームを中心に大活躍!「メグメグ」
  • みみみの人気が上昇中!今シーズンの主役「かけだし勇者」

の4人の開発チームからいただいたヒーローごとのカード使用率ランキングから、一部ヒーローについて覚えておきたいポイントなどを紹介していく。

今シーズン初参戦ながらも幅広いランク帯で活躍!「イグニス」

イグニスのおすすめデッキ・立ち回り
9月シーズン使用率
(S5~S9)
9月シーズン勝率
(S5~S9)
3位/59人中 20位/59人中
9月シーズン使用率
(S1~S4)
9月シーズン勝率
(S1~S4)
1位/59人中 17位/59人中

今回の9月シーズンで初参戦となった新ヒーローの「イグニス」。

実装されたばかりで使い慣れている人も少ない中だが、ランク帯問わず高い勝率を記録している。

【9月シーズン】イグニスのカード使用率ランキングTOP10(S5~S9)

順位 カード名 順位 カード名
1位
*絢爛ノ美*
ボラ&アルヒコ&アペイロン
2位
全天首都防壁
Hum-Sphere LLIK
3位
帝皇機神
ケーニヒ・イェーガー
4位
楽団姫 ディーバ
5位
魂を司る聖天使
ガブリエル
6位
反導砲
カノーネ・ファイエル
7位
-蒼王宮-
終焉禁獣 グラナート
8位
ハイカラ盟友忍者
-壬生咲みみみ-
9位
オールレンジアタック
10位
機航師弾
フルーク・ツォイク

使用率1位となったのは、絢爛ノ美(緑号令)。敵をスタン中にHAで引き寄せてキルの起点にしたり、HSで確実に仕留めたりできる、イグニスと相性のいいカードだ。

ダメージカット(ダメカ)枠となる2位の全天、3位のイェーガー、4位のディーバは使用率にほとんど差がなく、プレイヤーの立ち回りや好みなどで使う【防】カード(ダメカ)が異なるようだ。また、ダメカを2枚搭載しているケースも考えられる。

ガードブレイク枠となる、6位のカノーネと7位のグラナートも使用率の数値はほとんど変わらず、カノーネ派とグラナート派で二分しているように見受けられる。

ランキングを踏まえた、現環境でのイグニスの定番デッキは以下のとおり。

【9月シーズン】イグニスの主流デッキ

  • *絢爛ノ美* ボラ&アルヒコ&アペイロン
  • 帝皇機神 ケーニヒ・イェーガー
  • 全天首都防壁 Hum-Sphere LLIK
  • 魂を司る聖天使 ガブリエル

前線に居座りやすくするためにダメカを2枚採用したデッキ。

カノーネグラナートといったガードブレイクカードも人気で、緑号令イェーガーか全天のいずれかと入れ替えたデッキにしているプレイヤーも多く見られた。

HAで引き寄せたあとに通常攻撃で倒しやすいように、ガブリエルみみみにするなどの方法で、デッキに火属性カードを入れることで全属性そろえて、敵の弱点をつきやすくするのもいいだろう。

イグニスの強力なHAの対処法は?

射程も長く引き寄せたあとにキルまで持ちこまれやすいイグニスの最大の武器であるHA。

しかし、強力なイグニスのHAには、段差に強くないことと壁やポータルキーもターゲット対象になるという弱点がある。

段差に関しては、「立体交差のある風景」「グレートウォール」「マジきてる #夜光犯罪特区」のC地点前後にある低い段差にさえ引っかかってしまう。

段差の上から下にいる敵をHAで引き寄せることはできるが、逆に段差下から段差上にいる敵は引き寄せることができないという欠点がある

裏を返せば段差の上にいれば、段差の下にいるイグニスに引き寄せられる恐れはないため、有効な対策方法といえるだろう。

また、イグニスのHAには、HAの範囲内で最も近い敵や障害物にターゲットするという特徴がある。

障害物にHAをターゲットすると障害物の目の前まで移動できるため、瞬時に移動する手段として使えるが、敵をHAで引き寄せようとしたら、手前の障害物にHAのターゲットがいってしまう場合もあるのだ。

例えば、この場面。HAで敵のライザを引き寄せようとしたが、ライザよりも手前側にあるポータルキーがHAの範囲内に入っており、HAのターゲットがポータルキーにいってしまい、敵を引き寄せることができなかった

敵の手前側の障害物にHAのターゲットが向かいやすいというイグニスのHAの仕様を利用して、ポータルキーや障害物の裏側にいれば、イグニスはHAで敵を引き寄せることは難しくなる。

ショットガン主体がトレンド!「猫宮ひなた」

猫宮ひなたのおすすめデッキ・立ち回り
9月シーズン使用率
(S5~S9)
9月シーズン勝率
(S5~S9)
6位/59人中 44位/59人中
9月シーズン使用率
(S1~S4)
9月シーズン勝率
(S1~S4)
7位/59人中 15位/59人中

ランク帯問わずに高い使用率を記録した「猫宮ひなた」。

S1-S4ランクでは勝率も高かったが、S5ランク以上での勝率は高くない。

8月末のバランス調整では、ショットガン(SG)やHAを中心に7点もの上方修正が実施されていた。

【9月シーズン】猫宮ひなたのカード使用率ランキング(S5~S9)

順位 カード名 順位 カード名
1位
全天首都防壁
Hum-Sphere LLIK
2位
ミナ&ルナ&レナの
バーゲンセール戦争
3位
楽団姫 ディーバ
4位 #コンパス【環境】: 9月シーズンを振り返り!「イグニス」初参戦&高火力ガンナーが大活躍!!
反導砲
カノーネ・ファイエル
5位
ドリーム☆マジカルスクエア
6位
背に負いし亡き妻の加護
7位
楽団長 ドルケストル
8位
ひめたる力の覚醒
9位
創霊の加護 タイオワ
10位
おかあさん だーいすき

ダメージカット(ダメカ)や防御力アップなど、被ダメージを軽減するカードが5枚もトップ10にランクイン。回復カードがランクインしていないのも特徴だ。

通常攻撃が強力ではあるものの、体力倍率が低く敵に倒されやすいため、ダメカや防御力アップを使って被ダメージを減らしながら、高火力の通常攻撃で敵を倒していく立ち回りが一般的だろう。

4位のカノーネや5位のマジスクは、ショットガン装備時に活かしやすいカードで、8月末のバランス調整で強化されたショットガンを中心とした立ち回りをするデッキが増えたことがわかる。

反対に、アサルトライフルを中心とした立ち回りをするデッキによく入る8位のひめたる、9位のタイオワ、10位のおかあさんの順位はカノーネマジスクより下で、アサルトライフルメインのデッキは減少傾向にあると考えられる。

ランキングを踏まえた、現環境での猫宮の定番デッキは以下のとおり。

【9月シーズン】猫宮ひなたの主流デッキ

  • ドリーム☆マジカルスクエア
  • 反導砲 カノーネ・ファイエル
  • 全天首都防壁 Hum-Sphere LLIK
  • ミナ&ルナ&レナのバーゲンセール戦争

猫宮のカード使用率ランキング上位のカードを中心に、ショットガン(SG)軸で立ち回ることを前提としたデッキ。

8月末のバランス調整で【近】カードの発動速度も上方修正されたため、カノーネバーゲンセールも使いやすくなっている。

ショットガン(SG)軸の立ち回りで注意すべきこと

現在流行しているショットガン軸での立ち回りだが、ショットガン時はガンナーであるものの、一部アタッカーよりも射程が短く、猫宮の体力倍率の低さから撃ち合いになると先に倒されてしまうケースも少なくない。

よって、ダメカやカウンターの使いかたが、アサルトライフル時よりも重要になってくる。

全天ドルケストルのような長い時間被ダメージを減らすカードは、ガンナーに接近するときに優先的に使っていきたい。

カウンターは敵が攻撃カードを使ったときに合わせて使おう。カウンターを発動させて敵を倒せる使いかたが理想だ。体力倍率が低く貫通攻撃が苦手な猫宮にとって、貫通攻撃対策にもなるのがカウンターのいいところ

ショットガン装備のメリットは、アサルトライフル装備時よりも移動速度が速く、一撃のダメージが大きいため、アサルトライフル時にはダメージを与えづらい防御力の高い敵に対してもダメージを与えやすくなることだ。

機動力が高いほど、敵の攻撃を避けやすかったり、前線に素早く駆けつけたりすることができる。

ショットガン時に役立つカードがマジスク。行動速度を大きく下げている間に通常攻撃で一気に倒そう。もし、ダメカを使われたらカノーネでガードブレイクだ!

固定チームを中心に大活躍!「メグメグ」

メグメグのおすすめデッキ・立ち回り
9月シーズン使用率
(S5~S9)
9月シーズン勝率
(S5~S9)
22位/59人中 27位/59人中
9月シーズン使用率
(S1~S4)
9月シーズン勝率
(S1~S4)
3位/59人中 50位/59人中

主に固定チームでキル専門職として活躍したと考えられる「メグメグ」。

現バトル環境で猛威を振るっている「ルルカ」がHAで敵のダメカを割りつつ転倒させ、その間にメグメグがHAで一気に倒していくという連携が強力だ。

カードを使わずに、HAでガードブレイクできるルルカや「アクア」などと固定チームを組むと活躍しやすいだろう。

【9月シーズン】メグメグのカード使用率ランキング(S5~S9)

順位 カード名 順位 カード名
1位
全天首都防壁
Hum-Sphere LLIK
2位
迅雷の科学者 アバカン
3位
楽団姫 ディーバ
4位
おかあさん だーいすき
5位
反導砲
カノーネ・ファイエル
6位
ひめたる力の覚醒
7位
ミナ&ルナ&レナの
バーゲンセール戦争
8位
背に負いし亡き妻の加護
9位
連合宇宙軍
シールドブレイカー
10位
チーちゃんの
ウワキオシオキ狙撃

猫宮に続き、トップ10には回復カードが1枚も入っていない。

前回メグメグのカード使用率データをいただいた2020年2月シーズンのときには、ひめたるが3位だったが、今回のランキングでは6位にまで転落している。

ひめたるの使用率が下がったのは、ダメージを受けてしまうもののひめたるよりもさらに攻撃力をアップできるカード「【FFXV】輝かしき未来へ」が登場したからだろう。

輝かしき未来へは、惜しくもトップ10を逃したものの、11位にランクインしている人気カードだ。

10月シーズンは「モモン&ナーベ」が増える!?

今後は、輝かしき未来への代わりに、9月シーズン後に開催されている『オーバーロードⅣ』コラボ限定カード「【オーバーロード】英雄モモン&美姫ナーベ」が増えると予想できる。

輝かしき未来への攻撃力アップ倍率はひめたるよりも高い1.5倍だが、さらに高い攻撃力アップ倍率の1.6倍で、追加で防御力アップと移動速度アップ効果も加わる。

また、発動時のデメリットが、輝かしき未来へと違いダメージではなく、サイレント状態になることなので、回復なしデッキが主流のメグメグにとって体力管理がしやすくなるのもメリットだ。

サイレント中は属性変更もできず、通常攻撃を主体とする他のガンナーは属性変更による火力アップができなくなるが、メグメグはHAがメインとなるため属性変更不可のデメリットもない。

しかし、サイレント中であるがゆえに、攻撃力アップさせた状態でHSのガトりんを設置できない欠点もある。

それを差し引いても、モモン&ナーベでの強化中のHAの火力は強力で、防御力と移動速度も上がり、HA中に接近されても生き残りやすい。メグメグと相性のいい1枚になるだろう。

ランキングから考える現環境のメグメグの定番デッキは、以下のとおり。

【9月シーズン】メグメグの主流デッキ

  • おかあさん だーいすき
  • 迅雷の科学者 アバカン
  • 全天首都防壁 Hum-Sphere LLIK
  • 楽団姫 ディーバ

メグメグのカード使用率トップ4をそのまま搭載したデッキ。

おかあさんで敵の防御力を0にして通常攻撃やHAの通りをよくしたり、アバカンで敵の動きを止めている間にHAで一気に倒したりすることで、キルを量産していこう。

HA中に敵に邪魔されそうなときは、全天を使ってからHAをするといいだろう。しかし、ガードブレイクには注意が必要だ。

みみみの人気が上昇中!今シーズンの主役「かけだし勇者」

かけだし勇者のおすすめデッキ・立ち回り
9月シーズン使用率
(S5~S9)
9月シーズン勝率
(S5~S9)
5位/59人中 46位/59人中
9月シーズン使用率
(S1~S4)
9月シーズン勝率
(S1~S4)
36位/59人中 51位/59人中

9月シーズンのテーマヒーローとなり、人気を集めた「かけだし勇者」。

しかし、そのクセのある性能の影響か、勝率は伸び悩んでいる状況だ。

ステージローテーションで段差の多いステージで勇者を使えば、多いに活躍してくれるだろう。

【9月シーズン】かけだし勇者のカード使用率ランキング(S5~S9)

順位 カード名 順位 カード名
1位
帝皇機神
ケーニヒ・イェーガー
2位
*絢爛ノ美*
ボラ&アルヒコ&アペイロン
3位
#夜光犯罪特区
#きてるちゃんライヴ
4位
魂を司る聖天使
ガブリエル
5位
ハイカラ盟友忍者
-壬生咲みみみ-
6位
電撃ロボ Eledoll-115
7位
神技官
アンジュ・ソレイユ
8位
雷霊の加護 ワキンヤン
9位
反導砲
カノーネ・ファイエル
10位
千血妖刀 牛鬼村正

1位のイェーガーや2位の絢爛ノ美(緑号令)の人気は相変わらずだが、人気を少しずつ伸ばしていたきてるちゃんが3位にランクイン。人気を盤石なものにした。

勇者はジャンプの着地で敵をダウンさせて、ダウン中に確実にカードでスタンさせ、敵が動けない間に通常攻撃を畳みかけて、アビリティのいかずちでさらにダウンさせて倒すコンボが強力だ。

ダウン中なら発動時間「短」の攻撃カードなら問題なく当てられるため、6位のエレドールや10位の村正がトップ10に入ってきていると思われる。

なかでも村正ワキンヤンの下位互換と思われがちだが、発動時間こそはネックではあるものの、スタン時間はワキンヤンが4秒なのに対して村正は5秒と1秒間長い。

さらに、プッシュ量が村正のほうが小さいことも相まり、村正ワキンヤンよりも通常攻撃で追撃しやすいというメリットがある。

ランキングから考える現環境の勇者の定番デッキは、以下のとおり。

【9月シーズン】かけだし勇者の主流デッキ

  • #夜光犯罪特区 #きてるちゃんライヴ
  • *絢爛ノ美* ボラ&アルヒコ&アペイロン(緑号令)
  • 帝皇機神 ケーニヒ・イェーガー
  • 魂を司る聖天使 ガブリエル

勇者のカード使用率トップ4をそのまま搭載したデッキ。

きてるちゃんは、ジャンプの着地でダウンした敵に対してだけでなく、奪われそうなポータルキーを守ったり、遠くで戦っている味方をサポートしたりすることもできる汎用性の高いカードだ。体力ステータスが高く、勇者の体力の底上げにもなる。

ガブリエルの代わりに、カード使用率ランキングでガブリエルに迫る勢いで5位にランクインしたみみみを入れてもいいだろう。

勇者は少しの間ダッシュしつづけると、ダッシュをやめる際に必ずジャンプするため、敵をダウンさせるつもりがない場合は、かえってジャンプモーション中がスキになってしまうことも少なくない。

ダッシュ中にみみみを使えば、ジャンプせずに立ち止まることができ、スキを作らなくて済むのがみみみの人気が上がっている理由の1つだろう。

次回の10月シーズンは新ヒーロー「アインズ」が大活躍!?

#コンパス【環境】: 9月シーズンを振り返り!「イグニス」初参戦&高火力ガンナーが大活躍!!
アインズのおすすめデッキ
立ち回りまとめ
#コンパス【環境】: 9月シーズンを振り返り!「イグニス」初参戦&高火力ガンナーが大活躍!!
『オーバーロードⅣ』コラボ限定
カード&コスチューム徹底紹介

次なる10月シーズンで初参戦となる『オーバーロードⅣ』コラボ限定ヒーローの「アインズ」。

全ヒーローで最も高い攻撃倍率で放たれる通常攻撃の火力の高さやHAのワープで段差の乗り降りができる機動力が武器だ。

また、同コラボ限定カードも注目度が高く、なかでも「【オーバーロード】英雄モモン&美姫ナーベ」はガンナーとの相性が非常によく、アインズも例外ではない。

高火力のガンナーが活躍した9月シーズンだが、10月シーズンはさらなる追い風が吹きそうだ。

シーズン情報

シーズンバトル告知文

ランキング報酬限定カード:【でんせつのつるぎ】 かけだし勇者

ランキング報酬限定&参加賞アイコン

シーズン限定コスチューム:【かけだし勇者】かけだし戦士【山】

過去のバトル環境記事はこちら


2021年9月シーズン
(テーマ「かけだし勇者」)

2021年8月シーズン
(テーマ「ニーズヘッグ」)

2021年7月シーズン
(テーマ「マリア」)

2021年6月シーズン
(テーマ「ガンナー」)

2021年5月シーズン
(テーマ「ジャスティス」)

2021年4月シーズン
(テーマ「ピエール」)

(C) NHN PlayArt Corp.
(C) DWANGO Co., Ltd.