にゃんこ大戦争攻略

にゃんこ大戦争【攻略】: 新3月限定ステージ「雛壇の戦士達SP」をお手軽編成で攻略

3月限定ステージに、新たに「雛壇の戦士達SP(スペシャル)」が追加!「ゾンビな敵」も投入するなど、これまでの月限定ステージとは異なる対処法が必要となる。この記事では、後半2ステージを入手しやすいキャラクターを中心にした、お手軽な編成での攻略していこう。

  1. 攻略パーティー紹介
  2. 「まだまだ続くよ! 雛祭り! 」解説
  3. 「若手芸人VS雛壇芸人」簡易攻略

地中移動するゾンビに注意!ふっとばして攻撃役を守ろう!

3月限定ステージとして追加された「雛壇の戦士達SP」は全5ステージ。

各ステージをクリアすると、期間限定ガチャが引ける「福引チケットG」を確率で入手することができる。

福引チケットGは、4月1日まで追加中のにゃんこガチャの「福引ガチャG」で使用できる。ネコビタンや大量のXPが当たるおいしいガチャなので、お見逃しなく!

本ステージは、日本編第3章クリア後にプレイできるようになるが、難易度が最低でも激ムズ、ラストステージは極ムズに設定されている。

できれば、未来編をクリアできるくらいの戦力で挑戦しよう。

福引チケットGは、初回クリア時に複数枚もらえるほか、後半のステージになるほどドロップしやすくなる。ラストステージは1枚が確定ドロップとなる

攻略パーティー紹介

ラストステージ「まだまだ続くよ! 雛祭り! 」のボス「レインボークマトーク」は、攻撃射程が長く、さまざまな特殊効果を付与してくる。

射程の短い敵は、そもそも攻撃することが難しいので、遠距離攻撃、できれば範囲攻撃ができる攻撃役を編成して対応していこう。

ほかにも、地中移動するゾンビや、後方にワープさせられてしまう敵も登場するため、攻撃役を守る壁役は大量にほしいところ。

加えて、敵をふっとばせるキャラクターで、その都度攻撃役から敵を引きはがせるようなメンバーがいると重宝するはずだ。

編成(名前は左から右の順番)

  • 1ページ目:狂乱のネコビルダー、狂乱のネコカベ、ゴムネコ、ネコアミーゴ、ネコジェンヌ
  • 2ページ目:ネコチャンピオン、ネコキングドラゴン、ネコヴァルキリー・聖、狂乱のネコムート、タマとウルルン
  • にゃんコンボ:なし
  • にゃんこ砲:ノーマル
  • アイテム:ネコボン
  • 壁役:狂乱のネコビルダー、狂乱のネコカベ、ゴムネコ、ネコアミーゴ
  • メインアタッカー:狂乱のネコムート
  • ゾンビ対策:ネコチャンピオン
  • ふっとばし役:ネコアミーゴ、ネコチャンピオン、タマとウルルン
  • ザコ敵処理役:ネコジェンヌ、ネコキングドラゴン、ネコヴァルキリー・聖

※育成状況

「日本編1~3章のお宝コンプ済み」 「未来編1~3章のお宝コンプ済み」 「基本キャラ+値20(平均)」

攻略の柱になるのは「狂乱のネコムート」。火力の高さに加え、射程が長いおかげで、壁役をきちんと生産し続ければ、一方的に攻撃していける。

ただし、前述の通り厄介なザコ敵も多いので、壁役は最低4枚はいた方が安全だろう。

ネコムートを死守するため、敵をふっとばせるキャラクターも有用。攻撃役としても活躍してくれる「タマとウルルン」は欠かせない存在だ。

ほかには、壁役になりながら敵をふっとばせる「ネコアミーゴ」、ゾンビの敵をふっとばせる「ネコチャンピオン」を起用。必須ではないが、いると安定感をもたらしてくれるはずだ。

EXキャラクター「ネコフィーバー」の第3形態。ふっとばす確率自体は低めだが、大量生産できるので馬鹿にできない。定期開催の「開眼のフィーバー」で入手可能だ

なお、本ステージにはゾンビ属性を持った敵が多く登場する。ゾンビキラー持ちの多い「アイアンウォーズ」ガチャの超激レアキャラクターがいるならぜひ編成しておこう。

「まだまだ続くよ! 雛祭り! 」(消費統率力 300)

強敵の紹介

レインボークマトーク:3月限定の敵「クマトーク」の色違いバージョン。見た目の通り、6つの属性(乗っているクマ+浮いてる)を有している。

射程の長い範囲攻撃を武器に後方に陣取り、さまざまな特殊効果を付与してくる難敵。前線の壁役を一層しつつ、後ろにいる攻撃役にもなにかしらの妨害を与えてくる。

攻撃を当てにくいので、壁役の全力生産で耐えつつ、ネコムートのような遠距離攻撃キャラクターで、徐々にダメージを与えていくのが正攻法。

6属性を持つということは、弱点が多いということでもあるので、弱点を突ける遠距離攻撃役を持っているなら、編成しておこう。

ジャッキー・ペンZ:「ジャッキー・ペン」のゾンビバージョン。倒しても50%の確率で蘇生する(1回のみ)ほか、地中移動を利用する。

地中に潜り、唐突に後方の攻撃役の前に現れるなどするため、ある意味ボス以上に対処しにくい存在。攻撃力も高めで、ネコムートが倒される一番の原因かもしれない。

どこに現れてもいいように壁役を隙間なく生産しながら、即座に「ネコチャンピオン」などで対処していきたい。敵の出現状況には、常に注目しておこう。

序盤:ジャッキー・ペンZが出現するまで耐久する

最初からボスであるレインボークマトークなどが来るため、ネコボン推奨。

まずは、壁役とネコキングドラゴンで耐久し、「天使カバちゃん」を削りながら、ネコムート投入に必要なお金をためていこう。

お金をためることに注力すれば、ネコムートを早めに投入することもできるが、前に出すぎてしまうため、あまり長持ちしない。

厄介なジャッキー・ペンZにネコムートを当てたいので、出現するまでは投入を控えておこう。

中盤:全力で耐えながらウルルンも投入する

ジャッキー・ペンZが前線に加わったら、いよいよネコムートを投入する。

クマトークに加え、ボスがもう1体参戦するなど、敵の攻撃も苛烈になるが、ネコムートさえ維持できれば、なんとか耐えることができる。

壁役の全力生産は、常に続けておこう。

ネコムートがザコ敵を倒すおかげで、壁役を生産しながらも、少しずつ所持金は増えていく。

この間は余計な攻撃役を生産せずに、ウルルンを投入できる資金をためていこう。ウルルンが加われば、だいぶ余裕を持てるはずだ。

終盤:攻撃役、妨害役を加えながらとにかくしのぎ切る!

ウルルン投入後も、ボス2体+クマトークの攻撃がかなりきついため、耐える時間は続く。

耐えきるポイントは、定期的に合流するジャッキー・ペンZをうまくさばいていくこと。

出現に合わせて範囲攻撃役や妨害役を投入し、少しでも素早く倒せることを目指していこう。

全力で耐えていれば、いずれはクマトークが倒れるはず。かなり楽になるので、ネコムートやウルルンの2体目を投入して反撃開始。

ここまでいけば、一気に勝負を決められるはずだ。

終始壁役を全力で生産することになるため、タップし損ねないことも大事。リズミカルにタップしていこう

「若手芸人VS雛壇芸人」(消費統率力 250)

「クマ先生」系の敵が大量出現するステージ。

特に「ブラックマ」は1体だけで敗北しかねない強敵なので、出現するまでは絶対ににゃんこ砲を使わないでおこう。

敵は強めではあるが、前に進む力はそれほどない。壁をしっかり形成しながら、遠距離攻撃キャラクターで1体ずつ対処してみよう。

  • 1ページ目:狂乱のネコビルダー、狂乱のネコカベ、ゴムネコ、ムキあしネコ、狂乱の美脚ネコ
  • 2ページ目:ネコキングドラゴン、狂乱のネコドラゴン、ネコヴァルキリー・聖、狂乱のネコムート、タマとウルルン
  • にゃんコンボ:なしふっとばし効果アップ【小】(ムキあしネコ、狂乱の美脚ネコ)
  • アイテム:なし

立ち回り

序盤:働きネコのレベルを4程度まで上げておく。最初に登場するクマ先生が拠点間の中間くらいに差し掛かったら、壁役の生産を始める。

中盤:壁役のみで耐久しながら、ネコムート投入の資金をため、即座に投入する。このくらいになるとブラックマが出現するので、姿を確認次第、すぐににゃんこ砲を発射して倒す。

終盤:クマ先生を倒したお金で、ウルルンも投入。以降は遠距離攻撃役を少しずつ増やして、戦況を徐々に有利にしていく。レインボークマトークを倒せれば勝利確定!

ブラックマ登場前に、にゃんこ砲を使わないように注意!温存しておくことをお忘れなく

(C)PONOS Corp.