にゃんこ大戦争攻略

にゃんこ大戦争【攻略】: クリスマス限定ステージ「赤鼻サンタのプレゼント!」を無課金編成で攻略

12月26日10:59まで配信されている「赤鼻サンタのプレゼント!」では、限定キャラクター「ネコのプレゼント」を確率で入手することができる。この記事では、後半ステージを無課金でも組みやすいパーティーで攻略していく。

  1. 攻略パーティー紹介
  2. 「戦場のクリスマス」解説

天使の動きを止める!「ネコのプレゼント」を入手しよう

「赤鼻サンタのプレゼント!」は毎年クリスマスに開催される期間限定ステージ。

入手できる限定キャラクター「ネコのプレゼント」は、天使の動きをごくたまに止める特殊能力を持っている。

ネコカンで購入できるEXキャラクター「ネコの箱詰め」に近い性能。攻撃後に一瞬止まる、独特の攻撃リズムが特徴だ

後半のステージほど、ネコのプレゼントはドロップしやすい。最終ステージ以外はなかなかドロップしないので、確実に入手したい場合はトレジャーレーダーを使用しておこう

ちなみに、「なんとクリスマスが来た!」は12月限定ステージ。クリスマス限定の本ステージとは別物なので注意しよう。

攻略パーティー紹介

今回は、基本キャラクターの第2形態メインの編成をご紹介。最終ステージ「戦場のクリスマス」を攻略していく。

敵の数がかなり多いため、範囲攻撃キャラクターがいると重宝する。ガチャキャラクターだが「ネコジェンヌ」を持っているなら編成しておこう。

編成(名前は左から右の順番)

  • 1ページ目:ネコビルダー、ネコカベ、ネコカーニバル、勇者ネコ、美脚ネコ
  • 2ページ目:キリンネコ、ネコドラゴン、ネコダラボッチ、ネコヴァルキリー・真、狂乱のネコムート
  • にゃんコンボ:なし
  • 壁役:ネコビルダー、ネコカベ、ネコカーニバル、勇者ネコ
  • 遠距離攻撃:美脚ネコ、ネコドラゴン
  • 範囲攻撃:ネコダラボッチ、ネコヴァルキリー・真、狂乱のネコムート

※推奨「日本編のお宝コンプ済み」「全キャラクターレベル20」

この編成の場合、コストが安めの範囲攻撃キャラクターがいないので、「狂乱のネコムート」を死守することが重要となる。

そのため、壁役は4枚はほしいところ。「ネコビルダー」や「ネコカベ」に加え、今回はネコカンで購入できる「ネコカーニバル(ネコフィーバーの第2形態)」を編成している。

ネコフィーバー以外にも、イベント配布の低コストキャラクターは多い。正直性能はそれほど重要ではないので、壁役として起用してしまおう

「戦場のクリスマス」(消費統率力 100)

強敵の紹介

ナカイサンタ:「ナカイくん」のイベント限定バージョン。攻撃力と体力が大幅に強化され、ふっとばす特殊能力も使用してくる。

1体でもなかなか強敵なのだが、このステージでは3体が同時に出現する。

かなりの突破力となってしまうため、壁を分厚く形成してしのいでいる間に、ネコムートの一撃でまとめてダメージを与えていこう。

序盤:ナカイくんを処理しながらお金をためる

序盤はナカイくんが一定の間隔で出現する。壁役と美脚ネコで耐久しつつ、働きネコのレベルやお金をためていこう。

ナカイくんは意外と手強いので、壁役の生産はしっかりしておきたい。

敵の数が増えたら、こちらも美脚ネコを増やすといった具合に、相手の戦力に合わせてうまく耐久していこう。

中盤:早めにネコムートを投入する

ネコムートを生産できる資金がたまったら、即座に投入する。

ここで早めに投入しておくことで、あとあとネコムート2体が前線に並ぶことを狙いたい。

ネコムートの被弾を避けるため、ここからは壁役や攻撃役も全力で生産を続けていく。お金は、たくさんいるナカイくんを倒すことで確保可能だ。

敵拠点をたたくと同時に、ナカイサンタが大量のザコ敵とともに出現する。

ここで壁役が手薄だと、ネコムートまで被弾する可能性がある。攻め上がる途中も壁役を生産し続けておくことが重要だ。

終盤:総力戦で大量の敵に対抗する

ナカイサンタは複数同時に出現するため、敵の攻撃がかなり苛烈になる。

お金には困らないはずなので、壁役・攻撃役を全力で生産して、できるだけネコムートを維持できるようにしていこう。

1体目を維持できるように粘ることで、2体目のネコムートが間に合う。この状態になればかなり有利なるので、一気に勝負を決めてしまおう。

1体目のネコムートが倒されてしまった場合でも、立て直しはじゅうぶん可能。2体目を軸に、同じように全力で生産を続けていけば、大きく押し込まれることはないはずだ。

ネコムートが維持できるかが勝利のカギ。お金には余裕があるので、足の速いキリンネコや範囲攻撃ができるネコヴァルキリーやネコダラボッチを生産しておくことも忘れずに

(C)PONOS Corp.