#コンパス攻略

【#コンパス】2月シーズンを振り返り!復刻登場したミク・リン・レンは奮闘するも向かい風!?

『#コンパス』で2023年2月9日から19日にかけて開催された、2月シーズン"#イレギュラーワールド"。本記事では、実際にシーズン中プレイしていて目立ったヒーローやカード、環境変化について振り返りながら紹介していく。

『復刻コラボ祭』開催!


おすすめの楽しみ方まとめ

『ペルソナ5』コラボ復刻中!


ジョーカー


限定カード&コスチュームまとめ

公式データ

前シーズンから目覚ましい活躍!「きらら」

スタン対策の筆頭ヒーロー「カイ」

S5ランク以上で好成績!「アタリ」

コラボ復刻での影響は如何に!?「ミク」

復刻したが伸び悩むヒーロー「リン」

リンとの固定は強力だが……?「レン」

シーズン情報

バグドールが初のテーマーヒーローとなるシーズン!

2023年2月に行われた「#イレギュラーワールド」は、初めてBugdollがテーマヒーローとなったシーズン。

また、シーズン前半までは雪ミクコスチュームの実装に合わせた『初音ミク&鏡音リン・レン』コラボの復刻が行われていたため、コラボヒーロー3名をいつもより見かける機会が多かっただろう。

今年も可愛らしい雪ミクコスチュームとともに、『初音ミク&鏡音リン・レン』コラボ第7弾が開催されていた

今回はそんな2月シーズンを、特別にいただいた公式データや実際にプレイした感覚などから、注目のヒーローやバトル環境について振り返っていく。

2023年2月シーズンボーダー

まずは開発チームの協力のもと、今回のシーズンボーダーを公開!

どれくらいバトルポイントを稼げばアイコンやカードを獲得できるかなど、次シーズンの目標を決める際の参考にしよう。

順位 BP 前回比較 ボーダー
10位 5,623
【S8】123
▼141 金アイコン
100位 5,119
【S7】119
▼19
500位 4,958
【S6】458
▼25 銀アイコン
1,000位 4,516
【S6】16
▼23
5,000位 4,192
【S5】192
▼28 銅アイコン
30,000位 3,450
【S3】450
▼55 限定カード獲得
90,000位 2,428
【S1】428
▲3 限定チップ獲得

今回の2月シーズンでは、2シーズン連続で全体的にボーダーラインが下降する結果となった。

いちばん大きく下がったのは金アイコン争いとなる10位ボーダーだが、それでもS8までランクを上げなければならないため、最上位プレイヤーたちのレベルの高さが伺える。

唯一ボーダーが上がっていたのは90,000位ボーダーだが、上昇量は3ptとほぼ変化なし。前シーズンに比べれば、限定報酬などは少しだけだが獲得しやすくなっていたようだ。

2月シーズン ヒーロー使用率&勝率ランキングTOP10【S5~S9】

続いて、S5-S9ランクでのヒーローの使用率と勝率を紹介。

使用率 ヒーロー 勝率 ヒーロー
1位
▲1

御坂美琴
1位
▲1

輪廻
2位
▲2

きらら
2位
▼1

ポロロッチョ
3位
▼2

アル・ダハブ
3位
▲2

アタリ
4位
▲3

ディズィー
4位
▲17

ヴィオレッタ
5位
▼2

アクセラレータ
5位
▲12

ザクレイ
6位
▲12

アクア
6位
▲1

リリカ
7位
▼1

リリカ
7位
▼3

モノクマ
8位
▼3

アイズ
8位
▲2

乃保
9位
▲14

カイ
9位
▲9

マリア
10位
▲3

芥川
10位
▲1

ルルカ

※順位変化は先月比のもの

2月シーズンでは使用率1位は御坂美琴、勝率1位は輪廻が獲得した。

2シーズン連続で使用率1位を獲得していたアル・ダハブは、度重なる下方修正を受けてなお3位を獲得。

その結果、なんと2月シーズン後のバランス調整で3度目の下方修正を受けることとなった。

前回の調整で攻撃倍率と移動速度が落ちたが、今回の調整でなんと体力倍率も低下することになってしまった

使用率を大きく伸ばしたのはアクアとカイの2名。

アクアはダッシュアタック(DA)によるシールドブレイクが強力であり、今シーズン使用率No.1の御坂美琴と相性がいい点も噛み合い、使用率を伸ばしたと思われる。

一方カイは、カードによるスタンが効かないため、御坂美琴に対して有利に立ち回りやすい数少ないヒーロー。

御坂美琴を軸にしてスタンを多めに採用する構成に対抗するべく、いわゆる固定でも野良でも使用するプレイヤーが増えていたのだろう。

注目ヒーローの順位変化【S5~S9】

1月シーズン後にバランス調整が入ったヒーローたちの使用率と勝率を公開。

ヒーロー 使用率 勝率

アタリ
22位
▲32
3位
▲2

リリカ
7位
▼1
6位
▲1

ルチアーノ
17位
▲3
36位
▲8

ディズィー
4位
▲3
22位
▼7

テスラ
38位
▲6
61位

マリア
46位
▼4
9位
▲9

サーティーン
13位
▲6
41位
▲11

カイ
9位
▲14
16位
▲17

デルミン
62位
▲2
17位
▲8

猫宮ひなた
50位
▲3
68位
▼26

きらら
2位
▲2
15位
▼3

ソーン
18位
▼10
51位
▲3

ルルカ
15位
▼6
10位
▲1

アイズ
8位
▼3
12位
▲10

アインズ
14位
▼4
54位
▲5

2B
30位
▼13
33位
▼2

ラヴィ
24位
▲39
56位
▲15

リムル
23位
▼11
49位
▲1

アル・ダハブ
3位
▼2
66位
▼11

御坂美琴
1位
▲1
43位
▼20

アクセラレータ
5位
▼2
34位

※順位変化は先月比のもの
※バランス調整で上方修正されたヒーロー名を赤色、下方修正されたヒーローを青色、上方修正と下方修正が両方とも入ったヒーローは緑色で表示

使用率を大きく伸ばしているのは、アタリとラヴィの2名。

アタリは勝率も3位とかなりの好成績を残しており、上方修正で大きく躍進したヒーローの1人だ。

ラヴィは攻撃力・体力の倍率が上がったことで、攻撃しながら耐えるタンクというラヴィ特有の戦法がしやすくなり、使い勝手がかなり良くなったことが、使用率・勝率アップにつながったと思われる。

2月シーズン ヒーロー使用率&勝率ランキングTOP10【S1~S4】

さらに、S1-S4ランクでのヒーローの使用率と勝率を見ていこう。

使用率 ヒーロー 勝率 ヒーロー
1位
▲1

御坂美琴
1位

モノクマ
2位
▲1

アル・ダハブ
2位
▲3

ノクティス
3位
▼2

アクセラレータ
3位
▲5

ザクレイ
4位

ソーン
4位
▲5

岡部
5位
▲1

きらら
5位
▼3

忠信
6位
▼1

リリカ
6位
▼3

カイ
7位
▲11

バグドール
7位
▲4

ソル
8位
▼1

メグメグ
8位
▼4

春麗
9位
▼1

エミリア
9位
▲1

ニーズヘッグ
10位
▼1

まとい
10位
▼4

アイズ

※順位変化は先月比のもの

S4ランク以下でも、使用率1位は御坂美琴が獲得。勝率ランキングでは前シーズンに続き、モノクマが1位に輝いた。

S5ランク以上に比べて使用率や勝率の変化は少ないが、大きく使用率を伸ばしたのは、今シーズンのテーマヒーローでもあるバグドール。

ガンナーでは高めな防御倍率を持つヒーローであり、スタン状態にさえならなければ、御坂美琴からのダメージをかなり抑えやすい。

初心者でも扱いやすいHAも相まって、S4ランク以下では使用者が増加していたようだ。

注目ヒーローの順位変化【S1~S4】

S5ランク以上と同様、1月シーズン後にバランス調整が入ったヒーローたちの使用率と勝率を公開。

ヒーロー 使用率 勝率

アタリ
62位
▲7
24位
▲14

リリカ
6位
▼1
48位
▲2

ルチアーノ
13位
▲2
39位
▲8

ディズィー
28位
▲5
13位
▼6

テスラ
36位
▲7
33位
▲9

マリア
22位
32位
▼5

サーティーン
11位
▲2
12位
▲2

カイ
23位
6位
▼3

デルミン
50位
▲1
66位
▼6

猫宮ひなた
30位
▼1
28位
▲24

きらら
5位
▲1
20位
▼3

ソーン
4位
59位
▲10

ルルカ
32位
▼7
68位
▼11

アイズ
25位
▼15
10位
▼4

アインズ
27位
▼6
30位
▲2

2B
44位
▼10
41位
▼17

ラヴィ
12位
▲5
52位
▲19

リムル
24位
▼12
54位

アル・ダハブ
2位
▲1
45位
▼9

御坂美琴
1位
▲1
23位

アクセラレータ
3位
▼2
25位
▼6

※順位変化は先月比のもの
※バランス調整で上方修正されたヒーロー名を赤色、下方修正されたヒーローを青色、上方修正と下方修正の両方ともされたヒーローは緑色で表示

S5ランク以上と比べると、順当に上方修正を受けたヒーローは順位を上げ、下方修正を受けたヒーローは順位を下げる結果となった。

特にルルカや2Bは下方修正が響いているようで、使用率・勝率ともに下降幅がほかヒーローよりも大きくなっている。

また、上方修正をもらってなお、使用率はほぼ変化がなく勝率を落としてしまったのがデルミン。この結果を受けてか、デルミンは2月シーズン後にさらなる上方修正が入っている。

攻撃倍率・体力倍率の上方に加え、通常攻撃の射程やアビリティの威力アップなど、耐久しやすいアタッカーとしての性能が上がっている。来シーズンの活躍が期待されるヒーローの1人だ

今回は…

  • 前シーズンから目覚ましい活躍!「きらら」
  • スタン対策の筆頭ヒーロー「カイ」
  • S5ランク以上で好成績!「アタリ」
  • コラボ復刻での影響は如何に!?「ミク」
  • 復刻したが伸び悩むヒーロー「リン」
  • リンとの固定は強力だが……?「レン」

の合計6人の開発チームからいただいたヒーローごとのカード使用率ランキングなどを紹介していく。

前シーズンから目覚ましい活躍!「きらら」

輝龍院きららのおすすめデッキ・立ち回り
2月シーズン使用率
(S5~S9)
2月シーズン勝率
(S5~S9)
2位/72人中 15位/72人中
2月シーズン使用率
(S1~S4)
2月シーズン勝率
(S1~S4)
5位/72人中 20位/72人中

前シーズンから使用率・勝率を大きく伸ばしていたきらら。

今シーズンでさらに使用率を伸ばし、ここ2シーズンで一気に見かける機会の増えていたヒーローだ。

その影響か、2月シーズン後にはバランス調整で防御倍率と体力倍率が下がっている。

元々低めだった耐久力がさらに低下している。火力面は下がっていないので、いわゆるキルスプとしての役割は変わらずにこなせるだろう

【2月シーズン】きららのカード使用率ランキングTOP10(S5~S9)

順位 カード名 順位 カード名
1位
ドリーム☆マジカルスクエア
2位
雷霊の加護
ワキンヤン

3位
反導砲
カノーネ・ファイエル
4位
楽団姫 ディーバ
5位
全天首都防壁
Hum-Sphere LLIK
6位
ハイカラ盟友忍者
-壬生咲みみみ-
7位
背に負いし亡き妻の加護
8位
帝皇機神
ケーニヒ・イェーガー
9位
【リゼロ】
絶望という病
10位
おかあさん だーいすき

上位5位までのカードたちに使用率が集中しており、6位以下のカードたちに2倍以上の差をつけている。

基本的には、マジスクワキンヤンカノーネの中から2枚と、ディーバ全天を組み合わせたデッキが多いようだ。

ランキングを踏まえた、2月シーズン時点でのきららの主流デッキは、以下のとおり。

【2月シーズン】きららの主流デッキ

  • ドリーム☆マジカルスクエア
  • 雷霊の加護 ワキンヤン
  • 楽団姫 ディーバ
  • 全天首都防壁 Hum-Sphere LLIK

使用率1位のマジスクと2位のワキンヤンに、ディーバ全天を組み合わせたデッキ。

基本的にはマジスクで行動速度を下げてキルを狙う。マジスクを受けた相手は高確率で【防】カードを展開するため、ガードの切れ目にワキンヤンを使ってスタンさせれば、そのままキルまで持っていけるはずだ。

ただし、このデッキは回復カードがないため、きららの透明化をしっかり活用していかなければ生き残るのが難しい。

きららに慣れていない方は、【防】カードのどちらかをみみみに変えるといいだろう。

みみみを入れて【防】カードを1枚にする場合は、イェーガーに変えるのもアリだ

スタン対策の筆頭ヒーロー「カイ」

カイ・キスクのおすすめデッキ・立ち回り
2月シーズン使用率
(S5~S9)
2月シーズン勝率
(S5~S9)
9位/72人中 16位/72人中
2月シーズン使用率
(S1~S4)
2月シーズン勝率
(S1~S4)
23位/72人中 6位/72人中

アクセラレータが登場するまでは、カードによるスタン効果を無効化できる唯一のヒーローであったカイ。カイ=スタンに強いというイメージを持っていた方も多いだろう。

そのイメージ通り、御坂美琴を中心としたスタン構成の増加により、使用率や勝率が上昇傾向にある。

また、S4ランク以下では勝率TOP10の常連ヒーローでもあり、今回のような環境変化で使用者が増えてなお、TOP10をキープしている。

全攻撃カードをそつなく使いこなせるのでデッキを組みやすく、初心者にも使いやすいのが人気の要因にもなっているのだろう。

【2月シーズン】カイのカード使用率ランキング(S5~S9)

順位 カード名 順位 カード名
1位
ライバル狂刃忍者
-幽々院ゆらら-

2位
チーちゃんのウワキオシオキ狙撃
3位
全天首都防壁
Hum-Sphere LLIK
4位
オールレンジアタック
5位
聖女の後衛
銃士レオン
6位
楽団姫 ディーバ
7位
蒼王宮-
終焉禁獣 グラナート
8位
ハイカラ盟友忍者
-壬生咲みみみ-
9位
名門サッカー部
イナズマシュート
10位
紅薔薇の暗殺術
クルエルダー

カイは攻撃カードを使ってキルを取るのが主な役割となるため、さまざまな攻撃カードがランクインしており、特に【遠】カードのランクインが多くなっている。

突出して使用率の高いカードはないが、上位4枚まではほかのカードたちより少し高めだ。

また、回復カードでランクインしているのがみみみだけであり、その順位も8位と少し低め。回復カードを積むよりは、攻撃カードを入れてキルを優先しているプレイヤーが多くなっている。

ランキングを踏まえた、2月シーズン時点でのカイの定番デッキは、以下のとおり。

【2月シーズン】カイの主流デッキ

  • ライバル狂刃忍者 -幽々院ゆらら-
  • チーちゃんのウワキオシオキ狙撃
  • 全天首都防壁 Hum-Sphere LLIK
  • オールレンジアタック

3種類の攻撃カードを使って、キルを狙っていくデッキ。回復カードは採用しておらず、体力回復にはチーちゃんを利用している。

接近戦ではゆらら、遠距離ではチーちゃんがメインウェポン。レンジはガードの上からダメージを与えたり、転倒させてゆららチーちゃんにつなげたりと、対面した相手に合わせて使い方を変えていこう。

【防】カードは貫通攻撃の火力アップも踏まえて、攻撃ステータスの高い全天になっているが、発動時間が「短」とカード合わせなどには使いにくい。

なかなか相手の攻撃を避けきれないという方は、ディーバと入れ替えると咄嗟の場面でも合わせやすくなり、生存率が上がるだろう。

S5ランク以上で好成績!「アタリ」

アタリのおすすめデッキ・立ち回り
2月シーズン使用率
(S5~S9)
2月シーズン勝率
(S5~S9)
22位/72人中 3位/72人中
2月シーズン使用率
(S1~S4)
2月シーズン勝率
(S1~S4)
62位/72人中 24位/72人中

全ランク帯で使用率と勝率の両方がアップし、S5ランク以上では勝率3位に入る活躍を見せたアタリ。

バランス調整で強力なHSが溜まりやすくなっただけでなく、消滅条件が緩和されたことで維持しやすくなっているのが追い風となり、順位アップにつながったのだろう。

【2月シーズン】アタリのカード使用率ランキング(S5~S9)

順位 カード名 順位 カード名
1位
全天首都防壁
Hum-Sphere LLIK
2位
ミナ&ルナ&レナの
バーゲンセール戦争
3位
反導砲
カノーネ・ファイエル
4位
【デルミン】
デビルミント始龍
5位
楽団姫 ディーバ
6位
機航師弾
フルーク・ツォイク
7位
荒れ狂う天空王
ぶれいずどらごん
8位
*絢爛ノ美*
ボラ&アルヒコ&アペイロン
9位
帝皇機神
ケーニヒ・イェーガー
10位
【リゼロ】
絶望という病

カード使用率ランキングの中でも採用率が高いのは、全天バーゲンカノーネの3枚。4位以下のカードに2倍以上の差をつけている。

残りの1枚は始龍にして回復をできるようにしている方もいれば、ディーバを入れてさらに耐久面を強化している方もいる模様。

また、回復カードが1枚もランクインしておらず、回復を抜いてダメージを受けないことでHSを維持するデッキが人気なようだ。

ランキングを踏まえた、2月シーズン時点でのアタリの定番デッキは以下のとおり。

【2月シーズン】アタリの主流デッキ

  • 【デルミン】デビルミント始龍
  • 反導砲 カノーネ・ファイエル
  • ミナ&ルナ&レナのバーゲンセール戦争
  • 全天首都防壁 Hum-Sphere LLIK

カード使用率ランキング上位の4枚をそのまま採用したデッキ。

基本的には序盤からHSを溜めて使用し、全天バーゲンでダメージを抑えながらHSを維持して戦う。

HSのダメージを防ぐためにガードを使った相手にはカノーネ、ガードを張らない相手には始龍を当ててさらなるダメージアップを狙ったり、自身の体力を回復したりしていこう。

コラボ復刻での影響は如何に!?「ミク」

初音ミクのおすすめデッキ・立ち回り
2月シーズン使用率
(S5~S9)
2月シーズン勝率
(S5~S9)
20位/72人中 30位/72人中
2月シーズン使用率
(S1~S4)
2月シーズン勝率
(S1~S4)
14位/72人中 46位/72人中

シーズン序盤にも開催されていたコラボ復刻の影響もあってか、使用率が上昇傾向にあるミク。

ただし、勝率はそこまで追いついておらず、中間付近の順位で落ち着いてしまっている。

一度相手にポータル有利を許してしまうと、単体では打開することが難しく、どうしても味方頼りな立ち回りになってしまうのが要因のひとつだろう。

【2月シーズン】ミクのカード使用率ランキング(S5~S9)

順位 カード名 順位 カード名
1位
帝皇機神
ケーニヒ・イェーガー
2位
*絢爛ノ美*
ボラ&アルヒコ&アペイロン
3位
【空駆ける歌姫】
初音 ミク
4位
【祝福する歌姫】
初音 ミク
5位
銀河防衛ロボ
Unidoll-2525
6位
*伝説ノ美*
プロティバラリナ
7位
神技官
アンジュ・ソレイユ
8位
【スカイウォーカー】
初音 ミク
9位
【号令する歌姫】
初音 ミク
10位
【デルミン】
デビルミント鬼龍パパミン

カード使用率ランキングでは、上位5枚にかなり人気が集中している。

6位以下のカードと5位以上のカードには使用率に3〜7倍近い差がついており、上位5枚の中からカードを組み合わせたデッキで、ミクの使用デッキは固定されていると見ていいだろう。

ランキングを踏まえた、2月シーズン時点でのミクの定番デッキは以下のとおり。

【2月シーズン】ミクの主流デッキ

  • *伝説ノ美* プロティバラリナ
  • 帝皇機神 ケーニヒ・イェーガー
  • *絢爛ノ美* ボラ&アルヒコ&アペイロン
  • 銀河防衛ロボ Unidoll-2525

コラボカードを除いて、使用率ランキング上位のカードで構成したデッキ。

基本的にはプロティパラリナの加速効果で味方を加速させつつ、緑号令ユニドールでサポートをしていくこととなる。

前述した通り、相手に有利を取られるとミク1人では逆転するのが難しいので、チャットなどで意思疎通を取りつつ、足並みを揃えて味方と共に攻めていこう。

『初音ミク&鏡音リン・レン』コラボ限定カードを入れれば、上記のデッキの強化版を組むことができる

復刻したが伸び悩むヒーロー「リン」

鏡音リンのおすすめデッキ・立ち回り
2月シーズン使用率
(S5~S9)
2月シーズン勝率
(S5~S9)
55位/72人中 72位/72人中
2月シーズン使用率
(S1~S4)
2月シーズン勝率
(S1~S4)
17位/72人中 63位/72人中

雪ミク2023コスチュームの実装とともに復刻されていたコラボヒーローのリン。

しかし、S4ランク以下での使用率以外は、かなり低い順位に位置している。特にS5ランク以上では、勝率が最下位となっている。

S4ランク以下で使用率が高くなっているのは、復刻で初ゲットしたプレイヤーが使っていたのだろう。ランキング上位を目指していた方は、途中でヒーローを変更している可能性が高い。

この結果を受けてか、2月シーズン後に攻撃倍率とHAが強化されている

【2月シーズン】リンのカード使用率ランキング(S5~S9)

順位 カード名 順位 カード名
1位
全天首都防壁
Hum-Sphere LLIK
2位
楽団姫 ディーバ
3位
迅雷の科学者
アバカン

4位
妖炎参謀 月夜叉
5位
ミナ&ルナ&レナの
バーゲンセール戦争
6位
-蒼王宮-
氷冠女王イデア=N=ユランブルク
7位
ハイカラ盟友忍者
-壬生咲みみみ-
8位
【空駆ける歌姫】
初音 ミク
9位
【リゼロ】
ゼロから始まる異世界生活
10位
【ダンまち】
至福の一時

カード使用率ランキングの中では、上位2枚の採用率が高くなっている。ガンナーでは人気の組み合わせである「ディバ全」だ。

攻撃カードは3位のアバカンのみであり、味方をサポートする支援カードや【防】カード、回復カードが多くなっている。

ランキングを踏まえた、2月シーズン時点でのリンの定番デッキは以下のとおり。

【2月シーズン】リンの主流デッキ

  • 迅雷の科学者 アバカン
  • 楽団姫 ディーバ
  • 全天首都防壁 Hum-Sphere LLIK
  • 妖炎参謀 月夜叉

カード使用率ランキング上位4枚を、そのまま採用したデッキ。

2枚の【防】カードで自身を守りつつ、ガードを張っていない相手にはアバカンでスタンさせて、キルチャンスを生み出していこう。

HAなど含めて味方の後方から支援をすることが多いため、回復カードも味方のために使うことをメインとした月夜叉にしているが、なかなか生き残れない方は自分用のみみみなどに変えるといいだろう。

リンとの固定は強力だが……?「レン」

鏡音レンのおすすめデッキ・立ち回り
2月シーズン使用率
(S5~S9)
2月シーズン勝率
(S5~S9)
63位/72人中 65位/72人中
2月シーズン使用率
(S1~S4)
2月シーズン勝率
(S1~S4)
53位/72人中 51位/72人中

ミク・リンと共に復刻されていたコラボヒーローのレン。リンとシナジーのあるアビリティにより、固定チームでの採用が多いヒーローだ。

しかし、相棒のリンが伸び悩んでいる影響で、レンも使用率・勝率ともに芳しくない結果に。

レンはサポート力は高いが、打開する能力がそこまで高くない。レン単体では機能しづらい場面も多く、リンと組む以外での使用者がかなり少なかったと思われる。

前述したリンとともに、2月シーズン終了後にレンにも上方修正が入っている。2人とも強くなったことで、来シーズンでの活躍が期待されるだろう

【2月シーズン】レンのカード使用率ランキング(S5~S9)

順位 カード名 順位 カード名
1位
*絢爛ノ美*
ボラ&アルヒコ&アペイロン

2位
帝皇機神
ケーニヒ・イェーガー

3位
どこにでもいけるドア
4位
神技官
アンジュ・ソレイユ
5位
-蒼王宮-
終焉禁獣 グラナート
6位
【夢超える共演】
初音ミク&鏡音リンレン
7位
銀河防衛ロボ
Unidoll-2525
8位
【祝福する歌姫】
初音 ミク
9位
ハイカラ盟友忍者
-壬生咲みみみ-

10位
究極系ノーガード戦法

採用率が高いのは緑号令イェーガードアの3枚。4位以下に2倍以上の差がついているため、この3枚はレンに欠かせないカードとなっている。

基本的に残り1枚は回復カードを入れることが多く、1番採用率が高いのはアンジュ

ただ、アンジュと同じくらいグラナートも使用されており、おそらく固定では味方に回復をしてもらうことで、代わりにグラナートを入れているパターンがあるようだ。

ランキングを踏まえた、2月シーズン時点でのレンの定番デッキは以下のとおり。

【2月シーズン】レンの主流デッキ

  • *絢爛ノ美* ボラ&アルヒコ&アペイロン
  • どこにでもいけるドア
  • 帝皇機神 ケーニヒ・イェーガー
  • 神技官 アンジュ・ソレイユ

カード使用率ランキング上位4枚を、そのまま採用したデッキ。

ドアで先にポータルキーを確保し、そのポータルキーを守り切るドアタンクのオーソドックスな戦い方が可能だ。

仮に相手にポータルキー有利を許した場合は、レン単体で打開するのは難しいので、味方と足並みを揃えることが大切。

HAで味方を加速させてキルを取りやすくさせてあげて、キルが発生したタイミングで複数のポータルを同時に狙う「2点攻め」などを仕掛けて逆転を狙うのがいいだろう。

シーズン情報

シーズンバトル告知文

ランキング報酬限定カード:【_NULL DATA_】Bugdoll

ランキング報酬限定&参加賞アイコン

順位 報酬アイコン
1位〜10位
11位〜500位
501位〜5,000位
参加賞

シーズン限定コスチューム:オマエはどうやら糖分が足りて無いようだな【溶】

過去のバトル環境記事はこちら


2024年1月シーズン
(テーマ「コクリコ」)

2023年12月シーズン

2023年11月シーズン
(テーマ「ヴィオレッタ」)

2023年10月シーズン
(テーマ「ボイドール」)

2023年9月シーズン
(テーマ「デルミン」)

2023年8月シーズン
(テーマ「ラヴィ」)

(C) NHN PlayArt Corp.
(C) DWANGO Co., Ltd.