#コンパス攻略

#コンパス【攻略】: カイ=キスクのおすすめデッキ・立ち回りまとめ【5/29更新】

『#コンパス』の『ギルティギア』コラボヒーロー「カイ=キスク」は、カード効果によるスタンを無効化するという、驚異的なアビリティを持ったアタッカーだ。本記事では、カイの基本となる立ち回り方やデッキの組み方、小技などをまとめて紹介していく。

カイ=キスクの基本ステータス

  • 攻撃倍率:1.45
  • 防御倍率:0.80
  • 体力倍率:0.90
  • 移動速度:ヴィオレッタより少し速く、ソル・ジャンヌ・リュウ・モノクマより少し遅い
  • 得意カード:【遠】【連】
  • テーマ曲:Magnolia Éclair / Daisuke Ishiwatari
  • 声優:草尾毅

ヒーローアクション(長押し):突進タメ攻撃/スタンディッパー

移動手段としても優秀なヒーローアクション(以下、HA)。

似たようなHAを持つ「桜華 忠臣」や「ソル=バッドガイ」とはヒット時の性能が違い、突進(スライディング)中にヒットした相手を巻き込みながら多段ヒットする。

最後のなぎ払いで「ちょうど【遠】カードの最大射程ぐらい」まで吹き飛ばしてダウン(転倒)させる。

タメ開始から発動可能になるまでは、忠臣やソルよりも長いタメ時間が必要となる。巻き込み時のダメージはないに等しい

最後のなぎ払いで大ダメージが入る(ダメージ倍率:約1.60倍)。【遠】カードの出の早さは、最速クラスのソルやルチアーノと比べても遜色がないほどだ

ヒーロースキル:ライジング・フォース

原作では一撃必殺技、『#コンパス』ではカード化もされているヒーロースキル(以下、HS)。

前方に突進し、範囲内にいる相手に大ダメージを与えつつ、ガードの有無に関わらず、相手を約6秒間強制スタンさせる。

射程範囲は、ちょうど「でらクランクストリート」のAB、EDを結ぶ程度と短めで、横範囲も「グレートウォール」の2階を覆いつくせないほどと狭め。その代わりにスキルゲージがかなりたまりやすくなっている

拡張中のエリア内で約16秒(拡張済みエリアで約32秒)で使用可能となるので、序・中盤から積極的に使っていける。

HS発動から攻撃開始までが、2秒ほどと非常に短いのが利点。ヒット時のダメージ倍率は約3.5倍だ。敵の攻撃カードに合わせて使えば、確実にヒットさせられる

無敵状態になりながら自身が突進するHSとなっており、そのほか大半のHSとは違った使い方が可能。

逆に、他のヒーロー同様にエリア内で発動しても、ポータルキーを守ることは難しいので、使い方には注意しよう。

攻撃範囲に壁やポータルキーがあると途中で引っかかってしまうので注意! あえて、狙ってポータルキーに引っかかって防衛に使うのも手だ

アビリティ:迅雷の所以をお教えしよう

カード効果によるスタンを無効化するという、相手がスタン主体で戦うデッキなら、完封も可能なアビリティをもつ。

あくまでも無効化できるのは、カード効果のスタンに限られるため、ディズィーやカイのHSでのスタンは有効だ。

当然、ダメージは無効化できず、「電撃ロボ Eledoll-115」などには、ノックバック効果もあるのでカードキャンセルには注意

カイの立ち回り方

カイは、スタンが効かないという唯一無二のアドバンテージを持ったアタッカー。

攻撃カードが【遠】【連】を筆頭に、全般的に使いやすく、デッキの幅が非常に広いのも特長だ。さまざまなカードを試して、コンボなどを編み出していこう。

HAでスタートダッシュ!

移動速度の遅いカイは、スタート地点から移動する際、歩くよりもHAを使って飛び出すように移動したほうが、前線へ駆けつけるのが早くなるので、必ず繰り出すようにしよう。

バトルが開始する直前から画面を長押ししておいて、試合開始後HAのオレンジの線が現れたら、すぐに指を離せばOKだ。

スタートダッシュに関しては、全ヒーローで最速を誇るコクリコを抜くほどの早さ

味方のピンチやスタンした敵にHA!

そのタメ時間の長さから、うまく使いこなすことが難しいHA。

まずは、他の味方に夢中になっている敵や、スタンやポータルキー制圧中などで、動きが止まっている敵を狙って使ってみよう。

味方のVoidollがスタンになってピンチ。そこで、敵に向かってHA。これ以上の追い込みを許さず、さらに転倒中の追撃で、敵のキルにもつながる

また、味方がポータルキーを制圧しているときの足止めとしても有効だ。

ポータルキー制圧を阻止すべく近づいているルチアーノへHAをして、足止め!段差の上にいる敵にもHAは当たる

HSは防衛で大活躍!

スキルゲージのたまる早さから、1試合で2回使えることも多いカイのHS。

使うタイミングがよくわからないときは、以下のタイミングで使ってみよう。

ポータルキーの防衛

ポータルキーが奪われそうなときは、HSを使って防衛しよう。

歩いたりHAをしたりしても間に合わないタイミングでも、HSなら防衛できる場面も少なくない。

敵の忠臣がポータルキーの奪還を試みている。歩いていると間に合うか際どいのでHSで防衛。当たった敵はスタンするので、そこからキルも狙える

敵のHS明けを狙う

リリカやコクリコ、ポロロッチョなど、使われたら厄介なHSの演出終了直後を狙ってHSを使い、思い通りに動けなくするのも有効な方法。

しかし、敵のHS演出終了のタイミングがわかっていないと決まらないため、慣れないうちは大変だが、うまく決まれば相手の逆転の筋を潰す決定打になるので、決められるようにしておこう。

逆転性能を大いに秘めているコクリコのHS。その演出が明けた瞬間にHSが当たるように使えば、思うようにHSを使えないまま対処できる

通常攻撃もあなどれない!

カイは、カード攻撃による大ダメージを主体で攻める印象が強いが、実は通常攻撃も強力。

通常攻撃の一発目の繰り出しが早いので、気軽に攻撃できる。

一発攻撃したらいったん距離を置いて、また一発攻撃するだけでも、敵に大きなダメージを与えられるので、カードを使い切ってしまったときに、試してみるといいだろう。

HAもカード攻撃もしづらい場面で、通常攻撃でけん制すれば、相手に回復カードを先に使わせたり、運が良ければ倒すことも可能だ

【遠】【連】と相性バツグン!【近】【周】も搭載可能!!

基本的に、ヒーローには攻撃カードの得意不得意があるが、カイに関しては、どの攻撃カードも採用候補に入れられるほど、いずれの攻撃カードもそれなりに使いこなせる。

中でも相性がいいのが【遠】カードで、その繰り出しスピードは最速ヒーローに並ぶほど。

次点で相性がいいのが【連】カード。全弾ヒットさせるにはスキを見極める必要があるが、最大ダメージを叩き出しやすい攻撃となる

【近】カードも、トップクラスといえるほどではないものの、出が早く使いやすい。

【周】カードについても、他の攻撃カードと比べれば出が遅いものの、硬直時間だけみれば【連】攻撃と同様と、いずれの攻撃カードもじゅうぶん採用できる相性の良さとなっている。

硬直時間だけにフォーカスすれば、【近】攻撃はカイが繰り出すカード攻撃で最短。【周】攻撃には、周りにいる敵をまとめて攻撃できるという特徴がある

カイのおすすめデッキ【ランクF~S1(SR以下・コラボカードあり)】

  • ソル=バッドガイ(長射程の火属性の中ダメージ攻撃)
  • シン=キスク(前方の敵に防御無視の中ダメージ攻撃)
  • ジャック・オー(10秒間被ダメージを50%減らす)
  • 雨霊の加護 ウィネバ(自身のライフを30%回復)

HAやシン=キスクでダウンさせたところを、ソル=バッドガイで追撃して、キルへと結びつけていくデッキ。

鈍足ゆえに避けにくいカード攻撃などは、ジャンク・オーでしのいでいこう。

回復枠がウィネバでは、回復量が30%と心もとない。すぐに到達できるEランクで優秀な回復カードが開放されるので、入手次第入れ替えていきたい。

カイを入手するまでに「ギアメーカー」を手に入れていれば、最優先で搭載・強化していこう。そのほか、Eランク開放カードでは「魂を司る聖天使 ガブリエル」「聖女の守り手 黒猫リリィ」が特におすすめ

ギアメーカー以外にも、コラボURカードには手に入れていれば搭載候補となるカードがそろっている!

前述のとおり、【遠】カードと【連】カードをメインに、いずれの攻撃カードとも相性のいいカイは、ランクが上がるほどに攻撃カードの選択肢が増えていく。

いずれも入手の難しいURカードとなるが、Eランク到達で開放される「名門サッカー部 イナズマシュート」やDランク到達で開放される「機航師弾 フルーク・ツォイク」は手に入れたらぜひ試してほしいデッキ候補

攻撃倍率が乃保に次いで高いカイは、Dランクから徐々に開放されていく【貫】攻撃との相性もいい

とにかくデッキの幅が広いカイ。紹介したカード以外にも相性のいいカードは多くあるので、ステータスにも注目しながら、デッキを構築してみよう。

似たようなカードなどで迷ったときに注目してほしいのが、攻撃値。キル稼ぎが主な役割となるカイにとって、攻撃力の確保は非常に重要となる

カイのおすすめデッキ【ランクS1以上】

さまざまな攻撃カードを卒なく使いこなすことができるカイ。

中でも、離れた位置から一方的に相手に【防】カードや【癒】カードを使わせられる【遠】カードを採用しているカイ使いが多い印象だ。

そこで、【遠】カードを主体にしたデッキを紹介する。

【遠】カード2枚型

  • チーちゃんのウワキオシオキ狙撃
  • 聖女の後衛 銃士レオン
  • 楽団長 ドルケストル
  • 魂を司る聖天使 ガブリエル

相手に当てやすい【遠】カードを2枚搭載したデッキ。

数ある候補の中でも、チーちゃんは特に人気が高く、使いやすい【遠】カードだ。

単体での発動時間に難のあるレオンだが、チーちゃん→レオンといったように連切りすることで、発動のスキを短縮しながら安定してキルまで持っていけるのが強み。

他のヒーローでは運用の難しいドルケストルも、アビリティでスタンを無効化できるカイなら、ステータス面では劣るもののじゅうぶんデッキ候補に入る。

チーちゃんの代わりに、イナズマシュートを入れるのもいいだろう。ダメージ吸収効果はないものの、威力はチーちゃん以上で、クールダウン時間が6秒短いというメリットがある

フルアバ型

  • 機航師弾 フルーク・ツォイク
  • 迅雷の科学者 アバカン
  • 楽団姫 ディーバ
  • 魂を司る聖天使 ガブリエル

アバカンでスタンさせたところをHAで追撃。さらにダウンしたスキにフルークや通常攻撃を畳み掛けていけるデッキ。

アバカンもレオンほどではないものの、単体発動時にスキが生まれてしまうカードだ。ディーバを起点に連切りしたり、相手の【防】カードの切れたスキを狙ったりして、攻撃のスキを作り出そう。

ガブリエル以外のカード3枚が攻撃寄りで、高い攻撃力を確保しやすいのもこのデッキのポイントだ。

いくつかデッキパターンを紹介したものの、攻撃カードを卒なく使いこなせるカイにテンプレートのようなデッキは存在せず、攻撃カードの枠に採用するカードはプレイヤーによってさまざま。

あまりカードに囚われずにいろいろなカードを試して、ベストデッキを模索していこう。

紹介デッキの代用カード

カード名 代用カード名
楽団長 ドルケストル【SR】連合宇宙軍 フルアーマー機動兵
【N】ドリーム☆アンブレラ
【N】楽団譜 パルティシオン
魂を司る聖天使 ガブリエル【UR】ギアメーカー
【SR】聖女の守り手 黒猫リリィ
【SR】楽団員 アルプ
【R】雨霊の加護 ウィネバ
【R】保健室の救急セット
チーちゃんのウワキオシオキ狙撃【UR】【マグナムウェディング】エルフェルト
【SR】ゼルっちの横流しフルオートライフル
名門サッカー部 イナズマシュート【UR】対消滅ロングレンジライフルHum-Buster
【SR】ソル=バッドガイ
【SR】焼却ロボ Fladoll-4649
【R】銀行強盗 デリンジャー
【R】よく喧嘩相手になってくれました
【R】初級魔法 ぶりざーど
【R】初級魔法 ふれいむ
楽団姫 ディーバ【SR】帝皇機神 ケーニヒ・イェーガー
【SR】ジャック・オー
【R】アイちゃんのオススメ防弾パーカー
【N】警備ロボ Guardoll-4771
機航師弾 フルーク・ツォイク【UR】【ライディーン】シン
【SR】楽団員 サンバール
【SR】一撃必殺 ブラストアッパー
【SR】操宴軍馬 ベディーネン・パンツァー
【N】祭りのお供!手持ち花火
【N】ドリーム☆ステッキ
【N】血塗れチェーンソウ
迅雷の科学者 アバカン【UR】【ライジング・フォース】 カイ
【N】連合宇宙軍 スタンビームライフル

カイのおすすめメダル

カイは使いたい攻撃カードによって、おすすめメダルも変わってくる。

基本的におすすめなのは、他ヒーローと同じ「移動速度アップ」と「攻撃力アップ」の2種類。

特化させるのはもちろん、ハイブリッド型にするのもいいだろう。

メダルおすすめポイント


攻撃力アップ

・キルできる場面が増える
・【貫】攻撃の火力を上げられる
・【遠】カードとの相性○


移動速度アップ

・攻撃を回避しやすくなる
・追撃しやすくなる
・【近】カードとの相性○

コスチュームバリエーション

オリジナル

カラーバリエーション1

カラーバリエーション2

カラーバリエーション3

カラーバリエーション4

(C) NHN PlayArt Corp.
(C) DWANGO Co., Ltd.
(C) ARC SYSTEM WORKS