#コンパス攻略

【#コンパス】11月シーズンを振り返り!【毒】が蔓延する環境へ

『#コンパス』で2023年11月16日から26日にかけて開催された、11月シーズン"秋晴れの前奏曲(プレリュード)"。本記事では、実際にシーズン中プレイしていて目立ったヒーローやカード、環境変化について振り返りながら紹介していく。

『復刻コラボ祭』開催!


おすすめの楽しみ方まとめ

『ペルソナ5』コラボ復刻中!


ジョーカー


限定カード&コスチュームまとめ

公式データ

注目ヒーローのカード使用率&主流デッキ紹介

シーズン情報

「クー・シー」の活躍は?復刻ヒーローの人気カードも一挙紹介!

2023年11月に行われた「秋晴れの前奏曲(プレリュード)」は、3年以上ぶりとなる「ヴィオレッタ」がテーマヒーローとなったシーズン。

シーズン開始前には新オリジナルヒーロー「クー・シー」が実装され、彼女が初参戦のシーズンにもなった。

クー・シーは、耐久力が低いという明確な欠点があるが、スプリンター並の機動力をもつアタッカー。3種のHAを使い分けて立ち回るのが楽しいヒーローとなっている

今回はそんな11月シーズンを、特別にいただいた公式データや実際にプレイした感覚などから、注目のヒーローやバトル環境について振り返っていく。

2023年11月シーズンボーダー

まずは開発チームの協力のもと、今回のシーズンボーダーを公開!

どれくらいバトルポイントを稼げばアイコンやカードを獲得できるかなど、次シーズンの目標を決める際の参考にしよう。

順位 BP 前回比較 ボーダー
10位 5,699
【S8】199
▼73 金アイコン
100位 5,159
【S7】159
▲5
500位 4,939
【S6】439
▼103 銀アイコン
1,000位 4,513
【S6】13
▼39 TEPPENバトル応募条件
(代表者のみ)
5,000位 4,161
【S5】161
▼37 銅アイコン
30,000位 3,312
【S3】312
▲28 限定カード獲得
90,000位 2,354
【S1】354
▲65 限定チップ獲得

10月シーズンと比べると、銅アイコン以上のボーダーは下降傾向、銅アイコン未満のボーダーは上昇傾向に。

あくまで予想だが、11月シーズンは開催前に行われたカードバランス調整により「独災者 アングリフ・ギフト」をはじめとするカードの使用感が変わった影響が大きかったのだと思われる。

ヒットさせれば70%もライフを削れるようになり、ステータスなども見直されたアングリフ。特にS4ランク以下では非常に見かけやすいカードとなっていた

【毒】によるダメージは攻撃力に依存しないので、デッキレベルの差があっても安定した割合ダメージを与えられる。

そのため、まだデッキレベルが高くないプレイヤーでも、より上位を目指しやすかったシーズンになったのではないかと考えられる。

11月シーズン 使用率&勝率ランキング/Tier表【S5~S9】

続いて、こちらも開発チームの協力のもと判明した、S5-S9ランクでの全ヒーローの使用率と勝率を紹介。

前回シーズンのランキングはこちら

11月シーズン 使用率ランキング【S5~S9】

TOP10
11〜20
21〜30
31〜40
41〜50
51〜60
61〜70
71〜78

S5ランク以上では、10月シーズンに引き続き「アル」が使用率トップに輝いた。

本人はバランス調整による下方修正を受けたものの、アングリフの調整が追い風になったのであろうと予想される。

注目の「クー・シー」は、天敵となる【貫】カードや【毒】カードが多く採用される環境の影響か、シーズン初参戦ながらも62位とS5ランク以上ではあまり使われなかった模様だ。

11月シーズン 勝率ランキング【S5~S9】

TOP10
11〜20
21〜30
31〜40
41〜50
51〜60
61〜70
72〜78

※きららとジョーカーが同率70位だったため、61~70位は11人表示

S5ランク以上の勝率ランキングの上位で、順位変化が大きかったのが「のほたん(前回25位)」。

【毒】が流行するバトル環境のなか、ライフを全回復できるヒーローアクション(HA)は、立て直し手段として使いやすかっただろう。

初参戦にしては使用率が低かった「クー・シー」は、勝率も全ヒーローで最下位という結果に。

現バトル環境での活躍の難しさが如実に出ている。

この結果を受けてか、クー・シーは11月シーズン後に2回も大きな上方修正を受けている。12月の野良シーズンでの活躍に期待だ

11月シーズン 使用率&勝率ランキング/Tier表【S1~S4】

さらに、S1-S4ランクでの全ヒーローの使用率と勝率を見ていこう。

前回シーズンのランキングはこちら

11月シーズン 使用率ランキング【S1~S4】

TOP10
11〜20
21〜30
31〜40
41〜50
51〜60
61〜70
71〜78

S4ランク以下でも使用率1位に輝いたのは「アル(前回2位)」。

ランクの垣根を超えた人気集中の影響か、シーズン後のバランス調整では大きな下方修正を受けている。

耐久力の要となる体力倍率が0.1倍もダウン。【毒】攻撃による回復効果も弱まっている

S5ランク以上では使用率が振るわなかった新ヒーロー「クー・シー(初)」だが、S4ランク以下では2位まで上り詰めている!

復刻コラボ祭で大きく順位を上げた「カイ(前回26位)」にも注目だ。

11月シーズン 勝率ランキング【S1~S4】

TOP10
11〜20
21〜30
31〜40
41〜50
51〜60
62〜70
71〜78

※テスラ、勇者、ジョーカーが同率だったため、51~60位は11人表示

毎月の傾向どおり、勝率上位にはコラボ復刻から日が経ったコラボ限定ヒーローが多く並ぶ。

S5ランク以上と同様に大きく順位を上げているのが「のほたん(前回21位)」だ。

S4ランク以下では使用率が高かった「クー・シー」だが、勝率については全ヒーロー最下位となってしまっている。

注目ヒーローのカード使用率&主流デッキ紹介

開発チームからいただいた、ヒーローごとのカード使用率ランキングを紹介。

今回は、以下10人のカード使用率と主流デッキを紹介していこう。


クー・シー

ソル

ディズィー

カイ

リュウ

春麗

岡部

アインズ

ジョーカー

アリス

シーズン初参戦も大苦戦!「クー・シー」

クー・シーのおすすめデッキ・立ち回り
11月シーズン使用率
(S5~S9)
11月シーズン勝率
(S5~S9)
62位/78人中 78位/78人中
11月シーズン使用率
(S1~S4)
11月シーズン勝率
(S1~S4)
2位/78人中 78位/78人中

シーズンバトルに初参戦するも、ランク問わず勝率最下位を記録してしまった「クー・シー」。

まだ使い慣れたプレイヤーが少ない影響もあるが、防御力とダメージカット効果を無視する【貫】カードと回復手段がないと対応が難しい【毒】カードに人気が集まる環境が特に活躍が難しかった要因だろう。

【11月シーズン】クー・シーのカード使用率ランキング(S5~S9)

順位 カード 順位 カード
1
全天首都防壁
Hum-Sphere LLIK
2
ミナ&ルナ&レナの
バーゲンセール戦争
3
【ロックマンエグゼ】
ダブルストリーム
4
【NieR:Automata】
戦いの始まり
5
反導砲 カノーネ・ファイエル
6

【オーバーロード】
英雄モモン&美姫ナーベ
7
楽団姫 ディーバ
8
#夜光犯罪特区
#きてるちゃんライヴ
9

【ライザのアトリエ2】
ひと夏の思い出
10
おかあさん だーいすき

クー・シーの使用カードのなかでも特に人気が高いのが、全天バーゲン。どちらも耐久力に難があるクー・シーには欠かせないカードだ。

上記の2枚には及ばないものの、使用率の高さが目立つのが6位のモモン&ナーベまでのカードたち。カノーネ以外はコラボ限定カードとなるため、バトルアリーナで使うのは難しいが、特にモモン&ナーベはデッキにあるとないでは使用感が大きく変わる1枚となる。

もしコラボ復刻祭で手に入れていれば、フリーバトルなどで採用して試してみよう。

ランキングを踏まえた、11月シーズン時点でのクー・シーの主流デッキは、以下のとおり。

【11月シーズン】クー・シーの主流デッキ

  • 反導砲 カノーネ・ファイエル
  • ミナ&ルナ&レナのバーゲンセール戦争
  • 楽団姫 ディーバ
  • 全天首都防壁 Hum-Sphere LLIK

恒常的に手に入る人気カードで構成したデッキ。

苦手とする【貫】カードや【毒】カード対策となるのがバーゲンだ。

持ち前の機動力の高さでも回避できない攻撃に合わせて使っていこう。

人気急上昇!「ソル=バッドガイ」

ソル=バッドガイのおすすめデッキ・立ち回り
11月シーズン使用率
(S5~S9)
11月シーズン勝率
(S5~S9)
21位/78人中 57位/78人中
11月シーズン使用率
(S1~S4)
11月シーズン勝率
(S1~S4)
8位/78人中 16位/78人中

復刻コラボ祭で使用率がグッと上がりながらも、S4ランク以下では高い勝率を維持している「ソル」。

カード使用率ランキングには恒常カードが多く並び、コラボ限定カードを多く持っていなくとも使いやすいヒーローとなっている。

【11月シーズン】ソル=バッドガイのカード使用率ランキング(S5~S9)

順位 カード 順位 カード
1
ライバル狂刃忍者
-幽々院ゆらら-
2
帝皇機神
ケーニヒ・イェーガー

3

ハイカラ盟友忍者
-壬生咲みみみ-
4
迅雷の科学者
アバカン
5

ドリーム☆マジカルスクエア
6
楽団姫 ディーバ
7
魂を司る聖天使
ガブリエル
8
【SAO】
朝露の少女と
9
【文スト】
ありふれた日常の幸せ
10
【SAO】
旅路の果て

ソルの人気カードのなかでも非常に使用率が高いのが、ゆららイェーガー

この2枚に【癒】カードのみみみガブリエル、攻撃カードとしてアバカンマジスクを搭載したデッキが一般的なデッキとなっている模様だ。

ランキングを踏まえた、11月シーズン時点でのソルの主流デッキは、以下のとおり。

【11月シーズン】ソル=バッドガイの主流デッキ

  • 迅雷の科学者 アバカン
  • ライバル狂刃忍者 -幽々院ゆらら-
  • 帝皇機神 ケーニヒ・イェーガー
  • ハイカラ盟友忍者 -壬生咲みみみ-

人気カード4位までのカードをそのまま採用したデッキ。

アバカンでスタンさせれば、HAで確実に追撃できる隙を作り出せる。

アバカンは、HS効果中なら火力の高い飛び道具として使えるのもソルと相性がいいポイントだ。

ランク問わず高い使用率!「ディズィー」

ディズィーのおすすめデッキ・立ち回り
11月シーズン使用率
(S5~S9)
11月シーズン勝率
(S5~S9)
13位/78人中 58位/78人中
11月シーズン使用率
(S1~S4)
11月シーズン勝率
(S1~S4)
10位/78人中 25位/78人中

復刻コラボ祭開催前から比較的高い使用率を記録していた「ディズィー」。

いわゆる野良でも活躍しやすいHSをもつため、12月シーズンでの活躍にも特に注目のヒーローだ。

【11月シーズン】ディズィーのカード使用率ランキング(S5~S9)

順位 カード 順位 カード
1
全天首都防壁
Hum-Sphere LLIK
2
ミナ&ルナ&レナの
バーゲンセール戦争
3

楽団姫 ディーバ
4
【ロックマンエグゼ】
ダブルストリーム
5
-蒼王宮-
終焉禁獣 グラナート
6
-蒼王宮-
氷冠女王イデア=N=ユランブルク
7
【空駆ける歌姫】
初音 ミク
8
妖炎参謀
月夜叉
9
【NieR:Automata】
戦いの始まり

10
【ロックマンエグゼ】
アースブレイカー

ディズィーのカード使用率ランキングのなかでも、群を抜いて人気なのが全天バーゲンだ。

その使用率は3位のディーバの2倍以上。ディズィーをはじめ、耐久力が低いヒーローには必需品ともいっていいカードとなっている。

ランキングを踏まえた、11月シーズン時点でのディズィーの主流デッキは、以下のとおり。

【11月シーズン】ディズィーの主流デッキ

  • -蒼王宮- 終焉禁獣 グラナート
  • ミナ&ルナ&レナのバーゲンセール戦争
  • 楽団姫 ディーバ
  • 全天首都防壁 Hum-Sphere LLIK

2枚の100%ダメージカットできる【防】カードと【返】カードでダメージを無効化しつつ戦っていくデッキ。

ディズィーは体力倍率が低いうえ、HAで持続回復できるため【癒】カードの採用優先度は低い。その代わりに【防】カードなどを多く採用して、前線で長く戦えるようにしよう。

グラナートは特に野良バトルで搭載しておくと、安定して機能しやすくなるはずだ。

S4ランク以下で大人気!「カイ=キスク」

カイ=キスクのおすすめデッキ・立ち回り
11月シーズン使用率
(S5~S9)
11月シーズン勝率
(S5~S9)
17位/78人中 49位/78人中
11月シーズン使用率
(S1~S4)
11月シーズン勝率
(S1~S4)
3位/78人中 25位/78人中

復刻コラボ祭で再登場した限定ヒーローのなかで、S4ランク以下で最も高い使用率を記録した「カイ」。

どの攻撃カードも出が早いため、カードの選択肢が非常に多く、デッキコンセプトによってさまざまな戦い方ができるヒーローだ。

【11月シーズン】カイ=キスクのカード使用率ランキング(S5~S9)

順位 カード 順位 カード
1
チーちゃんの
ウワキオシオキ狙撃
2
オールレンジアタック
3
ライバル狂刃忍者
-幽々院ゆらら-
4
全天首都防壁
Hum-Sphere LLIK
5
ハイカラ盟友忍者
-壬生咲みみみ-
6
【ロックマンエグゼ】
アースブレイカー
7
楽団姫 ディーバ
8
迅雷の科学者
アバカン
9
【リゼロ】
ひとときの団欒

10
【ロックマンエグゼ】
ショックウェーブ

カードの選択肢が広いカイの使用率ランキングで、特に高い使用率を記録しているのが、チーちゃん

うまくヒットさせれば攻撃しつつ回復手段にもなるのが特徴で、3枚目の攻撃カードとして残しつつ立て直しにも使えるのが強みだ。

発動時間「無」のディーバより発動時間「短」ながら展開時間の長い全天のほうが使用率が高いのが、カードによるスタンをアビリティで無効化でき、強力だが隙の大きいHAをもつカイならではの傾向だ。

ランキングを踏まえた、11月シーズン時点でのカイの主流デッキは、以下のとおり。

【11月シーズン】カイ=キスクの主流デッキ

  • オールレンジアタック
  • ライバル狂刃忍者 -幽々院ゆらら-
  • 全天首都防壁 Hum-Sphere LLIK
  • チーちゃんのウワキオシオキ狙撃

人気カード4枚をそのまま採用したデッキ。

カイは足が遅いため、自身から攻撃カードを当てにいくことは難しい。

相手の隙を見逃さずにうまくヒットさせてキルへとつなげていこう。

使いやすさが魅力!「リュウ」

リュウのおすすめデッキ・立ち回り
11月シーズン使用率
(S5~S9)
11月シーズン勝率
(S5~S9)
60位/78人中 53位/78人中
11月シーズン使用率
(S1~S4)
11月シーズン勝率
(S1~S4)
75位/78人中 20位/78人中

シーズン最終盤に復刻登場した「リュウ」。

その影響はまだ大きくは出ておらず、12月シーズンでの活躍に期待したいヒーローだ。

【11月シーズン】リュウのカード使用率ランキング(S5~S9)

順位 カード 順位 カード
1
反導砲
カノーネ・ファイエル
2
機航師弾
フルーク・ツォイク
3
帝皇機神
ケーニヒ・イェーガー
4
【SAO】
朝露の少女と
5
【リゼロ】
絶望という病
6
【ロックマンエグゼ】
ショックウェーブ
7
【NieR:Automata】
交錯する運命
8
【文スト】
ありふれた日常の幸せ
9
魂を司る聖天使
ガブリエル
10
ハイカラ盟友忍者
-壬生咲みみみ-

リュウの使用率ランキングに入ったカードで、突出した使用率となっているカードはない。

とはいえ、1位のカノーネの使用率は7位の交錯する運命(通称:自傷カノーネ)と比べれば2倍以上となっている。

ショックウェーブを採用できれば、今まで追撃できなかった敵にも攻撃するチャンスが生まれる。

ランキングを踏まえた、11月シーズン時点でのリュウの主流デッキは、以下のとおり。

【11月シーズン】リュウの主流デッキ

  • 機航師弾 フルーク・ツォイク
  • 反導砲 カノーネ・ファイエル
  • 帝皇機神 ケーニヒ・イェーガー
  • 魂を司る聖天使 ガブリエル

2種類の【近】カードで大ダメージを狙っていく、いわゆるフルカノデッキ。

無防備な敵はフルーク、【防】カード(ダメカ)を展開した敵はカノーネで攻撃していこう。

忠臣などの【近】カードが得意なアタッカーなら同じデッキで立ち回れる、汎用性の高さも魅力だ。

コラボ限定【連】カードが人気!「春麗」

春麗のおすすめデッキ・立ち回り
11月シーズン使用率
(S5~S9)
11月シーズン勝率
(S5~S9)
47位/78人中 48位/78人中
11月シーズン使用率
(S1~S4)
11月シーズン勝率
(S1~S4)
21位/78人中 29位/78人中

リュウと同様にシーズン期間最終盤に復刻登場したものの、S4ランク以下での使用率がグッと伸びている春麗(前回77位)。

カード使用率ランキング上位には、コラボ限定【連】カードが多くラインナップしている。

【11月シーズン】春麗のカード使用率ランキング(S5~S9)

順位 カード 順位 カード
1
【進撃の巨人】
小さな刃
2
【SAO】
旅路の果て
3
【ダンまち】
ソード・オラトリア
4
学園の王者
生徒会執行部
5
帝皇機神
ケーニヒ・イェーガー
6
ライバル狂刃忍者
-幽々院ゆらら-
7
【SAO】
朝露の少女と
8

*絢爛ノ美*
ボラ&アルヒコ&アペイロン
9
魂を司る聖天使
ガブリエル
10
全天首都防壁
Hum-Sphere LLIK

そこまで数値的に突出してはいないが、春麗の使用率ランキングトップ3にはコラボ限定の【連】カードが並ぶ。

とはいえ、1位の小さな刃でもその使用率は9位のガブリエルの2倍に満たないほどで、カードの所持状況やプレイスタイルによりデッキ採用カードは大きく変わってくる模様だ。

ランキングを踏まえた、10月シーズン時点での春麗の主流デッキは、以下のとおり。

【11月シーズン】春麗の主流デッキ

  • 学園の王者 生徒会執行部
  • ライバル狂刃忍者 -幽々院ゆらら-
  • 帝皇機神 ケーニヒ・イェーガー
  • 魂を司る聖天使 ガブリエル

アビリティを活かせる【連】カードを2枚採用したデッキ。

【連】カードは、他の攻撃カードと比べると総ダメージは大きいが、全弾ヒットさせるまでに時間がかかり、当てづらいのが特徴となっている。

攻撃カード使用中やダウン、スタン中といった相手の身動きの取れない隙を見逃さずに大ダメージを狙っていこう。

ゆららの代わりに絢爛ノ美(緑号令)を採用して、味方のキルサポートをしつつ生徒会を当てる隙を作り出す構成もアリだ。

復刻前から超人気!「岡部倫太郎(オカリン)」

岡部倫太郎(オカリン)のおすすめデッキ・立ち回り
11月シーズン使用率
(S5~S9)
11月シーズン勝率
(S5~S9)
5位/78人中 41位/78人中
11月シーズン使用率
(S1~S4)
11月シーズン勝率
(S1~S4)
32位/78人中 2位/78人中

シーズン期間はコラボ復刻前となるが、S5ランク以上で高い使用率を記録している岡部(オカリン)。

9月末のバランス調整後に注目され、10月末には下方修正を受けるも変わらず多くのプレイヤーに使用されている。

【11月シーズン】岡部倫太郎(オカリン)のカード使用率ランキング(S5~S9)

順位 カード 順位 カード
1
全天首都防壁
Hum-Sphere LLIK

2
おかあさん
だーいすき
3
楽団姫 ディーバ
4
ミナ&ルナ&レナの
バーゲンセール戦争
5
【ロックマンエグゼ】
ダブルストリーム
6
【オーバーロード】
英雄モモン&美姫ナーベ
7
【NieR:Automata】
戦いの始まり

8
反導砲
カノーネ・ファイエル
9
ハイカラ盟友忍者
-壬生咲みみみ-
10
妖炎参謀
月夜叉

岡部の使用率ランキングでは、おかあさんまでの4枚の使用率が非常に高くなっている。

ダブルストリーム(通称:無発動全天)モモン&ナーベをバトルアリーナで運用可能であれば、採用することでより立ち回りやすくなりそうだ。

ランキングを踏まえた、11月シーズン時点での岡部の主流デッキは、以下のとおり。

【11月シーズン】岡部倫太郎(オカリン)の主流デッキ

  • おかあさん だーいすき
  • ミナ&ルナ&レナのバーゲンセール戦争
  • 楽団姫 ディーバ
  • 全天首都防壁 Hum-Sphere LLIK

人気トップ4に入ったカードをそのまま採用したデッキ。

おかあさんで敵の防御力を下げ、HAで強化した通常攻撃でどんどんキルしていこう。

このデッキには【癒】カードが採用されていないが、岡部は耐久力が高いのも特徴のひとつ。いわゆる野良バトルで使う際などは、みみみ月夜叉などの回復手段を用意しておくと立ち回りやすいだろう。

アビリティでカードの選択肢が広い!「アインズ・ウール・ゴウン」

アインズ・ウール・ゴウンのおすすめデッキ・立ち回り
11月シーズン使用率
(S5~S9)
11月シーズン勝率
(S5~S9)
63位/78人中 51位/78人中
11月シーズン使用率
(S1~S4)
11月シーズン勝率
(S1~S4)
51位/78人中 32位/78人中

11月のシーズンデータはあまりパッとしない「アインズ」。

アビリティにより発動時間「短」や「長」のカードも運用しやすいのが特徴で、カード使用率ランキングにはその特徴がよく出ている。

【11月シーズン】アインズ・ウール・ゴウンのカード使用率ランキング(S5~S9)

順位 カード 順位 カード
1
全天首都防壁
Hum-Sphere LLIK

2
ミナ&ルナ&レナの
バーゲンセール戦争
3
【NieR:Automata】
戦いの始まり


4
【イカれた約束】
ザック&レイ
5
【転スラ】
転生したらスライムだった件
6
創霊の加護
タイオワ

7
【オーバーロード】
英雄モモン&美姫ナーベ
8
聖女の後衛
銃士レオン
9
【ダンまち】
至福の一時
10
楽団姫 ディーバ

アインズの使用率ランキングで圧倒的な人気を集めているのが、全天バーゲン

イカれた約束(通称:青ノガド)転生したらスライムだった件レオンなどの発動時間「短」「長」だが強力なカードが多くランクインしているのがアインズならではの傾向だ。

ランキングを踏まえた、11月シーズン時点でのアインズの主流デッキは、以下のとおり。

【11月シーズン】アインズ・ウール・ゴウンの主流デッキ

  • 創霊の加護 タイオワ
  • 聖女の後衛 銃士レオン
  • ミナ&ルナ&レナのバーゲンセール戦争
  • 全天首都防壁 Hum-Sphere LLIK

人気の高い恒常カードをそのまま採用したデッキ。タイオワで強化した通常攻撃がメインの攻撃手段だ。

レオンを発動時間「無」で使えるのがアインズの強み。ただ、レオンによるダメージはタイオワでもダメージアップできないことを覚えておこう。

HS中の高火力攻撃が武器!「ジョーカー」

ジョーカーのおすすめデッキ・立ち回り
11月シーズン使用率
(S5~S9)
11月シーズン勝率
(S5~S9)
48位/78人中 70位/78人中
11月シーズン使用率
(S1~S4)
11月シーズン勝率
(S1~S4)
56位/78人中 59位/78人中

アインズ同様、シーズン期間中には復刻登場しなかったため、11月シーズンデータはいまいちな「ジョーカー」。

12月シーズンでは、S4ランク以下を中心に使用率が上がると予想されるので、人気カードを覚えておこう。

【11月シーズン】ジョーカーのカード使用率ランキング(S5~S9)

順位 カード 順位 カード
1
【ロックマンエグゼ】
アースブレイカー

2
全天首都防壁
Hum-Sphere LLIK

3
ミナ&ルナ&レナの
バーゲンセール戦争
4
【文スト】
武装探偵社
5
-蒼王宮-
終焉禁獣 グラナート

6
【ロックマンエグゼ】
ダブルストリーム
7
【NieR:Automata】
戦いの始まり

8
【SAO】
朝露の少女と
9
反導砲
カノーネ・ファイエル
10
【デルミン】
デビルミント始龍

ジョーカーのカード使用率ランキングトップ10には、【癒】カードが入っていない。

スプリンターのなかではそこまで耐久力が高いとはいえず、HSの強みを活かしたいため、攻撃カードの採用優先度が高いのだと考えられる。

攻撃カードで人気なのが、高火力の【周】カードと【近】カード。【周】カードには当てやすいうえに複数人を巻き込みやすく、【近】カードには攻撃倍率が高いという特徴がある。

ランキングを踏まえた、11月シーズン時点でのジョーカーの主流デッキは、以下のとおり。

【11月シーズン】ジョーカーの主流デッキ

  • 【デルミン】デビルミント始龍
  • -蒼王宮- 終焉禁獣 グラナート
  • ミナ&ルナ&レナのバーゲンセール戦争
  • 全天首都防壁 Hum-Sphere LLIK

2枚の【近】カードと【返】カードでキルを狙っていく攻撃的なデッキ。

HS効果中はどのカード攻撃も非常に火力が高くなるので、うまくHSを発動しながら立ち回るのが活躍のカギだ。

S5ランク以上で大活躍!「青春アリス」

青春アリスのおすすめデッキ・立ち回り
11月シーズン使用率
(S5~S9)
11月シーズン勝率
(S5~S9)
70位/78人中 2位/78人中
11月シーズン使用率
(S1~S4)
11月シーズン勝率
(S1~S4)
72位/78人中 74位/78人中

S5ランク以上での活躍が目立つ「アリス」。

HAで回復することはできないため【毒】には対応しづらい影響か、使用率は10月シーズンに比べても若干減っている(前回:S5ランク以上68位、S4ランク以下69位)。

【11月シーズン】青春アリスのカード使用率ランキング(S5~S9)

順位 カード 順位 カード
1
どこにでもいけるドア
2
【夢超える共演】
初音ミク&鏡音リンレン

3
神技官
アンジュ・ソレイユ

4
【ダンまち】
眷族の物語 (ファミリア・ミィス)
5
雷霊の加護
ワキンヤン
6
【祝福する歌姫】
初音 ミク

7
帝皇機神
ケーニヒ・イェーガー
8
銀河防衛ロボ
Unidoll-2525
9
【リゼロ】
ひとときの団欒

10
ハイカラ盟友忍者
-壬生咲みみみ-

アリスの使用率ランキングでは、4位の眷族の物語(赤花火)までのカードの使用率が抜きん出ている。

アリスはHAで敵を押し出せるため、攻撃カードの採用優先度が低いのが特徴だ。

-蒼王宮- 聖歌連隊 ミローディア」の属性違いカードとなる夢超える共演は、体力ステータスが高いポータル回復カード。あくまで予想だが、2月には法則どおりなら雪ミクコラボが開催されるので、アリス使いなら入手を狙いたい。

ランキングを踏まえた、11月シーズン時点でのアリスの主流デッキは、以下のとおり。

【11月シーズン】青春アリスの主流デッキ

  • 雷霊の加護 ワキンヤン
  • 帝皇機神 ケーニヒ・イェーガー
  • どこにでもいけるドア
  • 神技官 アンジュ・ソレイユ

人気の高い恒常カードで構築したデッキ。ただ、回復手段がアンジュによる持続回復のみになり、現環境では立ち回りにくい可能性がある。

回復が物足りなく感じたら、ワキンヤンやイェーガーをみみみやユニドールに変更して、【癒】カードを複数枚採用するのがおすすめだ。

シーズン情報

シーズンバトル告知文

ランキング報酬限定カード:【上流大貴族】ヴィオレッタノワール

ランキング報酬限定&参加賞アイコン

順位 報酬アイコン
1位〜10位
11位〜500位
501位〜5,000位
参加賞

シーズン限定コスチューム:刺激的な格好でございますね【凱】

過去のバトル環境記事はこちら


2024年1月シーズン
(テーマ「コクリコ」)

2023年12月シーズン

2023年11月シーズン
(テーマ「ヴィオレッタ」)

2023年10月シーズン
(テーマ「ボイドール」)

2023年9月シーズン
(テーマ「デルミン」)

2023年8月シーズン
(テーマ「ラヴィ」)

(C) NHN PlayArt Corp.
(C) DWANGO Co., Ltd.