#コンパス攻略

#コンパス【攻略】: ディズィーのおすすめデッキ・立ち回りまとめ【5/28更新】

『#コンパス』の『ギルティギア』コラボでのみ入手できる「ディズィー」は、テンポの早い通常攻撃と拠点制圧スピードの早さ、敵全員の強制スタンを狙えるヒーロースキルが特長のガンナーだ。本記事では、ディズィーの基本となる立ち回り方やデッキの組み方、対処法などをまとめて紹介していく。

  1. ステータス
  2. ヒーローアクション
  3. ヒーロースキル
  4. アビリティ
  5. 基本的な立ち回り方
  6. カードの発動速度
  7. おすすめデッキ【ランクF~S1】
  8. おすすめデッキ【ランクS1以上】
  9. おすすめメダル
  10. コスチュームバリエーション

ディズィーの基本ステータス

  • テーマ曲:One down/Daisuke Ishiwatari
  • 声優:藤田佳寿恵

ヒーローアクション(長押し):拠点拡大速度アップ

制圧したポータルエリアの拡張時に使うと、驚異的な早さでエリアを拡張できるヒーローアクション(以下、HA)。

たとえば、「でらクランクストリート」のA(E)地点に触れてから拡張しきるまでの時間を他ヒーローと比べると、約11秒ぶんも短縮できた

同時に、獲得エリアの拡張速度とスキルゲージの上昇速度も上がるので、単純に序盤の自陣固めの時間を短縮できる。

スキルゲージが早くたまる効果は、もちろんエリア内の味方にもある。エリア拡張のしやすい序盤に限られるが、マルコスと組めばリリカとはまた違ったサポートができる

ヒーロースキル:感情的なガンマレイ

ガードを貫通して、敵チーム全員を約7秒間強制スタンさせる超強力なヒーロースキル(以下、HS)。

バトル終盤で使えば、それだけで試合をひっくり返せるほど。全ヒーロー中でも、最強クラスのHSだ。

アイコンを上にフリックしてから、自身が動けるようになるまでは、およそ8.5秒ほど。遅くても試合時間の残り20~30秒までに発動させると、効果を最大限に発揮できるだろう

敵チームにディズィーがいる場合、しっかりとHS対策しないと勝つことは難しい。

くわしくは後述しているので、対処法を覚えておこう。

アビリティ:競うことは争うことではありません

敵ポータルキーの制圧速度がアップするアビリティ。

『#コンパス』は、最終的にポータルキーを多く取ったチームが勝ちとなる。勝敗に大きく結びつくこのアビリティは、とても強力だといえるだろう。

「でらクランクストリート」のA(E)地点を例にして、拠点に触れた瞬間から制圧までの時間を比較すると、約3.7秒ほども早く制圧できた

ディズィーの立ち回り方

ディズィーは、射程範囲が広く、かつハイスピードで繰り出すことができ、通常攻撃だけでキルを狙うことも難しくないガンナーだ。

全体的な攻撃カードの発生速度もかなり早く、特に【近】カードと【周】カードが自衛にも使えて、とても強力。

拠点制圧が得意なので、後方から射撃してキルを狙いながら、積極的にポータルキーの奪い合いに絡んでいきたい。

通常攻撃の1撃目の出が非常に早く、ほとんどのヒーローに対して先制攻撃可能だ

「引き撃ち」でチクチクと攻撃しよう!

ディズィーは攻撃範囲が広く、通常攻撃の1撃目がかなり早いため、「引き撃ち(※)」を生かすことができるヒーローだ。

※カメラ追従がONの場合のみ可能なテクニック。

「引き撃ち」を使えば、敵ヒーローと距離を取りつつ攻撃できるので、攻撃範囲が狭いアタッカーに対して特に有利に立ち回れる。

HAで時間短縮!開幕は自陣に近い2拠点を最大限まで拡張しよう

バトル序盤は、HAを使ってスタート地点から近い2つのポータルエリアを、最大限まで拡張しておくのがベスト。

味方のいるエリアを拡張すると、ゲージためをサポートすることもできる。

HA中に気をつけたいのが、ミニマップが見えなくなって属性変更もカード発動もできない、完全に無防備な状態になってしまうこと。

自分が気づかないうちに奇襲されることもあるので、制圧しながら視点を回転させるなどして、周囲の状況把握を怠らないようにしよう。

前線の状況によっては、広げきる前にサポートに入って有利を確立することも考えよう。スキを見計らって広がり切ってないエリアを拡張しながら、終盤に向けてスキルゲージをためていきたい

【貫】カードには注意!防ぐべきはダウン効果

ディズィーの最大の弱点が、耐久力の低さのせいで、倒されやすいことだ。

体力倍率が最低のコクリコに次いで低いので、防御力無視の【貫】カードなどをくらえば大きくライフを減らされてしまう。

もし耐えることができても、【貫】カードをまともに受けてダウンしてしまうと、そのまま倒されることが多い。

そのため、ガードを展開してダウンを防ぐ必要がある。

ガードを展開している間なら【貫】カードを受けてもダウンを防げる。ただし、ダメージは受けてしまうので残りライフには注意。ダウンを防いだら回復カードを使って回復しよう

また、【貫】カードの攻撃も無効化できるカウンターカードが存在する。

これについては後述するが、ディズィーのような体力の少ないヒーローにとっては非常に重要なカードだ。

ゲージを奪われないように注意!

ディズィーは、HSをためてこそ真価を発揮するヒーローなので、序盤から積極的にHSゲージをためる必要がある。

そこで気をつけたいのが、「革命の旗」をはじめとするゲージ系の【奪】カードだ。

一度被弾するだけで、バトル中のHS発動が難しくなるだけでなく、相手のゲージために貢献してしまうことになる

この効果は、ガードを張っていても回避できない。

また、HSゲージを奪う効果をもつ【遠】カード「全員集合!魔法少女リリカ☆ルルカ」をデッキに組み込んだヒーローが敵にいると、離れていても安心はできない。

ただ、「革命の旗」と違い「全員集合!魔法少女リリカ☆ルルカ」は5ヒット目さえ当たらなければHSゲージを奪われずに済むので、発動しているところが見えたらすぐに後退しよう

対抗手段としては、吸収されるくらいならHSを使ったほうがいいので、カードが見えたらHSを使ってしまおう。

また、カウンターは、スキルゲージ吸収も無効化するので、そちらを使うのも有効だ。

HSへの対処法

ディズィーのHSは強力で、それだけで逆転を狙えるほど。対策は必須だ。

敵にHSを発動されたら、以下のような対処をとろう。

1:HSで対抗!

ディズィーのカットインが見えたら、こちらもHSを発動し、カットイン中の無敵を利用してスタンを防ぐ対処法。

後出しで発動すればほぼ確実に回避できる、最もおすすめしたい対処法だ。

ディズィーのカットインから、約6.5秒後にスタンさせられる。スタンになる瞬間を、自分のHS発動演出で乗り切ればOKだ

2:制圧済みポータルエリアで【防】カード発動!

発動前にダメージカットできるガードを展開し、スタン中の撃破と拠点制圧を妨害する対処法。

スタン中はポータルキーが奪取されやすいので、すでに制圧したエリア内にいると、被害を抑えやすい。

「全天首都防壁 Hum-Sphere LLIK」であれば、6秒間はほぼ無傷でやり過ごせる。ただし、ガードブレイク攻撃のマトになってしまうので注意

3:スタート地点で待機!

発動の瞬間にスタート地点にいれば、カードやHSを使わずにスタンを回避することも可能。

撃破された直後にディズィーのHSが発動中だった場合は、少し待ってやり過ごしてから行動を開始したほうがいいだろう。

おすすめ攻撃カードは【近】と【周】

ディズィーは、どの攻撃カードも発動速度が比較的早く、使い心地がいい。

なかでもおすすめなのは、【近】と【周】。

耐久力の低いディズィーは、敵に近づかれたらすぐに倒されるので、その対抗手段として、【近】や【周】カードで敵をダウンさせよう。

ディズィーは、どの攻撃カードも発動速度が早く使いやすい。そのなかでも、【周】カードの発動の早さはトップクラスだ

【遠】と【連】カードは、攻撃中のスキが大きく、攻撃を外すと敵に一瞬で倒されてしまいやすいため、おすすめしない。

ディズィーのおすすめデッキ【ランクF~S1】

  • ジャンクヤード・ドック(自分の攻撃力を12秒間中アップ)
  • シン=キスク(前方に防御無視の中ダメージ攻撃)
  • ジャック・オー(10秒間被ダメージを50%減らす)
  • 雨霊の加護 ウィネバ(ライフを30%回復)

ジャンクヤードで通常攻撃の威力を高め、近づいてきた相手はシン=キスクで返り討ちにしていくデッキ。

ウィネバ以外の3枚は、『ギルティギア』のコラボカードガチャで入手可能だ。

いずれもSR以下のカードなので、比較的手に入れやすい。

回復カードのウィネバは、体力の30%ぶんしか回復しないので、回復枠としては心もとない。

『ギルティギア』のコラボカードにも、回復カードはあるが、レアリティURのため入手が困難だ。

本コラボ限定カードで、回復効果のあるカードは『ギアメーカー』。入手したらすぐにでもデッキに入れたい

また、耐久力がとても低いディズィーにとって、「ジャック・オー」はダメージカット率が低く、使用中でもすぐに倒されてしまいやすい。

しかし、コラボカードには他にダメージカットできる【防】カードがないので、カウンターで代用しよう。

こちらがカウンター効果のあるコラボカード「【画竜点睛】梅喧(ばいけん)」。近くで攻撃を受けたら、その攻撃を無効化して、攻撃し返すという少々玄人向けな性能

ダメージを無効化できるという性能を利用できるため、耐久力の低いディズィーにはありがたいカードで、ランクS1以降でもディズィーにカウンターカードを採用したプレイヤーは多数存在する。

ディズィーは、敵に近づかれると、その脆さのせいで一瞬で倒されてしまいやすいので、それに対抗できる【近】や【周】カードのどちらかだけでもデッキに入れよう。両方入れても構わない。

『ギルティギア』コラボカードでは、「【我羨惚(がせんこつ)】紗夢(じゃむ)」や、「【アイアンメイデン】ミリア」がおすすめ。

紗夢は、攻撃ステータスが高いのも魅力。ミリアは、ダウンとともにカードやHSが使えなくなるサイレント状態にできる

ディズィーのおすすめデッキ【ランクS1以上】

ディズィーは、自分の身を守る【防】カードやカウンター1~2枚、回復カード、攻撃カード1~2枚でデッキが構成するのが基本となる。

紹介デッキの回復枠はすべて「魂を司る聖天使 ガブリエル」となっているが、『ギルティギア』コラボカードの「ギアメーカー」を入手しており、限界突破数に差がないのであれば、そちらのほうがおすすめだ。

万能型

  • オールレンジアタック
  • ミナ&ルナ&レナのバーゲンセール戦争
  • 全天首都防壁 Hum-Sphere LLIK
  • 魂を司る聖天使 ガブリエル

全天やバーゲンでダメージを防ぎつつ、敵に近づかれたり囲まれたりしたら、オールレンジでダメージとともにダウンさせられる、防衛重視のデッキ。

オールレンジの枠は、他の攻撃カードに変えても構わない。

いずれもダウンがとれて、攻撃ステータスが高めのカードとなっている。

攻撃カード候補

機航師弾 フルーク・ツォイク
反導砲 カノーネ・ファイエル
【我羨惚(がせんこつ)】紗夢(じゃむ)
祭り開始!どでかい和太鼓

攻撃型

  • オールレンジアタック
  • 反導砲 カノーネ・ファイエル
  • 全天首都防壁 Hum-Sphere LLIK
  • 魂を司る聖天使 ガブリエル

【近】と【周】カードを1枚ずつ入れて、相手を倒すことに重きをおいたデッキ。

【防】カードが全天1枚しかないため、倒されやすくなることに注意しよう。

加速型

  • ぶじゅつかの超速加速
  • ミナ&ルナ&レナのバーゲンセール戦争
  • 全天首都防壁 Hum-Sphere LLIK
  • 魂を司る聖天使 ガブリエル

ぶじゅつかで持ち味の移動速度をさらに上げて、敵の攻撃を避けて通常攻撃を畳みかけていくデッキ。

特に近距離攻撃を得意とするアタッカーに強く、フルークやカノーネを簡単に避けることができる。

しかし、遠距離攻撃は移動だけで避けることが難しいので、全天やバーゲンセールで防いでいこう。

カウンターはディーバでも代用可能

カウンターは、ディズィーの弱点である貫通攻撃カードやスキルゲージ吸収カードを無効化できるのでおすすめだが、持っていなかったり限界突破が進んでいなかったりする場合は、「楽団姫 ディーバ」でも代用可能だ。

貫通攻撃やスキルゲージ吸収は無効化できないものの、ダメージは100%カットしてくれるのは優秀。

ディズィーのおすすめメダル

ディズィーは、移動速度や攻撃カードの発動速度が早く、小回りが利くのが強み。

そのため、メダルでは背中を押してあげられる「移動速度アップ」がおすすめ。

また、攻撃型のデッキであれば「攻撃力アップ」で、相手を倒しやすくするのもいいだろう。

メダル

おすすめポイント


移動速度アップ

・相手から逃げやすい
・相手の攻撃カードを避けやすい


攻撃力アップ

・攻撃カードや通常攻撃の威力が上がる
・攻撃型のデッキで有効

コスチュームバリエーション

オリジナル

カラーバリエーション1

カラーバリエーション2

カラーバリエーション3

カラーバリエーション4

(C) NHN PlayArt Corp.
(C) DWANGO Co., Ltd.
(C) ARC SYSTEM WORKS