#コンパス攻略

【#コンパス】7月シーズンを振り返り!組み合わせることでシナジーの生まれるヒーローが大幅増加!?

『#コンパス』で2023年7月6日から16日にかけて開催された、7月シーズン"リリカル☆ドリーミング"。本記事では、実際にシーズン中プレイしていて目立ったヒーローやカード、環境変化について振り返りながら紹介していく。

『復刻コラボ祭』開催!


おすすめの楽しみ方まとめ

『ペルソナ5』コラボ復刻中!


ジョーカー


限定カード&コスチュームまとめ

公式データ

注目ヒーローのカード使用率&主流デッキ紹介

シーズン情報

3度目となるリリカシーズンが開幕!

2023年7月に行われた「リリカル☆ドリーミング」は、3度目となる「リリカ」がテーマヒーローとなったシーズン。

また、6月28日(月)から7月2日(日)のシーズン直前まで『リゼロ』コラボが復刻開催されていた。

そのため、コラボヒーローの「エミリア」「レム」「ラム」の3名は、いつもより見かける機会が増えていただろう。

優秀なカードが多くそろっているリゼロコラボ。ヒーローもサポート力に優れたエミリアや、【周】カード適正の高いレム、火力・耐久力を両立しているラムと、個性的なメンツぞろいだ

今回はそんな7月シーズンを、特別にいただいた公式データや実際にプレイした感覚などから、注目のヒーローやバトル環境について振り返っていく。

2023年7月シーズンボーダー

まずは開発チームの協力のもと、今回のシーズンボーダーを公開!

どれくらいバトルポイントを稼げばアイコンやカードを獲得できるかなど、次シーズンの目標を決める際の参考にしよう。

順位 BP 前回比較 ボーダー
10位 5,704
【S8】204
▼259 金アイコン
100位 5,109
【S7】109
▼391
500位 4,935
【S6】435
▼281 銀アイコン
1,000位 4,521
【S6】21
▼84 TEPPENバトル応募条件
(代表者のみ)
5,000位 4,157
【S5】157
▲46 銅アイコン
30,000位 3,256
【S3】256
▼78 限定カード獲得
90,000位 2,268
【S1】268
▼95 限定チップ獲得

今回の7月シーズンでは、全体的にボーダーが下降する結果に。

前回がいわゆる野良シーズンかつバトルポイント減少量が調整された初回のシーズンだったため、7月シーズンでは、ここまでボーダーが下がったのだと思われる。

唯一ボーダーが上がっていたのは、銅アイコンの獲得がかかった5,000位付近。とはいえ、それも2戦ほどのポイント差しかないので、前回からほぼ変わってないと見ていいだろう。

7月シーズン 使用率&勝率ランキング/Tier表【S5~S9】

続いて、こちらも開発チームの協力のもと判明した、S5-S9ランクでの全ヒーローの使用率と勝率を紹介。

前回シーズンのランキングはこちら

7月シーズン 使用率ランキング【S5~S9】

TOP10
11〜20
21〜30
31〜40
41〜50
51〜60
61〜70
71〜75

7月シーズン 勝率ランキング【S5~S9】

TOP10
12〜20
(※)
21〜30
32〜40
(※)
41〜50
51〜60
61〜70
71〜75

※グスタフ・アリスが同率10位、2B・ベルが同率30位のため、TOP10・21-30位が11人表示・12-20位・32-40位が9人表示となっている

S5ランク以上では、使用率1位はテーマヒーローのリリカ、勝率1位はポロロッチョが獲得した。

前回が野良シーズンだったため、比較するとチーム(固定)を組むことによってシナジーを最大限に生かすヒーローの使用率が大きく上がっている。

特に顕著なのが、リリカ(前回41位)・ルルカ(前回69位)のペアと、敦(前回63位)・芥川(前回62位)のペアだろう。

また、6月シーズン後に上方修正を受けたことで、2B(前回42位)とジョーカー(前回71位)も使用率を大きく上げている。

2Bは体力倍率・アビリティ・【近】カードのモーション、ジョーカーは防御倍率と持ち味のHS周りが上方され、どちらも自身の強みを生かしやすくなった

勝率では、上方修正を受けたが使用率はそこまで上がらなかったジャスティス(前回55位)が、桁違いに順位を上げている。

彼の強みである被ダメージを抑えるHAの強化に加えて、通常攻撃射程の拡大や【周】【連】カードの発動速度アップと、攻撃面での強化を受けたことが後押ししているようだ。

タンクらしく相手の攻撃に耐え続けるだけでなく、強力な一撃をHAでいなしつつ、攻撃カードで返り討ちにしていくような戦法が可能になりつつある

また、3シーズン連続でポロロッチョ・デルミンは勝率上位をキープ。

ただ、彼女たちの主力となっていた『ダンまち』コラボカード「恥じらいの疾風」が、シーズン後に仕様変更を受けた。

「ワープ後の1秒間、帯電リングのヒットが無効化」されることとなり、ワープを連発するポロロッチョには大きな痛手となっている。

デルミンのHAはワープではないため、この仕様変更による影響はない。ヒーロー自体の操作難度が少し高いとはいえ、引き続き猛威を振るう可能性は高いだろう。

対象となるアクションは多くなく、立ち回りに影響のあるヒーローはポロロッチョやマルコスぐらいだと思われる

7月シーズン 使用率&勝率ランキング/Tier表【S1~S4】

さらに、S1-S4ランクでの全ヒーローの使用率と勝率を見ていこう。

前回シーズンのランキングはこちら

7月シーズン 使用率ランキング【S1~S4】

TOP10
11〜20
21〜30
31〜40
41〜50
51〜60
61〜70
71〜75

7月シーズン 勝率ランキング【S1~S4】

TOP10
11〜20
21〜30
32〜40
(※)
41〜50
51〜60
61〜70
71〜75

※ミク・リュウが同率30位のため、21-30位が11人表示・32-40位が9人表示となっている

S4ランク以下でも、使用率1位はテーマヒーローのリリカが獲得。勝率は2シーズン連続で、ぶれどらが1位に輝いた。

こちらでも2Bが使用率を大きく上げている(前回62位)。

勝率では『リゼロ』コラボ復刻の影響を受けて使用者が大きく増えた影響か、レム(前回8位)ラム(前回16位)の順位が大きく下げる結果に。

注目ヒーローのカード使用率&主流デッキ紹介

開発チームからいただいた、ヒーローごとのカード使用率ランキングを紹介。

今回は……

  • 今シーズン注目ヒーロー!「2B」
  • 高耐久のキルスプリンター!「敦」
  • 仲間たちの上方で使用率アップ!「芥川」
  • ルルカ・マルコスとのペアは健在!「リリカ」
  • 段差ステージだけでなく平地でも活躍!?「勇者」
  • HSによる高火力攻撃で盤面を制圧!「ジョーカー」
  • 実装時からデッキは変化したのか…?「ベル」
  • 使用者は多いのに勝率はダウン続き…!「アル」
  • 多彩なデッキを扱うヒーロー!「アクア」
  • 攻撃性能が大きく向上!「ジャスティス」

の10人のカード使用率と主流デッキを紹介していこう。


2B


芥川

リリカ

勇者

ジョーカー

ベル

アル

アクア

ジャス

今シーズン注目ヒーロー!「2B」

2Bのおすすめデッキ・立ち回り
7月シーズン使用率
(S5~S9)
7月シーズン勝率
(S5~S9)
2位/75人中 30位/75人中
7月シーズン使用率
(S1~S4)
7月シーズン勝率
(S1~S4)
27位/75人中 11位/75人中

上方修正を受けたことで、全ランク帯での使用率が大きく上がった2B。

S4ランク以下では勝率もTOP10に迫る勢いで、テーマヒーローのリリカに次ぐレベルで注目されていたヒーローだ。

【7月シーズン】2Bのカード使用率ランキング(S5~S9)

順位 カード 順位 カード
1
全天首都防壁
Hum-Sphere LLIK

2
おかあさん だーいすき
3
ミナ&ルナ&レナのバーゲンセール戦争
4
反導砲
カノーネ・ファイエル
5
【リゼロ】絶望という病
6
ドリーム☆マジカルスクエア
7
【NieR:Automata】
戦いの始まり
8
【NieR:Automata】
交錯する運命
9
楽団姫 ディーバ
10
【SAO】朝露の少女と

2Bは、上位4枚のカードに使用率が集中する結果に。

5位以下と使用率に4倍以上の差がついており、ほぼほぼデッキは確立されているようだ。

ランキングを踏まえた、7月シーズン時点での2Bの主流デッキは、以下のとおり。

【7月シーズン】2Bの主流デッキ

  • おかあさん だーいすき
  • 反導砲 カノーネ・ファイエル
  • ミナ&ルナ&レナのバーゲンセール戦争
  • 全天首都防壁 Hum-Sphere LLIK

カード使用率ランキング上位の4枚をそのまま採用したデッキ。

おかあさんで防御力を下げることで、近づくだけでガトリングで体力を削れる。タンクなど耐久力の高いヒーローは、ブレードと通常攻撃の組み合わせで倒し切ろう。

ガトリングなどのダメージを軽減するためにガードを使用してきたら、カノーネでガードブレイクして大ダメージを狙っていける。

回復はリペアに頼ることになるので、交戦が落ち着いたタイミングでリペアに切り替えることも忘れずに。

高耐久のキルスプリンター!「敦」

中島敦のおすすめデッキ・立ち回り
7月シーズン使用率
(S5~S9)
7月シーズン勝率
(S5~S9)
21位/75人中 7位/75人中
7月シーズン使用率
(S1~S4)
7月シーズン勝率
(S1~S4)
66位/75人中 5位/75人中

6月シーズン後のバランス調整で体力倍率が1.15になり、より耐久力の高いスプリンターとなった敦。

HS中は攻撃力・移動速度の強化によって、機動力の高い高耐久アタッカーのような存在となれるヒーローだ。

【7月シーズン】敦のカード使用率ランキング(S5~S9)

順位 カード 順位 カード
1
帝皇機神
ケーニヒ・イェーガー
2
反導砲
カノーネ・ファイエル
3
荒れ狂う天空王
ぶれいずどらごん
4
ハイカラ盟友忍者
-壬生咲みみみ-
5
【デルミン】
デビルミント始龍
6
【リゼロ】絶望という病
7
機航師弾
フルーク・ツォイク
8
神技官
アンジュ・ソレイユ
9
【SAO】朝露の少女と
10
魂を司る聖天使
ガブリエル

敦は上位3枚の使用率がかなり高くなっており、次点でみみみ始龍が同じくらいの使用率となっている。

いわゆる野良などで連携が取りづらく安定感を持たせたい方はみみみ、固定チームで味方に回復をしてもらったり攻撃性能に振り切ったりしたい方は始龍を採用しているようだ。

また、回復カードが3種類もランクインしているのも特徴的。

ランキングを踏まえた、7月シーズン時点での敦の主流デッキは、以下のとおり。

【7月シーズン】敦の主流デッキ

  • 荒れ狂う天空王 ぶれいずどらごん
  • 反導砲 カノーネ・ファイエル
  • 帝皇機神 ケーニヒ・イェーガー
  • ハイカラ盟友忍者 -壬生咲みみみ-

カード使用率ランキング上位の4枚をそのまま採用したデッキ。

敦自身の防御倍率はそこまで高くないが、芥川と組むことでアビリティによって防御力が大きく上がり、ぶれどらとの相性がよくなる。

また、みみみを入れることで全属性がデッキにそろい、相手に合わせて属性を変えることで弱点を突かれにくくなり、より高い耐久力を発揮できるはずだ。

通常時の火力は並程度なので、しっかりとHSを貯めて戦うことを心がけよう。

仲間たちの上方で使用率アップ!「芥川」

芥川龍之介のおすすめデッキ・立ち回り
7月シーズン使用率
(S5~S9)
7月シーズン勝率
(S5~S9)
14位/75人中 28位/75人中
7月シーズン使用率
(S1~S4)
7月シーズン勝率
(S1~S4)
31位/75人中 28位/75人中

本人はバランス調整を受けていないが、固定チームで組むことが多い敦・2Bなどの上方修正によって、固定チームでの使用率が上がったと思われる芥川。

その傾向はデータにも表れており、固定を組むことが多いS5ランク以上での使用率が高くなっている。

【7月シーズン】芥川のカード使用率ランキング(S5~S9)

順位 カード 順位 カード
1
全天首都防壁
Hum-Sphere LLIK
2
楽団姫 ディーバ
3
-蒼王宮-
終焉禁獣 グラナート
4
オールレンジアタック
5
妖炎参謀 月夜叉
6
【超電磁砲】
超能力者(レベル5)の第一位
7
ミナ&ルナ&レナのバーゲンセール戦争
8
【リゼロ】間断なき結束
9
背に負いし亡き妻の加護
10
【オーバーロード】
英雄モモン&美姫ナーベ

芥川は全天の使用率がかなり高くなっており、頭ひとつ抜けている。芥川を使う上では、必須級のカードとなっているようだ。

全天の次にディーバが高く、次点でグラナートレンジ月夜叉が同じくらいの使用率となっている。

回復カードは5位の月夜叉だけであり、そもそも入れていないプレイヤーも多い模様。

ランキングを踏まえた、7月シーズン時点での芥川の主流デッキは、以下のとおり。

【7月シーズン】芥川の主流デッキ

  • オールレンジアタック
  • -蒼王宮- 終焉禁獣 グラナート
  • 楽団姫 ディーバ
  • 全天首都防壁 Hum-Sphere LLIK

カード使用率ランキング上位の4枚をそのまま採用したデッキ。

2種類の【防】カードで応戦しつつ、近寄ってくる敵は【周】カードで応戦することとなる。

回復カードを入れる場合は、レンジの枠を月夜叉に入れ替えるのがおすすめ。味方の援護ができるだけでなく、デッキに3属性がそろい、通常攻撃で火力を出しやすくなるはずだ。

ルルカ・マルコスとのペアは健在!「リリカ」

リリカのおすすめデッキ・立ち回り
7月シーズン使用率
(S5~S9)
7月シーズン勝率
(S5~S9)
1位/75人中 33位/75人中
7月シーズン使用率
(S1~S4)
7月シーズン勝率
(S1~S4)
1位/75人中 68位/75人中

全ランク帯で使用率1位を記録したリリカ。シーズンのテーマヒーローということもあり、使用率は目に見えて上がっている。

また、相棒として固定チームを組むことの多いルルカ・マルコスも、S5ランク以上では使用率が上がっていることから、野良・固定問わず使われていたであろうヒーローだ。

【7月シーズン】リリカのカード使用率ランキング(S5~S9)

順位 カード 順位 カード
1
全天首都防壁
Hum-Sphere LLIK
2
-蒼王宮-氷冠女王
イデア=N=ユランブルク
3
楽団姫 ディーバ
4
妖炎参謀 月夜叉
5
創霊の加護 タイオワ
6
背に負いし亡き妻の加護
7
魂を司る聖天使
ガブリエル
8
ハイカラ盟友忍者
-壬生咲みみみ-
9
【リゼロ】
ゼロから始まる異世界生活
10
【STEINS;GATE】
黄昏の憩い

リリカは上位4枚のカード使用率がかなり高く、5位以下に4倍近い差がついている。

そのため、ほとんどデッキは確立されていると見ていいだろう。

また、攻撃カードを扱うのが難しいヒーローがゆえに、回復カードがたくさんランクインしており、プレイヤーによっては回復カードだけ変えている方もいるようだ。

ランキングを踏まえた、7月シーズン時点でのリリカの主流デッキは、以下のとおり。

【7月シーズン】リリカの主流デッキ

  • -蒼王宮-氷冠女王 イデア=N=ユランブルク
  • 楽団姫 ディーバ
  • 全天首都防壁 Hum-Sphere LLIK
  • 妖炎参謀 月夜叉

カード使用率ランキング上位の4枚をそのまま採用したデッキ。

2種類の【防】カードで自身を守りつつ、イデアでポータルを守ったり、月夜叉で味方の援護をしたりしていこう。

ガードブレイクを持つヒーローに距離を詰められると一気に不利になるため、味方の近くで戦うことを心がけるか、HAで吹き飛ばしてそもそも近づかせないような動きも重要だ。

段差ステージだけでなく平地でも活躍!?「勇者」

かけだし勇者のおすすめデッキ・立ち回り
7月シーズン使用率
(S5~S9)
7月シーズン勝率
(S5~S9)
38位/75人中 12位/75人中
7月シーズン使用率
(S1~S4)
7月シーズン勝率
(S1~S4)
60位/75人中 47位/75人中

6月シーズン後に上方修正を受けて、HSの継続時間延長や【近】カードと【周】カードの発動モーションが改善された勇者。

今まではジャンプを生かすべく、段差ステージがラインナップされたステージローテーションの日に使われることの多かったヒーローだが、今シーズンは段差のないステージで使っている人もいただろう。

【7月シーズン】勇者のカード使用率ランキング(S5~S9)

順位 カード 順位 カード
1
帝皇機神
ケーニヒ・イェーガー
2
#夜光犯罪特区
#きてるちゃんライヴ
3
ハイカラ盟友忍者
-壬生咲みみみ-
4
*絢爛ノ美*
ボラ&アルヒコ&アペイロン
5
【ダンまち】
恥じらいの疾風
6
雷霊の加護
ワキンヤン
7
魂を司る聖天使
ガブリエル
8
銀河防衛ロボ
Unidoll-2525
9
反導砲
カノーネ・ファイエル
10
【文スト】
ありふれた日常の幸せ

勇者は上位4枚のカードに使用率が集中しており、5位以下に4倍近い使用率の差がある。

そのため、ほぼほぼデッキは確立されている模様。

また、ジャンプの転倒からつなげることができる、スタン効果のあるカードが多くランクイン。どのカードを採用するか迷ったら、スタン効果のあるカードを入れるのがいいだろう。

ランキングを踏まえた、7月シーズン時点での勇者の主流デッキは、以下のとおり。

【7月シーズン】勇者の主流デッキ

  • #夜光犯罪特区 #きてるちゃんライヴ
  • *絢爛ノ美* ボラ&アルヒコ&アペイロン
  • 帝皇機神 ケーニヒ・イェーガー
  • ハイカラ盟友忍者 -壬生咲みみみ-

カード使用率ランキング上位の4枚をそのまま採用したデッキ。

基本的にはジャンプの転倒からスタンなどをつなげて、長時間相手を拘束していくことで、味方のキルチャンスを生み出していこう。

また、回復カードはみみみにすることで、ダッシュ中にみみみを使ってジャンプをキャンセルできるようになる。

HSによる高火力攻撃で盤面を制圧!「ジョーカー」

ジョーカーのおすすめデッキ・立ち回り
7月シーズン使用率
(S5~S9)
7月シーズン勝率
(S5~S9)
36位/75人中 58位/75人中
7月シーズン使用率
(S1~S4)
7月シーズン勝率
(S1~S4)
43位/75人中 42位/75人中

HS中は全攻撃が弱点ヒットになり、アタッカー顔負けの火力を出すことができるジョーカー。

6月シーズン後のバランス調整で、スキルゲージが溜まりやすくなるだけでなく、HSの継続時間も伸び、強みのHSを起点にした立ち回りがかなりしやすくなっている。

【7月シーズン】ジョーカーのカード使用率ランキング(S5~S9)

順位 カード 順位 カード
1
全天首都防壁
Hum-Sphere LLIK
2
-蒼王宮-
終焉禁獣 グラナート
3
ミナ&ルナ&レナのバーゲンセール戦争
4
反導砲
カノーネ・ファイエル
5
機航師弾
フルーク・ツォイク
6
【デルミン】
デビルミント始龍
7
【文スト】武装探偵社
8
帝皇機神
ケーニヒ・イェーガー
9  
【超高校級の幸運】
狛枝 凪斗
10
【SAO】朝露の少女と

ジョーカーは1位の全天だけ少し使用率が高いが、全体的にランクインしたカードの使用率に大きな差はない結果に。

また、回復カードは1枚もランクインしておらず、HS中の高火力を生かすための攻撃カードを優先しているプレイヤーが多いようだ。

ランキングを踏まえた、7月シーズン時点でのジョーカーの主流デッキは、以下のとおり。

【7月シーズン】ジョーカーの主流デッキ

  • 【デルミン】デビルミント始龍
  • -蒼王宮- 終焉禁獣 グラナート
  • ミナ&ルナ&レナのバーゲンセール戦争
  • 全天首都防壁 Hum-Sphere LLIK

カード使用率ランキング上位の3枚に、吸収効果で回復可能な始龍を採用したデッキ。

基本的には常にHSを発動し続けて、高火力の攻撃カードでキルを狙っていく。

回復カードはないので、全天バーゲンで相手の攻撃をいなしたり、始龍を当てたりすることで、体力を維持していこう。

攻撃カードをフルークカノーネにすれば、より瞬間火力が高いデッキにできる。HS中はもちろん、仮にHSが切れてしまってもキルを狙いやすいのが強みだ

実装時からデッキは変化したのか…?「ベル」

ベル・クラネルのおすすめデッキ・立ち回り
7月シーズン使用率
(S5~S9)
7月シーズン勝率
(S5~S9)
6位/75人中 30位/75人中
7月シーズン使用率
(S1~S4)
7月シーズン勝率
(S1~S4)
16位/75人中 33位/75人中

ここ数シーズンは連続で、S5ランク以上で高い使用率をキープしているベル。

6月シーズン後のバランス調整で、スプリンターの生命線とも言える移動速度が下がってしまったが、そこまで下方修正の影響は受けていないようだ。

【7月シーズン】ベルのカード使用率ランキング(S5~S9)

順位 カード 順位 カード
1
荒れ狂う天空王
ぶれいずどらごん
2
反導砲
カノーネ・ファイエル
3
帝皇機神
ケーニヒ・イェーガー
4
全天首都防壁
Hum-Sphere LLIK
5
【デルミン】
デビルミント始龍
6
ハイカラ盟友忍者
-壬生咲みみみ-
7
【超電磁砲】幻想殺し
(イマジンブレイカー)
8
【SAO】朝露の少女と
9
楽団姫 ディーバ
10
【超電磁砲】
とある少女たちの物語

ベルは1位のぶれどらが少し高いが、全体的にそこまでトップ10入りしたカードの使用率には差がない。

ただ、初参戦時の4月シーズン同様、【遠】カードよりも【近】カードの人気が高くなっているようだ。

ランキングを踏まえた、7月シーズン時点でのベルの主流デッキは、以下のとおり。

【7月シーズン】ベルの主流デッキ

  • 反導砲 カノーネ・ファイエル
  • 荒れ狂う天空王 ぶれいずどらごん
  • 帝皇機神 ケーニヒ・イェーガー
  • 全天首都防壁 Hum-Sphere LLIK

カード使用率ランキング上位の4枚をそのまま採用したデッキ。4月シーズンから、主流デッキは変わっていないようだ。

射程の長いDAで牽制しつつ、2種類の【近】カードで一気にキルを狙っていこう。

回復手段を確保したい場合は、ぶれどら始龍にするか、全天みみみに変えるのがいいだろう。

使用者は多いのに勝率はダウン続き…!「アル・ダハブ」

アル・ダハブのおすすめデッキ・立ち回り
7月シーズン使用率
(S5~S9)
7月シーズン勝率
(S5~S9)
30位/75人中 75位/75人中
7月シーズン使用率
(S1~S4)
7月シーズン勝率
(S1~S4)
13位/75人中 66位/75人中

毒ダメージで回復できるという唯一無二の特徴を持ち、耐久力が高いスプリンターのアル・ダハブ。

S4ランク以下では高使用率を記録しているのだが、勝率は全ランク帯で見てもかなり低くなっている。

【7月シーズン】アル・ダハブのカード使用率ランキング(S5~S9)

順位 カード 順位 カード
1
帝皇機神
ケーニヒ・イェーガー
2
深淵より湧き上がるシャドウ
3
全天首都防壁
Hum-Sphere LLIK
4
反導砲
カノーネ・ファイエル
5
神技官
アンジュ・ソレイユ
6
独災者 アングリフ・ギフト
7
|||狸ヶ原||| 破戒怨士 喰色
8
ハイカラ盟友忍者
-壬生咲みみみ-
9
究極系ノーガード戦法
10
ミナ&ルナ&レナのバーゲンセール戦争

イェーガーの使用率が頭ひとつ抜けて高くなっており、次点でシャドウが高く、次いで全天カノーネアンジュが同じくらいの使用率を記録している。

ほかヒーローでは採用されにくい毒カードが複数ランクインしているのは、彼にしかない特徴と言えるだろう。

ランキングを踏まえた、7月シーズン時点でのアル・ダハブの主流デッキは、以下のとおり。

【7月シーズン】アル・ダハブの主流デッキ

  • 深淵より湧き上がるシャドウ
  • 反導砲 カノーネ・ファイエル
  • 帝皇機神 ケーニヒ・イェーガー
  • 全天首都防壁 Hum-Sphere LLIK

カード使用率ランキング上位の4枚をそのまま採用したデッキ。

基本的にはシャドウやDAで毒を付与して、回復しながら2種類の【防】カードで耐え忍んでいくことになる。

相手のガードはカノーネで破壊して、味方が攻撃しやすい状況を作り出していこう。

このデッキでは毒を付与しないと回復できないので、安定した回復手段がほしい方は、全天アンジュに変えてもいいだろう。

多彩なデッキを扱うヒーロー!「アクア」

アクアのおすすめデッキ・立ち回り
7月シーズン使用率
(S5~S9)
7月シーズン勝率
(S5~S9)
4位/75人中 70位/75人中
7月シーズン使用率
(S1~S4)
7月シーズン勝率
(S1~S4)
29位/75人中 40位/75人中

状態異常に弱い代わりに高いステータスをもち、DAでガードブレイクできるスプリンターであるアクア。リリカとの相性がいいこともあってか、S5ランク以上では高い使用率を記録している。

デッキのバリエーションが多く、相手にデッキ構成を読まれにくいのも強みのひとつだ。

【7月シーズン】アクアのカード使用率ランキング(S5~S9)

順位 カード 順位 カード
1
帝皇機神
ケーニヒ・イェーガー
2
荒れ狂う天空王
ぶれいずどらごん
3
ハイカラ盟友忍者
-壬生咲みみみ-
4
魂を司る聖天使
ガブリエル
5
雷霊の加護
ワキンヤン
6
深淵より湧き上がるシャドウ
7
神技官
アンジュ・ソレイユ
8
迅雷の科学者 アバカン
9
全天首都防壁
Hum-Sphere LLIK
10
【デルミン】
デビルミント始龍

アクアはイェーガーぶれどらの使用率が高く、残りのカードはそこまで使用率に差がない結果に。

攻撃カードが5種類もランクインしており、アクアのデッキの幅広さを物語っている。

また、回復カードもみみみガブリエルアンジュと、回復カードにもプレイヤーごとの個性が出ているようだ。

ランキングを踏まえた、7月シーズン時点でのアクアの主流デッキは、以下のとおり。

【7月シーズン】アクアの主流デッキ

  • 荒れ狂う天空王 ぶれいずどらごん
  • 雷霊の加護 ワキンヤン
  • 帝皇機神 ケーニヒ・イェーガー
  • ハイカラ盟友忍者 -壬生咲みみみ-

カード使用率ランキングで、使用率の高かった攻撃カードを優先的に採用したデッキ。

DAでのガードブレイクと2種類の【近】カードを使って、味方のキルサポートをしていこう。

【近】カードを使う以上、接近戦を仕掛けなければならないため、被弾は増えやすい。

接近戦が苦手な方は、攻撃カードのどちらかをシャドウアバカンなどの【遠】カードにすると、遠くから相手を妨害できるようになる。自分のプレイスタイルに合わせて変えてみよう。

攻撃性能が大きく向上!「ジャスティス」

ジャスティスのおすすめデッキ・立ち回り
7月シーズン使用率
(S5~S9)
7月シーズン勝率
(S5~S9)
69位/75人中 2位/75人中
7月シーズン使用率
(S1~S4)
7月シーズン勝率
(S1~S4)
62位/75人中 14位/75人中

6月シーズン後にバランス調整を受け、攻撃性能が大きく向上したジャスティス。

使用率こそ高くないが、数少ない使い手が着実に勝利を重ねており、全ランク帯で見ても高い勝率を記録している。

【7月シーズン】ジャスティスのカード使用率ランキング(S5~S9)

順位 カード 順位 カード
1
どこにでもいけるドア
2
神技官
アンジュ・ソレイユ
3
とある家庭用メカの反乱
4
-蒼王宮-
聖歌連隊ミローディア
5
ライバル狂刃忍者
-幽々院ゆらら-
6
*絢爛ノ美*
ボラ&アルヒコ&アペイロン
7
絶夢の魔女
リベレーション★ルルカ
8
銀河防衛ロボ
Unidoll-2525
9
【ダンまち】眷族の物語
(ファミリア・ミィス)
10
帝皇機神
ケーニヒ・イェーガー

ジャスティスはドアの採用率がかなり高くなっており、次点でアンジュメカ反が同じくらいの使用率となっている。

【防】カードでランクインしたのは10位のイェーガーのみであり、苦手とするスタンはメダルで対策したり、回復カードを複数枚採用したりしているプレイヤーが多いようだ。

ランキングを踏まえた、7月シーズン時点でのジャスティスの主流デッキは、以下のとおり。

【7月シーズン】ジャスティスの主流デッキ

  • どこにでもいけるドア
  • とある家庭用メカの反乱
  • -蒼王宮- 聖歌連隊ミローディア
  • 神技官 アンジュ・ソレイユ

カード使用率ランキング上位の4枚をそのまま採用したデッキ。

ドアで前線のポータルキーを確保しつつ、2種類の回復カードで防衛していこう。耐久力の低い相手なら、メカ反で返り討ちにすることも可能だ。

ただ、このデッキはジャスティスの天敵であるスタンを防ぐことができない。

スタン耐性アップメダルを多く付けていないと、スタンだけで簡単に対処されてしまうので、メダルがじゅうぶんにそろっていない場合は、回復カードのどちらかをイェーガーなどに変えよう。

シーズン情報

シーズンバトル告知文

ランキング報酬限定カード:【囚われの☆魔法少女】リリカ

ランキング報酬限定&参加賞アイコン

順位 報酬アイコン
1位〜10位
11位〜500位
501位〜5,000位
参加賞

シーズン限定コスチューム:ベジトマ プリンセス【菓】

過去のバトル環境記事はこちら


2024年1月シーズン
(テーマ「コクリコ」)

2023年12月シーズン

2023年11月シーズン
(テーマ「ヴィオレッタ」)

2023年10月シーズン
(テーマ「ボイドール」)

2023年9月シーズン
(テーマ「デルミン」)

2023年8月シーズン
(テーマ「ラヴィ」)

(C) NHN PlayArt Corp.
(C) DWANGO Co., Ltd.