#コンパス攻略

#コンパス【攻略】: 中島敦のおすすめデッキ・立ち回りまとめ【1/14更新】

『#コンパス』に53人目のヒーローとして参戦するのは、『文豪ストレイドッグス(通称:文スト)』の主人公「中島敦」。ダッシュアタック(DA)で相手のスキルゲージを減少させられるスプリンターだ。本記事では、敦の基本となる立ち回り方やデッキの組み方、小技などをまとめて紹介していく。

  1. ステータス
  2. 通常攻撃
  3. ヒーローアクション
  4. ヒーロースキル
  5. アビリティ
  6. 基本的な立ち回り方
  7. おすすめ攻撃カード
  8. おすすめデッキ【ランクF~A】
  9. おすすめデッキ【ランクS1以上】
  10. おすすめメダル
  11. コスチュームバリエーション
  12. コラボ紹介PV
同時掲載記事

芥川龍之介のおすすめデッキ・立ち回りまとめ

『文スト』コラボカード&コスチューム徹底紹介!

中島敦の基本ステータス

攻撃倍率 1.20
防御倍率 0.70
体力倍率 1.10
移動速度 【歩き】ピエールより遅く、マルコスなどより速い
【ダッシュ】他のスプリンターとほぼ同じスピード
※走り出すまでに時間がかかる
通常攻撃射程 約2マス(その他多くのアタッカー&スプリンターと同じ)
得意攻撃カード 【近】【連】
テーマ曲 TRASH CANDY
MUSIC 文豪ストレイドッグスより
シリーズ 文豪ストレイドッグス
声優 上村祐翔

通常攻撃:単発型近距離攻撃

敦の通常攻撃は、5ヒットで1セットの近距離攻撃。

テンポよく繰り出すことができ、スプリンターながらダッシュが使いづらい敦にとっては、繰り出す機会が多い攻撃となるだろう。

5ヒット目の攻撃後のスキが若干大きいので、4ヒットしたら移動を挟むなどして、繰り出して効率よくダメージを与えていこう。

ヒーローアクション(操作エリア長押し):ダッシュ&HSゲージブレイク

操作エリアを長押しすることで繰り出せる、敦のヒーローアクション(HA)は、スプリンター共通で繰り出せるダッシュ。

ただ、敦のダッシュは少し特殊で、走り始める前に白虎に変身する演出が入る。

半円で表示された操作エリアを長押ししてダッシュ!走り始めてさえいれば、歩く(※)よりも速く移動できる

※操作エリアをスライドして移動すること

また、ダッシュ中に繰り出せるダッシュアタック(DA)をヒットさせると、大ダメージを与えるとともに相手のスキルゲージを減少させることができるのが、敦ならではの特徴。

ヒーロースキル(HS)が強力でゲージをためるまでに時間がかかりやすいガンナーなどにDAをして、相手のHS発動を妨害しよう。

ただ、減らせるスキルゲージの量は約3%と少ない。バトルの中~終盤にHS発動準備が整ったヒーローを狙って使っていこう

ヒーローがHSを発動可能かどうかは、オーラを見れば一目瞭然。見え方の違いはグラフィックレベルで変わるので、自分の設定での違いを覚えておこう(写真はグラフィックレベル5)

攻撃倍率 約2.0倍
HSゲージ減少 約3%

ヒーロースキル:月下獣・半人半虎

スキルゲージがいっぱいになると使える、敦のヒーロースキル(HS)は、一時的に半人半虎となって、攻撃力と移動速度をアップさせながら持続回復までできるというもの。

効果中、攻撃力は3倍・移動速度も1.3倍にまで跳ね上がり、どんどん相手をキルしていける状態となる。

効果中の攻撃力は通常攻撃を一撃入れるだけで相手にとっては致命傷になるほど!持続回復量も1回でライフの5%ぶんと、回復カードに見劣りしないものになっている

効果時間は約14.5秒間。うまく使って、チームを勝利へと導こう!

ちなみに、スキルゲージは敵がエリア内にいない制圧ポータルエリア内に留まることでためることができる

攻撃強化 3.0倍
移動速度強化 1.3倍
持続回復量 約5%×18回
効果時間 約14.5秒
HS発動に必要なタメ時間(※) 約16秒
タメ時間類似ヒーロー
HS演出(無敵)時間 約5.5秒

※常時エリア拡張状態と仮定した秒数(常時最大拡張エリア内だと約32秒)

アビリティ:新たなる力・人虎

敵味方問わず、約7マス以内に「芥川龍之介」がいると、防御力が約2.4倍に高まるアビリティ。

効果中の防御倍率は、実質1.68倍(0.70×2.4)までアップし、ジャスティスやグスタフよりも高い防御力となる。

この効果により、通常時は苦手な多段ヒットする【遠】攻撃やルチアーノなどの通常攻撃によるダメージを大きく軽減できる。

防御強化 約2.4倍
効果範囲 約7マス(芥川の通常攻撃範囲内)

中島敦の基本的な立ち回り方

足が速いスプリンターで、耐久力の要となる体力倍率も高い敦。

攻撃倍率もそこそこ高いので、キル型のスプリンターとして活躍しやすい。

ただ、ダッシュするまでに予備動作があったり、防御倍率は低いため、思いのほか集中攻撃には弱かったりと欠点も多く、他のスプリンターと比べると若干使いこなすことは難しい。

まずは、歩きとダッシュをうまく使い分けられるようになって、相手を妨害・キルしながら勝利を目指していこう。

【基本】長距離移動はダッシュ!緊急回避は歩きを使おう

他のスプリンターと違い、ダッシュし始めるまでに時間がかかる敦。

そのため、敵から攻撃を受けている状況でダッシュで距離を取ろうとすると、逃げ切る前に大ダメージを受けてやられてしまいやすい。

特に射程の長いガンナーから逃げる際は、ダメージがかさみやすいので注意!

そんな状況で使いたいのが、移動スピードではダッシュに劣るが、すぐに移動できる「歩き」。

基本的に、敵が近くにいない際の長距離移動にはダッシュ、敵が付近にいる際の移動や攻撃回避には歩きを使うように意識しよう。

ダッシュと比べると遅い歩きだが、そのスピードはスプリンターのダッシュを除けばトップクラス。操作エリアの長押しとスライドを使い分けよう

【開幕】ダッシュで最前線へ!不利な展開になったらゲージため

機動力の高い敦。ステージにもよるが、バトルがスタートしたら両スタート地点から最も遠い、C地点へと向かおう。

ただ、敵チームにスプリンターがいる場合、ダッシュの性能差で先にC地点を取られやすい。

うまくポータルキーを奪い返せなかったら自陣エリア内に戻って、スキルゲージをためながら味方と足並みをそろえて逆転を狙っていこう。

スプリンターらしくスキルゲージが溜まりやすい敦。思い切って序~中盤にHSを使って逆転を狙い、終盤に向けてもう一度ため直すのも戦法のひとつだ

【HS】演出明けの攻撃に要注意!スタート地点や自陣で発動しよう

スキルゲージがたまりやすいため発動しやすく、逆転にもつながる可能性を秘めている性能のHS。

その真価は、演出後に自身で行動することで発揮される。

相手にとっては、効果中に極力行動させたくないので、HS演出明け直後の無防備な状態は、さまざまな攻撃で狙われやすいタイミングとなる。

そのため、HSはスタート地点や味方の近くなど、極力攻撃を受けにくい場所で使うようにするのがおすすめだ。

最も安全なのはスタート地点となるが、効果時間を少しでも長く活かしたければ、敵に狙われにくい場所で発動しよう

なお、相手ヒーローによってはHSを後出しされて、キルされる場合もあるので、慣れてきたら相手のヒーローやHS発動可能かどうかまで意識して使うと、無駄になりにくくなる。

おすすめ攻撃カードは【近】カード!

【近】【周】【遠】【連】と文字の入った攻撃カードのなかで、敦が得意とするのが【近】カードと【連】カード。

特に【近】カードには、相手を大きく打ち上げられるカードなども収録されていて使いやすい。

【近】カードには、ポータルキーの奪取はもちろん、大ダメージを与えてキルも狙いやすいカードが多い

反対に、【連】カードは繰り出しやすいものの、攻撃倍率がそこまで高くない敦と相性がいいカードとはいえない。

基本的には、【近】カードを軸にデッキを組んでいくのがおすすめだ。

攻撃カードの発動時間目安

攻撃種類 類似ヒーロー
 
 
 

中島敦のおすすめデッキ【ランクF~A(レアリティSR以下)】

ランク到達で徐々にアンロックされていく恒常カードと『文スト』コラボ限定カードのなかから、レアリティSR以下のカードのみを使ったデッキを節目ごとに紹介。

敦は【近】攻撃を得意とするヒーロー。

【近】カードは最初のFランクから入手でき、『#コンパス』をはじめたばかりでもデッキを組みやすくなっている。

Fランク

  • 江戸川乱歩(前方敵の全行動速度を2秒間大ダウン
  • 楽団員 サンバール(前方に強力な水属性 中ダメージ攻撃)
  • 警備ロボ Guardoll-4771(10秒間 被ダメージを40%減らす)
  • 与謝野晶子(ライフを20秒で最大70%持続回復)

サンバールで相手をキルしたりポータルキーから遠ざけたりして、勝利を目指していくデッキ。

乱歩は敦とはそこまで相性がいいとはいえないカードだが、どのヒーローにも採用しやすく、強引に通常攻撃やカード攻撃できるスキをつくれるカード。

ステータス面でも優秀なので、持っていればカードプールが充実するまで使っていきたい。

基本的にデッキにはダメージカットはもちろん、打ち上げ効果なども防げる【防】カードと回復できる【癒】カードの2枚は必ず入れるようにしよう。

Eランク到達後

  • 樹齢の加護 イシュテニケ(前方の敵を遠くに吹き飛ばす
  • 楽団員 サンバール(前方に強力な水属性 中ダメージ攻撃)
  • 警備ロボ Guardoll-4771(10秒間 被ダメージを40%減らす)
  • 楽団員 アルプ(ライフを60%回復)

Eランクに到達すると、ステージによって使い勝手が大きく変わる【近】カードのイシュテニケ、「白翼騎士ジェニト」がアンロックされる。

おすすめ度としては低いが、手に入ったら使ってみよう。

また、レアリティSR以下の【癒】カードのなかで最も使いやすいといっても過言ではないアルプと「聖女の守り手 黒猫リリィ」も手に入るようになる。

与謝野晶子は回復量面で物足りなさを感じやすいので、できれば入れ替えよう。

Dランク到達後

  • 樹齢の加護 イシュテニケ(前方の敵を遠くに吹き飛ばす
  • 楽団員 サンバール(前方に強力な水属性 中ダメージ攻撃)
  • アイちゃんのオススメ防弾パーカー(10秒間 被ダメージを45%減らす)
  • 楽団員 アルプ(ライフを60%回復)

Dランクでは、警備ロボの完全上位互換となるアイちゃんが入手可能に。

レアリティもRと低く、入手が容易なので、ゲットし次第入れ替えていこう。

Cランク到達後

  • *振付ノ美* オルケーシス(前方小ダメージ攻撃+ダメージの70%ライフ吸収
  • 楽団員 サンバール(前方に強力な水属性 中ダメージ攻撃)
  • アイちゃんのオススメ防弾パーカー(10秒間 被ダメージを45%減らす)
  • 楽団員 アルプ(ライフを60%回復)

Cランクでは、キルにつなげやすい【近】カードのオルケーシスがアンロック。

このカードはヒット時に相手をダウンさせることができ、そのまま通常攻撃やカード攻撃で追撃できるという特徴がある。

オルケーシスサンバールと立て続けに畳み掛ければ、相当なダメージを与えられるだろう。

そこそこ高い敦の攻撃倍率を活かして、キル重視型のスプリンターとして戦いたければぜひ搭載したい1枚だ。

Bランク到達以降

  • *振付ノ美* オルケーシス(前方小ダメージ攻撃+ダメージの70%ライフ吸収
  • 楽団員 サンバール(前方に強力な水属性 中ダメージ攻撃)
  • 帝皇機神 ケーニヒ・イェーガー(10秒間 被ダメージを50%減らす)
  • 楽団員 アルプ(ライフを60%回復)

Bランクでは、さまざまな面白いカードが使えるようになる。

イェーガーは敦にとってS1ランク以上になっても使い続けることになるであろう、超優秀カード。入手次第強化も進めて使っていこう。

デッキには搭載していないが、ガードブレイク【近】カードもこのタイミングでアンロックされる。

ただ、恒常のSRカードには収録されていないため、URカードの「反導砲 カノーネ・ファイエル」を入手するか、ステータス面に難はあるがRカードの「死献薬 シュタルク・トート」を採用して試すしかない。

中島敦のおすすめデッキ【ランクS1以上】

全恒常カードと『文スト』コラボ限定カードを使った、敦のおすすめデッキをご紹介。

零夜やザックなど、その他のキル型スプリンターと比べると、攻撃倍率に若干物足りなさを感じるが、基本的にはキルも狙えるデッキを組むのがおすすめだ。

バランス型

  • 【デルミン】デビルミント始龍
  • 反導砲 カノーネ・ファイエル
  • 楽団姫 ディーバ
  • 魂を司る聖天使 ガブリエル

相手のガードの有無に関わらず、【近】カードで大ダメージを与えていける、若干キルを意識したバランス型デッキ。

始龍は、非ガードの相手をダウンさせられる【近】カード。

ダウンしたところを通常攻撃で追撃して、キルへとつなげていこう。

ガードを展開した相手には、カノーネで大ダメージを与えて対応できる。

恒常カードだけで組もうとすると、全カードが水属性となり、弱点を突かれやすいのがデメリット。

コラボ限定カードを搭載するなどして、できれば2属性以上のカードをいれるようにしたい。

始龍の代わりに「機航師弾 フルーク・ツォイク」を搭載すると、よりサポートを意識した立ち回りをしやすくなる。相手のメイン火力となるアタッカーやガンナーを打ち上げて、混戦で味方が戦いやすくしていこう

キル重視型

  • 機航師弾 フルーク・ツォイク
  • 【デルミン】デビルミント始龍
  • 楽団姫 ディーバ
  • 【文スト】ありふれた日常の幸せ

確実に相手の1人をキルすることを重視したデッキ。

【防】カード(ダメカ)に対応できないのが最大の欠点となるが、始龍フルーク始龍→通常攻撃のコンボでタンク以外のヒーローならほぼ確実にキルまで持っていけるのが魅力だ。

少しでもキルできる場面を増やすため、ディーバなど【防】カードや【癒】カードの枠にも極力攻撃ステータスの高いカードを採用していきたい。

コラボカード特化型

  • 江戸川乱歩
  • 【文スト】理想という病を愛す
  • 【文スト】双つの黒
  • 【文スト】ありふれた日常の幸せ

『文スト』コラボカードのみで構成したデッキ。

乱歩は、理想という病を愛すでダウンさせたタイミングで使っていくと、通常攻撃での追撃時間を伸ばせる。

双つの黒はスキル自体は強力だが、発動時間「短」でとっさの攻撃に対応しにくいのが難点だ。

ありふれた日常の幸せ乱歩と連切りすることで、スキを小さくしながら使っていくようにしたい。

デッキ例代用カード

カード名 代用カード名
機航師弾 フルーク・ツォイク 楽団員 サンバール
一撃必殺 ブラストアッパー
操宴軍馬 ベディーネン・パンツァー
祭りのお供!手持ち花火
ドリーム☆ステッキ
血塗れチェーンソウ
反導砲 カノーネ・ファイエル 死献薬 シュタルク・トート
帝皇機神 ケーニヒ・イェーガー 楽団姫 ディーバ
背に負いし亡き妻の加護
アイちゃんのオススメ防弾パーカー
警備ロボ Guardoll-4771
#コンパス【攻略】: 中島敦のおすすめデッキ・立ち回りまとめ【1/14更新】 魂を司る聖天使 ガブリエル #コンパス【攻略】: 中島敦のおすすめデッキ・立ち回りまとめ【1/14更新】 楽団員 アルプ
#コンパス【攻略】: 中島敦のおすすめデッキ・立ち回りまとめ【1/14更新】 聖女の守り手 黒猫リリィ
#コンパス【攻略】: 中島敦のおすすめデッキ・立ち回りまとめ【1/14更新】 雨霊の加護 ウィネバ
#コンパス【攻略】: 中島敦のおすすめデッキ・立ち回りまとめ【1/14更新】 保健室の救急セット
【デルミン】デビルミント始龍 #コンパス【攻略】: 中島敦のおすすめデッキ・立ち回りまとめ【1/14更新】 【文スト】理想という病を愛す
*振付ノ美* オルケーシス

※恒常カードと『文スト』コラボカードのみの紹介

おすすめ他コラボ限定カード

カード ポイント

【リゼロ】絶望という病
  • カノーネの属性違いカード
  • 攻撃値はカノーネと同値で体力値が高い

ギアメーカー
  • ガブリエルの属性違いカード
  • 攻撃力がトップクラス
  • キル重視型におすすめ

【ライディーン】シン
  • フルークの属性違いカード
  • 体力値が高い
  • バランス型におすすめ

【駄女神’s】
アクア&めぐみん&ダクネス
  • ディーバの属性違いカード
  • 攻撃値が高い
  • キル重視型におすすめ

【爆裂アークウィザード】
めぐみん
  • カノーネの属性違いカード
  • 体力値が高い
  • バランス型におすすめ

【STEINS;GATE】
未来を司る女神作戦
  • 「荒れ狂う天空王 ぶれいずどらごん」の属性違いカード
  • 攻撃値がそこそこ高い
  • ヒット時に相手をダウンさせられる

【ダンまち】
ソード・オラトリア
  • 恒常カードにはない【引】【連】カード
  • 攻撃値が高い
  • 広範囲の敵を引き寄せて、自身の攻撃カードや味方の攻撃で追撃するスキをつくれる

その他コラボ限定カード採用候補例(順不同)


アラネア

ベル・クラネル

【ダンまち】
眷属の物語
(ファミリア・ミィス)

【超歌舞伎】
アダム=ユーリエフ

【千本桜】 初音未來

【超歌舞伎】
転生なしたる白狐

衛宮士郎

【Fate/stay night[HF]】
舞い散る桜

【進撃の巨人】
エレン

【進撃の巨人】
ミカサ

【風呂上りの休息】
アクア&めぐみん

江ノ島 盾子

アイザック・フォスター

【愉悦の一閃】
アイザック

【BEATLESS】
レイシアと遠藤アラト

【画竜点睛】
梅喧(ばいけん)

【リゼロ】
ゼロから始まる異世界生活

バルログ

【最終最凶】ベガ

ジャック・オー

【我羨惚(がせんこつ)】
紗夢(じゃむ)

中島敦のおすすめメダル

攻撃回避はもちろん、攻撃時に追撃もしやすくなる「移動速度アップ」メダルはデッキコンセプトに関わらず機能しやすいメダルとなるだろう。

また、キルをひとつでも多くとっていきたい場合は、「攻撃力アップ」メダルを最優先で付けていきたい。

「メダル」とは?
メダル おすすめポイント
#コンパス【攻略】: 中島敦のおすすめデッキ・立ち回りまとめ【1/14更新】
移動速度アップ
  • 相手を追撃しやすくなる
  • 攻撃を回避しやすくなる
#コンパス【攻略】: 中島敦のおすすめデッキ・立ち回りまとめ【1/14更新】
攻撃力アップ
  • 火力不足を補える

コスチュームバリエーション

オリジナル

船上パーティ 衣装

桜華忠臣 衣装

コラボ紹介PV

同時掲載記事

芥川龍之介のおすすめデッキ・立ち回りまとめ

『文スト』コラボカード&コスチューム徹底紹介!

(C) K・S/K/2019 BSD・P
(C) K,N,S/KADOKAWA/BSDW-P
(C) NHN PlayArt Corp.
(C) DWANGO Co., Ltd.