#コンパス攻略

【#コンパス】8月シーズンを振り返り!人気ヒーロー「ラヴィ」がテーマ&「某」がシーズン初参戦!!

『#コンパス』で2023年8月10日から20日にかけて開催された、8月シーズン"吸血鬼のオトコノコ"。本記事では、実際にシーズン中プレイしていて目立ったヒーローやカード、環境変化について振り返りながら紹介していく。

『復刻コラボ祭』開催!


おすすめの楽しみ方まとめ

『ペルソナ5』コラボ復刻中!


ジョーカー


限定カード&コスチュームまとめ

公式データ

注目ヒーローのカード使用率&主流デッキ紹介

シーズン情報

ついに訪れた初のラヴィシーズン!

2023年8月に行われた「吸血鬼のオトコノコ」は、初めて「ラヴィ」がテーマヒーローとなったシーズンだ。

また、7月27日(木)から8月6日(日)のシーズン直前まで『ニーアオートマタ』コラボが復刻開催された。

ちょうど1つ前の7月シーズンより使用者が増えていた「2B」は、さらに見かける機会が増えていただろう。

コラボヒーローの2Bは、3種類の兵装を切り替えながら戦うアタッカー。コラボカードは2Bを始めとした、【近】カードを得意とするヒーローとの相性が抜群!

今回はそんな8月シーズンを、特別にいただいた公式データや実際にプレイした感覚などから、注目のヒーローやバトル環境について振り返っていく。

2023年8月シーズンボーダー

まずは開発チームの協力のもと、今回のシーズンボーダーを公開!

どれくらいバトルポイントを稼げばアイコンやカードを獲得できるかなど、次シーズンの目標を決める際の参考にしよう。

順位 BP 前回比較 ボーダー
10位 5,748
【S8】248
▲44 金アイコン
100位 5,197
【S7】197
▲88
500位 5,069
【S7】69
▲134 銀アイコン
1,000位 4,582
【S6】82
▲61 TEPPENバトル応募条件
(代表者のみ)
5,000位 4,237
【S5】237
▲80 銅アイコン
30,000位 3,332
【S3】332
▲76 限定カード獲得
90,000位 2,295
【S1】295
▲27 限定チップ獲得

今回の8月シーズンでは、初ラヴィシーズンということでアイコンや限定カードを手に入れたいプレイヤーも多かったのか、全体的にボーダーラインが上昇する結果に。

中でも、銀アイコンのボーダーとなる500位付近は上昇幅が最も大きくなっており、上位でのアイコン争いは特に熾烈になっていたことが予想される。

また、今シーズンはランキング1位のプレイヤーがS9ランクまで到達するなど、最上位の順位争いも激化。ラヴィの人気の高さが伺えるシーズンとなった。

8月シーズン 使用率&勝率ランキング/Tier表【S5~S9】

続いて、こちらも開発チームの協力のもと判明した、S5-S9ランクでの全ヒーローの使用率と勝率を紹介。

前回シーズンのランキングはこちら

8月シーズン 使用率ランキング【S5~S9】

TOP10
11〜20
21〜30
31〜40
41〜50
51〜60
61〜70
71〜76

8月シーズン 勝率ランキング【S5~S9】

TOP10
12〜20
(※)
21〜30
32〜40
41〜50
51〜60
61〜70
71〜76

※ヴィオレッタ・某が同率10位ため、TOP10が11人表示・12-20位が9人表示となっている

S5ランク以上では、使用率1位は初参戦の某、勝率1位は使用率では最下位だったトマスが獲得した。

使用率の上昇幅が大きかったのは、乃保(前回48位)・ニーズヘッグ(前回67位)・岡部(前回53位)・ソーン(前回63位)の4名。

全員7月シーズン後に上方修正を受けたことで、順当に使用率を上げているようだ。

一方、ポロロッチョ(前回29位)は『ダンまち』コラボカード「恥じらいの疾風」の仕様変更による影響か、今回74位と大幅に使用率を下げることとなった。

全員がステータス倍率や強みの部分での上方を受け、使いやすさが向上している

勝率においては、1位を獲得したトマス(前回61位)が、類を見ない大躍進を遂げている。

また、同じくタンクで2位になったジャンヌ(前回32位)も、大きく順位を上げているヒーローの1人だ。

初参戦の某は10位と、勝率でも高い順位を記録。初のシーズンから好スタートを遂げた。

トマスも7月シーズン後に上方修正を受けたヒーロー。攻撃倍率とスキルゲージの溜まりやすさが向上しており、火力面での強化を受けている

8月シーズン 使用率&勝率ランキング/Tier表【S1~S4】

さらに、S1-S4ランクでの全ヒーローの使用率と勝率を見ていこう。

前回シーズンのランキングはこちら

8月シーズン 使用率ランキング【S1~S4】

TOP10
11〜20
21〜30
31〜40
41〜50
51〜60
61〜70
71〜76

8月シーズン 勝率ランキング【S1~S4】

TOP10
11〜20
21〜30
32〜40
41〜50
51〜60
61〜70
71〜76

S4ランク以下でも、使用率1位は某が獲得。勝率1位にはギルガメッシュが輝いた。

こちらでも、乃保(前回47位)とニーズヘッグ(前回45位)は使用率を大きく上げており、上方修正の恩恵が大きかったことを物語っている。

また、乃保は勝率でも順位を上げている(前回34位)。このことから、全ランク帯で活躍していたヒーローと言えるだろう。

注目ヒーローのカード使用率&主流デッキ紹介

開発チームからいただいた、ヒーローごとのカード使用率ランキングを紹介。

今回は……

  • シーズン初参戦で好成績!「某」
  • 勝率が伸び悩み続ける…!「ラヴィ」
  • 上方修正で大躍進!「双挽乃保」
  • シンプルな射程拡大で使用率増加!「ニーズヘッグ」
  • 高耐久ガンナーの仲間入り!?「岡部」
  • 攻撃カードに変化は生まれたのか!?「リュウ」
  • 高難度ヒーロー筆頭候補!「甘色」
  • 多彩なデッキを扱うヒーロー!「アタリ」
  • S5ランク以上で勝率1位!「トマス」
  • 引き寄せ主体のデッキが流行中?「テスラ」

の10人のカード使用率と主流デッキを紹介していこう。



ラヴィ

乃保

ニズヘ

岡部

リュウ

甘色

アタリ

トマス

テスラ

シーズン初参戦で好成績!「某」

某のおすすめデッキ・立ち回り
8月シーズン使用率
(S5~S9)
8月シーズン勝率
(S5~S9)
1位/76人中 10位/76人中
8月シーズン使用率
(S1~S4)
8月シーズン勝率
(S1~S4)
1位/76人中 21位/76人中

新たなオリジナルヒーローとして登場し、本シーズンが初参戦となった某。

全ランク帯で使用率1位を獲得し、S5ランク以上では勝率も10位と好成績を残した。

【8月シーズン】某のカード使用率ランキング(S5~S9)

順位 カード 順位 カード
1
オールレンジアタック
2
帝皇機神
ケーニヒ・イェーガー
3
ハイカラ盟友忍者
-壬生咲みみみ-
4
ライバル狂刃忍者
-幽々院ゆらら-
5
【SAO】朝露の少女と
6
【SAO】旅路の果て
7
-蒼王宮-
終焉禁獣 グラナート
8
全天首都防壁
Hum-Sphere LLIK
9
魂を司る聖天使
ガブリエル
10
*絢爛ノ美*
ボラ&アルヒコ&アペイロン

某はオールレンジの使用率が飛び抜けて高く、次点でイェーガーが少し高くなっている。

2枚目の攻撃カードの枠でプレイヤーの好みが分かれているようだが、人気なのはゆらら旅路といった貫通【連】カード。

アビリティの恩恵も受けられ、能動的にキルを狙いやすくなるのが大きな利点だ。

ランキングを踏まえた、8月シーズン時点での某の主流デッキは、以下のとおり。

【8月シーズン】某の主流デッキ

  • オールレンジアタック
  • ライバル狂刃忍者 -幽々院ゆらら-
  • 帝皇機神 ケーニヒ・イェーガー
  • ハイカラ盟友忍者 -壬生咲みみみ-

カード使用率ランキング上位の4枚をそのまま採用したデッキ。

アビリティによって回転率の上がった貫通攻撃が2枚あるおかげで、コンスタントにダメージを出し続けるだけでなく、ダウンを狙いやすいのが特長だ。

自身が弱点を突かれない無属性である点を生かして、ガンナーを積極的に詰めていくといいだろう。

勝率が伸び悩み続ける…!「ラヴィ」

ラヴィのおすすめデッキ・立ち回り
8月シーズン使用率
(S5~S9)
8月シーズン勝率
(S5~S9)
37位/76人中 65位/76人中
8月シーズン使用率
(S1~S4)
8月シーズン勝率
(S1~S4)
5位/76人中 76位/76人中

今シーズンのテーマヒーローであり、S4ランク以下では高い使用率を記録したラヴィ。

しかし、勝率はS5ランク以上で65位、S4ランク以下では最下位とかなり低くなってしまっている。

【8月シーズン】ラヴィのカード使用率ランキング(S5~S9)

順位 カード 順位 カード
1
オールレンジアタック
2
帝皇機神
ケーニヒ・イェーガー

3
-蒼王宮-
終焉禁獣 グラナート
4
ハイカラ盟友忍者
-壬生咲みみみ-
5
【リゼロ】間断なき結束
6
【SAO】朝露の少女と
7
荒れ狂う天空王
ぶれいずどらごん
8
ミナ&ルナ&レナのバーゲンセール戦争
9  
【超高校級の幸運】
狛枝 凪斗

10
神技官
アンジュ・ソレイユ

ラヴィは上位2枚の使用率がかなり高くなっており、3位以下に2倍近い差を付けている。

ただ、4月シーズンの時と比べても、採用されるカード自体に大きな差はないようだ。

ランキングを踏まえた、8月シーズン時点でのラヴィの主流デッキは、以下のとおり。

【8月シーズン】ラヴィの主流デッキ

  • オールレンジアタック
  • -蒼王宮- 終焉禁獣 グラナート
  • 帝皇機神 ケーニヒ・イェーガー
  • ハイカラ盟友忍者 -壬生咲みみみ-

カード使用率ランキング上位の4枚をそのまま採用したデッキ。

【周】カードはどちらもヒットさせればダウンが狙えるので、うまく転倒させて味方にキルを拾ってもらうような動きをしていこう。

アビリティによる回復とみみみの即時回復を使い分ければ、前線にも長く居座り続けることができるはずだ。

上方修正で大躍進!「双挽乃保」

双挽乃保のおすすめデッキ・立ち回り
8月シーズン使用率
(S5~S9)
8月シーズン勝率
(S5~S9)
5位/76人中 9位/76人中
8月シーズン使用率
(S1~S4)
8月シーズン勝率
(S1~S4)
15位/76人中 13位/76人中

7月シーズン後の上方修正により、基本スペックが大きく向上した乃保。

その影響はデータにも顕著に表れており、今シーズンでは全ランク帯において使用率・勝率が高くなっている。

【8月シーズン】双挽乃保のカード使用率ランキング(S5~S9)

順位 カード 順位 カード
1
ライバル狂刃忍者
-幽々院ゆらら-
2
ドリーム☆マジカルスクエア
3
全天首都防壁
Hum-Sphere LLIK
4
とある家庭用メカの反乱
5
【SAO】旅路の果て
6
【ペルソナ5】
TAKE YOUR HEART
7
楽団姫 ディーバ
8
【SAO】朝露の少女と
9
【ダンまち】
ソード・オラトリア
10
恒星間転送装置 Tele-Pass

乃保は上位3枚のカードの使用率が高く、4位以下に2倍以上の差を付けた。

3月シーズンの頃と比べると、防御倍率上昇の影響か、メカ反の使用率が上がっている。

ランキングを踏まえた、8月シーズン時点での乃保の主流デッキは、以下のとおり。

【8月シーズン】双挽乃保の主流デッキ

  • ドリーム☆マジカルスクエア
  • ライバル狂刃忍者 -幽々院ゆらら-
  • とある家庭用メカの反乱
  • 全天首都防壁 Hum-Sphere LLIK

カード使用率ランキング上位の4枚をそのまま採用したデッキ。

マジスクで敵の行動速度を下げて、通常攻撃や貫通【連】で一気に削り切るという、彼女の攻撃倍率の高さを最大限活かす攻撃的なデッキだ。

HSの爆発力が魅力。デッキの全カードが使用可能な状態で発動すれば、一気に逆転まで狙いやすい。

シンプルな射程拡大で使用率増加!「ニーズヘッグ」

ニーズヘッグのおすすめデッキ・立ち回り
8月シーズン使用率
(S5~S9)
8月シーズン勝率
(S5~S9)
24位/76人中 47位/76人中
8月シーズン使用率
(S1~S4)
8月シーズン勝率
(S1~S4)
19位/76人中 9位/76人中

7月シーズン後の上方修正で、ガンナーにとって最も重要な通常攻撃の射程範囲が拡大されたニーズヘッグ。

もともと通常攻撃自体は強力だったため、射程拡大で使い勝手が良くなったことで、全ランク帯での使用率がグッと向上している。

【8月シーズン】ニーズヘッグのカード使用率ランキング(S5~S9)

順位 カード 順位 カード
1
全天首都防壁
Hum-Sphere LLIK
2
楽団姫 ディーバ
3
ライバル狂刃忍者
-幽々院ゆらら-
4
荒れ狂う天空王
ぶれいずどらごん
5
とある家庭用メカの反乱
6
【SAO】旅路の果て
7
ハイカラ盟友忍者
-壬生咲みみみ-
8
【オーバーロード】
英雄モモン&美姫ナーベ
9
【SAO】朝露の少女と
10
ミナ&ルナ&レナのバーゲンセール戦争

ニーズヘッグは全天のみ使用率が少し高いが、それ以外はそこまで大きな差がない結果に。

また、3位〜6位までが攻撃カードになっており、全天ディーバの2枚にこの4枚から2枚の攻撃カードを組み合わせているデッキが人気な模様。

回復カードは7位のみみみだけであり、回復カードよりも攻撃カードを優先しているプレイヤーが多いようだ。

ランキングを踏まえた、8月シーズン時点でのニーズヘッグの主流デッキは、以下のとおり。

【8月シーズン】ニーズヘッグの主流デッキ

  • ライバル狂刃忍者 -幽々院ゆらら-
  • 荒れ狂う天空王 ぶれいずどらごん
  • 楽団姫 ディーバ
  • 全天首都防壁 Hum-Sphere LLIK

カード使用率ランキング上位の4枚をそのまま採用したデッキ。

2種類の【防】カードで自身を守りつつ、接近してきた相手はゆららぶれどらで迎撃していこう。

ゆららメカ反に変えると防御ステータスが極めて高くなり、通常攻撃が多段ヒットするヒーローにはかなり強く出ることができるようになる。

ただ、攻撃ステータスが大きく下がってしまうため、自身のカード限界突破状況などに応じて変えるか検討するといいだろう。

高耐久ガンナーの仲間入り!?「岡部」

岡部のおすすめデッキ・立ち回り
8月シーズン使用率
(S5~S9)
8月シーズン勝率
(S5~S9)
25位/76人中 20位/76人中
8月シーズン使用率
(S1~S4)
8月シーズン勝率
(S1~S4)
55位/76人中 2位/76人中

7月シーズン後に体力倍率が上がり、耐久力が向上した岡部。

もともとアビリティによって終盤の耐久力が高いヒーローであったため、体力倍率の上方修正によって、高耐久ガンナーとしての地位も確立しつつある。

【8月シーズン】岡部のカード使用率ランキング(S5~S9)

順位 カード 順位 カード
1
全天首都防壁
Hum-Sphere LLIK
2
おかあさんだーいすき
3
楽団姫 ディーバ

4
ミナ&ルナ&レナのバーゲンセール戦争
5
【NieR:Automata】
戦いの始まり
6
【オーバーロード】
英雄モモン&美姫ナーベ
7
【STEINS;GATE】
時間跳躍の協力者
8
【文スト】
ありふれた日常の幸せ
9
【ダンまち】
至福の一時
10
ハイカラ盟友忍者
-壬生咲みみみ-

岡部は全天の使用率が抜けて高くなっているが、2位以下のカードはそこまで使用率に差がない。

意外にも回復カードは8位以下と、使用率はそこまで高くない。

その代わりに、モモン&ナーベで強力な通常攻撃をさらに強化したり、跳躍で攻撃と回復の両立をしたりと、【強】カードが優先的に採用されているようだ。

ランキングを踏まえた、8月シーズン時点での岡部の主流デッキは、以下のとおり。

【8月シーズン】岡部の主流デッキ

  • おかあさんだーいすき
  • 楽団姫 ディーバ
  • ミナ&ルナ&レナのバーゲンセール戦争
  • 全天首都防壁 Hum-Sphere LLIK

カード使用率ランキング上位の4枚をそのまま採用したデッキ。

基本的には3種類の【防】カードや【返】カードで自身を守りつつ、強力な通常攻撃のみで戦っていくことになる。

回復カードがほしい方は、ディーババーゲンみみみにするのがおすすめ。バーゲンを入れ替えた場合は、デッキに3属性をそろえることもできる。

攻撃カードに変化は生まれたのか!?「リュウ」

リュウのおすすめデッキ・立ち回り
8月シーズン使用率
(S5~S9)
8月シーズン勝率
(S5~S9)
52位/76人中 58位/76人中
8月シーズン使用率
(S1~S4)
8月シーズン勝率
(S1~S4)
61位/76人中 22位/76人中

7月シーズン後のバランス調整によって、今まで使いにくかった【周】と【連】の発動モーションが大幅に改善され、攻撃カードの選択幅が広くなったリュウ。

一気に扱える攻撃カードの種類が増えたことで、デッキ変化などに注目が集まっていた。

【8月シーズン】リュウのカード使用率ランキング(S5~S9)

順位 カード 順位 カード
1
機航師弾
フルーク・ツォイク
2
帝皇機神
ケーニヒ・イェーガー
3
反導砲
カノーネ・ファイエル
4
【リゼロ】絶望という病
5
【SAO】朝露の少女と
6
ドリーム☆マジカルスクエア
7
魂を司る聖天使
ガブリエル
8
ハイカラ盟友忍者
-壬生咲みみみ-
9
【オーバーロード】
不死者の王 アインズ
10
楽団姫 ディーバ

リュウは上位3枚の使用率が抜けて高くなっており、4位以下に2倍近い差を付けている。

バランス調整を受けたものの、シーズンで使われていたのは相変わらず【近】カードたち。

HAによる威力アップを生かして、【近】カードの強力な一撃でキルを狙っていく立ち回りは変わっていないようだ。

ランキングを踏まえた、8月シーズン時点でのリュウの主流デッキは、以下のとおり。

【8月シーズン】リュウの主流デッキ

  • ドリーム☆マジカルスクエア
  • 機航師弾 フルーク・ツォイク
  • 反導砲 カノーネ・ファイエル
  • 帝皇機神 ケーニヒ・イェーガー

カード使用率ランキングの中で、恒常カードで使用率の高かった4枚を採用したデッキ。いわゆる「マジフルカノ」と言われている構成だ。

基本的にはマジスクで行動速度を下げたのち、敵のアクションに合わせてフルークカノーネを使い分けてキルを重ねていく。

回復カードがないので、体力管理が難しくなっている。回復カードがほしい方は、マジスクガブリエルみみみに変えるといいだろう。

高難度ヒーロー筆頭!「甘色」

甘色のおすすめデッキ・立ち回り
8月シーズン使用率
(S5~S9)
8月シーズン勝率
(S5~S9)
54位/76人中 22位/76人中
8月シーズン使用率
(S1~S4)
8月シーズン勝率
(S1~S4)
34位/76人中 74位/76人中

相手の攻撃に対して的確にHAを合わせる能力が求められる甘色。

その使用難度の高さはデータにも表れており、S5ランク以上だと勝率は22位と高い一方、S4ランク以下では74位とワースト3に位置している。

【8月シーズン】甘色のカード使用率ランキング(S5~S9)

順位 カード 順位 カード
1
全天首都防壁
Hum-Sphere LLIK
2
反導砲
カノーネ・ファイエル
3
ハイカラ盟友忍者
-壬生咲みみみ-
4
ドリーム☆マジカルスクエア
5
帝皇機神
ケーニヒ・イェーガー
6
【SAO】朝露の少女と
7
【オーバーロード】
英雄モモン&美姫ナーベ
8
【リゼロ】絶望という病
9
楽団姫 ディーバ
10
ぶじゅつかの超速加速

甘色は1位の全天が少し高いが、全体的にトップ10のカードでは、そこまで使用率に差がない。

基本的には通常攻撃とHAをメインに戦うため、攻撃カードはカノーネ系統のみとなっている。

ランキングを踏まえた、8月シーズン時点での甘色の主流デッキは、以下のとおり。

【8月シーズン】甘色の主流デッキ

  • ドリーム☆マジカルスクエア
  • 反導砲 カノーネ・ファイエル
  • 全天首都防壁 Hum-Sphere LLIK
  • ハイカラ盟友忍者 -壬生咲みみみ-

カード使用率ランキング上位の4枚をそのまま採用したデッキ。

マジスクで敵の行動速度を下げつつ、通常攻撃とカノーネで詰めていく立ち回りとなる。

相手の反撃はHAでいなして、一方的に攻撃できる展開を作り出していこう。

【防】カードが発動時間「短」の全天のみだと立ち回りにくい方は、全天イェーガーに変えるか、マジスクイェーガーにする【防】2枚型にするのがおすすめだ。

多彩なデッキを扱うヒーロー!「アタリ」

アタリのおすすめデッキ・立ち回り
8月シーズン使用率
(S5~S9)
8月シーズン勝率
(S5~S9)
10位/76人中 14位/76人中
8月シーズン使用率
(S1~S4)
8月シーズン勝率
(S1~S4)
63位/76人中 35位/76人中

立ち回り方に応じてデッキの内容が大きく変わり、対面時にデッキを予想しにくいアタリ。

S5ランク以上では高い使用率と勝率を記録しており、いわゆる固定チームでの人気が高いヒーローだ。

【8月シーズン】アタリのカード使用率ランキング(S5~S9)

順位 カード 順位 カード
1
荒れ狂う天空王
ぶれいずどらごん
2
全天首都防壁
Hum-Sphere LLIK
3
反導砲
カノーネ・ファイエル
4
【デルミン】
デビルミント始龍
5
【リゼロ】ひとときの団欒
6
【アイウォントアウト】
ジャック・オー
7
ミナ&ルナ&レナのバーゲンセール戦争
8
【ダンまち】
聖火の女神と宴
9
【リゼロ】絶望という病
10
*絢爛ノ美*
ボラ&アルヒコ&アペイロン

アタリはぶれどらのみ使用率が高く、それ以外のカードはそこまで差がない結果に。

野良シーズンであった6月シーズンと比べると、順位の入れ替わりこそあるものの、採用されているカードにもそこまで差はないようだ。

ランキングを踏まえた、8月シーズン時点でのアタリの主流デッキは、以下のとおり。

【8月シーズン】アタリの主流デッキ

  • 深淵より湧き上がるシャドウ
  • 反導砲 カノーネ・ファイエル
  • 帝皇機神 ケーニヒ・イェーガー
  • 全天首都防壁 Hum-Sphere LLIK

カード使用率ランキング上位の4枚をそのまま採用したデッキ。

3種類の【近】カードで対面力が高いだけでなく、ぶれどらによって防御ステータスが上がっており、始龍による回復も兼ね備えている。

HSを主体に戦いたい場合や、耐久力に不安がある方は、【近】カードのどれかをバーゲンに変えてもいいだろう。

ランキング内のカードで、7月のTEPPENバトルでも使われていた妨害寄りデッキも可能だが、これは味方との連携ありきの固定向きデッキだ

S5ランク以上で勝率1位!「トマス」

トマスのおすすめデッキ・立ち回り
8月シーズン使用率
(S5~S9)
8月シーズン勝率
(S5~S9)
76位/76人中 1位/76人中
8月シーズン使用率
(S1~S4)
8月シーズン勝率
(S1~S4)
70位/76人中 67位/76人中

味方にトランクを付け、味方のダメージを肩代わりすることで味方をサポートして活躍する珍しいタイプのタンクのトマス。

全ランク帯での使用率はかなり低いのだが、S5ランク以上では勝率1位を獲得した。

【8月シーズン】トマスのカード使用率ランキング(S5~S9)

順位 カード 順位 カード
1
銀河防衛ロボ
Unidoll-2525
2
【祝福する歌姫】
初音 ミク

3
ハイカラ盟友忍者
-壬生咲みみみ-
4
【空駆ける歌姫】
初音 ミク
5
神技官
アンジュ・ソレイユ
6
*真実ノ美* ジョバンニ
7
戦略の灯/ 国防長官フレイ
8
どこにでもいけるドア
9
【夢超える共演】
初音ミク&鏡音リンレン
10
【超高校級のゲーマー】
七海 千秋

トマスは上位5枚のカードに使用率が集中しており、6位以下に2倍以上の差をつける結果になった。

基本的には、回復カードを4枚入れるトランクの維持を最優先にした型か、空駆けで移動速度サポートを可能にした型のどちらかとなるようだ。

ランキングを踏まえた、8月シーズン時点でのトマスの主流デッキは、以下のとおり。

【8月シーズン】トマスの主流デッキ

  • 【空駆ける歌姫】初音 ミク
  • 【祝福する歌姫】初音 ミク
  • 銀河防衛ロボ Unidoll-2525
  • ハイカラ盟友忍者 -壬生咲みみみ-

カード使用率ランキングで上位の4枚をそのまま採用したデッキ。

『初音ミク』コラボカードが2種類入っているが、どちらも持っているかどうかでトマスの支援力が大きく変わるため、持っていれば極力採用しておきたいカードだ。

攻撃カードが入ってない以上、通常攻撃でしか戦えないので、安全に攻撃できる状況でない限りは、味方の支援に徹したほうがいいだろう。

引き寄せ主体のデッキが流行中?「テスラ」

テスラのおすすめデッキ・立ち回り
8月シーズン使用率
(S5~S9)
8月シーズン勝率
(S5~S9)
39位/76人中 71位/76人中
8月シーズン使用率
(S1~S4)
8月シーズン勝率
(S1~S4)
27位/76人中 62位/76人中

使用率自体は低くないが、勝率は伸び悩み続けているテスラ。

直近ではプレイヤーの間で、HSのコイルに引き寄せ【罠】カードの「蜘蛛縫組 Ж 三代目組長 蜘蛛縫 正太郎」や、引き寄せ【遠】カードの「紅薔薇の暗殺術 クルエルダー」を組み合わせるデッキに注目が集まっていた。

【8月シーズン】テスラのカード使用率ランキング(S5~S9)

順位 カード 順位 カード
1
帝皇機神
ケーニヒ・イェーガー
2
奏愛の三女
エレオノーラ
3
神技官
アンジュ・ソレイユ
4
紅薔薇の暗殺術
クルエルダー
5
忘愛の長女
アレクサンドラ
6
蜘蛛縫組 Ж 三代目組長
蜘蛛縫 正太郎

7
魂を司る聖天使
ガブリエル
8
ハイカラ盟友忍者
-壬生咲みみみ-
9
-蒼王宮- 聖歌連隊
ミローディア
10
モノリス
Hum-Unknown

テスラは上位2枚の使用率が高く、3位以下に2倍以上の差を付けている。

話題になっていたとおり、クルエルダー正太郎の使用率がかなり上がっている模様。クルエルダーに関しては、アレクサンドラを追い越しているほどだ。

ランキングを踏まえた、8月シーズン時点でのテスラの主流デッキは、以下のとおり。

【8月シーズン】テスラの主流デッキ

  • 紅薔薇の暗殺術 クルエルダー
  • 奏愛の三女 エレオノーラ
  • 帝皇機神 ケーニヒ・イェーガー
  • 神技官 アンジュ・ソレイユ

カード使用率ランキング上位の4枚をそのまま採用したデッキ。

エレオノーラで相手をサイレントにすることで、HSとクルエルダーによるコンボが決まりやすくなる。

また、採用しているカードは全て体力ステータスが高いので、自動的に耐久力も大きく向上しており、妨害スプリンターとしての役割もこなしやすいのが魅力だ。

シーズン情報

シーズンバトル告知文

ランキング報酬限定カード:【吸血鬼の王】ラヴィ・シュシュマルシュ

ランキング報酬限定&参加賞アイコン

順位 報酬アイコン
1位〜10位
11位〜500位
501位〜5,000位
参加賞

シーズン限定コスチューム:園児ラヴィとおままごとしたいの〜?……テストはいやぁ!【草】

過去のバトル環境記事はこちら


2024年1月シーズン
(テーマ「コクリコ」)

2023年12月シーズン

2023年11月シーズン
(テーマ「ヴィオレッタ」)

2023年10月シーズン
(テーマ「ボイドール」)

2023年9月シーズン
(テーマ「デルミン」)

2023年8月シーズン
(テーマ「ラヴィ」)

(C) NHN PlayArt Corp.
(C) DWANGO Co., Ltd.