#コンパス攻略

【#コンパス】3月シーズンを振り返り!シノンが初参戦!!バランス調整ヒーローも大活躍

『#コンパス』で2024年3月7日から17日にかけて開催された、3月シーズン"みんなには内緒だよ?"。本記事では、実際にシーズン中プレイしていて目立ったヒーローやカード、環境変化について振り返りながら紹介していく。

「コラボ復刻祭」開催決定!


『ダンまちIV』復刻

アイズ

ベル

コラボ限定カード&コスチューム

『猫宮ひなた』復刻

猫宮

コラボ限定カード&コスチューム

『このすば!』復刻

アクア

めぐみん

『超歌舞伎×千本桜』復刻

忠信

ミク

リン

レン

コラボ限定カード&コスチューム

『文スト』復刻


芥川

コラボ限定カード&コスチューム

公式データ

注目ヒーローのカード使用率&主流デッキ紹介

  1. ランク問わず大々活躍!「シノン」
  2. 2月末調整ヒーローで最注目株!「アインズ」
  3. 安定して高い使用率を記録!「某」
  4. S5以上で高勝率&S4以下で高使用率!「ラヴィ」
  5. 人気のシノンとの相性◎!「ルルカ」
  6. 4月シーズンの活躍に期待!「テスラ」
  7. 【毒】に苦戦するもS5以上で大活躍!「アタリ」
  8. プレイヤースキルが最も試される!?「甘色」
  9. 採用カードに変化が?「アクア」
  10. 機動力アップで勝率アップ!?「モノクマ」

シーズン情報

待望!ステリアが初めてテーマヒーローになったシーズン

3月に開催されたシーズンバトル「みんなには内緒だよ?」では、初めてステリアがテーマヒーローとなった。

シーズン開始前の2月末からシーズン中にかけて、『ソードアート・オンライン』コラボ第2弾が開催され、新コラボヒーローとして「シノン」が参戦。シーズンバトルに初参戦し、特に見かけやすいヒーローとなっていた。

今回はそんな3月シーズンを、特別にいただいた公式データや実際にプレイした感覚などから、注目のヒーローやバトル環境について振り返っていく。

2024年3月シーズンボーダー

まずは開発チームの協力のもと、今回のシーズンボーダーを公開!

どれくらいバトルポイントを稼げばアイコンやカードを獲得できるかなど、次シーズンの目標を決める際の参考にしよう。

順位 BP 前回比較 ボーダー
10位 5,660
【S8】160
▼48 金アイコン
100位 5,192
【S7】192
▼14
500位 5,037
【S7】37
▲21 銀アイコン
1,000位 4,569
【S6】69
▲23 STARバトル応募条件
(代表者のみ)
5,000位 4,237
【S5】237
▲68 銅アイコン
30,000位 3,386
【S3】386
▲20 限定カード獲得
90,000位 2,423
【S1】423
▲41 限定チップ獲得

ステリアが初テーマヒーローとなったこともあり、銀アイコン獲得ライン以下のバトルポイントが全体的に上昇。

特にポイントが大きく上がったのが、銅アイコンライン。4月シーズンもアルが初めてテーマヒーローとなることから、同水準かそれ以上の争いになると予想される。

アルが好きな方は、目標を決めて早めにポイントを稼いでいくのがおすすめだ。

3月シーズン 使用率&勝率ランキング/Tier表【S5~S9】

続いて、こちらも開発チームの協力のもと判明した、S5-S9ランクでの全ヒーローの使用率と勝率を紹介。

前回シーズンのランキングはこちら

3月シーズン 使用率ランキング【S5~S9】

TOP10
11〜20
21〜30
31〜40
41〜50
51〜60
61〜70
71〜80
81~82

使用率1位は、初登場となる「シノン」が獲得。同タイミングで復刻登場した「キリト(前回43位)」「アスナ(60位)」も、大きく順位を上げてトップ10入りしている。

同じく順位が急上昇しているのが「アインズ(前回70位)」。仕様変更により、大会に出場するような上級者以外でも通常攻撃で効率よくダメージを与えられるようになったのが人気の要因だ。

反対に順位を大きく下げたのが、シノン・アインズ以外のガンナーたち。特に64位の「ソーン(前回16位)」や35位の「アクセラレータ(前回3位)」の使用率低下が目立つ結果になっている。

その爆発的な人気を受けてか、シノンにはシーズン後に下方修正が入っている。ただ、まだまだ使用感は大きく変わらない印象なので、4月シーズンでも一定の活躍を見せてくれるだろう

3月シーズン 勝率ランキング【S5~S9】

TOP10
11〜20
21〜30
31〜40
42〜50
51〜60
61〜70
71〜80
81~82

※乃保と芥川が同率だったため、31~40位は11人表示

勝率1位には、前回順位を大きく下げていた「デルミン(前回24位)」が輝いた。

そのほか、4位の「ザクレイ(前回29位)」、6位の「リリカ(前回23位)」、8位の「春麗(前回26位)」、9位の「レン(前回81位)」など、トップ10入りしたヒーローの多くが大きく順位を上げてランクインしている。

使用率ランキング同様にシノン登場の影響か、ガンナーの多くが順位を下げていることにも注目だ。

3月シーズン 使用率&勝率ランキング/Tier表【S1~S4】

さらに、S1-S4ランクでの全ヒーローの使用率と勝率を見ていこう。

前回シーズンのランキングはこちら

3月シーズン 使用率ランキング【S1~S4】

TOP10
11〜20
21〜30
31〜40
41〜50
51〜60
61〜70
71〜80
81~82

S5ランク以上と同様に、初登場となる「シノン」が使用率1位に。

また、S5ランク以上で67位から15位まで大躍進を遂げたテーマヒーロー「ステリア(前回20位)」が、S4ランク以下ではトップ10入りしている。

S5ランク以上と比べると、シノン以外のガンナーの使用率の減少が緩やかなのがS4ランク以下ならではの傾向だろう。

3月シーズン 勝率ランキング【S1~S4】

TOP10
11〜20
21〜30
31〜40
41〜50
51〜60
61〜71
71〜80
81~82

S4ランク以下の勝率ランキングの上位には、毎シーズンの傾向どおり、復刻開催が待たれるコラボ限定ヒーローが多く並んでいる。

シーズン前のバランス調整により機動力が大きく改善した「モノクマ(前回11位)」が2位にジャンプアップ。

惜しくもトップ10入りしなかったが、モノクマと同様にバランス調整で上方修正された「アインズ(前回51位)」も11位と大きく順位を伸ばしている。

注目ヒーローのカード使用率&主流デッキ紹介

開発チームからいただいた、ヒーローごとのカード使用率ランキングを紹介。

今回は、以下10人のカード使用率と主流デッキを紹介していこう。


シノン

アインズ


ラヴィ

ルルカ

テスラ

アタリ

甘色

アクア

モノクマ

ランク問わず大々活躍!「シノン」

シノンのおすすめデッキ・立ち回り
3月シーズン使用率
(S5~S9)
3月シーズン勝率
(S5~S9)
1位/82人中 30位/82人中
3月シーズン使用率
(S1~S4)
3月シーズン勝率
(S1~S4)
1位/82人中 30位/82人中

その最大射程で高火力の通常攻撃と使い勝手バツグンのヒーロースキル(HS)で、3月シーズンは他のガンナーにも大きな影響を及ぼすほど、3月シーズン中に見かける機会が多かったシノン。

ミラーマッチが多くなりやすい状況にも関わらず勝率もランクに関係なく高く、間違いなく3月シーズンで最も流行し活躍したヒーローと言えるだろう。

【3月シーズン】シノンのカード使用率ランキング(S5~S9)

順位 カード 順位 カード
1
全天首都防壁
Hum-Sphere LLIK

2
迅雷の科学者 アバカン
3
楽団姫 ディーバ
4
ハイカラ盟友忍者
-壬生咲みみみ-
5
妖炎参謀
月夜叉
6
【SAO】
朝露の少女と
7
【オーバーロード】
英雄モモン&美姫ナーベ
8
【ロックマンエグゼ】
ダブルストリーム
9
-蒼王宮-
氷冠女王イデア=N=ユランブルク
10
【超電磁砲】
常盤台の超電磁砲(レールガン)

実装したばかりのシノンだが、早くも定番となるデッキは固まってきている。特に使用率が高いのが、3位までのカードたちだ。

1位の全天と3位のディーバは、多くのガンナーにとっては欠かせない【防】カード。シノンの体力倍率が高くカード自体のステータスも高いためか、6位にダメージカット率50%の朝露もランクインしている。

2位のアバカンは、迎撃手段として優秀なうえ、シノンに採用しておけば、HSで確実にキルできる隙を作れるので相性バツグンだ。

ランキングを踏まえた、3月シーズン時点でのシノンの主流デッキは、以下のとおり。

【3月シーズン】シノンの主流デッキ

  • 迅雷の科学者 アバカン
  • 楽団姫 ディーバ
  • 全天首都防壁 Hum-Sphere LLIK
  • ハイカラ盟友忍者 -壬生咲みみみ-

人気の特に高いトップ4入りしたカードをそのまま搭載したデッキ。

アバカンを入れるときに同時採用したいのが、みみみ。回復手段として使えるだけでなくクールダウンが短いため、連切りの起点として使いやすいのが魅力だ。

また、デッキに3属性のカードをそろえることで弱点ヒットを狙いやすくなり、通常攻撃のダメージを最大限に高めやすくなるというメリットもある。

2月末調整ヒーローで最注目株!「アインズ」

アインズのおすすめデッキ・立ち回り
3月シーズン使用率
(S5~S9)
3月シーズン勝率
(S5~S9)
5位/82人中 58位/82人中
3月シーズン使用率
(S1~S4)
3月シーズン勝率
(S1~S4)
6位/82人中 11位/82人中

通常攻撃の仕様変更によって、誰でも通常攻撃を強力に使いやすくなったアインズ。

その影響は過去に類を見ないほど大きく、コラボ復刻時と遜色ないほど使用率が伸びている。

【3月シーズン】アインズのカード使用率ランキング(S5~S9)

順位 カード 順位 カード
1
全天首都防壁
Hum-Sphere LLIK

2
ミナ&ルナ&レナの
バーゲンセール戦争
3

【オーバーロード】
英雄モモン&美姫ナーベ
4
創霊の加護 タイオワ
5
【NieR:Automata】
戦いの始まり
6
反導砲
カノーネ・ファイエル
7
連合宇宙軍
シールドブレイカー
8
【ロックマンエグゼ】
ダブルストリーム
9
楽団姫 ディーバ
10
【ダンまち】
至福の一時

発動時間「短」「長」のカードでも発動時間「無」のカードとして扱えるアインズにとって、1位の全天は相性が良すぎる1枚。その使用率は、使い手なら全員が確実に採用しているといっても過言がないほどのものになっている。

次点のバーゲンセールも非常に使用率が高いカード。こちらも鈍足が欠点のアインズにとって、ガードブレイク対策カードとして欠かせないものだ。

3位以下のカードの使用率は、モモン&ナーベが頭ひとつ抜けるが、その他のカードの使用率に大きな差はなく、さまざまなカードが採用されている印象だ。

ランキングを踏まえた、3月シーズン時点でのアインズの主流デッキは、以下のとおり。

【3月シーズン】アインズの主流デッキ

  • 創霊の加護 タイオワ
  • ミナ&ルナ&レナのバーゲンセール戦争
  • 楽団姫 ディーバ
  • 全天首都防壁 Hum-Sphere LLIK

人気が特に高い3枚の恒常カードに、ディーバを加えてより前線に安定して居座りやすくしたデッキ。

タイオワは、アインズなら隙なく発動できるのが強み。自身以外の味方の攻撃力も上げられるため、不安定だがいわゆる野良でも逆転の一手となりやすい。

ディーバの代わりに、カノーネなどを採用して、より攻撃に特化させるのもアリだ。

安定して高い使用率を記録!「某」

某のおすすめデッキ・立ち回り
3月シーズン使用率
(S5~S9)
3月シーズン勝率
(S5~S9)
10位/82人中 49位/82人中
3月シーズン使用率
(S1~S4)
2月シーズン勝率
(S1~S4)
17位/82人中 38位/82人中

実装以降、その高い耐久力とそこそこの火力で、ランク問わず高い使用率を叩き出し続ける某。

12月末・1月末に連続して下方修正を受けるも、人気は健在だ。

【3月シーズン】某のカード使用率ランキング(S5~S9)

順位 カード 順位 カード
1
オールレンジアタック
2
ハイカラ盟友忍者
-壬生咲みみみ-

3
【SAO】
朝露の少女と
4
帝皇機神
ケーニヒ・イェーガー
5
【SAO】
旅路の果て
6
ライバル狂刃忍者
-幽々院ゆらら-
7
-蒼王宮-
終焉禁獣 グラナート
8
全天首都防壁
Hum-Sphere LLIK
9
【リゼロ】
間断なき結束

10
*絢爛ノ美*
ボラ&アルヒコ&アペイロン

トップ10入りしたカードの中でも、特に使用率が高いのが1位のオールレンジと2位のみみみ

また、ほぼ同スキルカードといえる3位の朝露と4位のイェーガー、5位の旅路と6位のゆららも合算すればオールレンジに並ぶほどの使用率となり、スキル自体の支持率は非常に高い。

ランキングを踏まえた、3月シーズン時点での某の主流デッキは、以下のとおり。

【3月シーズン】某の主流デッキ

  • オールレンジアタック
  • ライバル狂刃忍者 -幽々院ゆらら-
  • 帝皇機神 ケーニヒ・イェーガー
  • ハイカラ盟友忍者 -壬生咲みみみ-

某のアビリティを活かせる【貫】カードを2枚採用したデッキ。

オールレンジゆららは最終弾をヒットさせれば、倒せずとも自身や味方の追撃チャンスを作れるのが魅力だ。

恒常カードだけで組むと自然に3属性のカードをそろえられるが、常に無属性になる某にとってメリットにはならない。コラボ限定カードもチェックして、ステータスを最大限高められるようにしよう。

S5以上で高勝率&S4以下で高使用率!「ラヴィ」

ラヴィのおすすめデッキ・立ち回り
3月シーズン使用率
(S5~S9)
3月シーズン勝率
(S5~S9)
70位/82人中 27位/82人中
3月シーズン使用率
(S1~S4)
3月シーズン勝率
(S1~S4)
28位/82人中 73位/82人中

S5ランク以上では使用率は低いものの高い勝率を記録し、S4ランク以下では反対に使用率が高いものの勝率が低くなっているラヴィ。

使い慣れたプレイヤーほど本領発揮しやすくなっていると考えられるので、使用カードから真似ていこう。

【3月シーズン】ラヴィのカード使用率ランキング(S5~S9)

順位 カード 順位 カード
1
オールレンジアタック
2
帝皇機神
ケーニヒ・イェーガー
3
ハイカラ盟友忍者
-壬生咲みみみ-
4
-蒼王宮-
終焉禁獣 グラナート
5
【SAO】
朝露の少女と
6
神技官
アンジュ・ソレイユ
7
【ロックマンエグゼ】
ショックウェーブ
8
荒れ狂う天空王
ぶれいずどらごん
9
【ロックマンエグゼ】
アースブレイカー
10
【リゼロ】
間断なき結束

トップ10にランクインしたカードでも、特に人気が高いのが1位のオールレンジと2位のイェーガー

2位のイェーガーでもその使用率は3位のみみみの2倍以上と、非常に高くなっている。

3位以下のカードの使用率の差も大きく、3位のみみみ・4位のグラナートの使用率は8位のぶれどらの2倍以上と特に高い。

ランキングを踏まえた、3月シーズン時点でのラヴィの主流デッキは、以下のとおり。

【3月シーズン】ラヴィの主流デッキ

  • オールレンジアタック
  • -蒼王宮- 終焉禁獣 グラナート
  • 帝皇機神 ケーニヒ・イェーガー
  • ハイカラ盟友忍者 -壬生咲みみみ-

4位までのカードをそのまま採用したデッキ。オールレンジで安定してダメージを与えつつ回復でき、グラナートでほぼどのヒーローも採用している【防】カードにも対応しやすくなっている。

ラヴィは攻撃カードで回復できるアビリティをもつが、基本的にみみみをはじめとする【癒】カード(回復カード)を採用し、攻撃の届かないガンナーの通常攻撃や【遠】カードで攻撃された際にも立て直しやすくするのがおすすめだ。

人気のシノンとの相性◎!「ルルカ」

ルルカのおすすめデッキ・立ち回り
3月シーズン使用率
(S5~S9)
3月シーズン勝率
(S5~S9)
25位/82人中 14位/82人中
3月シーズン使用率
(S1~S4)
3月シーズン勝率
(S1~S4)
45位/82人中 69位/82人中

自身で【防】カード(ダメカ)への対抗手段を持ちづらいシノンの相棒として機能しやすく、特にいわゆる固定チームを組むことが多いS5ランク以上での使用率と勝率の高さが目立つルルカ。

デッキに採用されるカードはほぼ固まっており、前回の2023年4月データと比べても大きな変化はない印象だ。

【3月シーズン】ルルカのカード使用率ランキング(S5~S9)

順位 カード 順位 カード
1
ドリーム☆マジカルスクエア
2
【デルミン】
デビルミント始龍
3
ミナ&ルナ&レナの
バーゲンセール戦争

4
帝皇機神
ケーニヒ・イェーガー

5
【SAO】
朝露の少女と
6
全天首都防壁
Hum-Sphere LLIK
7
【SAO】
旅路の果て
8
【NieR:Automata】
静寂の時
9
ハイカラ盟友忍者
-壬生咲みみみ-
10
【NieR:Automata】
戦いの始まり

ルルカは、5位までのカードの使用率が抜きん出て高くなっている。

5位の朝露でもその使用率は6位の全天の4倍以上となっており、現バトル環境への適応デッキはほぼ確立されているといっていいだろう。

ランキングを踏まえた、3月シーズン時点でのルルカの主流デッキは、以下のとおり。

【3月シーズン】ルルカの主流デッキ

  • ドリーム☆マジカルスクエア
  • 【デルミン】デビルミント始龍
  • ミナ&ルナ&レナのバーゲンセール戦争
  • 帝皇機神 ケーニヒ・イェーガー

トップ4入りしたカードで構築したデッキ。ルルカはヒーローアクション(HA)でガードブレイクできるため、マジスクと通常【近】カードを入れるだけで、疑似的にいわゆるマジフルカノデッキとして立ち回れるのが強みだ。

マジスクで捉えた敵を確実にキルしやすいうえ、イェーガーバーゲンを同時採用できるため、通常のマジフルカノ型と比べると敵の攻撃にも対応しやすいのが魅力。

ただ、アタッカーとしては火力が若干低いので、うまく味方と協力しつつキルを狙っていこう。

4月シーズンの活躍に期待!「テスラ」

テスラのおすすめデッキ・立ち回り
3月シーズン使用率
(S5~S9)
3月シーズン勝率
(S5~S9)
53位/82人中 81位/82人中
3月シーズン使用率
(S1~S4)
3月シーズン勝率
(S1~S4)
38位/82人中 47位/82人中

3月シーズンはS5ランク以上で勝率ワースト2と活躍が目立たなかったテスラ。

ただ、その結果を受けてかシーズン後に大幅な上方修正を受けており、4月シーズンでの活躍に特に注目したいヒーローだ。

バランス調整では、ネックとなる体力倍率が上がったほか、【罠】カードの設置時間延長効果なども上方修正されている!

【3月シーズン】テスラのカード使用率ランキング(S5~S9)

順位 カード 順位 カード
1
帝皇機神
ケーニヒ・イェーガー

2
奏愛の三女
エレオノーラ
3
神技官
アンジュ・ソレイユ
4
忘愛の長女
アレクサンドラ
5
ハイカラ盟友忍者
-壬生咲みみみ-

6
紅薔薇の暗殺術
クルエルダー
7
蜘蛛縫組 Ж
三代目組長 蜘蛛縫 正太郎
8
祭りの目玉!
ドラゴン花火
9
魂を司る聖天使
ガブリエル
10
モノリス
Hum-Unknown

トップ10に入ったカードのなかでも特に使用率が高いのが、イェーガーエレオノーラ

5位のみみみまでのカードたちも、6位のクルエルダーなどと比べると使用率が頭ひとつ抜けており、採用するプレイヤーが多くなっている。

また、3月データ上の使用率は低くランク外となっているが、バランス調整後に話題となっているのが【毒】【罠】カードの千切だ。

千切は【罠】カードの設置時間延長効果が高まった影響で、ほぼ常時設置が可能になっている。ただ、ステータス面の相性がイマイチで、採用すると体力を確保しづらいのが難点だ

ランキングを踏まえた、3月シーズン時点でのテスラの主流デッキは、以下のとおり。

【3月シーズン】テスラの主流デッキ

  • 奏愛の三女 エレオノーラ
  • 忘愛の長女 アレクサンドラ
  • 帝皇機神 ケーニヒ・イェーガー
  • 神技官 アンジュ・ソレイユ

以前より鉄板といって過言でないほど定番となっているデッキ構成。

回転率の高いエレオノーラで【防】カードを消費させたあとアレクサンドラを設置して、スタン状態にすることを狙っていくのがメイン戦法だ。

テスラは非常に体力倍率が高いが、防御倍率が低いため被ダメージが大きくなりやすい。機動力を活かして被弾を最小限に抑えながら相手の戦いづらい状況を作って味方サポートしていきたい。

【毒】に苦戦するもS5以上で大活躍!「アタリ」

アタリのおすすめデッキ・立ち回り
3月シーズン使用率
(S5~S9)
3月シーズン勝率
(S5~S9)
18位/82人中 25位/82人中
3月シーズン使用率
(S1~S4)
3月シーズン勝率
(S1~S4)
65位/82人中 57位/82人中

3月シーズン前のバランス調整で、ヒーロースキル(HS)が使いやすくなっているアタリ。

ただ、【毒】カードがまん延する直近シーズンではHSを活かすことは難しいのが現状。

しかし、そんな逆風の中でもS5ランク以上で高い使用率と勝率を記録している。

【3月シーズン】アタリのカード使用率ランキング(S5~S9)

順位 カード 順位 カード
1
反導砲
カノーネ・ファイエル
2
荒れ狂う天空王 ぶれいずどらごん
3
全天首都防壁
Hum-Sphere LLIK

4
【デルミン】
デビルミント始龍
5
ミナ&ルナ&レナの
バーゲンセール戦争

6
*絢爛ノ美*
ボラ&アルヒコ&アペイロン
7
帝皇機神
ケーニヒ・イェーガー
8
【リゼロ】
絶望という病
9
機航師弾
フルーク・ツォイク
10
【SAO】
朝露の少女と

2023年8月のデータと比較すると、5位以下の顔ぶれが若干変化。

ただ、7位のイェーガー以下の使用率はほぼ横並びとなっており、ランク外からの紹介となるが11位の「【ダンまち】聖火の女神と宴」、12位の「楽団姫 ディーバ」の使用率もイェーガーと遜色ないものとなっている。

そんななか、特に使用率が高いのが全天までの3枚のカードだ。

ランキングを踏まえた、3月シーズン時点でのアタリの主流デッキは、以下のとおり。

【3月シーズン】アタリの主流デッキ

  • 荒れ狂う天空王 ぶれいずどらごん
  • 反導砲 カノーネ・ファイエル
  • ミナ&ルナ&レナのバーゲンセール戦争
  • 全天首都防壁 Hum-Sphere LLIK

上方修正されたHSの本領を発揮させやすくしたデッキ。天敵となる【毒】カードはバーゲンセールで防ぎ、大ダメージを与えていこう。

今回採用を見送っているが、バーゲンセールの代わりに4位の始龍を採用すれば、ぶれどらと連続ヒットさせることができ、自身でキルを狙いやすくなるという強みが生まれる。

HSをメインで立ち回りたい場合はバーゲンセール、HSを重視せずに【近】カード主体で立ち回りたい場合は始龍を採用するのがおすすめだ。

プレイヤースキルが最も試される!?「甘色」

甘色のおすすめデッキ・立ち回り
3月シーズン使用率
(S5~S9)
3月シーズン勝率
(S5~S9)
33位/82人中 19位/82人中
3月シーズン使用率
(S1~S4)
3月シーズン勝率
(S1~S4)
27位/82人中 72位/82人中

S5ランク以上では高い勝率を記録するも、S4ランク以下では勝率の低さが目立ってしまっている甘色。

ヒーローアクション(HA)のカウンターをいかに使いこなせるかが問われる性能となっており、他のヒーロー以上に慣れた玄人ほど勝ちやすいヒーローとなっていると考えられる。

【3月シーズン】甘色のカード使用率ランキング(S5~S9)

順位 カード 順位 カード
1
全天首都防壁
Hum-Sphere LLIK

2
反導砲
カノーネ・ファイエル
3
ハイカラ盟友忍者
-壬生咲みみみ-
4
帝皇機神
ケーニヒ・イェーガー
5
【SAO】
朝露の少女と

6
ドリーム☆マジカルスクエア


7
ぶじゅつかの超速加速
8
【オーバーロード】
英雄モモン&美姫ナーベ
9
【オーバーロード】
守護者統括 アルベド
10
【NieR:Automata】
交錯する運命

2023年8月のデータと見比べると、マジスクの使用率が大きく変化。

以前に比べると、マジスクを採用せずにイェーガーを搭載して、ダメカの展開時間を極力長くしてHAを主体に立ち回る使い手が増えているということだろう。

4位のイェーガーと5位の朝露は、ほぼ同スキルのカードと考えられ、順位以上に50%ダメージカット【防】カードの支持率は高くなっている。

ランキングを踏まえた、3月シーズン時点での甘色の主流デッキは、以下のとおり。

【3月シーズン】甘色の主流デッキ

  • 反導砲 カノーネ・ファイエル
  • 帝皇機神 ケーニヒ・イェーガー
  • 全天首都防壁 Hum-Sphere LLIK
  • ハイカラ盟友忍者 -壬生咲みみみ-

イェーガー全天で合計16秒も【防】カード(ダメカ)を展開できるデッキ構成。

ダメカの天敵となるガードブレイク攻撃はHAでやり過ごし、狙ってきた敵を返り討ちにしよう。

マジスクなしだと敵を捉えづらく感じたら、「移動速度アップ」メダルで機動力を高めてみるのがおすすめだ。

採用カードに変化が?「アクア」

アクアのおすすめデッキ・立ち回り
3月シーズン使用率
(S5~S9)
3月シーズン勝率
(S5~S9)
13位/82人中 79位/82人中
3月シーズン使用率
(S1~S4)
3月シーズン勝率
(S1~S4)
44位/82人中 34位/82人中

S5ランク以上のランク帯で使用率が高いものの、なかなか勝てていないアクア。

自身も得意とするが、【毒】カードの採用率が非常に高い現環境は、アクアにとっては厳しい環境にもなっていると考えられる。

2023年7月のデータと比較すると、カード使用率ランキングに1点だけ明確な変化があるので注目してみよう。

【3月シーズン】アクアのカード使用率ランキング(S5~S9)

順位 カード 順位 カード
1
帝皇機神
ケーニヒ・イェーガー
2
独災者
アングリフ・ギフト
3
荒れ狂う天空王 ぶれいずどらごん
4
ハイカラ盟友忍者
-壬生咲みみみ-
5
雷霊の加護
ワキンヤン
6
魂を司る聖天使
ガブリエル
7
神技官
アンジュ・ソレイユ
8
迅雷の科学者 アバカン
9
全天首都防壁
Hum-Sphere LLIK

10
【SAO】
朝露の少女と

以前はトップ10入りもしていなかったが、現在2位に君臨し、5位のワキンヤンの3倍に近い使用率を記録しているのが、【毒】【遠】カードのアングリフ

発動時の硬直時間の長さが若干気になるものの、ダッシュアタック(DA)でガードブレイクでき、どんなステータスのカードも採用しやすいアクアを相性がいい1枚で、カードバランス調整以降、非常に採用されやすくなっている。

そのほか、1位のイェーガー・3位のぶれどらも非常に採用率が高く、現環境のアクアなら大半が採用していると想定して問題ないカードだ。

ランキングを踏まえた、3月シーズン時点でのアクアの主流デッキは、以下のとおり。

【3月シーズン】アクアの主流デッキ

  • 荒れ狂う天空王 ぶれいずどらごん
  • 独災者 アングリフ・ギフト
  • 帝皇機神 ケーニヒ・イェーガー
  • ハイカラ盟友忍者 -壬生咲みみみ-

ぶれどらアングリフを同時採用することで、高い防御力を確保できるデッキ。

アングリフでライフを削ったところをぶれどらなどで追撃すれば、自身でキルを狙うことも難しくない。

ただ、アングリフ発動中の隙が大きめなので、長い射程を活かしたり味方にフォローされやすい位置で使ったりして、使い方には工夫していきたい。

機動力アップで勝率アップ!?「モノクマ」

モノクマのおすすめデッキ・立ち回り
3月シーズン使用率
(S5~S9)
3月シーズン勝率
(S5~S9)
56位/82人中 10位/82人中
3月シーズン使用率
(S1~S4)
3月シーズン勝率
(S1~S4)
79位/82人中 2位/82人中

シーズン前のバランス調整で、移動力が超上方修正されたモノクマ。

その影響か、所持者が多いであろうS5ランク以上では使用率が高まり、ランク問わず高い勝率をキープしている。

【3月シーズン】モノクマのカード使用率ランキング(S5~S9)

順位 カード 順位 カード
1
帝皇機神
ケーニヒ・イェーガー
2
独災者
アングリフ・ギフト
3
荒れ狂う天空王
ぶれいずどらごん
4
祭りの真打ち!
打ち上げ花火
5
神技官
アンジュ・ソレイユ
6
ハイカラ盟友忍者
-壬生咲みみみ-
7
雷霊の加護
ワキンヤン
8
銀河防衛ロボ
Unidoll-2525
9
紅薔薇の暗殺術
クルエルダー
10
【祝福する歌姫】
初音 ミク

トップ10入りしたカードでも特に使用率の高さが目立ったのが、打ち上げ花火までの4枚のカードたち。

特に3位のぶれどらまでの使用率が高く、その使用率は5位のアンジュの2倍以上となっている。

ただ、9位のクルエルダーまでの使用率もそこそこ高く、対面する際には警戒したいカードとなっている。

ランキングを踏まえた、3月シーズン時点でのモノクマの主流デッキは、以下のとおり。

【3月シーズン】モノクマの主流デッキ

  • 荒れ狂う天空王 ぶれいずどらごん
  • 独災者 アングリフ・ギフト
  • 帝皇機神 ケーニヒ・イェーガー
  • 祭りの真打ち!打ち上げ花火

4位までのカードをそのまま搭載したデッキ。ヒーローアクション(HA)でデバフ空間を展開しつつ、範囲外の敵にはアングリフでダウンを狙い、近づく敵はぶれどらで迎撃していこう。

他のヒーローでは採用されづらい打ち上げ花火だが、防御倍率の高いモノクマとの相性はよく、ぶれどらアングリフと合わせて採用することで、特に通常攻撃などの被ダメージを大きく軽減できる。

シーズン情報

シーズンバトル告知文

ランキング報酬限定カード:【エルフのおねえさん】ステリア・ララ・シルワ

ランキング報酬限定&参加賞アイコン

順位 報酬アイコン
1位〜10位
11位〜500位
501位〜5,000位
参加賞

シーズン限定コスチューム:おねえさんの傍においで…身も心もキレイにしてあげる【樒】

過去のバトル環境記事はこちら


2024年4月シーズン
(テーマ「アル」)

2024年3月シーズン
(テーマ「ステリア」)

2024年2月シーズン
(テーマ「ポロロッチョ」)

2024年1月シーズン
(テーマ「コクリコ」)

2023年12月シーズン

2023年11月シーズン
(テーマ「ヴィオレッタ」)

(C) NHN PlayArt Corp.
(C) DWANGO Co., Ltd.