キックフライト攻略

キックフライト【攻略】:ディアトリウスのおすすめデッキと立ち回り方【メディア先行版】

『キックフライト』に登場する「ディアトリウス」は、高い体力倍率と回復するアビリティを併せ持つ、耐久性能が極めて高いキッカーだ。本稿では、各スキルの特徴や立ち回り方、おすすめのデッキなどを紹介していこう。

■目次
1.基本情報
 └通常攻撃
 └キッカースキル
 └スペシャルスキル
 └アビリティ
2.立ち回り方
 └あえて目標に関わって注意を引く!
 └相手からクリスタルを奪う動きをしよう
 └吹き飛ばしを駆使して一気に倒し切るべし
 └終盤は相手の飛行を封じて勝負を決める!
 └ディスクは「突進攻撃」がおすすめ!
3.おすすめデッキ
4.コスチュームバリエーション

※本記事の内容は、開発段階の情報を元に制作しているため、実際の仕様とは異なる場合がございます

ディアトリウスの基本情報

タイプ タンク
攻撃倍率 2位/12人中
体力倍率 3位タイ/12人中
移動速度 12位/12人中
得意ディスク 突進攻撃・【BUFF】
声優 安元洋貴

通常攻撃

ディアトリウスの通常攻撃は、豪腕で相手を殴る近距離攻撃。3発で一連の流れになっており、全段当てるのに約2.5秒ほどかかる。

攻撃力自体は高いが、攻撃モーションが遅いため、移動速度も遅いディアトリウスでメインのダメージソースにするのは難しいだろう。

通常攻撃の最大射程は、画像の通り。ディアトリウス自体が大きいので短く見えるが、実際は他の近距離攻撃キッカーと大差ない

キッカースキル:メテオインパクト

目の前にいる相手を、攻撃力の約1.2倍でぶん殴るキッカースキル。

攻撃を当てると、相手を遠くへ吹き飛ばすことができるので、スキル後に反撃を食らいにくい。

攻撃までのモーションが早く、相手のディスクキャンセルも狙えるスキルだ。

キッカースキルの最大射程は、「近距離攻撃」のディスク使用時と大差ない。ディスクなしで使える「近距離攻撃」と思えば、イメージしやすいだろう

また、再使用までの時間が15秒と短め。吹き飛ばしによる相手への妨害を何度も利用できる点は非常に強力だ。

吹き飛ばす距離は画像の通り。ミニマップを見てもらえば分かると思うが、相手からロックオンが外れてしまうほどの距離まで吹き飛ばせる

スペシャルスキル:メガグラビトン

フィールド全体に重力場を発生させて、7秒間相手チームを飛べなくするスペシャルスキル。

飛べなくなるということは、クリスタルの回収・フラッグの運搬といった、目標の確保ができなくなることを意味する。

こちらへの攻撃もほとんどできなくさせられるため、7秒間は味方全員が安全に行動できる時間を作りだせる、非常に強力なスペシャルスキルだ。

ただし、効果はあくまで相手が飛べなくなるのみ。地上での移動や攻撃、ディスクやスペシャルスキルによる妨害は可能なので、その点には気をつけておこう。

アビリティ:ブート・ナノマシン

HPが30%以下になると、2秒ごとに最大HPの3%を回復するアビリティ。

元々体力倍率の高いディアトリウスは、耐久力が高いキッカーではあるのだが、このアビリティによってさらに耐久力が向上している。

回復量こそ少ないが、一定のHPを保ちやすくなる優秀なアビリティだ

ディアトリウスの立ち回り方

ディアトリウスは高い耐久力と吹き飛ばし効果のあるキッカースキルを生かして、相手にガンガン殴り合いを仕掛けていくことが基本的な戦い方になる。

クリスタルを持った相手に絡む、狙われている味方を助ける、ガーディアン周りの攻防に参加するなど、さまざまな役割を担える性能を持っているところが魅力だ。

反面、やるべきことが流動的であり、臨機応変さが求められるキッカーともいえる。ここでは、場面ごとになにができるかを紹介していくので、立ち回りの参考にしてみてほしい。

あえて目標に関わって注意を引く!

正面からの殴り合いに強く、吹き飛ばしで妨害もできるディアトリウスは、相手からすればタイマンでは戦いたくないキッカー。

中でも、戦闘能力が低めなスピードタイプやサポートタイプのキッカーには、攻撃を仕掛けても逃げられることが多くなっている。

一度相手に逃げられると、移動速度が遅いディアトリウスは、基本的にブーストダッシュを使用しなければ追いつけない。戦闘を避けられると自身の強みを生かしにくくなってしまうのだ。

逃げる「ツバメ」をブーストダッシュで追撃しようとしたが、相手にもブーストダッシュを使われて追いつけなくなってしまった

そのため、もし相手が戦闘に応じてくれない場合は、クリスタルやフラッグなどの目標を入手することで注意を引いていきたい。

率先して遠くに取りに行く必要はないが、相手撃破後に解放されるクリスタルなどを狙っていると、意外にクリスタルもたくさん持つことができる。

放置できない存在となることで、強制的にディアトリウスとの戦闘や対処を強いることができる。味方が狙われる可能性も低くなり、チーム全体が動きやすくなるだろう。

お互いにガーディアンを攻撃し合い、最終的にキッカーが所持しているクリスタル数で勝敗が決まることも多い。耐久力が高いディアトリウスがクリスタルを所持することは、戦略的にも有用だ

基本は相手からクリスタルを奪う動きをしよう

序盤は、自身でクリスタルを少しずつ回収しながら、クリスタルを多く持ったキッカーを探し、攻撃を仕掛けていきたい。

相手が殴り合いに応じてきた場合はキッカースキルを駆使して撃破を、逃げようとした場合は追いかけていこう。

“追いかけてませんよ感”を出しながらゆっくりと後を追っていると、ガーディアンにクリスタルを預けに行くことも。ブーストダッシュで一気に近づいて倒してしまおう

耐久力が高いおかげで、ガーディアンの攻撃を受けながらでもけっこうな時間生き残れる。

相手のガーディアン周りが手薄な場合は、キッカーを追いかけた流れでそのまま削りにいってしまおう。

ただし、移動速度が遅いため、遠くにあるガーディアンを無理に狙いに行く必要はない。

「次なる標的を狙う」「味方やガーディアンを守る」ことでも活躍はできるので、自分の現在位置や戦況で、次に向かう場所を判断してみよう。

キックフライト【攻略】:ディアトリウスのおすすめデッキと立ち回り方【メディア先行版】

タイマンは吹き飛ばしを駆使して一気に倒し切るべし

相手に近づいたら、その勢いのままキッカースキルを叩きこんで吹き飛ばしてしまおう。

硬直している間に、次の攻撃の準備。再び距離を詰めて通常攻撃をお見舞いするか、ディスクによる追撃で相手を倒し切るところまでもっていこう。

吹き飛ばし攻撃は、相手が壁や床に垂直にぶつかると、硬直も長くなる。キッカースキル使用時に、これも狙えるとベストだ

なお、ディアトリウス自身は瞬間的な火力がそれほど高くないところには注意したい。

短時間で倒し切るためには大ダメージを与える【ATK】ディスクに頼る必要があるので、多少発動に時間がかかっても、ダメージ重視のディスクを採用するのがおすすめだ。

発動まで比較的時間がかかる遠距離攻撃も、吹き飛ばしで硬直している相手なら当てやすい。素早くディスクを発動させて、強力な一撃をお見舞いしていこう

ただし、壁との距離が近すぎるとぶつかるタイミングが早くなるため、発動が遅いディスクでは追撃しづらい。

キッカースキルがヒットしたときの状況に合わせて、追撃する【ATK】ディスクを使い分けていこう。

相手のすぐ後ろに壁がある場合は、「追撃突進攻撃」がおすすめ。突進しながら壁に突っ込めば、相手を壁にぶつけながら密着できるため、そこから通常攻撃などで追撃できる

終盤は相手の飛行を封じて勝負を決める!

スペシャルスキルのメガグラビトンは、相手チームを7秒間飛べなくする非常に強力なもの。7秒もあれば、スピードタイプならフラッグを1本運ぶ余裕すらあると思っていいだろう。

特に、高台などが少ないフラットなフィールドで使ったとき、相手の妨害を完全に無効化できる場合もある。

うまく利用すれば、それだけで勝負を決めることもできるので、発動タイミングを見極めて確実に相手を無力化していこう。

「アウルベルト」や「ツバメ」など、飛び回ることで真価を発揮するタイプのスペシャルスキルに合わせて、相手のスキルを無駄撃ちさせるのも効果的だ

スペシャルスキルの使いどころは戦況にもよるが、バトル終盤、残り時間30秒を切るくらいの、ちょうど大量にクリスタルを保持したキッカーやガーディアンを狙いたい時間帯がおすすめ。

逃げ回るスピードキッカーの妨害や、ガーディアンを狙う相手、守りに駆けつける相手の妨害を行うことで味方のサポートをし、勝利へとつなげていこう。

高台にガーディアンがあるようなマップでは効果絶大。終盤に使われると、ガーディアンを攻めも守りもできないといった状態に追い込める

ディスクは「突進攻撃」がおすすめ!

ディアトリウスは【ATK】のディスクだと、「近距離攻撃」や「突進攻撃」と相性がいい。

移動速度が遅く、相手との距離を詰めるのが苦手なディアトリウスには、一気に距離を詰められる手段が多い方がいい。

弱点をカバーできるという点で、「突進攻撃」は特におすすめだ。

「突進攻撃」を使う場合は、ヒットすると相手に密着できる「追撃突進攻撃」が便利

「近距離攻撃」も発動が早く強力ではあるのだが、吹き飛ばしか叩きつけの効果が付いており、回転の早いキッカースキルと役割がかぶってしまう印象だ。

また、吹き飛ばし⇒ブーストダッシュといった行動が増えると、エネルギー切れを起こしがちになる。それよりは、多少発動が遅くても強力な一撃が放てる「遠距離攻撃」などの方が、相手を倒し切る可能性は高まるはずだ。

ディアトリウスのおすすめデッキ

キッカースキルを使う頻度が高いため、吹き飛ばした後どうするかを念頭に置いた構成をしていきたい。

攻撃を仕掛けるために接近する手段にも、遠くに行った相手を追撃する手段にも利用できる「突進攻撃」をメインに据えてみよう。

また、ディアトリウスは耐久力が高いとはいえ、近接戦闘が多く、攻撃を受けることが非常に多いため、【HEAL】ディスクは必須だろう。

囮役も務める都合上、2枚採用しておくと安全だ。

コンボ型

  • 追撃突進攻撃
  • 遠距離攻撃
  • 自己回復
  • 自己回復

追撃突進攻撃⇒キッカースキル(吹き飛ばし)⇒遠距離攻撃とつなげて倒し切るための構成。状況に応じて順番を変えたり、通常攻撃を混ぜてしまっても問題ない。

吹き飛ばし後に相手が何もできない時間を利用して、高火力の遠距離攻撃を入れるところがポイント。

通常攻撃などの火力が低く、決め手に欠けるディアトリウスの弱点を補っていこう。

近突両採用型

  • 近距離攻撃
  • 追撃突進攻撃
  • 自己回復
  • 自己回復

発動時間の短い「近距離攻撃」と「突進攻撃」を入れた構成。

「追撃突進攻撃」で一気に距離を詰めた相手に、「近距離攻撃」とキッカースキルを重ねてなにもできない内に倒していく。

「追撃突進攻撃」のおかげでブーストダッシュを温存できるので、次の攻撃につなげやすいところが魅力だ。

【ATK】ディスクの採用候補

近距離攻撃
追撃突進攻撃
遠距離攻撃

単体

範囲
その他

コスチュームバリエーション

基本コスチューム

カラーバリエーション

トレーニングウェア

異星の民族服

その他のキッカーの立ち回り記事はこちら

ディアトリウス以外のキッカーの立ち回りは、以下の記事を参考にしてみよう。

スピード


ツバメ

アンナ

ジェイ

アタック


カイト

ピトフィ

ユイエン

タンク


ココ

ディアトリウス

バジー

サポート


ルリハ

アウルベルト

グレンホーク

(C) Grenge, Inc. All Rights Reserved.
※ゲーム画面は開発中のものです。