キックフライト攻略

キックフライト【攻略】:バトルを楽しむための基礎知識ガイド

『キックフライト』のバトルを最大限楽しむために知っておきたい、バトルの基礎知識をまとめてご紹介。基本を覚えるだけでも、バトルの楽しさは大きく変わってくるので、始めたばかりの初心者の方は要チェックだ!

■目次
1.バトルで覚えておきたい基礎知識を紹介!
 └属性変更で効率よくダメージを与えよう!
 └スペシャルスキルをためよう!
  └倒された場合は減少
 └相手の攻撃を回避しよう!
  └「ジャスト回避」で素早く反撃!
  └ジャスト回避を使いこなすコツ
 └「ダッシュ攻撃」で距離を詰めつつ攻撃!

※本記事の内容は、開発段階の情報を元に制作しているため、実際の仕様とは異なる場合がございます

バトルで覚えておきたい基礎知識を紹介!

『キックフライト』のチュートリアルでは、本作の独特な操作である”飛行”について、重点的に学べる。

しかし、操作方法についてはバッチリ学べたが、バトルはどういった仕組みなのか、まだ把握できていないという人もいるだろう。

本稿では、初心者の方には特に知っていただきたいバトルの基礎知識を紹介。まだバトルについて知らないことがある人は、ぜひ一読して欲しい。

基本的な知識さえ覚えれば、無知だった頃よりも勝てる確率がグッと上がっていくはずだ

属性変更で効率よくダメージを与えよう!

本作には、と3種類の属性が存在。バトル開始時の自身の属性は、デッキの一番左にあるディスクと同じ属性になる。

属性には相性があり、に強く、に強く、に強い。3すくみの相性になっているため、特定の属性が極端に強いということはないだろう。

特定の属性でバトルを始めたいときは、あらかじめデッキを組む段階で一番左に配置しておこう

属性が有利な状態で攻撃したとき、「WEAK」と表示されて、与えるダメージが1.2倍になる。逆に不利な属性の場合は、ダメージが0.8倍となるため、相手との属性相性には注意が必要だ。

バトル中に属性を変えたいときは、ディスクを下方向にフリックすることで変えられる。ただし、属性変更中の約1秒はディスクが使えなくなるので、変更するタイミングには気をつけよう。

相手の属性は、ロックオン可能な距離で確認できる。上記の相手は属性が水なので、ここは風に変えて迎え撃つ!

スペシャルスキルをためよう!

本作ではどのキッカーにも、必殺技と呼べる「スペシャルスキル」というものが存在する。

スペシャルスキルは、キッカースキルアイコンの下にあるアイコンの周りにあるゲージをためて、アイコンが光ったら使用可能となる。

スキルゲージをためる方法は、以下の3通りだ。

  • 移動距離に応じて増加
  • 相手を攻撃すると増加(ディスク攻撃・キッカースキルを含む)
  • 相手を撃破すると増加

アイコンが光ったら、あとはタップして使うだけ。強力なスペシャルスキルで勝利を手繰り寄せよう!

基本的に移動していればスキルゲージがたまっていくので、よほど動かない時間が長くない限りは、どのキッカーも1度はスペシャルスキルがたまるようになっている。

攻撃性能が高いキッカーなどは、相手を撃破してスキルゲージを素早くためていき、スペシャルスキルを複数回使うことが、勝利への近道と言えるだろう。

相手を倒したときのゲージ増加量は、画像の通り。6メモリ中の約1.2メモリといったところだ

倒された場合は減少

強力なスペシャルスキルを持つキッカーほど、スキルゲージはたまりにくくなっているので、積極的に攻撃して相手を倒すことが必要だと思う人もいるだろう。

ただし、本作では自分が相手に倒されてしまった場合、スキルゲージが減少するというシステムも存在する。

つまり、スペシャルスキルのために攻撃を仕掛けたが、逆に倒されてスキルゲージが減少した上に、相手のスキルゲージがたまってしまう、という状況になることもあり得るのだ。

相手に倒されたときのゲージ減少量は、画像の通り。撃破時の増加量とは比例せず、こちらは約0.7メモリほどだ

いくら強力なスペシャルスキルを持っていても、使えなければ意味がない。特にためにくいキッカーだと序盤~中盤に複数回倒されるだけで、その試合中には使えない可能性も出てくる。

そのため、攻撃性能が高くないキッカーに関しては、相手を撃破するよりも倒されないことを優先して、試合終盤で確実に使える状況を作ったほうがいい場合もあるのだ。

自分の使用しているキッカーが、スキルゲージをキルでためるべきなのか、たまるように考えて動くべきなのか、事前に把握しておくといいだろう。

分かりやすい判別方法は、キッカー選択画面のステータスパラメータ。攻撃が伸びていればキルを、体力や機動力が伸びていたら生存を優先することで、スペシャルスキルをためよう

スペシャルスキルの発動を阻止できる!

倒されるとスキルゲージが減るということは、狙って相手のゲージを減らせるということでもある。

そのため、ゲージがたまっている相手を撃破できれば、一時的にスペシャルスキルの発動を封じることも可能だ。

特に、強力なスペシャルスキルを持つキッカーは、終盤の勝負どころに備えてスキルゲージをためているパターンが多い。

相手がスペシャルスキルを使う前に撃破して、発動を阻止できれば味方の助けにもなるので、状況次第では狙ってみるのもいいだろう。

ゲージがたまっているキッカーは、白いオーラのようなものをまとっているため、一目で判別可能だ

相手の攻撃を回避しよう!

上フリックの上昇や横フリックでのステップは、距離は短いものの、素早くフリックした方向に動ける操作。

このフリック操作を相手の攻撃タイミングに合わせると、相手の攻撃を回避することができるのだ。

特に、キックフライトの銃弾やスキルの遠距離攻撃は追尾性能が高く、ただ移動するだけでは避けられないことが多い。

回避を使えば、遠距離攻撃の相手と距離を詰めやすくなったり、追撃から逃げ切りやすくなったりするので、どんなキッカーでも使える強力なテクニックと言えるだろう。

相手が攻撃してきたら、横や上のフリックで移動して、攻撃を避けよう!

「ジャスト回避」で素早く反撃!

相手の攻撃をタイミングよく避けると、シュッと横に瞬間移動するような、「ジャスト回避」という特殊な動作に変化する。

ジャスト回避は、フリック後の硬直を大幅に短縮してくれるため、回避後にすぐさま別の行動に移れるようになる。

相手の攻撃を避けてすぐに反撃などに移れるので、ジャスト回避ができるかできないかで、戦闘の勝敗は大きく変わると思っていいだろう。

ジャスト回避は成功すると、移動後に煙のようなオーラが出るため、成功したかは分かりやすい

ジャスト回避を使いこなすコツ

「ジャスト回避がうまくできない!」という人は、避けるタイミングが掴めていないと思われる。

近距離攻撃では、基本的にヒットする直前に避けると成功しやすい。ただ、早いと普通の回避になる上に、遅ければ相手の攻撃が当たってしまう。

タイミングがなかなかシビアなので、トレーニングなどでしっかり練習するのがおすすめだ。

お互い同時に攻撃モーションに入ったが、こちらはジャスト回避で避けつつ、攻撃をキャンセル。相手は攻撃を空振り、無防備な瞬間を狙えるようになった!

遠距離攻撃では、弾が当たる少し前に避ければジャスト回避になる。こちらは近距離攻撃と違い、そこまでタイミングがシビアではない。

入力が少し早くなってしまったり、遅くなったりしても、当たる前に回避が入力できれば比較的成功しやすいはずだ。

弾の速度にもよるが、弾と自分の距離が画像くらいのときにフリックすればジャスト回避になる

「ダッシュ攻撃」で距離を詰めつつ攻撃!

通常攻撃が近距離のキッカーに限り、ロックオンした相手にブーストダッシュをすることで、「ダッシュ攻撃」が行える。

ダッシュ攻撃にはヒットさせた相手を怯ませる効果があるため、相手がディスクを使用して発動するまでの準備時間に命中させられれば、ディスクの発動をキャンセルすることも可能だ。

狙ってキャンセルさせられるようになるには練習や慣れも必要だが、相手のディスクを無効化できるので、覚えておいて損はないテクニックと言えるだろう。

ただし、ダッシュ攻撃はブーストゲージを2メモリ消費する。その後の立ち回りで加速できる回数が減るので、考えなしに使いまくるのはやめよう。

ディスクを使うと、隣にディスクのアイコンになっているキャラなどが出現するので、そのタイミングでダッシュ攻撃を当てよう

(C) Grenge, Inc. All Rights Reserved.
※ゲーム画面は開発中のものです。