キックフライト攻略

キックフライト【攻略】:ツバメのおすすめデッキと立ち回り方【メディア先行版】

『キックフライト』に登場する「ツバメ」は、バランスの取れたステータスと使い勝手のいいスキルに加え、攻撃や妨害などのさまざまな用途があるスペシャルスキルを持ったキッカーだ。本稿では、各スキルの特徴や立ち回り方、おすすめのデッキなどを紹介していこう。

■目次
1.基本情報
 └通常攻撃
 └キッカースキル
 └スペシャルスキル
 └アビリティ
2.立ち回り方
 └スピードを生かして目標に向かおう!
 └ヒット・アンド・アウェイで攻める!
 └スペシャルスキルは発動タイミングがカギ!
 └ディスクは「突進攻撃」か【MOVE】がおすすめ!
3.おすすめデッキ
4.コスチュームバリエーション

※本記事の内容は、開発段階の情報を元に制作しているため、実際の仕様とは異なる場合がございます

ツバメの基本情報

タイプ スピード
攻撃力 9位/12人中
体力 6位/12人中
移動速度 2位/12人中
得意ディスク 突進攻撃・【MOVE】
声優 内田雄馬

通常攻撃

ツバメの通常攻撃は、右手に持っている剣で斬りつける近距離攻撃。5回で一連の流れとなっており、全段当てるには約3秒かかる。

攻撃の間隔が短めで、単発攻撃なので攻撃を途中でキャンセルしやすく、シンプルで非常に扱いやすい。

攻撃を当てるには相手に近づく必要があるが、キッカースキルで接近しやすいツバメは、射程の短さもあまり気にならないだろう。

通常攻撃の最大射程は、画像の通り。ロックオン中だと距離感をつかみにくくなるので、基本的には相手に密着するようにしたほうが確実にヒットさせられるはずだ

キッカースキル:ソニックラッシュ

前方に突進しつつ、攻撃力の約2倍で斬りつけるスキル。相手が被ダメージ減少バフ(シールド)を使用していた場合は、威力が飛躍的に向上し、バフを解除することができる。

相手との距離を素早く詰められるため、スキルヒット後に、そのまま通常攻撃にもつなげられる。

突進距離は決まっているが、元々移動速度が速くて距離を詰めやすいツバメは、相手が逃げない限りは比較的簡単に命中させられるスキルだ。

味方が与えるダメージも減少してしまうので、シールドを張っている相手がいたら積極的に割りに行こう!

スペシャルスキル:バーストグライド

自身の移動速度を20%上昇させ、周囲に攻撃判定のある竜巻を約15秒間展開するスペシャルスキル。

竜巻のダメージは攻撃力と等倍で、触れた相手を上空に高く吹き飛ばせる。吹き飛ばされた相手は落ちてくるまで身動きが取れないので、相手の行動を一時的に制限できるだろう。

また、相手が立て直す前にブーストダッシュで距離を詰めれば、再び吹き飛ばすことができ、そのままキルまで持っていくことも可能だ。

アビリティ:アクセルチャージ

HPが50%以下になると、ダッシュゲージの回復量が50%上昇するアビリティ。

戦闘中にダッシュゲージを使用しても、自身がピンチになるとダッシュゲージの回復量が大幅に上がるため、ツバメは相手から逃げやすい。

正面から戦うのが得意なキッカーでもないので、危険を感じたら素早く前線から離脱するのがいいだろう。

ツバメの立ち回り方

ツバメは攻撃力や体力の倍率に差がないため、クセの少ないキッカー。ロールがスピードなので移動速度も速く、初心者でも扱いやすいのが特徴的だ。

キッカースキルでの急接近攻撃や、スペシャルスキルでの大幅な移動強化&竜巻による妨害を生かして、フィールドを飛び回って戦場を荒らしていこう。

スピードを生かして目標に向かおう!

ツバメは序盤から持ち前の速さを生かして、積極的にクリスタルなどを取りに行くといいだろう。

相手が妨害のために接近してきても、移動速度を生かして戦闘を回避したり、キッカースキルで先制攻撃を仕掛けたりと、柔軟に対応しやすい。

特に、遠距離攻撃を主体としているキッカーには、キッカースキルで距離を詰めて攻撃を仕掛けていこう。

トップクラスのスピードを生かして、積極的に目標へ関わっていこう

ヒット・アンド・アウェイで攻める!

ツバメは攻守のバランスが取れてはいるものの、アタックほどの火力やタンクほどの耐久力はない。

そのため、基本的には移動速度を生かして、攻撃を当てたら距離を取るという”ヒット・アンド・アウェイ”戦法がおすすめだ。

真正面から殴り合うというよりは、味方に夢中の相手を横から攻撃して、ダメージを与えたりキルを取ったりしていく戦い方だ

下フリックからの反転を利用した動きを紹介!

チュートリアルでも教わることになるが、後方へ素早く反転するときは、上下の連続フリックで行う。

実はこの反転、下フリックを先にやっても行えるのだ。

しかも、下フリックを先にやるとバックステップしてから反転できるため、相手と距離を取りつつ進行方向を変えられる。

この反転方法を利用すれば、

  1. ダッシュ攻撃などで接近して攻撃
  2. バックステップからの反転で反撃を回避しつつ向きを変える
  3. ブーストダッシュで距離を取る

という動きが可能になる。少し操作は複雑になるが、移動速度や攻撃速度の遅いキッカーには効果的なので、ぜひとも実践してみてほしい。

コツはバックステップを見てから上フリックをすること。早すぎてステップ距離が短くなったり、遅すぎて上昇したりしないように注意だ

スペシャルスキルは発動タイミングがカギ!

ツバメのスペシャルスキルは、竜巻に触れた相手を強制的に吹き飛ばすことができるので、近距離戦闘が主体のキッカーでは触れにくくなる。

そのため、妨害可能な相手が周囲にいないときに使用すれば、発動中の15秒間は自由に行動しやすい。

特に、フラッグフライトでフラッグを持ちながら使用したときの突破力は驚異的なもの。少しでもゴールにフラッグを近づけたいときは狙ってみるといいだろう。

また、吹き飛ばしで相手のクリスタル集めを妨害したり、フラッグの運搬を阻止したりもできる。相手がこちらを妨害できない隙を狙って、妨害をしまくるというのも一つの使い方だ。

スペシャルスキルは移動速度が上がるため、フラッグを持つことでかかる大幅な移動速度デバフも軽減できるというメリットがある

キックフライト【攻略】:ツバメのおすすめデッキと立ち回り方【メディア先行版】

ディスクは「近距離攻撃」や「突進攻撃」がおすすめ!

ツバメは【ATK】のディスクでは、近くの相手を攻撃する「近距離攻撃」か、相手に向けて一気に突っ込む「突進攻撃」と相性がいい。

どちらのディスクも、キッカースキルの後に使ったり、スペシャルスキルと組み合わせたりすることができ、ツバメの戦闘能力を大きく向上させてくれるだろう。

また、【ATK】以外では【MOVE】のディスクも素早く発動できるため、これらをデッキに搭載すると戦いやすくなるだろう。

追撃突進攻撃は、命中すると突進が終わるまで相手を押し続けることができる。そのまま壁に激突させれば、さらなる追撃チャンスも!

ツバメのおすすめデッキ

ツバメは近距離攻撃を採用して戦闘に強くしておくか、移動も兼ね備えた突進攻撃や【MOVE】のディスクを入れて、フィールドを駆け回りやすくしたデッキがおすすめ。

どちらのデッキにも大きな強みがあるので、自身のプレイスタイルに合わせて、使いやすいほうを使用していこう。

交戦型

  • 追撃突進攻撃
  • 近距離攻撃
  • 被ダメージ軽減バフ
  • 自己回復

【ATK】ディスクを2種類採用して、戦闘に強くした構成。

基本的にはキッカースキルや追撃突進攻撃の後に、近距離攻撃や通常攻撃をつなげてキルを狙っていく。

追撃突進攻撃は、発動の速いツバメなら妨害にも利用しやすいので、状況によっては味方のサポートにも利用していくといいだろう。

機動力重視型

  • 貫通突進攻撃
  • 【MOVE】ディスク
  • 被ダメージ軽減バフ
  • 自己回復

貫通突進攻撃と【MOVE】ディスクを採用して、機動力を重視した構成。

基本的には元々の高い機動力とディスクを生かして、クリスタルの確保やフラッグの運搬などをすることでチームに貢献していく。

追撃ではなく貫通の突進攻撃にすることで、立ちふさがった相手への突破力が向上しており、相手の妨害で止められにくい。

ただし、勝敗に直結するアクションを行うため、常に相手に狙われる可能性が高い。緊急時に避難する手段として、【WARP】を1枚採用するのもいいだろう。

【ATK】ディスクの採用候補

近距離攻撃
追撃突進攻撃
貫通突進攻撃

コスチュームバリエーション

基本コスチューム

カラーバリエーション

トレーニングジャージ

イナズマセット

その他のキッカーの立ち回り記事はこちら

ツバメ以外のキッカーの立ち回りは、以下の記事を参考にしてみよう。

スピード


ツバメ

アンナ

ジェイ

アタック


カイト

ピトフィ

ユイエン

タンク


ココ

ディアトリウス

バジー

サポート


ルリハ

アウルベルト

グレンホーク

(C) Grenge, Inc. All Rights Reserved.
※ゲーム画面は開発中のものです。