キックフライト攻略

キックフライト【攻略】:シーズン10閉幕!スクランブルでのシドの人気は如何に!?

『キックフライト』でランキングイベントの「シーズン10」が開幕。今シーズンは4度目となる「スクランブル」での開催。本稿では開発チームにご協力いただき、本シーズンのボーダーや使用率などを、簡単な考察とともにご紹介していこう。

■目次
4度目のスクランブルシーズン!
 └シーズンボーダー
使用率&勝率ランキング【S+5以上】
使用率&勝率ランキング【S~S+4】
キッカー別ディスク使用率ランキングTOP5
シーズン10でもシドの人気は健在!

4度目のスクランブルシーズン!

2021年1月4日~1月13日まで行われた、『キックフライト』のランキングイベント「シーズン10」。今シーズンは4回目となる「スクランブル」での開催だ。

本稿では開発チームの協力のもと、「シーズン10」のボーダー使用率・勝率などを公開。今シーズンで人気のあったキッカーや強かったキッカーを知り、今後のバトルに役立ててほしい。

シーズンボーダー

順位 Pt 前回比較 限定報酬
10位 5,723
【S+8】73
48 星3エンブレム
TOP10バッジ
100位 4,921
【S+6】271
80 星2エンブレム
TOP100バッジ
500位 4,212
【S+5】62
35 星1エンブレム
TOP500バッジ
1,000位 3,679
【S+4】29
173 TOP1,000バッジ
2,000位 2,703
【S+2】53
275

本シーズンは、前回から比較すると全体的にボーダーが上昇する結果になった。スクランブルは毎シーズン人気のルールであり、今回も例外ではない模様。

今までの傾向に比べると、各ボーダーのPt差が大きい。一つのボーダーから、次の報酬獲得までのボーダーまでに必要なPt量が多く、報酬獲得にはかなり試合数を重ねる必要があったと思われる。

使用率&勝率ランキング【S+5以上】

使用率 キッカー 勝率 キッカー
1
NEW

シド
1
▲1

バジー
2
▼1

ピトフィ
2
▲1

ヒタギ
3
➡︎

ヒタギ
3
▼2

アンナ
4
▼2

ココ
4
➡︎

ピトフィ
5
▲2

ユイエン
5
NEW

シド
6
➡︎

アンナ
6
▲6

ツバメ
7
▼3

ルリハ
7
▼2

グレンホーク
8
▼3

カイト
8
▼2

ディアトリウス
9
➡︎

グレンホーク
9
➡︎

ユイエン
10
➡︎

ツバメ
10
▼2

ココ
11
▼3

バジー
11
▼4

カイト
12
▲1

ディアトリウス
12
▼1

アウルベルト
13
▼2

アウルベルト
13
▼3

ルリハ
14
▼2

ジェイ
14
▼1

ジェイ

※順位下の数字は、前回のスクランブルシーズンからの順位変化を表したもの

S+5以上では使用率をシド・勝率はバジーが1位を獲得。前回のシーズン9で圧倒的な使用率を見せたシドは、初スクランブルシーズンでも高い使用率になっている。

そんなシドの活躍が目立つ中、スクランブル人気キッカーのピトフィ・ヒタギ・アンナは、使用率・勝率ともに善戦。

全員自身の強みを生かした立ち回りが強力であり、使いこなすプレイヤーも多いため、上位を獲得し続けていると思われる。

使用率&勝率ランキング【S~S+4】

 使用率 キッカー 勝率 キッカー
1
NEW

シド
1
▲2

ユイエン
2
▼1

ヒタギ
2
NEW

シド
3
▼2

ピトフィ
3
▼2

バジー
4
➡︎

ユイエン
4
➡︎

ディアトリウス
5
▼2

ココ
5
▲1

ツバメ
6
▼1

カイト
6
▼4

アンナ
7
▼1

ルリハ
7
➡︎

ピトフィ
8
▲2

アンナ
8
▼3

カイト
9
▼1

ツバメ
9
▲1

グレンホーク
10
▼3

アウルベルト
10
▼1

ヒタギ
11
▼2

グレンホーク
11
▼3

ルリハ
12
▲1

ディアトリウス
12
➡︎

ココ
13
▼2

バジー
13
➡︎

ジェイ
14
▼2

ジェイ
14
▼2

アウルベルト

※順位下の数字は、前回のスクランブルシーズンからの順位変化を表したもの

S+4以下でも使用率1位はシドが獲得。勝率は変わり、ユイエンが1位に輝いている。S+5と比ベて使用率に差がなく、上位陣の誰が1位になってもおかしくない結果に。

S+5以上に比べるとユイエンの勝率が大きく伸びており、代わりにヒタギの勝率が大きく下がっている。

どちらも突進や近距離攻撃を主体に戦うキッカーだが、初心者にはバランスの良いステータスを持つユイエンの方が使いやすく、尖ったステータスのヒタギでは安定して勝つのが難しいようだ。

キッカー別ディスク使用率ランキングTOP5

1位 2位 3位 4位 5位

今シーズンは特定のディスクが人気というわけではなく、それぞれが自身と相性のいいディスクや、立ち回りに必要なディスクを選択している模様。

目に見えて採用率が高いのは「キラーセクタ」。瞬時に狙った相手の背後を取れる+攻撃力アップと、一定の火力があるキッカーなら誰でも採用できるレベルの人気ディスクだ。

それ以外では「ブロックス」+「レオレックス」のペアも多い。突進+近距離を使うキッカーが多い影響もあるが、今シーズンはジェイもこの2枚の採用率が高いことから、こちらも人気のディスクセットと言えるだろう。

キックフライト【攻略】:シーズン10閉幕!スクランブルでのシドの人気は如何に!?

シーズン10でもシドの人気は健在!

シーズン9で大暴れしすぎた影響か、シーズン終了後に下方修正の入ってしまったシド。それでも依然として使用率は高く、勝率も決して低くはない優秀な結果を残している。

しかし、ヒタギやユイエンのように特定のランク帯で活躍しているキッカーもいるので、前回のようなシドの独壇場になるシーズンではなかったようだ。

2月には最後の公式大会が控えているため、大会参加者が今回の使用率・勝率の結果を見て、どのような構成で大会に望むのかが楽しみだ。

(C) Grenge, Inc. All Rights Reserved.