リンクスリングス攻略

リンクスリングス攻略:ラビットの立ち回り方とおすすめ装備【8/21更新】

『リンクスリングス』に登場する「ラビット」は、高いATKと移動距離の長いスキルを利用して、相手の死角から攻撃を仕掛けていける奇襲性能が高いパワータイプのキャラだ。本稿では、各スキルの特徴や立ち回り方に加え、メインやサブにおすすめの装備なども紹介していこう!

おすすめ攻略記事

リセマラ

アップデート

マップ攻略

テクニック集

十文字の立ち回り

バトルのNG行動

キャラ一覧

武器一覧

アクセサリ一覧

8月16日のバランス調整内容

  • スキル「リープスラッシュ」の上方修正
    └スキル後の硬直時間が短縮
  • SPスキル「ヴォーパルラビット」の上方修正
    └必要コネクトポイントが485→445に減少
    └2~3段目の突進距離が延長

7月9日のバランス調整内容

  • 基礎パラメータが上昇
    └HPが600→680にアップ

※数値などの詳細は、バランス調整実施時に追加させていただきます。

6月21日のバランス調整内容

  • スキル「リープスラッシュ」の下方修正
    └突進攻撃の速度と距離が減少
    └リロード時間が14秒→16秒に増加
  • SPスキル「ヴォーパルラビット」の下方修正
    └突進攻撃の速度と距離が減少
    └当たり判定の調整を行い、同キャラに複数回ヒットしなくなった

ラビットの基本情報

  • 声優:五十嵐裕美
  • タイプ:パワー
  • 入手方法:コインによるスカウト

パラメータ

Lv1Lv20
HP315600
ATK148282
EN8290
SPD121121

名声アクセサリ

アクセサリ アビリティ

ラビットメダル
ウェポンスキル++
武器スキルの威力が1.8%上昇

※キャラ名声をMAXまで上げると入手可能
※アビリティ効果はレベル3のときのもの

スキル:リープスラッシュ

前方へ飛び込んで、大きな鎌で攻撃するスキル。威力はATKの約0.75倍程度。

スキルで移動する距離が長く、移動速度もかなり早いので、一気に相手との距離を詰めて攻撃できるのが特徴的だ。

さらに、このスキルをヒットさせると約5秒間、相手の防御力を下げて、与えるダメージを約1.1倍に増加させる。その後の攻撃では、HPの多い相手も倒しやすくなるだろう。

画像の距離くらいまではスキルが命中する。事前に距離感をつかんでおき、実戦で確実に当てられるようにしておこう

SPスキル:ヴォーパルラビット

相手の懐に飛び込むATKの約1.75倍の攻撃を、3回行うSPスキル。

「リープスラッシュ」と動きは似ており、より強化された攻撃が3回連続で繰り出せると思ってもらえると、イメージもしやすいだろう。

1回ごとに一旦その場に止まり、再度飛び込んで攻撃を行うのだが、止まっている間にラビットの向きを指定しておくことで、次に突進攻撃を行う方向を変更できる。

SPスキルがヒットすると相手はダウンするため、基本的に同じ相手に3回当てることはできない

1人目に当てたら、別の2人目を狙いに行ったり、反撃を食らわないために距離を取ったりと、臨機応変に使っていける強みがあるSPスキルだ。

6月21日のアップデートによって、射程距離が短縮され、同じ相手に対してSPスキルが複数ヒットしないように変更されている(ダウンしなかった相手にも複数ヒットしない)。

ラビットのおすすめ装備

ラビットは全キャラトップクラスのATKを持ち、常に高い火力で攻撃できるのが魅力的なキャラ。

その反面、HPが少なく打たれ弱いので、スキルからの連携で確実に相手を倒せるように、ATKを優先して強化したい。また、奇襲が強力なキャラなので、SPDを強化して機動力も上げておこう。

メイン武器はスキルの使いやすさで選ぼう!

ラビットの使いやすさは、武器スキルの性能によって大きく変化するため、メイン武器はパラメータよりも武器スキルの種類で選ぶようにしよう。

特におすすめなのが、発動が早く、さらに前方に移動しながら攻撃するタイプのもの。

ラビットのスキル「リープスラッシュ」と合わせて使うことで、距離を取ろうとする相手を捕まえやすくなるため、近距離での立ち回りがより強くなる。

ラビットの場合は、通常攻撃の使いやすさよりもスキルの性能を重視した武器選びが重要だ

ラビットのおすすめメイン武器・補助武器

ラビットのおすすめメイン・補助武器の組み合わせ例を紹介。アビリティを選ぶときなどの参考にしてほしい。

メイン武器
リンクスリングス攻略:ラビットの立ち回り方とおすすめ装備【8/21更新】
クリードセイバー
武器スキル:シャイニングスラッシュ
素早く踏み込んで、輝く光刃で敵を斬り割いて攻撃する。
アビリティ:[キル]ATK++
敵を倒すと30秒間、ATKが5.4%上昇
補助1
補助2
補助3
リンクスリングス攻略:ラビットの立ち回り方とおすすめ装備【8/21更新】
ガンバンテイン

フレースヴェルグ
リンクスリングス攻略:ラビットの立ち回り方とおすすめ装備【8/21更新】
クリムゾンブロウ
[ニアタワー]
ATK++
[コネクト]
ATK++
[ローライフ]
ATK++

ソードの「クリードセイバー」は、武器スキルで前方に飛び込んで攻撃できるため、奇襲からの追撃で相手を逃さずに撃破しやすい。

また、周囲攻撃スキルを使える「クリムゾンブロウ」もおすすめだ。クリードセイバーに比べると追撃性能が落ちるが、スキルの威力が高く使い勝手は悪くない。

ラビットはアックスとも相性が悪くはない。リリース時点で★4アックスに「クリードセイバー」のように、すぐ飛び込む系のスキルがないため、相手を確実に倒すという点ではソードのほうが向いている。

補助武器はATKのパラメータを強化できるものを選択。発動条件は「キル」が安定している。また、タワーにいる相手を奇襲することが多いので「ニアタワー」も使いやすい。

ラビットのおすすめアクセサリ

ラビットのおすすめアクセサリを紹介。これらのアクセサリを持っている場合は、優先して装備させてあげよう。

1. 通常攻撃の威力がアップ

リンクスリングス攻略:ラビットの立ち回り方とおすすめ装備【8/21更新】
レリウスメダル
リンクスリングス攻略:ラビットの立ち回り方とおすすめ装備【8/21更新】
ニコルメダル
リンクスリングス攻略:ラビットの立ち回り方とおすすめ装備【8/21更新】
レインボーブーケ
リンクスリングス攻略:ラビットの立ち回り方とおすすめ装備【8/21更新】
ガーデニアリング
リンクスリングス攻略:ラビットの立ち回り方とおすすめ装備【8/21更新】
ラバーバンド
リンクスリングス攻略:ラビットの立ち回り方とおすすめ装備【8/21更新】
フラワーリング

レリウスメダルとラバーバンドが特におすすめ。奇襲から与えられるダメージがアップするので、優先して装備させたい。

2. ダメージを与えると武器スキルの威力がアップ

リンクスリングス攻略:ラビットの立ち回り方とおすすめ装備【8/21更新】
ジャックメダル
リンクスリングス攻略:ラビットの立ち回り方とおすすめ装備【8/21更新】
スマートブレスレット
リンクスリングス攻略:ラビットの立ち回り方とおすすめ装備【8/21更新】
ミサンガブレスレット

リープスラッシュ→武器スキルの連携を強化できる。発動する機会が多く、奇襲からダメージを与えやすくなる。

3. リスポーンするとSPDアップ

リンクスリングス攻略:ラビットの立ち回り方とおすすめ装備【8/21更新】
フォーチュンホイール
リンクスリングス攻略:ラビットの立ち回り方とおすすめ装備【8/21更新】
ネームタグ

相手に倒されたあとに戦線復帰しやすくなる。ラビットはHPが低く倒されやすいので、保険として装備させるのもおすすめだ。

その他のアクセサリについては、以下の記事でまとめているので、そちらも参考にしてほしい。

ラビットの立ち回り方

ラビットはパワータイプの中ではSPDが高く、スキルの奇襲も利用したヒット・アンド・アウェイの戦い方が基本となる。

HPが低いため、相手の多い乱戦に飛び込んでいくのはNG。それよりも、味方に夢中になっている相手を横から仕留めていくほうが効果的だ。

開幕は前線に出てプレッシャーを与えよう!

バトルが始まったら、まずは中央付近にあるタワーの確保を狙って、前線へ向かうのがおすすめだ。

相手も同じタワーを狙ってきた場合、ラビットがいるとかなり強力なけん制になるため、タワーを取らせずに時間を稼ぐことができる。

そのまま前線に居座るようであれば、味方と合流できるのを待ってから、スキルで飛び込んで撃破を狙っていこう。

ラビットに加えて味方がひとりいれば、前線のタワーをかなり取りやすいはずだ

相手にパワータイプがいる場合、単独で突っ込んでも返り討ちに遭いやすい。無理に先行しないで、味方と攻撃のタイミングを合わせることが重要だ。

また、弓を持ったテクニックタイプとの対面は、遠距離から連続で攻撃されやすく、こちらの攻撃が届く前にHPを大幅に削られてしまう。

接近できるまではかなり不利なので、中央タワーを取りに行くときは、パワータイプだけでなくテクニックタイプにも注意しよう。

スキルで奇襲を仕掛けて相手を撃破しよう!

前線のタワーを確保したあとは、画面右上のミニマップで味方と相手の位置を把握しつつ、奇襲できそうな相手を狙っていこう。

狙い目は味方と交戦中の相手だが、エリア拡張に夢中になっているスピードタイプなども、ラビットの格好の獲物。

死角から奇襲を仕掛けて一気に撃破まで持っていければ、タワーと周辺のエリアを確保することができるはずだ。

スキだらけの相手を奇襲してタワーを確保するのが、ラビットの基本の動きだ

距離を詰めて近距離のタイマンに持ち込もう!

6月21日のバランス調整によって、ラビットのスキルの移動距離が減少し、中距離から攻撃を当てにくくなった。

また、テクニックの弓の射程が大幅に強化された影響もあり、多くのキャラに対して、正面からのバトルが難しくなっている。

距離が遠いとラビットは何もできないので、遠距離攻撃ができる相手に対しては、HPを削られる前に接近することが重要だ。

闇雲に攻めると、テクニックタイプにも返り討ちに遭う可能性がある

単独で行動しているスピードやテクニックタイプ、HPが減っている相手を見つけたら、スキルで距離を詰めて有利なタイマンに持ち込もう。

ミニマップで「味方の×印」を見つけたときや、相手のタワー作成時のサインなどは、奇襲を成功させる大チャンス。

味方のエリアを通ったり、画面の横方向から狙ったりして、相手に気づかれない状況を作りながら、奇襲からの撃破を狙っていこう。

味方とのコネクトリンクでSPスキルをためよう!

ラビットのSPスキルは非常にダメージが高く、複数の相手と同時に戦いやすくなるなど、立ち回りで強気に攻めていけるようになる強力なスキルだ。

しかし、ラビットは相手の撃破がメインのため、1人でSPゲージをためようとするとどうしても時間がかかってしまう。

そこで、エリア拡張を進めている味方と合流して、コネクトリンクを使ってSPスキルをためていこう。1人のときよりも格段に早くためられるようになり、1試合でSPスキルを2回以上使うことも可能になるはずだ。

ミニマップを確認して、味方とのコネクトリンクができそうなところへエリアを広げていこう

中央タワー付近では無理に攻めないようにしよう!

中央タワーに近いエリアは、相手のパワータイプとの遭遇率が高く、HPが低いラビットでは不利になってしまう状況も多い。

単独でバトルを挑んで逆に倒されてしまうと、近くにいる味方もピンチになりやすく、そこからバトルの流れを掴まれやすい。

そのため、中央タワーの奪取や防衛をするときは、ほかのパワータイプに注意しつつ、1人で動かずに味方と連携して行動しよう。

倒せないと思ったときは素直に引くことも重要だ。ミニマップで合流できる味方を探して、体勢を立て直してから攻め直そう

また、奇襲が成功したあとも、スキルのリロード時間などの隙をつかれないように、相手の追撃には注意したい。

HPが減っているときは、スピードやテクニックタイプにも撃破されやすくなるので、タワーでこまめにHPを回復させて、万全の状態でバトルに挑めるようにしよう。

その他のキャラの立ち回り記事はこちら

ラビット以外のキャラの立ち回りは、以下の記事を参考にしてみよう。

スピード
テクニック
パワー
リンクスリングス攻略:ラビットの立ち回り方とおすすめ装備【8/21更新】
リディア
リンクスリングス攻略:ラビットの立ち回り方とおすすめ装備【8/21更新】
ルル
リンクスリングス攻略:ラビットの立ち回り方とおすすめ装備【8/21更新】
レリウス
リンクスリングス攻略:ラビットの立ち回り方とおすすめ装備【8/21更新】
カイト
リンクスリングス攻略:ラビットの立ち回り方とおすすめ装備【8/21更新】
響姫(おとひめ)
リンクスリングス攻略:ラビットの立ち回り方とおすすめ装備【8/21更新】
ラビット
リンクスリングス攻略:ラビットの立ち回り方とおすすめ装備【8/21更新】
フェイフェイ
リンクスリングス攻略:ラビットの立ち回り方とおすすめ装備【8/21更新】
トール
リンクスリングス攻略:ラビットの立ち回り方とおすすめ装備【8/21更新】
ランディ
リンクスリングス攻略:ラビットの立ち回り方とおすすめ装備【8/21更新】
ロクサーヌ
リンクスリングス攻略:ラビットの立ち回り方とおすすめ装備【8/21更新】
ニコル
リンクスリングス攻略:ラビットの立ち回り方とおすすめ装備【8/21更新】
ナオ
リンクスリングス攻略:ラビットの立ち回り方とおすすめ装備【8/21更新】
ゼファー
リンクスリングス攻略:ラビットの立ち回り方とおすすめ装備【8/21更新】
DJヴァイヴス!
リンクスリングス攻略:ラビットの立ち回り方とおすすめ装備【8/21更新】
ジャック

十文字
リンクスリングス攻略:ラビットの立ち回り方とおすすめ装備【8/21更新】
マリシャ

(C) Sumzap Inc. All Rights Reserved.
提供:株式会社サムザップ
記事編集:Appliv Games
※当カテゴリ内のすべての記事は、Appliv Games編集部及びライター独自の判断に基づき作成しています。
※当カテゴリ内のすべての記事・データ・画像等について、無断での使用・転載を禁じます。