リンクスリングス攻略

リンクスリングス攻略:カスタムバトルの使い方ガイド!マッチング方法や大会運営のコツを紹介!

リンクスリングスのカスタムバトルの使い方を解説! チーム作成とマッチングのやり方や、カスタムバトルを使った大会の運営方法などを掲載しているので、カスタムバトル初心者はこの記事でバトルの流れを覚えよう!

■目次
1.カスタムバトルで友達と対戦しよう!
2.チーム作成から対戦開始までの流れを解説!
 └チームの作り方
 └マッチングのやり方
3.カスタムバトルを使って大会を開こう!

カスタムバトルで友達と対戦しよう!

8月の大型アップデートで、知り合い同士で自由にバトルができる「カスタムバトル」が登場!

カスタムバトルでは、グレードが変動しないため、勝敗を気にせず気軽にバトルを楽しむことができる。

また、ユーザーを集めて大会を開催できるなど、使い方はさまざまだ。

2つのチームを作って、友達同士でバトルをしよう!

今回の記事では、カスタムバトルを使った対戦のやり方や、大会を開くまでの流れなどを分かりやすく解説していく。

リクリグ公式大会も開催中!

9月8日(日)には、カスタムバトルを使った初の公式大会が開催された。

開催時には公式Twitterにて通知があるので、こまめにチェックしておこう。

チーム作成から対戦開始までの流れを解説!

カスタムバトルでチームを作成してから、バトルを開始するまでの流れを解説していく。

チームのリーダーは、メンバーの誘い方とマッチングの手順をしっかりと覚えておこう。

チームの作り方

カスタムバトルのチーム作成は、以下の手順で進めていく。

1. リーダーがチームを作成する

まずは、チームの代表者1人が、カスタムバトルの「チーム作成」を選択。チームが作成されるので、メンバーを誘ってあげよう。

バトル画面から「カスタムバトル→チーム作成」と進むと、チームを作成できる

メンバーの勧誘は、以下の2つの方法がある。

  • メンバーにチーム番号を入力してもらう
  • グループチャットに勧誘メッセージ送る

チーム番号での勧誘は、番号を伝える手段がないとできないので、基本的にはグループチャットを使う方がいいだろう。

フレンド登録後にグループチャットへ招待して、先にメンバーを同じグループに集めておこう。

「さそう」を使うと、番号を送らずにチームへの勧誘ができる

選んだグループのチャットに、参加ボタンつきのメッセージが送信される

メッセージは一度にひとつのグループにしか送れないが、「さそう」自体は何回もできるので、複数のグループに勧誘を送ることも可能だ。

2. メンバーがルームに参加する

メンバーは、リーダーから送られてきた「チーム番号」か「グループチャット」からチームに参加しよう。

グループチャットの場合は、ホーム画面右上の「コミュニティアイコン」からグループチャットを開くと、勧誘メッセージが届いているはずだ。

リーダーが勧誘を送ると、グループチャットから番号入力なしでチームに参加できる

チーム番号は、カスタムバトルの「チーム番号入力」から入力する

3. 全員が「準備完了」を選択したら準備OK!

参加したメンバーが全員「準備完了」を選択すると、チームの作成が完了してマッチングを行えるようになる。

プレイヤー名の右にある「矢印マーク」から、使用キャラの変更もできる。すべての準備が終わったら「準備完了」をタップしよう

チーム作成画面では、各キャラの装備の変更はできない。変更したい場合は、一度チームを抜ける必要があるので注意しよう。

マッチングのやり方

カスタムバトルのマッチングには、チーム作成と同じく、「番号入力」と「グループチャット」の2つの方法がある。

それぞれは、以下の手順で進めていく。

1. カスタムバトル番号を使ったマッチング

こちらは、お互いのチームが別々にチームを作成後、カスタムバトル番号を入力してマッチングを行っていく。

両方のチームの準備ができたら、どちらか片方のリーダーのみが「バトル作成」を選択。

バトルマップを選ぶと、マッチング画面に移動する。マッチング画面の上の方に「カスタムバトル番号」が表示されるので、相手チームのリーダーに伝えてあげよう。

チームAの画面に表示されている番号を、チームBのリーダーに伝えよう

もう片方のチームのリーダーは、チーム編成画面の「バトル番号入力」から、教えてもらった番号を入力すれば、マッチング完了だ。

LINEやTwitterなどで、カスタムバトル番号を相手のチームに共有しよう

2. グループチャットを使ったマッチング

グループチャットを使う場合は、マッチング画面から「さそう」を選んで、相手のチームの代表者がいるグループチャットにメッセージを送る。

誘われるチームのリーダーは、メッセージが来るまではチームを作成せずに待機しておこう。

チーム作成時と同じく、「さそう」からメッセージを送るグループチャットを選択する

グループチャットにメッセージが届いたら、「参加」ボタンから「ホストとしてチームを作成する」を選択して、チームを作成しよう。

受け取ったメッセージからチームを作成すると、マッチング済みの状態になっている。リーダーは、グループチャットなどでチームメンバーを招待しよう

メンバーの準備が完了したら、右下の「バトル番号入力」を選択。自動的にカスタムバトル番号が入力されているので、「決定」を押してマッチング完了だ。

「バトル作成」を選んでしまうと、別のマッチングを作成してしまう。必ず「バトル番号入力」を選ぼう

マッチングが成立すると、自動的にバトルが開始される

少し複雑な手順なので、間違えないようにしっかりと覚えておこう。

グループチャットを使うときの注意点

カスタムバトルの対戦相手を募集する場合、チームのリーダー同士が同じグループチャットに入っている必要がある。

事前にリーダー同士でフレンド登録をして、グループチャットに招待しておこう。

リンクスリングス攻略:カスタムバトルの使い方ガイド!マッチング方法や大会運営のコツを紹介!

カスタムバトルを使って大会を開こう!

カスタムバトルの楽しみ方のひとつとして挙げられるのが、ユーザーが主催する大会の開催だ。

公式大会で使われた「Lobi Tournament」など、簡単に大会を開催できるサービスもある。

「Lobi Tournament」公式サイトでは、大会運営に必要な機能の使い方が掲載されている

大会ページやトーナメント表の作成機能などもあるので、大会をスムーズに進行できるはずだ。

また、公式大会では細かなルールなどをしっかりと設定されているので、大会運営が初めてという人は参考にしてみるといいだろう。

「認定大会支援」で運営チームから賞金をもらおう!

10月1日(火)~11月30日(土)までの期間限定で、運営チームが大会の賞金を支援してくれる「認定大会支援」の制度が登場!

事前に申請をしてから「Lobi Tournament」で大会を開催すると、主催者と優勝(準優勝)チームは「iTunes/GooglePlayカード」をもらうことができる。

主催者特典と優勝(準優勝)チームの賞金額

参加チーム数 主催者 優勝 準優勝
4チーム以上 1,000円 500円 なし
8チーム以上 1,000円 1,000円 なし
16チーム以上 1,000円 3,000円 1,000円

※主催者が複数人いる場合は、代表者1名のみがもらえる
※優勝(準優勝)チームの全メンバーが上記の賞金をもらえる

認定大会支援を受けるまでの流れ

  1. 「Lobi Tournament」の認定大会支援ページにアクセスして、事前申請の申込みをする
  2. 「Lobi Tournament」を利用して、ユーザー大会を開催する
  3. 参加条件を満たしている場合、大会終了後に対象者のLobiアカウント宛にLobi Tournamentチームからチャットで連絡が届く

大会開催時の注意点や、支援を受けるための条件は、「Lobi Tournament」の認定大会支援ページに掲載されている。

認定大会支援を利用する場合は、事前に確認をしておこう。

大会のバトル形式について

公式大会では、勝ち抜きのトーナメントではなく、全チームが規定回数のバトルを行うスイスドロー形式が採用されていた。

参加チームの数によっては、こういった形式を採用するのも面白そうだ。

スイスドロー形式とは

スイスドロー形式は、すべてのチームが決められた回数(公式大会では6回)のバトルを行い、勝利数によって順位を決めるというもの。

2戦目以降は、勝利数が同じチーム同士でマッチングを行っていく(全勝チームは、同じく全勝チームとマッチングする)。

SNSなどを使って大会参加者を募集しよう

大会を開催するときは、SNSなどのコミュニティを利用して、大会参加者を募集するところから始めよう。

ゲーム内だけでは難しいので、TwitterやLobiなどの外部のツールを使用するのがおすすめだ。

対戦までの流れを参加者に伝えておこう

カスタムバトルは、マッチングの手順が少し複雑なので、事前に参加者へ対戦の流れをしっかりと説明しておこう。

グループチャットを使う場合、チームのマッチングには、リーダー同士が同じグループに入っておく必要があるので、特に注意が必要だ。

フレンドの解除は1日に5人まで

チームのリーダーは、大会参加時にフレンド登録が必要になる場合が多いが、フレンドの解除は1日に5人までしかできない。

大会当日にフレンドを登録できなくなることがないように、事前にフレンドリストを整理しておくのがいいだろう。

フレンドの解除は、フレンドリストで「アイコン長押し→フレンド解除」の手順で行う

事前にグループチャットを作っておこう!

大会に参加する場合、同じチームのメンバーが集まるグループチャットはほぼ必須となる。できれば大会の開催前に済ませておくのがいいだろう。

また、各チームの代表者だけのグループチャットを作っておくと、マッチングをスムーズにできるようになる。大会の参加チームがそれほど多くないときにはおすすめだ。

(C) Sumzap Inc. All Rights Reserved.
提供:株式会社サムザップ
記事編集:Appliv Games
※当カテゴリ内のすべての記事は、Appliv Games編集部及びライター独自の判断に基づき作成しています。
※当カテゴリ内のすべての記事・データ・画像等について、無断での使用・転載を禁じます。