おすすめのドット絵ゲームまとめ!話題作から名作まで紹介【スマホ/Switch/Steam】

昔のゲーム時代を支えてきたグラフィック表現のひとつである「ドット絵」。現代のスマホアプリでも、その古き良きグラフィックを採用したゲームは多く存在する。本稿では、ドット絵で遊ぶことができるゲームを紹介していこう。

今注目のゲームアプリはこれ![AD]


ほぼオートで楽しめるほのぼのMMORPG
\5月21日リリースの最新作!/

タマモンワールド
iOS:無料 Android:無料

 


奥深いバトルを楽しめる戦国戦略SLG
\5月15日リリースの新作!/

戦国ブシドー
iOS:無料 Android:無料

 


爽快バトルが楽しめるオープンワールドARPG
\5月23日リリースの最新作!/

鳴潮
iOS:無料 Android:無料

 

おすすめ無料スマホゲームをもっと見る

■目次
おすすめのドット絵スマホゲームアプリ15選
おすすめのドット絵Switchゲーム10選
おすすめのドット絵Steamゲーム10選
ドット絵の魅力
 ┗ドット絵の別名
 ┗ドット絵ってどうやって描くの?
関連記事リンク

おすすめのドット絵スマホゲームアプリ15選

ガーディアンテイルズ[AD]

昔懐かしいドット絵で描かれるアクションRPG。フィールド上を自由に動き回りながら、通常攻撃とスキル攻撃を駆使して戦う爽快感のあるバトルが特徴的だ。

キャラクターは4つのクラスに分かれ、異なる役割を持っている。パーティは最大4人まで編成できるため、彼らを挑戦するボスやダンジョンに合わせて組み合わせるのも面白いところ。

ほかプレイヤーとの対戦や共闘ができるマルチプレイコンテンツも充実しており、1人でもみんなでも楽しめる作品だ。

役割があるので、アクションが苦手な人はサポートに回るなど、戦いやすいスタイルで遊ぶこともできる。ストーリーを堪能したい方におすすめの一作。

ガーディアンテイルズ
Kong Studios, Inc.


iOS:無料 Android:無料

 

ドット勇者〜三時のおやつと昼寝付きの冒険〜[AD]

女神の意志を受け継ぐ執行者として、魔法世界「エモン」を闇の勢力から救う放置型RPG。

キャラクターイラストとしてLive2Dとドット絵の2種類が用意されており、今どきのぬるぬる動くデザインと懐かしいドット絵のバトルのどちらも楽しめるのが特徴。

放置型なので、アプリを開いていない間も経験値やコインを集めてくれる。育成が手軽にできる一方で、農園要素やミニゲーム、闘技場など、コンテンツ量と報酬が多く、時間がある時はガッツリ遊べるスマホゲームを探している方におすすめのタイトルだ。

ドット勇者 三時のおやつと昼寝付きの冒険
EFUN COMPANY LIMITED
iOS:無料 Android:無料

 

RASPBERRY MASH(ラズベリーマッシュ)[AD]

高難度のアクションとシューティングでやりごたえ十分のアクションRPG。

攻撃自体は敵に近づくことで自動的に行えるが、敵の数が多いうえに間髪入れず攻撃を繰り出してくる敵などもおり、的確な回避などが求められる。

道中で拾う武器は、剣や斧といった近接武器から、銃やロケットランチャーなどの遠距離武器も存在。近距離と遠距離をうまく使い分けて、ダンジョンの奥へと進んでいこう。

ラズベリーマッシュ
IGNITION M


iOS:無料 Android:無料

 

魔王「世界の半分あげるって言っちゃった」[AD]

世界の半分をあげると言っていたのに、約束を守る気配のない魔王を再びボッコボコにするため、勇者は旅立つこととなるレトロRPGチックなギャグ系放置ゲーム。

個性豊かな仲間を集めて、魔王城に攻め入ろう。

ちょっとのつもりが、ついつい長時間遊んでしまう中毒性の高さに要注意だ。

魔王「世界の半分あげるって言っちゃった」
Cybergate technology Ltd.


iOS:無料 Android:無料

 

グランドサマナーズ

リリースから6周年を迎えた、老舗王道RPG。ドット絵で描かれたキャラが細かく動きながら戦う様は、ファミコンやスーパーファミコンのRPG好きな方に刺さるだろう。

バトルはオートで進み、プレイヤーはキャラのスキルに奥義、装備アイテムの搭載スキルを任意で発動できるため、スキルをフルに発動していくとコマンド入力形式さながらの忙しいバトルが楽しめる。

画面のメニューなども直感的にわかりやすく洗練されており、スマホならではのRPGを探している方におすすめのタイトルだ。

グランドサマナーズ
MIXI, Inc.


iOS:無料 Android:無料

 

ロマンシング サガ リ・ユニバース

人気RPGであるサガシリーズのスマホアプリ。『ロマンシング サガ3』の300年後が物語の舞台となっている。

戦闘はシンプルなコマンドバトルであり、「閃き」や「連携」、「技」に「術」など従来のシリーズにあったシステムも踏襲されている。

歴代サガシリーズのキャラクターが登場するストーリーはファン必見。もちろん、本作からサガシリーズに触れる方でも楽しめること間違いなしだ。

ロマンシング サガ リ・ユニバース
SQUARE ENIX Co.,Ltd.


iOS:無料 Android:無料

 

OCTOPATH TRAVELER 大陸の覇者

Switchで発売された人気RPG「OCTOPATH TRAVELER」シリーズのスマホアプリ。『OCTOPATH TRAVELER』の数年前が物語の舞台となっている。

主なゲームシステムは『OCTOPATH TRAVELER』を踏襲しており、戦闘はブレイクやブーストを活用したコマンドバトルだ。

チュートリアルが手厚く、『OCTOPATH TRAVELER』を未プレイの方でも遊びやすい。シングルプレイに特化しているため、じっくりとRPGを遊びたい方向け。

OCTOPATH TRAVELER 大陸の覇者
SQUARE ENIX Co.,Ltd.


iOS:無料 Android:無料

 

ローグダンジョンウォーカーズ

世界中に出現した無数のダンジョンを攻略していくローグライクRPG。

戦闘はセミオートであり、攻撃モード中は自動で攻撃を行い、防御モードに切り替えると防御に専念する。各キャラ2つまで持っている必殺技は、任意のタイミングで発動する形式だ。

ダンジョンで手に入れたお金でキャラを強化し、ドロップした装備を身につけて新しいダンジョンへと挑む、この繰り返しで強くなるシンプルなRPGとなっている。

ローグダンジョンウォーカーズ
YOSHIYUKI NAKASHIMA


iOS:無料 Android:無料

 

Elona Mobile

「自由すぎる鬼畜系RPG」というキャッチコピーが特徴的なローグライクRPG。

いきなりファンタジー世界に放り出され、そこからどう生活するかはプレイヤーの自由。RPGらしくダンジョン探索するのはもちろん、経営者のようなライフスタイルを取ることもできる。

原作となるPC版と比べると、スマホ向けに遊びやすくするためにわかりやすい指標や簡略化された要素も。原作の鬼畜っぷりが好きだった人には物足りないかもしれないが、初めてプレイする人には有難い仕様だ。

Elona Mobile
LTGAMES GLOBAL


iOS:無料 Android:無料

 

FINAL FANTASY BRAVE EXVIUS

『ファイナルファンタジー』の人気キャラクターたちが一堂に会するコマンドバトルRPG。

昔懐かしいドット絵だけでなく、必殺技や召喚獣では最新グラフィックにも引けを取らないCGムービーが入るなど、迫力のある映像も楽しめる。

マップ探索パートでは、自由にキャラを動かして宝箱を見つけたりゴールまでのルートを探したりと、RPGの醍醐味をしっかり味わえるのも魅力だ。

FINAL FANTASY BRAVE EXVIUS
SQUARE ENIX Co.,Ltd.


iOS:無料 Android:無料

 

千年戦争アイギスA

ファンタジーな世界観のタワーディフェンスRPG。さまざまな方向から敵が押し寄せてくるので、ユニットを配置して迎撃していこう。

スピーディーな判断が求められるため、難易度は高め。手応えのあるスマホゲーを探しているなら、本作に挑戦してみよう。

おすすめのドット絵ゲームまとめ!話題作から名作まで紹介【スマホ/Switch/Steam】 千年戦争アイギスA
EXNOA LLC


iOS:無料 Android:無料

 

Harvest Town

雑草だらけで荒れ果てた野原を、一から農場・牧場へと仕上げていく経営シミュレーションゲーム。

メインクエストやサブクエストといったストーリー性に加え、宝探しや市場取引、NPCとのデートから結婚と、かなりコンテンツが多く自由度も高い。

また、装飾なども豊富に用意されており、ドット絵ながらかなりデザイン面でもこだわって遊ぶことができる。自分好みの農場を作り上げよう。

Harvest Town
GAMINPOWER CO., LIMITED


iOS:無料 Android:無料

 

ダンジョンスクワッド

勇士たちの拠点へと攻め込みながら戦う、ローグライク要素ありのタワーディフェンスゲーム。

自身の召喚した神徒たちの後方にある魔石が壊されないように守りつつ、襲いくる勇士たちを撃破していくのが目的だ。

女性キャラクターも多く登場し、ドット絵ながら可愛らしさやセクシーさが伝わる装いをしており、グラフィックへのこだわりも感じられる。

ダンジョンスクワッド
GameCoaster


iOS:700円 Android:750円

 

猫とダンジョン島

謎の島に閉じ込められてしまった少年と猫が、家に帰るまでの物語を描いたローグライクRPG。

戦闘はリアルタイムのアクションバトルだが、攻撃をオートで行ってくれるため、プレイヤーは回避に専念でき、UIがシンプルなので敵の攻撃も見やすい。

登場キャラクターから敵キャラまで、可愛らしいドット絵で描かれているので、どこかほのぼのした気持ちで遊べるのも魅力的だ。

猫とダンジョン島
Concode Corp.


iOS:無料 Android:無料

 

ダンジョンメーカー

さまざまな選択肢から自分好みのダンジョンを作り上げていき、ダンジョンに訪れた勇士を撃退していくダンジョンビルドゲーム。

特殊能力を持つ10人の魔王から1人を選び、魔王を1日でも長く生きさせることが目的だ。魔王が倒されてしまうと、ゲームオーバーとなる。

自分の中では最高の仕上がりになっても、思うように勇士を撃退できず魔王が倒されることもあり、遊ぶたびにもう一度やり直したくなってしまう中毒性がある作品だ。

ダンジョンメーカー
GameCoaster


iOS:600円 Android:560円

 

おすすめのドット絵Switchゲーム10選

OCTOPATH TRAVELER(オクトパストラベラー)

それぞれ異なる魅力を持った8人の主人公と共に、「オルステラ大陸」を冒険するRPG。

戦闘は王道のコマンドバトル。ただ、敵の弱点を突くことで敵を行動不能にする「ブレイク」や、威力や攻撃回数を増やす「コマンドブースト」により、奥深い戦略性が生まれている。

また、主人公たちはそれぞれ独自の能力を持っており、それらをどう活用するかで冒険の仕方が変わる。プレイヤーによって、冒険の内容が大きく変わるのも本作の魅力だ。

オクトパストラベラー
SQUARE ENIX


値段:7,480円

OCTOPATH TRAVELER Ⅱ(オクトパストラベラー2)

前述した『オクトパストラベラー』の続編。「ソリスティア」と呼ばれる新たな地が冒険の舞台となる。

前作の基本システムに加えて、新しく昼と夜という概念が追加。昼と夜では、主人公たちの使える「フィールドコマンド」が変化するなど、冒険の幅が広がっている。

前作の戦略性と爽快感に富んだバトルシステムは健在なので、1をプレイ済みの方はもちろん、本作からでも『オクトパストラベラー』の面白さはしっかり味わえるはずだ。

オクトパストラベラー Ⅱ
SQUARE ENIX


値段:7,800円

聖剣伝説コレクション

スクウェア・エニックスが送る人気アクションRPG「聖剣伝説」シリーズ。『聖剣伝説-ファイナルファンタジー外伝-』『聖剣伝説2』『聖剣伝説3』の3作品が収録されている。

あくまで移植なので原作からの違いは少ないが、どこでもセーブ&ロードができる「クイックセーブ」と「クイックロード」を搭載。遊びやすさが格段に上がっている。

元々は『ファイナルファンタジー』の外伝だった本シリーズが、どのような面で高評価を獲得し独立するようになったのか、ぜひともプレイしてみて当時の面白さを体感してほしい。

聖剣伝説コレクション
SQUARE ENIX


値段:5,280円

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S

スクウェア・エニックスの人気RPG『ドラゴンクエスト』シリーズの1作。

本作には、最新技術がふんだんに使われた3Dグラフィックでの冒険だけでなく、昔懐かしいドット絵での2Dモードも存在する。自分の好きな方でドラクエを楽しもう。

また、ゲームを始める段階での設定で、一定の「しばり」を設けることが可能。「防具を装備できない」など、より難度の高い冒険を求める方でも満足できるだろう。

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S
SQUARE ENIX


値段:8,778円

TRIANGLE STRATEGY(トライアングルストラテジー)

『ブレイブリー』シリーズや『オクトパストラベラー』を手がけた開発陣によるシミュレーションRPG。

懐かしいドット絵ながら美しい「HD-2D」で描かれ、ストーリーはプレイヤーの選択によって変化していく。

時には苦渋の決断を迫られたり、仲間の加入に影響を与えたりする。バトルだけでなく物語もじっくりと考えて楽しみたい方におすすめだ。

TRIANGLE STRATEGY
SQUARE ENIX


値段:7,680円

ブラッド・ラインズ

ヴァンパイアハンター「レイカ」とその仲間たちを操作しながら、ヴァンパイアとの戦いへ挑む2Dアクションゲーム。

ステージをクリアするごとに新たな仲間が加わっていくため、進めていけば進めていくほど、新しい戦い方が生み出されていく。

完全オリジナルのドット絵も2Dアクションと相まって、どこか懐かしい雰囲気を味わわせてくれる作品だ。

ブラッド・ラインズ
PLiCy


値段:980円

Sea of Stars

太陽と月の力が融合した「蝕の魔法」を操る、「至点の子」と呼ばれるヴァレアとゼイルの冒険を描いたRPG。

戦闘はシンプルなターン制コマンドバトル。ただ、タイミングに合わせて入力する「強ヒット」や防御に加え、コンボ技に魔法相性など、さまざまな要素を駆使して戦うことになる。

ドット絵の作り込みが素晴らしく、懐かしさを感じさせるノスタルジックな魅力はそのままに、現代のグラフィックに負けない美しい仕上がりに注目だ。

Sea of Stars
Sabotage Studio


値段:4,400円

SANABI

退役軍人である主人公が正体不明の人物「SANABI」によるテロで家族を失い、復讐のためにSANABIを探す旅を始める2Dアクションゲーム。

スピーディかつ多彩なアクションが特徴的で、戦闘の爽快感もバツグン。ワイヤーアクションなどによる移動アクションも充実しており、探索の面白さも兼ね備えている。

サイバーパンクな雰囲気を上手く表現したドット絵も魅力の一つ。物語を通して訪れる街並みも、隅々まで見たくなる作り込みがされている。

SANABI
NEOWIZ


値段:1,520円

百英雄伝

「幻想水滸伝」シリーズを手がけたクリエイター陣が制作メンバーに参加したことで、精神的な後継作とも言われているRPG。

戦闘ではターン制コマンドバトルが採用されており、難しい操作などは必要ない。味方とのコンビ技などの要素はあるが、オーソドックスなJRPGと言えるだろう。

また、本作の魅力はドット絵の緻密さも挙げられる。ドット絵だとは思えないほどキャラや敵が生き生きと動いており、街の探索やNPCとの会話でも躍動感を感じられるはずだ。

百英雄伝
505 Games


値段:5,830円

RPG MAKER WITH

『RPGツクール』という、誰でもオリジナルのゲームを作れるコンストラクションツールの新作。

自由にマップ配置などを行い、自分だけのRPGを作ることができる。作ったパーツなどはネットで公開することも可能だ。

ベースとなるグラフィックがドット絵となるため、ファミコンチックのRPGを作れる。自分でゲーム作りをしてみたい方におすすめ。

RPG MAKER WITH
Gotcha Gotcha Games


値段:8,580円

おすすめのドット絵Steamゲーム10選

Stardew Valley(スターデュー・バレー)

農場を発展させながら自給自足の生活を行なっていくシミュレーションゲーム。最初は大荒れの農場だが、手入れをしながら自分好みの農場へと変えて行こう。

また、農場経営だけでなく、ダンジョン探索へ赴くこともできる。このダンジョン探索もRPG顔負けの凝った作りになっており、シミュレーションとRPGのバランスが絶妙なのが本作の魅力。

農場でゆったり過ごして癒されつつ、少し刺激がほしい時はダンジョンに行くなど、気分によって遊び方を変えられるのもポイントだ。

本作はPCだけでなく、スマホアプリやSwitchでもプレイできるので、自分のやりやすい機種でプレイするといいだろう。

Stardew Valley
ConcernedApe


値段:Steam:1,480円 iOS:700円 Android:520円

 
購入はこちらから

Terraria(テラリア)

2Dの横スクロールで進行するアクションアドベンチャーゲーム。

木や土、鉱石などのブロックで生成された世界で、ツルハシなどを使ってそれらを回収してアイテムや建造物を生成していく、サバイバルアドベンチャーとなっている。

自由度の高さが特徴であり、自分で好きな目的を立てながら楽しめる。やることがなくなってきたら、新しい素材を求めて新しい地へと冒険するのもいいだろう。

Terraria
SPIKE CHUNSOFT


値段:Steam:1,200円 iOS:800円 Android:550円

 
購入はこちらから

Vampire Survivors(ヴァンパイア・サバイバーズ)

襲いくる無数の敵を撃破しながら、レベルアップ時に得られる新たなスキルやスキル強化でキャラを強化していき、さらに多くの敵を倒していくゲームだ。

ミスをしなければいつまでも戦えるように見えて、ボスを倒してから大体30分経つと強力な死神が現れ、高確率で倒されてしまう。

適度にリセットがかけられることで、次はどういった構成を試すか、はたまた死神を倒す術を考えるかなど、ついつい再チャレンジしたくなる中毒性も魅力になっている。

Vampire Survivors
Poncle


値段:Steam:499円 iOS:無料 Android:無料

 
購入はこちらから

UNDERTALE

豊富な隠し要素とマルチエンディングが採用されたRPG。有名作がゆえに多くの情報がネットには出回っているが、可能な限りネタバレなしでプレイしたほうが楽しめるだろう。

戦闘は従来のRPGのセオリーが通用しないことも。コマンドバトルのような見た目から、音ゲーのようなタイミング式、襲いかかる弾幕攻撃と攻撃の種類もバリエーション豊富になっている。

物語に関しても、プレイヤーの受け取り方で変わる部分がある。ただ、1周するだけならそこまで長くないので、休日に1周だけ遊ぶゲームといった遊び方も可能だ。

UNDERTALE
ハチノヨン


値段:980円

購入はこちらから

DAVE THE DIVER(デイヴ・ザ・ダイバー)

昼は海へ潜って新鮮なお魚を仕入れてきて、夜にはお寿司屋さんを経営するという、経営シミュレーション×アドベンチャーゲーム。

海は浅瀬から深いところまで自由に探索できるので、お寿司にピッタリな魚を探していこう。

また、海には古代遺物などの謎も出現。お寿司屋さんを繁盛させながら、ブルーホールに隠された謎を解き明かそう。

DAVE THE DIVER
NEXON


値段:2,400円

購入はこちらから

ANIMAL WELL

あらゆる場所に用意された謎を解きながら進めていく探索+謎解きゲームのような作品。

いろいろな場所にある謎に挑戦し、アイテムなどを手に入れて新しい能力の獲得・新しいエリアの開放を繰り返して進んでいく。

可愛らしいドット絵からは想像もつかないような複雑な謎もあるため、謎解きに自信のある方におすすめのゲームだ。

ANIMAL WELL
Billy Basso


値段:2,950円

購入はこちらから

ムーンライター 店主と勇者の冒険

ダンジョン探索とショップ経営が融合したアクションRPG。ダンジョン内はローグライク形式で、入るたびに構造が変わるタイプだ。

ダンジョンを探索してアイテムを集めていき、それらをお店に陳列していく。アイテムの需要は逐一変わるため、相場をチェックしながら価格設定をしていこう。

デフォルメされた可愛らしいデザインのドット絵も特徴的。ローグライクRPGや、やりごたえのある経営シミュレーションなどを探している方におすすめ。

ムーンライター 店主と勇者の冒険
Digital Sun


値段:2,050円

購入はこちらから

NEEDY GIRL OVERDOSE

最強のインターネットエンジェル(配信者)を目指す、とっても承認欲求の強い女の子(超絶最かわてんしちゃん、通称:超てんちゃん)との生活を描いたマルチエンディングADV。

プレイヤーは、整った容姿を持つが少し性格が残念かつ、メンヘラな女性の「あめちゃん」と30日間を共に過ごすパートナーとなる。

レトロな雰囲気を醸し出すドット絵でグラフィックが描かれており、昔懐かしい美少女ゲームを彷彿とさせるようなデザインも魅力の一つだ。

NEEDY GIRL OVERDOSE
WSS playground


値段:1,680円

購入はこちらから

Dead Cells

何度も挑戦を繰り返すことで強くなっていく、ローグライク2D探索型アクションゲーム。

一度力尽きてしまうと、成長した能力や手に入れた装備はすべて失ってしまうが、プレイ回数に応じて新たな武器や魔法が解放されていくので、それらを使って更なる奥地を目指そう。

ドット絵だと感じさせない滑らかな動きに加え、迫力あるアクションや攻撃エフェクトにより、見た目以上に爽快感や躍動感を感じられるだろう。

Dead Cells
Motion Twin


値段:2,480円

購入はこちらから

Noita

ピクセルベースで構成された2Dローグライクアクションゲーム。世界のすべてがドットで構成されており、プレイヤーは魔術師となって敵を倒しながら地下深くへと潜っていく。

本作はドットがピクセル単位で作られているのが最大の魅力。木に火を付けたり水を流したりすると、1ピクセル単位で燃えたり水が流れたりしているのを見ることができる。

細かく表現された世界は美しさすら覚えるが、毒なども1ピクセル触れるだけでダメージを受けることになるため、どんなに小さくても危険なものには触れられないこととなる。

この仕様により、ゲーム自体の難度がかなり高め。ふとした瞬間に力尽きることも多いが、そのぶん先へ進めた時の達成感がたまらない作品だ。

Noita
Nolla Games


値段:2,050円

購入はこちらから

ドット絵の魅力

ドット絵の魅力は、主に2点あると考えられる。

1つ目は、シンプルに昔のゲーム画面を彷彿させるということ。絵がドットになるだけで、どこか懐かしさを感じられるのは、ドット絵の大きな魅力だろう。

3Dと2Dを切り替えられる『ドラゴンクエストⅪ』などはわかりやすい。リアルな3Dはもちろん綺麗だが、2Dにした途端にナンバリング作品の思い出や懐かしさが込み上げてくる

2点目は、細部までこだわった表現ができないということ。ドット絵はいくらピクセルを細かくしたとしても、表現には限界がある。

そのため、表現しきれなかった部分は、見ている側の想像力で保管することとなる。プレイヤー側が自分の解釈を交えながらプレイできるので、物語の雰囲気や世界観がブレにくくなるのだ。

仮にリアルな映像作品で、緊迫な場面なのに主人公の顔に覇気がなかったら、「緊張感が無いな」と思ってしまうだろう。人によってはその1点が頭から離れず、物語に集中できなくなることも。

ドット絵なら、表情の差異といった細かな部分まではわからないため、小さな違和感が生まれにくい。物語の雰囲気を壊すことなく、自然とプレイヤーも世界観に集中しやすくなるのだ。

もちろん、綺麗な映像のほうがいい場面もあるだろう。ドット絵だと、感動的なシーンでの表情変化や涙を流しているかなどはわかりにくい

ドット絵の別名

ドット絵は「ピクセルアート」とも呼ばれている。

アート作品として描かれた画集などには、タイトルにもピクセルアートが使われていることが多い。

ただ、ゲームをプレイしている方にはドット絵と呼称したほうが伝わりやすいだろう。

ドット絵ってどうやって描くの?

ドット絵は32×32ピクセルや64×64ピクセルのポートレートを用意し、そのピクセルの色を塗っていくように仕上げていく。

完成図の想像がしやすいため、普通に絵を描くよりは描きやすい部類ではあるが、全体のバランスなどを意識するのはドット絵も同じだ。

ただ、現在は手軽にドット絵を描けるスマホアプリなども登場している。ドット絵に興味があって描いてみたい方は、まずはアプリで実践してみるのがいいだろう。

Appliv Games編集部のおすすめゲーム


▶人気&新作ゲーム


▶面白いゲーム


▶おすすめ&ランキング


▶コラボ情報まとめ

ジャンル別の人気ゲーム


RPG


パズル


SLG


アクション


MMORPG


スポーツ


RTS


ストラテジー


MOBA


放置


育成


オープンワールド


恋愛


乙女


ブラウザ


ハクスラ


NFT

オンラインプレイが楽しいゲーム


▶おすすめオンラインゲーム


▶マルチで協力プレイ


▶家庭用の人気対戦ゲーム

要素別の人気ゲーム

やり込み要素満載ゲーム

ストーリーが面白いゲーム

リフレッシュできる癒しゲーム

ドット絵が特徴のゲーム

暇つぶしに最適なゲーム

ストレス発散できるゲーム

キャラがかわいいゲーム

おすすめの美少女ゲーム

銃を扱うゲーム

戦争を扱うゲーム

その他のゲーム特集記事

iPadでプレイしたいゲーム

タブレットでおすすめゲーム

縦画面・縦持ちゲーム

広告でよく見かけるゲーム

カップルにおすすめのゲーム

キャラメイクができるゲーム

無課金向けおすすめゲーム

おすすめのチャットゲーム