リネージュM(リネM)攻略

リネージュM(リネM)攻略:ステ振りの基本と職業別おすすめステータス

『リネージュM』(以下、リネM)におけるステ振り(ステータス振り分け)を解説。レベルアップで手に入ったボーナスステータスをどのように振り分けるか迷っている人は、ステ振りの参考にしてほしい。

振り方次第でキャラの戦闘能力が大きく変化する!

『リネM』では、レベルが上がったときに「ボーナスステータス」というものが手に入ることがある。

ボーナスステータスはレベルアップで上昇する能力とは別に、好きな能力値に振り分けられる追加の成長要素。

しかし、ステータスは6項目あるため、自分の職業はどの能力に振り分ければいいのか分からない人もいるだろう。

本稿では、職業ごとのおすすめステ振りを紹介。まだゲームに慣れ始めたばかりの初心者の方や、初めて使う職業でどのように成長させればいいかわからない方は参考にしてほしい。

レベルが上がった際、左側にステータス画面が出てきた場合はボーナスステータスが獲得できたときだ

各項目と上昇する能力値

項目上昇ステータス
STR近距離ダメージ
近距離命中
近距離クリティカル
DEX遠距離ダメージ
遠距離命中
遠距離クリティカル
物理防御力(AC)
遠距離回避力(ER)
CON最大HP
HP回復(秒)
ポーションHP回復
最大所持重量
INT魔法ダメージ
魔法命中
魔法クリティカル
魔法ボーナス(MB)
MP消耗減少
WIS最大MP
MP回復(秒)
ポーションMP回復
魔法防御力(MR)
CHA血盟員数(君主のみ)

ステ振りの基礎知識

ステ振りは基本的に特化がおすすめ

ステ振りを行う場合、基本的にはどれか1つのステータスにすべて振って、特化させていくのがおすすめだ。

バランス良く振り分けると難しいダンジョンなどに挑む際、「火力が足らず攻撃も耐えきれない」といった中途半端な状況に陥りやすい。

それよりは、ステ振りの段階から火力特化や耐久特化にすることで、確実に1つの役割がこなせるキャラに仕上げていくほうが良い。

足りない部分は特化している味方と補い合うことで、総合的に強いパーティを作ることができるだろう。

満遍なく振り分けても、職業ごとの強みを生かしにくくなるだけ。得意な分野に特化させたほうが、活躍の場は広げられるはずだ

アイテムを使えば振り直しも可能

振り分けたステータスは、「希望のロウソク」というアイテムを使用することで振り直せる。

間違えて不要なステータスに振ってしまった場合や、全体の配分を変えたくなったときは使用するといいだろう。

ただし、「希望のロウソク」はダイヤで購入するか、血盟ショップ(血盟ランク12から)で購入可能。

ダイヤは課金で購入するか、取引所で稼がなければ手に入らない貴重なアイテムのため、最初からどこを伸ばすか決めておくのがおすすめだ。

「希望のロウソク」はダイヤ400個(1200円)で購入可能

リネージュM(リネM)攻略:ステ振りの基本と職業別おすすめステータス

ステ振り職業別おすすめステータス

騎士(ナイト)

騎士(ナイト)のステ振りでおすすめなのは、STR特化CON特化

STR特化は攻撃力を確保でき、騎士(ナイト)の強みと言える安定感のある戦いがしやすくなるだろう。

ただし、近接戦での火力ならダークエルフに軍配が上がる。パーティプレイでは役割がかぶってしまう可能性が高い。

その点CON特化は、全職業でもトップクラスの耐久力を発揮できるようになり、タンクの役割をこなせる唯一無二の存在になることが可能だ。

しかし、単純な火力不足があらゆる面で顕著に現れてくるため、特に後半のソロ戦闘が厳しくなりやすい。

どちらも一長一短な部分があるので、自分のプレイスタイルや、共に戦う仲間と相談して決めるのが良いだろう。

エルフ

エルフのステ振りでおすすめなのは、DEX特化

エルフは弓をメインに立ち回ることが多いため、基本的には遠距離ダメージを上げられるDEXの強化を優先すべきだ。

ただし、一般魔法と精霊魔法が扱えるので、魔法をメインに戦うならWISやINTに振る選択肢もアリ。

その場合、序盤はDEXに振って育成を進めて、後半で「希望のロウソク」を使って振り直すのが良いだろう。

魔術師(ウィザード)

魔術師(ウィザード)のステ振りでおすすめなのは、INT+WISの構成。

魔術師(ウィザード)は魔法での戦いがメイン。そのため、魔法のダメージが上がるINTの強化は欠かせない。

また、MPの消耗が激しい職業でもあるため、ある程度WISに振ってMPを確保しておくと戦いやすくなるはずだ。

序盤はSTRで殴るべし!

どの職業でも言えることだが、序盤は優秀な魔法をほとんど習得することができない。つまり、いくらINTやWISに振っても、戦力アップにつながらない可能性がある。

解決策として、序盤はSTRに振って近距離武器で戦い、魔法が手に入る後半で「希望のロウソク」を使って振り直す方法がある。

課金を行わない場合は取引所でダイヤを稼ぐ必要があるので、ファーストキャラを別職業で作ってダイヤを稼ぎ、「希望のロウソク」を手に入れてからセカンドキャラで魔術師(ウィザード)を始めるといいだろう。

ダークエルフ

ダークエルフのステ振りでおすすめなのは、STR特化

騎士(ナイト)を超える圧倒的な近接火力が魅力の職業のため、その長所をさらに伸ばせるSTRに振っていくのがいいだろう。

高い火力を生かして複数のモンスターを殲滅したり、ボス戦で大ダメージを連続して与えたりと、活躍できる場面は非常に多いはずだ。

重要な点として、耐久力強化のCONに振らないこと。元々の耐久力がかなり低く、少しCONに振った程度ではほとんど意味がない。

専用の黒精霊魔法で回避力の強化などは行えるので、防具とスキルで耐久力は補い、ボーナスステータスはすべて攻撃につぎ込んでいくほうが、攻撃性能を強化できるだろう。

君主

君主のステ振りでおすすめなのは、STR特化

ただし、君主は血盟員数を増やせるCHAのステータスを強化しなければ、血盟を大きくしていくことができない。

序盤は育成を優先してSTRに振るほうが良いが、ある程度進んだら血盟のためにCHAを増やしておくといいだろう。

セカンドキャラを作らないというならば、CHA専用の君主を作って血盟員数を確保するという選択肢もあるが、戦力が1人分減ることになってしまうので、血盟の仲間と相談して決めよう。

ちなみに、血盟員数は君主のCHAの2倍であり、最大50人なので26以上にする必要はない。振りすぎてしまわないように注意しよう。

(C)NCSOFT Corporation. Licensed to NC Japan K.K. All Rights Reserved.