リネージュM(リネM)攻略

リネージュM(リネM)攻略:最強職業ランキング【5/29更新】

『リネージュM(以下、リネM)』における職業の最強ランキングを掲載。最強ランキングでは、育成のしやすさやソロ・パーティ(PT)プレイでの強さなどを考慮して作成しているので、本作をはじめる前や、今後どの職業のキャラを作っていくか迷っている人は、ぜひとも参考にしてほしい。

最強職業ランキング

最強職業ランキングでは、『リネM』に登場する職業を、育成のしやすさや戦闘する状況などの複数項目で評価して作成。

最強ランキング作成は、各職業の基本的な戦い方をベースに行なっているが、育成の仕方や戦略次第では、評価以上のパフォーマンスを発揮することができるだろう。

また、評価基準はAppliv Games独自のものであり、これが一概に正解だとは言い切れない。あくまで職業選びの参考にする程度で考えてもらえると幸いだ。

評価基準

最強職業ランキングにおいて、Appliv Gamesでは以下の4項目を評価基準として設定。

  • 育成のしやすさ
  • 攻城戦
  • ソロ評価
  • パーティー(PT)評価

各項目を5段階で評価し、総合評価の高い職業を上位に掲載している。今後もアップデートやに合わせて、最強ランキングは随時更新していく予定だ。

順位
職業名
性能と簡易評価
1
リネージュM(リネM)攻略:最強職業ランキング【5/29更新】
騎士(ナイト)
堅牢な盾になれるタンカー
・高耐久
・操作が簡単
・育成しやすい
2
リネージュM(リネM)攻略:最強職業ランキング【5/29更新】
エルフ
弓と精霊魔法を操るサポーター
・遠距離攻撃しやすい
・さまざまな役割がこなせる
・特化型の職業には劣る
3
リネージュM(リネM)攻略:最強職業ランキング【5/29更新】
魔術師
(ウィザード)
魔術のエキスパート
・一般魔法がすべて使える
・最終的な戦闘能力はNo.1
・育成が非常に難しい
4
リネージュM(リネM)攻略:最強職業ランキング【5/29更新】
ダークエルフ
火力特化の近距離アタッカー
・近接戦の火力が非常に高い
・専用の両手武器がある
・耐久力が低い
5
リネージュM(リネM)攻略:最強職業ランキング【5/29更新】
君主
仲間を率いて戦う血盟のリーダー
・血盟が作れる
・味方のサポートが得意
・単体の性能は騎士より少し低め

1位:騎士(ナイト)

育てやすさ
攻城戦
ソロ評価
PT評価
★★★★★
★★
★★★★★
★★

最強ランキング1位は、騎士(ナイト)である。

騎士(ナイト)は高いHPと防御力を兼ね備えた高耐久が魅力であり、攻撃力も低くないので、接近戦での戦闘の安定感はトップクラスだ。

序盤の育てやすさはもちろん、ゲームがある程度進んできてもソロで戦っていける。PTプレイでは他職業にできないタンク役をこなせるのも、騎士(ナイト)の大きな強み。

剣と盾を装備すれば、攻防の安定感をさらに高められるのも騎士(ナイト)の良いところ

ただし、攻城戦とPTでの評価は少し低め。単純に火力役として戦うならばダークエルフの方が向いており、タンク以外ではポテンシャルを生かしにくいからである。

また、単体でできることが少なく、最前線で盾になりつつ近接攻撃をし続けるという動きのみになりやすい。役割ははっきりしているものの、臨機応変な対応というのはできないパターンが多い。

しかし、やれることが少ないというのは操作が簡単というメリットでもある。そのため、初心者でも場面を問わずに扱いやすいとも言えるだろう。

基本的に接近して通常攻撃するだけで、どんな敵とも戦っていける

2位:エルフ

育てやすさ
攻城戦
ソロ評価
PT評価
★★★★
★★★★
★★★★

最強ランキング2位は、エルフである。

エルフは弓をメインに立ち回ることができ、敵の攻撃範囲外から攻撃できる。敵が接近してくるまでにダメージを与えられるため、一方的な状況を作りやすいのだ。

魔術師(ウィザード)の次に多くの一般魔法を扱えるため、回復役もこなせる。専用の「精霊魔法」も組み合わせて、さまざまな役割をこなせるのが最大の魅力でもある

そのため、全体的な評価は高め。序盤は一方的に戦える場面が多く、攻城戦では足りない役割を補完することができ、非常に重宝する存在となっている。

弓による遠距離攻撃で安全な狩りが行いやすい

唯一、PTでの戦闘能力は低い。というのも、PTでは事前に役割を決めて戦う作戦が多いため、なにかに特化している職業の方が戦いやすく、活躍しやすいからだ。

近接火力ならダークエルフ、耐久なら騎士(ナイト)、魔法火力なら魔術師(ウィザード)といった具合に、他職業にエキスパートが存在する。

満遍なく使えるが故に、どのようにPTへ貢献するか考えておかないと、中途半端な性能になりかねない。

何でもできる万能さこそが売りなので、ゲームに慣れることやさまざまなコンテンツに触れることが目的ならば、エルフ以上に適任な存在はいないだろう。

魔術師(ウィザード)ほどではないが、一般魔法も多く扱える

3位:魔術師(ウィザード)

育てやすさ
攻城戦
ソロ評価
PT評価
★★★★★
★★★★★

最強ランキング3位は、魔術師(ウィザード)である。

魔術師(ウィザード)は唯一、すべての一般魔法が扱える魔法に特化した職業だ。一般魔法には攻撃だけでなくバフやデバフ、回復なども存在し、最終的にできないことはないと思っていいだろう。

そのため、PTプレイでの性能がトップクラスなのは間違いない。魔法で火力を出しつつ、味方を回復とバフでサポートできるので、1人いるだけでも狩りやボス戦での効率が段違いだ。

一般魔法だけでほとんどのアクションを取れるのが、魔術師(ウィザード)の強みだ

そのかわりに、ソロでの戦闘にはかなり不向き。耐久力が最低クラスであり、接近戦に非常に弱いため、近寄られる前に敵を倒すことができないと簡単に倒されてしまう。

そして、育成が桁違いに難しいという特徴がある。優秀な魔法は序盤で覚えられないのに加えて、魔法攻撃力を上げるINTのステータスが高くなければ火力が出ない。

序盤の簡単なメインクエストですら苦戦することが多く、場合によっては進行が非常に困難な状態に陥るパターンも少なくないのだ。

育成は苦戦しやすいものの、最終的には難しさに見合うだけの高い戦闘能力が手に入る大器晩成型。強大なボスやダンジョンに挑むための戦力になりたい方は、魔術師(ウィザード)で真の最強を目指してみるのもいいだろう。

序盤は魔法も少ないため、敵に近づいて直接武器で攻撃することも多い

4位:ダークエルフ

育てやすさ
攻城戦
ソロ評価
PT評価
★★★
★★★
★★★★

最強ランキング4位は、ダークエルフである。

ダークエルフは近接戦での火力に長けており、そのダメージ量は騎士(ナイト)を超える。高い火力でモンスターを次々と倒していくのが得意なので、攻撃的な戦い方が好きな人に向いているだろう。

耐久力こそ低いものの、両手に装備した武器で一気にダメージを稼ぐことができ、短時間で大ダメージを与えられる

さらに、専用の「黒精霊魔法」で自身にバフを付与でき、さらなる火力の強化が可能。瞬間的な火力だけなら、魔術師(ウィザード)にも劣らないはずだ。

「黒精霊魔法」は自身の強化や敵の弱化などが豊富に揃っている

ただし、耐久力が低く集中攻撃を耐えきることはできない。黒精霊魔法である程度の耐久力補完は可能だが、それでも低い部類に入る。

そのため、複数人のプレイヤーが入り乱れる「攻城戦」は苦手。多人数との戦闘をしたり範囲攻撃が当たったりする可能性があり、慎重に行動しなければ簡単に倒されてしまうことがあるからだ。

PTでの戦闘なら、敵の数も限られており、味方のサポートも受けられる。高い火力がボス戦で重要なダメージソースとなり、自身の強みを最大限生かせるだろう。

二刀流や爪はダークエルフしか装備できない武器。盾が持てなくなる代わりに、大幅な火力アップが可能だ

5位:君主

育てやすさ
攻城戦
ソロ評価
PT評価
★★
★★★
★★
★★★

最強ランキング5位は、君主である。

君主は「血盟(クラン)」を創設できる唯一の職業。血盟内のコンテンツを利用するためには必要不可欠であり、最も替えのききにくい存在となっている。

戦闘時にも味方を強化するスキルなどが使えるため、仲間と協力して戦うときに自身の強みを生かしやすいのだ。

そのかわりに、全体的にステータスが騎士(ナイト)より低め。単体での戦闘能力は下がるが、できることが増えてPTプレイで活躍しやすくなった騎士(ナイト)といった感じだ。

血盟の創設は君主の特権である

しかし、君主は血盟に入れる人数を増やしたい場合、ボーナスステータスでCHAのステータスを伸ばしていかなければならない。

すなわち、他職業が戦闘能力の向上を行っているときに、戦闘に直接影響しないステータスを強化しなければならないのだ。

もちろん血盟員数の増加は義務ではないが、小規模の血盟に限界があるのは火を見るより明らかだ。仲間と最強の血盟を目指すならば、CHAの強化は欠かせない。

自身の戦闘能力向上を捨ててでも、多くの仲間とさまざまな協力コンテンツに挑みたいと言うならば、君主でのスタートをおすすめしよう。

自身の能力向上ではないため、ボーナスステータスを振ってもパッと見ではわからないが、血盟に入れる人数が増えるステータスだ

(C)NCSOFT Corporation. Licensed to NC Japan K.K. All Rights Reserved.
※本稿の内容は開発中のものです。正式サービス後の内容と異なる場合がございます。
※画面は開発中のものです。実際のゲーム画面と一部異なる場合がございます。