リネージュM(リネM)攻略

リネージュM(リネM)攻略:取引所の基本的な使い方

『リネージュM』(以下、リネM)には他のプレイヤーとの取引ができる「取引所」があり、さまざまなアイテムや装備を購入可能だ。商品の売り方や購入方法などを覚えて、キャラ育成に活用していこう。

取引所とは

取引所は、自分が不要になったアイテムなどを売りに出すことで、ダイヤを獲得できる場所。ダイヤは基本的に課金で手に入れるため、課金以外で獲得できる唯一の入手方法だ。

もちろん、自分がダイヤを持っていれば、販売されている装備やアイテムを購入することも可能。上手く利用して、自分のキャラを強くしていこう。

誰かが販売していれば、「英雄」等級のアイテムも購入可能だ

取引成立までの流れ

取引が成立するまでの流れは、販売・購入する側のどちらも至ってシンプル。

販売する場合は、売りたい商品をバッグの中から選び、値段を設定して商品を登録するだけ。

逆に購入する側は、欲しい商品を見つけたら、記載されている値段のダイヤを支払うだけだ。

自分が商品を販売する場合

自分が商品を売りたいときは、取引所メニュー内の「販売登録」から商品を登録する。倉庫の商品は選べないので、売りたいものは自分のバッグに入れておこう。

また、売りたい商品を選んだときに「相場」をタップすれば、今までにそのアイテムで成立した取引の最低価格と最高価格、そして平均取引価格が確認できる。

あくまで取引が成立した商品で相場は決まる。そのため、現在販売されている商品とは、値段がかけ離れている場合もある

売る商品を決めたら、「販売」から登録画面に移ろう。登録するのは、アイテムの個数と値段の2点だけ。複数個売る場合、値段を設定すると1個あたりの値段も確認可能だ。

注意点として、アイテム名の後ろに「刻印」と付いているものは販売できない。それらはそのプレイヤー用のアイテムとして扱われているので、自分で使うしかないのだ。

商品登録時には、わずかながら手数料のアデナも必要となる

ドロップした装備などは売れるが、製作や購入した装備は「刻印」と付いていて販売できない

商品が売れたら、「精算」からダイヤを受け取ろう。このとき、現在の税率によって代金の一部は引かれてしまう。

高額な商品の取引が成立しても、税率によって受け取れるダイヤは販売価格より少なくなることを覚えておこう。

精算時には「売れた商品」「販売価格」「精算額」「販売時間」の4項目が見れるようになっている

自分が商品を購入する場合

自分が商品を買いたいときは、欲しい商品をカテゴリや検索を利用して探し、販売リストに登録されている商品を選ぶだけ。選んだ商品に記載されているダイヤを支払えば、購入は完了となる。

もちろんだが、販売リストが0となっている商品は、現在登録されていない。そのため、いくらダイヤを持っていようが購入することはできないのだ。

商品が登録されていないアイテムは、暗転していてタップすることもできない

リネージュM(リネM)攻略:取引所の基本的な使い方

素材は意外にも売れやすい!

入手しやすくて売れやすいものは、モンスターから頻繁に入手できる素材アイテム。いくら入手しやすいとは言え、製作にはかなりの量が必要になるため、長時間の狩りを嫌う人が取引所で買っているパターンが多いのである。

ただし、よく売れているのは高級以上の素材。ドロップしたままの素材は狩り以外でも入手しやすく、不足している人が少ないのだろう。

高級や最高級の素材にもなれば、製作費用のアデナを節約でき、手間もかからない。そのため、取引所で購入しているプレイヤーが多いのだ。

高級以上の素材にならば、数個だけの販売でも売れる。もちろん、値段を高くしすぎると売れないので注意!

強化の巻物を売るのもアリ!

「武器強化の巻物」や「防具強化の巻物」も、ドロップ率は高くないが売れやすい商品。

強化の巻物は、ショップで刻印付きが売っており、そちらはアデナで買うことができる。アデナに余裕がある場合は、ダイヤのために取引所に出してしまおう。

強化の巻物は需要が高く、1個だけの販売でも最高級素材より高く売れる

(C)NCSOFT Corporation. Licensed to NC Japan K.K. All Rights Reserved.