リネージュM(リネM)攻略

先行体験会でわかった「銃士」の所感と最新アップデートまとめ【リネージュM】

去る11月25日、『リネージュM』(以下、リネM)の新職業「銃士」のメディア先行体験会が開催。実機プレイでわかった銃士の魅力や12月4日から導入予定の最新アップデート情報をまとめてご紹介していこう。

最新アップデート「EP.1 First Bullet」とは

銃士を先行プレイ!所感やスキルの内容をご紹介

※掲載されている画像は開発中の画面となります

“日本向け”に動き出す、最新アップデート「EP.1 First Bullet」始動!

六本木のエヌ・シー・ジャパンオフィスで行われた今回の先行体験会。

『リネージュM』の大河内Pと川南Pより、「銃士」を含めた最新アップデート「EP.1 First Bullet」の内容が明かされた。

『リネージュM』プロジェクトプロデューサーの大河内卓哉氏(右)と運営プロデューサーの川南巌氏(左)

傲慢の塔・攻城戦・アインハザードの祝福定額制などの実装を終え、現在の『リネージュM』は「基礎コンテンツがひと通り入れ終わった」状態であると大河内P。

「ここまでは海外のものをそのまま持ってくるような実装内容だったが、これからは日本独自の路線を一歩ずつ歩んでいきたい」と今後の抱負を語った。

「銃士」実装を皮切りに、より日本プレイヤーに合ったコンテンツ・サービスが盛り込まれていくとのこと

「銃士」は12月4日実装予定!事前作成は11月27日から開始

新職業「銃士」は、12月4日(水)のメンテナンス後から実装予定。11月27日(水)からはすでに事前作成が可能となっている。

事前作成をしておくと冒険に役立つアイテムが必ずもらえるキャンペーンも実施されるので、お見逃しなく!

銃士キャラはあらかじめ作成・名前の確保はできるが、ゲーム内に入れない状態になる

銃士は、2種類の銃器を操る遠距離攻撃職。スキルの射程が全体的に長く、中でも対象に掛かっている特定のバフを除去できるスキルが特徴的だ

銃士PV

転職サービスあり!キャラレベルはそのまま!?

銃士導入にあわせて、転職サービスの実施も予定されている。

韓国版をはじめ、海外ではすでに実施されているが、日本向けの仕様として、キャラレベルをそのまま移行できるものを検討中だという。

これにはぜひ期待したい……!

海外仕様は、使用していたキャラの経験値の80%を新キャラに移行するというもの。日本向け仕様ではこれが100%に

先行体験会でわかった「銃士」の所感と最新アップデートまとめ【リネージュM】

銃士専用の新変身3種が登場!

銃士専用に伝説・英雄・希少級の新変身が1つずつ追加予定。

全体的に従来のものより攻撃速度がアップしているので、銃士を使うなら入手しておきたいところだ。

イシルロテの銃バージョンが登場!「銃を扱う女性はショートカットのイラストが多い」と川南P。英雄変身の中でも現状最速の攻撃速度を誇る

成長をサポートするさまざまなコンテンツも登場

銃士実装にあわせた、さまざまなアップデートにも注目したい。

基本的には、日本ユーザーの傾向に合わせた、キャラをより成長・強化しやすくなるようなものになっている。

簡単にまとめて紹介していこう。

  1. 特殊ダンジョン専用ミッション
    ⇒達成すると大量のEXP獲得チャンス
  2. リズの調査ノートのラインナップ強化
    ⇒デスナイト・カーツシリーズなどが追加。英雄ランク装備の獲得をより手軽に挑戦できるように
  3. 血盟ランク上限解放・特殊血盟紋章追加
    ⇒新たな血盟バフと紋章を追加
  4. 錬金術
    ⇒レアアイテム再利用システム。希少級武器や防具を混ぜると新しいものができる
  5. 覚醒
    ⇒マジックドールのパワーアップ機能。覚醒材料をMDに与えると、狩りのサポートとして、攻撃スキルを使ってくれるようになる
  6. 紋様
    ⇒「アインハザードの祝福」を消費することでポイントがたまり、紋様を強化することができるようになる。紋様には攻撃タイプや防御タイプなどさまざまなものがある

日本では、Safety Zoneのある特殊ダンジョンがとにかく人気。経験値効率よりも、PKされないことを優先する人が多いという。今回のアップデートは、そういった人たちに向けたものとなっている

この中では覚醒が特に印象的。覚醒したマジックドールはレベルが上げられるようになり、これによって攻撃頻度などを高められるという

また、新コンテンツとして、「試練の塔」「崩れる島」も実装予定。面白そうなダンジョンなので、楽しみにしておこう!

全100階層ある試練の塔は、各階でミッションを達成しながら、少しずつ進んでいくダンジョン。「自分の強さを疑似的に数値化できるもの」となっている

崩れる島は某FPSのように、徐々にマップが狭まっていくバトルロイヤルコンテンツ。個人参加なのでソロメインの人でも大規模戦闘が楽しめるとのこと

日本限定鯖「ケレニス01」も12月4日に追加!

12月4日には、新サーバー「ケレニス01」も追加される。銃士を含め、こちらも11月27日より各職の事前作成が可能だ。

ケレニス01は、日本限定サーバーという位置づけになっており、海外からのアクセスした場合、アカウントが停止になってしまう。

「日本人だけでプレイしたい」というユーザーの声に応える形で、今回新たに追加となった。

なお、アップデートにあわせたキャンペーンの1つとして、「サーバー移動サービス」も実施予定だが、新サーバーに関しては、おそらく対象外になるとのこと。

いろいろとリセットして始めからプレイしたい人や、『リネージュM』を新たに始めたい人向けのサーバーとなるようだ。

銃士実装記念の14大キャンペーンが開催!

アップデートだけではなく、銃士実装を記念した14個もあるキャンペーンも開催予定だ。

ここでは詳細は割愛するが、新たにリネMをはじめる人や銃士に挑戦したい人に手厚いキャンペーンが多い。友だちに勧めるなら今だ!

気になる「サーバー移動サービス」に関しては、レギュレーション等を開発元と絶賛協議中とのこと。続報を待とう!

キャンペーンについては、11月25日放送の話せる島通信#6でわかりやすく触れられているので、気になる方はチェックしてみよう。

話せる島通信#6

消失したアイテムが復活する「TJクーポン」をお見逃しなく!

キャンペーンの中でも、「TJクーポン」は要チェック!

オーバーエンチャントで失敗した装備、合成で失敗した変身などが復活させられるアイテムとなっており、対象となるアイテムごとに毎週1枚、計4枚が配布される。

必ず利用しておこう!

TJクーポンの配布スケジュールと対象アイテム

  • 第1週(12月4日予定):武器・防具
  • 第2週(12月11日予定):変身
  • 第3週(12月18日予定):マジックドール
  • 第4週(12月25日予定):アクセサリー

なお、復活の対象は、「クーポンが配布される前の週のメンテナンスまでに消失したもの」になる

たとえば第1週となる12月4日(水)の武器・防具が対象となるクーポンなら、11月27日(水)のメンテナンス前までに消失した武器・防具が対象となる。

変身、MD、アクセサリーについても同じことがいえるので、利用の際は注意しておこう。

なお、武器・防具に関しては希少級以上のものが対象ということが明らかになっている。

万一、一般級・高級のものを消失させてしまった場合は、サポートに問い合わせすることで1つ復旧できるとのこと。詳細は以下のお知らせに記載されているので、チェックしておこう。

銃士を先行プレイ!所感やスキルの内容をご紹介

その後、実機を用いての銃士の先行プレイもさせていただいた。

実際に触れた所感や特徴的なスキルなどを、エルフがメイン職の筆者の視点から紹介していこう。

スキルの射程がとにかく長い!遠距離スタンも可能

通常攻撃に関しては、エルフよりも短め。攻撃速度も、若干遅く感じた。

銃士(ライフル)とエルフ(両手弓)の通常攻撃射程を比較。通常攻撃はエルフに軍配が上がった

※銃士の射程もライフルとハンドキャノンで異なり、ハンドキャノンの方がより短くなる

一方、スキルは銃士の方が射程が長く、種類も多い。

画面端からでも届くほどなので、対人戦ではどこから攻撃されているかわからない状態にもしやすそうだ。

射程が10セルで、相手が遠くにいるほど威力が上がる「デススナイプ」。銃士らしい攻撃スキルだ

巷でウワサの「魔法弾【スタン】」や「ブレイク【イミュントゥハーム】」も遠距離から利用できる。スキル書はかなりレアとのことだが、持っていれば相手にとって大きな脅威となるだろう。

スタンとブレイク【イミュントゥハーム】の効果はこちら。ブレイク系のスキルは、単純に解除するだけではなく、一時的に適用できないようにするところも強力だ

移動スキルやMP回復スキルも使える

攻撃スキルのほか、瞬時に移動できる「ダッシュ」やMPを回復できる「マナチェンジ」なども使用することができる。

「ダッシュ」は、キャラが向いている方向へ3セル移動できる。相手との距離を保ちつつ、引き撃ちしていきたいが、使いこなすのはなかなか難しい

特にマナチェンジは、MPの自然回復速度を上げるのではなく、直接回復できる点が特徴的だ。

各スキルの使用には、精製石というアイテムを消費するのだが、これは重量0でいくらでも持つことができる。(先行プレイでは9万個も持つことができた)

精製石さえあれば実質的に好きなだけMPを回復できるため、さまざまなスキルを高頻度で使うことを可能にしている。

「マナチェンジ」は、オート使用できないところが唯一の難点だろうか。手動狩りや対人戦でうまく利用していきたい

オート使用可能な範囲スキルが多く狩りがしやすい

銃士は、多くの攻撃スキルをオート使用することができる。

前述のように射程が長い上、範囲攻撃のものも多く、モンスターを複数体まとめて倒せるところは魅力的。

エルフ以上にタゲがとりやすいので、狩りはかなりしやすいはずだ。

攻撃対象の周囲を攻撃する「マルチショット」。射程10セルの、貴重な遠距離範囲攻撃だ

自分の周囲をグルっと攻撃する「ウインドミルショット」。近づいてきた敵の排除に利用しよう

妨害も補助もお手のもの!対人戦で輝く支援職

豊富なスキルをいろいろと使用してみたが、やはり遠距離スタンが強力な印象。

ほかにも、敵の「イミュントゥハーム」や味方の「スタン」を除去できるため、スキルを所持し、それを適切に利用できる銃士は、対人戦で大活躍できるはずだ。

メディア対抗のPVPでもスタンが猛威を振るった!……のだが、筆者は位置取りが悪く四方から蜂の巣に

一方、攻撃速度がそれほど速くなく、自身で相手を倒し切るだけの火力はまだないという印象。

現状は相手の妨害と味方の補助を担う、サポート役に適した職業となりそうだ。

どちらかというと支援職が好き、という方は転職サービスを利用して銃士に挑戦してみてはいかがだろうか。

(C)NCSOFT Corporation. Licensed to NC Japan K.K. All Rights Reserved.

※掲載されている画像は開発中の画面となります