#コンパス攻略

#コンパス【攻略】: マルコス'55のおすすめデッキ・立ち回りまとめ【11/17更新】

『#コンパス』の「マルコス'55」は、本領発揮できれば、どのヒーローよりも高ステータスになれる面白いアタッカーだ。本記事では、基本となる立ち回り方やデッキ、枝投げのコツをはじめとしたテクニックなどをまとめて紹介していく。

コンパスユーザー必見!おすすめACTゲームをご紹介!!


▲画像をタップして人気のACTゲームをチェック!

  1. ステータス
  2. 通常攻撃
  3. ヒーローアクション
  4. ヒーロースキル
  5. アビリティ
  6. 基本的な立ち回り方
  7. カードの発動速度
  8. おすすめデッキ【ランクF~A】
  9. おすすめデッキ【ランクS1以上】
  10. おすすめメダル
  11. コスチュームバリエーション
  12. テーマ曲MV

マルコス’55の基本ステータス

攻撃倍率(※) 1.15
防御倍率(※) 0.80
体力倍率 0.80
移動速度 ディズィー、ひなた【SG】とほぼ同じ速度
通常攻撃射程 約2マス(その他多くのアタッカー&スプリンター&タンクと同じ)
得意攻撃カード 特になし

※倍率は無強化時のもの。ヒーロースキル(HS)により増加していく。

テーマ曲 ハイスペックニート
MUSIC 40mP
イラスト たま
声優 下野紘
コスプレイヤー ミヤ

通常攻撃:単発型近距離攻撃

マルコスの単発攻撃は、かなりのスピードで1セットで9ヒットさせる単発攻撃。

攻撃カードの発動がどれも遅いマルコスにとって、強力な通常攻撃は主なダメージソースとなる。

攻撃射程 約2.0マス

ヒーローアクション(長押し):ワープ枝投げ/ちょっと痛いよ?

マルコスのヒーローアクション(HA)は、攻撃力の約1.2倍のダメージを与えつつ、ヒットした相手の目の前にワープするというもの。

攻撃が当たると同時に、相手をのけ反らせる(ノックバックする)こともできる。

溜め攻撃までの必要時間がほとんどなく、射程距離も長いので、積極的に使いたい優秀な攻撃だ。

射程距離は約14マス。ガンナーの通常攻撃射程外からHAで奇襲することも可能だ

HAの射程範囲内に複数の敵がいた場合は、範囲内にいる全員にHAが当たり、最も手前にいる敵の目の前にワープする。

つまり、HAの攻撃自体は敵を貫通するということだ。

一直線上に並んだ忠臣とめぐみん。この状態でHA使うと、手前にいる忠臣の目の前にワープしながら、奥にいるめぐみんにも攻撃が当たっていることがわかる

ただし、敵は貫通するものの、ポータルキーや壁は貫通できないので覚えておこう。

ポータルキーを挟んで一直線上にいるジャンヌにHA。射程範囲内に収めているものの、ポータルキーに阻まれて、H当たらなかった

このHAのワープ機能を使って、段差の上へと一瞬で上がったり、カードキャンセルしたりなど、さまざまなテクニックがある。それらについては、詳しく後述していく。

操作エリア長押し開始から攻撃ヒットまで(※) 約1秒
攻撃倍率 約1.2倍
射程 約14マス

※最速で繰り出した場合

ヒーロースキル:スーパーニート

体力を全回復させ、自身の攻撃倍率と防御倍率をバトル終了時まで永続的に高めることができるヒーロースキル(HS)。

もし、マルコスが倒されてしまっても、強化効果が切れることはない。

強化は3段階に分かれており、各段階で約1.2倍ずつステータスアップしていく。

最終的には、初期ステータスと比べると約1.73倍にまでパワーアップし、怪物級のヒーローへと覚醒する。

マルコス’55の強化段階とステータス変化

強化段階 攻撃倍率 防御倍率 体力倍率
通常 1.15 0.80 0.80
1 1.38 0.96 0.80
2 1.66 1.15 0.80
3 1.99 1.38 0.80

上の表を見るとわかる通り、マルコスは3回HSを使うと攻撃倍率1.99、防御倍率1.38という、他のヒーローと比べて飛び抜けて高いステータスになる。

4回目以降もHS発動でき、発動してもステータスアップしなくなるものの、体力は全回復する。

また、1~2回目と3回目以降はHS使用時の演出が違うという特徴がある。

1~2回目のHSは、演出時間が約2秒。3回目以降のHSは、演出時間が約6秒となり、他のヒーローのHSと同じように、別アングルでの演出が入る

ちなみに、HSを使った回数によって、マルコスの周りにまとっているオーラのようなものの色も変化する。

HS未使用時は何もオーラをまとっていないが、1回使用したら白、2回使用したら黄色、3回使用したら紫のオーラをまとっていることがわかる

このオーラは自身だけでなく、味方・敵視点からでも確認可能だ。

マルコスが何回HSを使って、どれくらい強化されているかを把握しておくと、対面したときにどれくらいダメージを受けるのかを多少は推測できるだろう。

少々わかりづらいが、敵のマルコスのオーラが白であることがわかる。つまり、このマルコスはHSを1回使用している状態ということだ

攻撃と防御の強化倍率 上記表に記載
HS発動に必要なタメ時間(※) 約14.2秒
タメ時間類似ヒーロー
HS演出(無敵)時間 1〜2回目 約2秒
3回目以降 約6秒

※常時エリア拡張状態と仮定した秒数(最大拡張エリアだと約28.4秒)

アビリティ:ちょっとドキドキする

リリカ」の周囲にいるだけで、スキルゲージがたまっていくアビリティ。

自陣のポータルエリア外でも、リリカが近くにさえいればスキルゲージをためられる。

ただし、自陣のポータルエリア内でのスキルゲージ上昇との併用、複数人のリリカによるアビリティの重ねがけはできないので注意。

スキルゲージ上昇速度は、拡張中のポータルエリア内>アビリティ>拡張済みのポータルエリア内となっており、複数の条件を満たしている場合は、上昇速度の早いほうが反映される。

効果範囲は約6マス以内。これは、リリカの通常攻撃射程となる約8.5マスよりも短い

さらに、このアビリティは敵のリリカの近くでも効果を発揮する

相手チームにリリカがいるときは積極的に近づいて、スキルゲージをためて試合を有利に展開しよう。

アビリティ中のHSタメ時間 約23秒
発動範囲 リリカの半径約6マス以内

マルコスの基本的な立ち回り方

マルコスは、HSを使うことで徐々にステータスを強化していく、大器晩成型のヒーロー。

HSを使わなければ、他のアタッカーに劣ってしまいやすいので、試合中に少なくとも2回はHSを使っていくようにしたい。

【開幕】自陣1番目を制圧してスキルゲージをためよう

一般的にバトル開始直後は、ガンナーが自陣1番目(A,E)のポータルキーを制圧し、アタッカーが自陣2番目のポータルキーを取ることが多い。

しかし、マルコスに関しては序盤からHSを使わないと、ステータスで他のヒーローより劣ってしまい、思うように活躍しづらくなりやすい。

そのため、自陣1番目(A,E)はガンナーに譲ってもらい、まずはスキルゲージをためよう。

自陣1番目(A,E)の取得後は、すぐに味方が制圧してくれた自陣2番目(B,D)に向かい、いっしょにエリアを広げよう。いっしょにエリア拡張すれば、味方も自分もスキルゲージがためられる

エリアを広げている間にスキルゲージがたまるので、たまった瞬間に1回目のHSを使おう。

それからは戦況次第だが、できれば2回目のHSが使えるようにしてから、前線へと向かうようにしたい。

自陣2番目(B,D)を取った味方に先に前線へ向かってもらい、スキルゲージをためよう。C地点が取れているなど、有利な状況の場合は、2回目のHSは後回しにして、前線へと向かいたい

ここでポイントなのは、2回目のHSはスキルゲージがたまってもすぐに使わないこと。

HSを使える状態で前線へ向かい、乱戦に参加しよう。

マルコスのHSは1~2回目でも短い無敵時間があるうえに、体力を全回復できる。

1回HSを使っておけば、ステータスはある程度戦えるほどになっているので、2回目のHSは温存して、ピンチのときに使うのがおすすめだ。

回復カードを使い切り倒されそうになるが、HSで体力を回復。さらにステータスも強化されるので、そのまま反撃に転じやすい

HSで相手の攻撃を緊急回避!

回復カードがないときの回復手段でHSを使うことは紹介したが、他にもHSを使うおすすめのタイミングがある。

それは、相手の攻撃を回避するときだ。

この攻撃を受けたら倒されてしまうという場面でHSを使えば、ダメージを受けずに済む。

特に、「機航師弾 フルーク・ツォイク」や「反導砲 カノーネ・ファイエル」といった、強力な攻撃カードに対して有効だ。

相手のカードが見えたらHSを使うことで、回避できる。カノーネの場合は【防】カードも割られることなくやり過ごせる

HS発動1~2回目は、演出時間が短くスキが生まれにくいが、3回目以降に使うと演出時間が長く、スキになりやすい点には注意が必要だ。

【開幕】味方にリリカがいた場合の開幕の動き

味方にリリカがいた場合は、自陣1番目(A,E)のポータルはリリカに譲り、自陣2番目(B,D)を制圧しよう。

マルコスは、味方にリリカがいればスキルゲージがすぐにたまりやすいので、自陣1番目(A,E)を制圧する必要性がないのだ。

その後は、すぐリリカに自陣2番目(B,D)に来てもらい、いっしょにスキルゲージをためつつ、C地点での争いの様子を伺おう。

リリカといっしょに自陣2番目(B,D)を広げている場面。C地点の争いは、味方のきららが制しており、敵チームも攻め込んできていないため、ゆっくりとスキルゲージをためられる

その間に1回目のHSが使えるようになったら、たまった瞬間に使っても構わない。

C地点が奪われていたら無理をして助ける必要はないが、C地点が取れている場合は、防衛のため、リリカといっしょに援護しに行こう。

争いが落ち着いたら、自陣1番目(A,E)に戻り、スキルゲージをためよう。

ここで2回目のHSが使えるようになるので、こちらもすぐに使ってしまおう。この時点で攻撃倍率は1.66倍と、どのヒーローよりも高くなっている!

自陣1番目(A,E)の拡張が終わったら、再び前線へと向かおう。

戦っているうちに、3回目のHSが使えるようになるはずだ。

スキルゲージのたまりづらい味方がいたとき

ルチアーノやマリアなど、スキルゲージが極端にたまりづらいヒーローが味方にいた場合は、リリカと同じ開幕の動きで構わない。

ただし、アビリティは発動しないので、1回目はすぐにHSを使い、2回目はHSを使わずに前線へ向かうという動きは、リリカ以外のヒーローが味方にいたときと同様だ。

【HA】枝投げを使いこなそう!

マルコスを使ううえでHSと同様に重要となるのが、HAの枝投げだ。

まずは、枝投げでできることを理解しておこう。

「枝投げ」でできること

  • 敵との距離を一気に詰められる
  • カードやHAのため時間などをキャンセルできる
  • 段差の上に登れる

【枝投げテクニック】相手との距離を一気に詰められる

敵との距離は、歩いて詰めていくのが基本だが、マルコスは枝投げで敵の目の前にワープしたほうが圧倒的に速く移動できる

混戦地点より少し離れたところから安全に様子を伺い、スキを見て枝投げで一気に距離を詰めて攻撃を畳みかけよう。

敵のルチアーノが遠くでスタンした場面。他のアタッカーでは近づいている間にスタンが終わってしまうが、マルコスなら枝投げですぐに距離を詰められるので、大きなダメージを与えられる

枝投げは、防衛でも大活躍。

ポータルキー制圧中の敵に向かって当てれば、軽いノックバックとともに、そのポータルキーすぐそばまで行けるので、ポータルキーを守りやすい。

普通に歩いては間に合わなそうな距離でも、枝投げなら防衛可能だ

【枝投げテクニック】カードやHAのため時間などをキャンセルできる

こちらは、枝が当たったときの軽いノックバックを利用したテクニック。

相手がカードを切ったタイミングで枝が当たると、カードキャンセルされ、カードスキルが発動しないだけでなく、クールダウンに突入するため、相手にとっては大きな痛手となる。

特に発動時間「短」のカードである、【防】カード(ダメカ)や回復カードに対して決まりやすい。

敵がカードを切り、頭上にカードが表示されてから実際に効果が発動するまでを発動時間と呼ぶ。その間に枝を当てると、カードキャンセルできる

ドリーム☆マジカルスクエア」で行動速度を下げない限りは、カードが表示されてから枝投げし始めても遅いので、カードの使用タイミングを読んで枝投げするのがポイント。

上の画像でもそうだが、相手の体力が減っていると、回復カードや【防】カードを使うことが多いので、それを読んで枝投げをすると、カードキャンセルが決まりやすい。

ドリーム☆マジカルスクエア(通称:マジスク)」は、敵のあらゆる行動速度を4秒間下げる【弱】カード。通常攻撃や枝投げをしやすくするスキを生み出せる、マルコスと相性のいいカードの1つだ

また、忠臣やカイのように長押しでためてから使うHAや、スプリンターのHAであるダッシュ中にHAを当てると、HAを止めることができる。

味方にHAを当てようとしている敵がいたら、枝投げでため時間を解除して守ってあげよう。

敵のリヴァイがHAで他の味方を狙っている。それをさせないために、ため時間中に枝投げでキャンセルをし、味方を守ることができた

【枝投げテクニック】段差の上に登れる

「グレートウォール」のような大きな段差を登ることはできないが、「けっこいスターパーク」や「ちゅら島リゾート」、「光と闇のライブステージ」など、低めの段差なら、枝投げで上がることができる。

段上にいる敵に枝を当てることで、段差を越えて敵の目の前へとワープできるのだ。

段の上にいる忠臣に枝を当てることでワープして、結果として段上に上がれている。ショートカットとしても使える万能さもある

【HA】枝投げのコツ

マルコスを使うにあたって、必ずぶつかる「枝が当たらない」という壁。

そこで、枝投げがうまく当てられるコツを紹介する。

【コツ1】偏差撃ちをしよう

偏差撃ちとは、敵の動きを予測して、現在敵のいる少し先を位置を狙って撃つ、動いている敵に対して有効なテクニック。

枝投げは、実際に使ってから相手に当たるまでに、ほんの少しラグがある。

枝投げで狙いを定めて指を離した瞬間から、実際に枝を投げるまでの間にモーションが入るので、その間にも敵が動いて枝投げが外れてしまうことがある

つまり、指を離す瞬間には敵が攻撃範囲内にいても、枝投げモーション後には敵がその位置から動いているので、枝が当たらないという現象が起きるのだ。

そのため、動いている敵を狙う場合、枝投げしたタイミングで敵が攻撃範囲に入っているように、相手の動きを予測して少し先にいるであろう位置を狙って枝投げする必要がある。

敵が左側に移動することを予測して、敵の現在位置より少し左側に枝を投げる。予想が的中して、枝投げモーション後に敵がその位置にいれば、枝が当たるといった具合だ

【コツ2】段差上の敵には少し距離をとって当てよう

マスターしておくと便利な、段差の上にいる敵に枝を当てるテクニック。

しかし、コツを知っていないと、当てることは難しい。

ポイントは、段差から少し距離をとることだ。

射程には捉えていても、段差との距離が近すぎると失敗してしまう

段差から最低5マス前後は距離をとり、枝を投げるようにすれば当たりやすいはずだ。

この距離より少し離れた約7マスほどの距離でも当てることができる

逆に、段差の上から下にいる敵にも枝を当てられる。

この場合は、段差から近い場所で枝投げをしたほうが成功しやすい。

段差から約1~2マスほど離れた位置までが、枝を当てやすい大体の目安。段差の下から枝投げするよりも、難度は低め

枝投げの対策は複雑な動きをすること!

逆にマルコスが敵にいた場合、枝投げがとても厄介に感じる人も多いだろう。

マルコスにとって最もされると嫌な動きが、不規則に動くこと

まっすぐ進むと、動きを予測されて偏差撃ちを決められやすくなる。

くねくね動けば、動きを予測しづらくなるので、マルコス対策にはおすすめだ。

【特徴】カードの発動時間が他のヒーローより短め!

発動時間とは?

各カードには、発動時間が設定されており、カードごとにその時間は異なる。

発動時間は、カードごとに設定されているもので、基本的にヒーロー間で異なることはないのだが、一部例外で他のヒーローより発動時間が短くなるヒーローがいる

マルコスも、そのうちの1人となっている。

発動時間「短」のカードを切ってから発動するまでかかる秒数

ヒーロー 発動時間「短」の場合の秒数
Voidoll 約0.6秒
マルコス 約0.7秒
リリカ 約1.0秒
他ヒーロー 約1.2秒

※Appliv Games編集部調べ
※「全天首都防壁 Hum-Sphere LLIK」を用いて
検証

上の表を見ると、Voidollには及ばないものの、他ヒーローよりかなり発動時間が短くなっていることがわかるだろう。

マルコスは、他の多くのヒーローより【防】カードを素早く発動できたり、とっさの回復が間に合いやすかったりと、気づかないうちに恩恵を受けているのだ。

攻撃カードは採用しない!?

マルコスは、すべての攻撃カードの発動速度がワーストクラス

そのため、攻撃カードの採用は諦め、攻撃力強化など通常攻撃で倒しやすくするデッキを組むようにしよう。

発動速度はどの攻撃カードも全ヒーローで最下位か、下から2番目とお世辞にも使えるとは言えない遅さだ

攻撃種類 類似ヒーロー
#コンパス【攻略】: マルコス55のおすすめデッキ・立ち回りまとめ【11/17更新】
#コンパス【攻略】: マルコス55のおすすめデッキ・立ち回りまとめ【11/17更新】
#コンパス【攻略】: マルコス55のおすすめデッキ・立ち回りまとめ【11/17更新】
#コンパス【攻略】: マルコス55のおすすめデッキ・立ち回りまとめ【11/17更新】 なし
(かなり遅い)

マルコスのおすすめデッキ【ランクF~A(レアリティSR以下)】

ランク到達で徐々にアンロックされていく恒常カードのなかから、レアリティSR以下のカードのみを使ったマルコスのデッキを節目ごとに紹介。

マルコスは、攻撃カードの発動速度がいずれもかなり遅いが、代わりに通常攻撃が非常に強力なので、通常攻撃を活かせるカード生存力を高める【防】カードや回復カードをメインにデッキを組んでみるといいだろう。

Fランク

  • 翼霊の加護 クワリ(自分の攻撃力を12秒間 中アップ)
  • ドリーム☆ミーティア(自分の移動速度を25秒間 中アップ)
  • 警備ロボ Guardoll-4771(10秒間被ダメージを40%減らす)
  • 雨霊の加護 ウィネバ(ライフを40%回復)

クワリで通常攻撃やHAの威力を上げて、相手をキルしていくデッキ。

HAに慣れず当たらないうちは、ミーティアで移動速度を上げて、歩いて相手に近づくのもアリだ。

Eランク到達後

  • ひめたる力の覚醒(自分の攻撃力を12秒間 大アップ)
  • ドリーム☆ミーティア(自分の移動速度を25秒間 中アップ)
  • 警備ロボ Guardoll-4771(10秒間被ダメージを40%減らす)
  • 聖女の守り手 黒猫リリィ(ライフを60%回復)

Eランクになると、マルコスの通常攻撃とHAの威力を上げられるひめたるが解放。

序盤〜中盤はお世話になるであろうカードになるため、入手できたらデッキに入れてみよう。

Eランクで解放されるレアリティSRの回復カードは、リリィと「楽団員 アルプ」の2枚。

どちらも序盤としては、ステータス面でも性能面でも優れているカードと言えるため、先に手に入れたほうを採用するという考えで構わないだろう。

Dランク到達後〜Bランク到達まで

  • ひめたる力の覚醒(自分の攻撃力を12秒間 大アップ)
  • 警備ロボ Guardoll-4771(10秒間被ダメージを40%減らす)
  • アイちゃんのオススメ防弾パーカー(10秒間被ダメージを45%減らす)
  • 聖女の守り手 黒猫リリィ(ライフを60%回復)

Dランクになると、警備ロボの上位互換であるアイちゃんが解放される。

警備ロボアイちゃんの2枚の【防】カードを使って、生存力を高めていこう。

Bランク到達後

  • ひめたる力の覚醒(自分の攻撃力を12秒間大アップ)
  • アイちゃんのオススメ防弾パーカー(10秒間被ダメージを45%減らす)
  • 帝皇機神 ケーニヒ・イェーガー(10秒間被ダメージを50%減らす)
  • 聖女の守り手 黒猫リリィ(ライフを60%回復)

Bランクに到達すると、アイちゃんの上位互換であるイェーガーが解放。

イェーガーは、マルコスではしばらくお世話になるカードとなるため、ゲットしたらデッキに入れることをおすすめする。

マルコスのおすすめデッキ【ランクS1以上】

全恒常カードを使ったマルコスのおすすめデッキをご紹介。

マルコスは、攻撃カードの発動速度がどれも致命的に遅い。

そのため、【防】カードを複数入れて自分の身を守ったり、通常攻撃を強化したり、相手の動きを制限したりして、相手を倒しやすくするデッキが主流となっている。

【防】カード2枚型

  • ドリーム☆マジカルスクエア
  • 楽団姫 ディーバ
  • 全天首都防壁 Hum-Sphere LLIK
  • 魂を司る聖天使 ガブリエル

マルコスの最もオーソドックスなデッキ。

ディーバ全天で身を守りながら、マジスクで相手の動きを遅くして、通常攻撃で倒しやすくする。

マジスクを使い、その相手に枝を当てることで、カードを使おうとしている相手のカードキャンセルがしやすいのもメリットだ。

しかし、4枚中3枚がS1ランクで解放されるカードとなり、敷居が高いのが難点。

持っていないカードは、デッキ例代用カードを参考に別のカードで代用しよう。

しかし、マジスクは恒常カードでの下位互換がない。マジスクを持っていない場合は、攻撃力を強化できる「ひめたる力の覚醒」で代用するのがおすすめだ

デッキ例代用カード

カード名 代用カード名
全天首都防壁 Hum-Sphere LLIK 究極系ノーガード戦法
楽団姫 ディーバ 背に負いし亡き妻の加護
帝皇機神 ケーニヒ・イェーガー
アイちゃんのオススメ防弾パーカー
警備ロボ Guardoll-4771
魂を司る聖天使 ガブリエル 聖女の守り手 黒猫リリィ
楽団員 アルプ
雨霊の加護 ウィネバ
保健室の救急セット
ひめたる力の覚醒 翼霊の加護 クワリ
-蒼王宮- 第一魔剣 ザヴァイヴァーニィ
武器商人 エンフィールド

※恒常カードのみの紹介

おすすめコラボ限定カード

【文スト】ありふれた日常の幸せ
・恒常カードにはない発動時間「無」の70%回復カード
・攻撃ステータスが高い
・デッキに不足しがちな火属性カード
【リゼロ】ゼロから始まる異世界生活
ガブリエルの属性違いカード
・攻撃ステータスが高い
・デッキに不足しがちな火属性カード
・ステータスの関係上、ガブリエルよりおすすめ
【Fate/stay night[HF]】激辛麻婆豆腐
マジスクの属性違いカード
・攻撃ステータスが高く、体力ステータスもじゅうぶん
・デッキに不足しがちな火属性カード
【Fate/stay night[HF]】舞い散る桜
・恒常カードにはない発動時間「無」の70%回復カード
・攻撃ステータスがかなり高い
【ダンまち】至福の一時
ノーガードの属性違いカード
・攻撃ステータスがかなり高い
・ステータスの関係上、ノーガードよりおすすめ
・攻撃力をある程度確保しつつ、全天より長い効果時間を得られる
【イカれた約束】ザック&レイ
ノーガードの属性違いカード
・攻撃ステータスがかなり高い
・ステータスの関係上、ノーガードよりおすすめ
・攻撃力をある程度確保しつつ、全天より長い効果時間を得られる
【駄女神’s】 アクア&めぐみん&ダクネス
ディーバの属性違いカード
・攻撃ステータスがかなり高い
ギアメーカー
ガブリエルの属性違いカード
・攻撃ステータスがかなり高い
・ステータスの関係上、ガブリエルよりおすすめ

その他コラボ限定カード採用候補例(順不同)


シャルティア・ブラッドフォールン

【オーバーロード】
守護者統括 アルベド

【オーバーロード】
英雄モモン&美姫ナーベ

ノワール

【ペルソナ5】
運命の囚人

江戸川乱歩

【文スト】
双つの黒

【FFXV】
輝かしき未来へ

【Fate/stay night[HF]】
lost butterfly

江ノ島 盾子

【BEATLESS】
レイシアと遠藤アラト

マルコスのおすすめメダル

マルコスは、移動の速さと枝を使った機動力の高さが強みになるので、さらに強化できる「移動速度アップ」メダルがおすすめ。

次に、通常攻撃や枝の威力を強化できる「攻撃力アップ」メダルもいいだろう。

「メダル」とは?
メダル おすすめポイント

移動速度アップ
・相手の攻撃カードが避けやすくなる
・前線に早く駆けつけられる

攻撃力アップ
・通常攻撃や枝投げの威力が上がり、相手を倒しやすくする

コスチュームバリエーション

オリジナル

カラーバリエーション1

カラーバリエーション2

暑い日は 動きたくないなり

働くって 効率悪いよね

初音ミク コスチューム

※『初音ミク』コラボ限定

【リゼロ】ラインハルト コスチューム

※『Re:ゼロから始める異世界生活』コラボ限定

【ダンガンロンパ】狛枝凪斗 コスチューム

※『ダンガンロンパ1・2 Reload』コラボ限定

【殺戮の天使】ザック コスチューム

※『殺戮の天使』コラボ限定

暑い日は 動きたくないなり【命】

※2019年5月シーズン報酬限定

働かずに夏の海で食べるかき氷! サイッコ~!

アニメみたいな青春もたまにはいいかもね

※春のエイプリルフールイベント限定

【WEGO】限定 コスチューム

※「WEGO」コラボなどで配布されるノベルティ(シリアルコード)限定

働くって 効率悪いよね【夢】

※2021年11月シーズン報酬限定

旧オリジナル(ハイモデル化前)

※現在入手&使用不可

旧カラーバリエーション1(ハイモデル化前)

※現在入手&使用不可

旧カラーバリエーション2(ハイモデル化前)

※現在入手&使用不可

旧働くって 効率悪いよね(ハイモデル化前)

※現在入手&使用不可

テーマ曲MV

(C) NHN PlayArt Corp.
(C) DWANGO Co., Ltd.