#コンパス攻略

#コンパス【攻略】: 零夜のおすすめデッキ・立ち回りまとめ【3/10更新】

『#コンパス』43人目のヒーローは、スプリンターの「零夜」。ダッシュし続けると、触れた相手をスタンさせるプラズマをまとうことができるスプリンターだ。本記事では、零夜の基本となる立ち回り方やデッキの組み方、小技などをまとめて紹介していく。

  1. ステータス
  2. 通常攻撃
  3. ヒーローアクション
  4. ヒーロースキル
  5. アビリティ
  6. 基本的な立ち回り方
  7. おすすめ攻撃カード
  8. おすすめデッキ【ランクF~A】
  9. おすすめデッキ【ランクS1以上】
  10. おすすめメダル
  11. コスチュームバリエーション
  12. ヒーロー紹介PV
  13. 解説動画

零夜のステータス

攻撃倍率 1.40
防御倍率 1.15
体力倍率 0.75
移動速度 コクリコやテスラとほぼ同じ(最速クラス)
通常攻撃射程 約3.5マス(ミク・レム・レンと同じ)
得意攻撃カード 【連】
テーマ曲 パラレルレイヤー
MUSIC lumo
イラスト ちゃもーい
声優 斉藤壮馬
アクター いりぽん先生

通常攻撃:単発中距離攻撃

零夜の通常攻撃は、一撃が重い単発型。スプリンターながら射程範囲も広く、スタン後の追撃などに役立つ攻撃だ。

攻撃は常にほぼ等間隔で放たれるので、モーションキャンセルをするメリットはあまりない。

また、攻撃倍率が高いため、この通常攻撃と後述のダッシュアタックを武器に立ち回るのも難しくないのが零夜の特徴といえる。

ヒーローアクション(長押し):ダッシュ

操作エリアを長押しすることで繰り出せる、全スプリンター共通のヒーローアクション(HA)。

ただ、零夜はアビリティ効果により3秒間走り続けると、触れた相手を約3.5秒間スタンさせるプラズマを身にまとうという、唯一無二の特長を持っている。

プラズマを身にまとうと、零夜が青い球体に包まれたような状態になる。プラズマによるスタン効果は、カードによるものではないため、カイにも有効

きらら同様、ポータルキーなどの障害物に走り続けることでもアビリティは発動する

プラズマは1度相手に触れると消え、再度プラズマをまとうには、また3秒間走り続けなければならなくなる。

また、プラズマのスタン効果は、【防】カード(ダメカ)や【返】カード(カウンター)で防がれてしまうので注意しよう。

高い攻撃倍率から繰り出すダッシュアタック(DA)の威力もかなりのもの。スプリンターへの追撃などに活用していこう

プラズマ発生までのダッシュ必要時間 約3秒
スタン持続時間 約3.5秒

背中側にダメージ判定なし!追撃に注意!!

忠臣やソルなどの突進攻撃(HA)にプラズマをまとって突っ込んだ場合、基本的には零夜がダウンするかわりに、相手をスタン状態にできる。

ただ、後ろから追撃された場合は一方的にダメージを受けてしまうので注意しよう。

ヒーロースキル:シークレットオーダー【δ】

発動時に自身から一番近くにいる敵を自動追尾する”自分”を召喚するヒーロースキル(HS)。

モノクマのアビリティと同じような性能となっており、最長約10秒間敵を追いかけて、触れると約1.5秒後に爆発して相手に大ダメージを与えつつ、ヒットから約4秒間強制スタンさせる。

ダッシュ時のプラズマとは違い、こちらのスタン効果はダメカ越しでも発揮される。ミニモノクマとの違いは、目標の敵に触れたらすぐに起動する点。つまり、10秒を待たずとも爆発するのだ

1ヒットのダメージは、攻撃力の約1.3倍。爆発から約5秒ほどダメージエリアが発生し、起爆から最大で24ヒットもする。

エリア内にはHSでもない限り近づきにくく、エリア発生中は攻めやすく、そして守りやすくなるはずだ。

ダメージエリアは、爆発した自分を中心にした周囲半径約2マスに展開される

起爆にあわせて、うまく人気【防】カードの「全天首都防壁 Hum-Sphere LLIK」を展開されるとやり過ごされてしまうものの、エリア消滅後も長時間スタン状態となり、実質無力化できる。

使いどころは難しいものの、うまく活用できれば強力なHSだ。

また、スキルゲージがきららやルルカとほぼ同等レベルのスピードでたまり、HS演出も非常に短い(約5.4秒:ザックとほぼ同等)という特徴も。終始スプリンターとして役割をまっとうしてもHS発動しやすい性能となっている

もうひとりの自分の移動スピードは、全ヒーローの歩きスピード(メダルなし)を上回るぐらい。ただ、10秒間追いかけても敵に触れられなかった場合、起爆することなく消滅してしまう。追尾速度もそれほど早くないため、うまく扱うにはコツが必要になるだろう

HS発動に必要なタメ時間(※1) 約16.1秒
タメ時間類似ヒーロー
最大追尾時間(※2) 約10秒
攻撃倍率 約1.3倍
攻撃範囲 半径約2マス
発生時間 約5秒
スタン持続時間 約4秒
HS演出(無敵)時間 約5.4秒

※1:常時エリア拡張状態と仮定した秒数(最大拡張エリアだと約32.2秒)
※2:追尾中にターゲットに触れると起爆する

アビリティ:ミスティックアーツ【Δ】

HA(ダッシュ)中に、プラズマを身にまとうアビリティ。

このアビリティがあるため、ダッシュするだけで相手にプレッシャーをかけやすいのが、零夜の持ち味の1つといえるだろう。

詳しくは後述するが、攻めの起点作りとして非常に有効。プラズマを当てたところをダッシュアタック(DA)や攻撃カードなどで追撃して、キルを狙っていこう

通常攻撃も広範囲で高性能!

高い攻撃倍率から繰り出されるDAによるダメージはかなりのものだが、通常攻撃も非常に優秀なのが零夜の特長のひとつ。

通常攻撃射程が多くのヒーローより約1.5マスぶん広く(半径約3.5マス)、相手のダウン中を追撃すれば、4回攻撃できるほど攻撃間隔も短いのだ。

通常攻撃は単発攻撃型で、1撃のダメージも大きくなりやすい。スキにもつながりかねないが、「属性変更」などを駆使したときの火力は相当なものとなる

零夜の立ち回り方

零夜は、コクリコやきららといったヒーローに似た、いわゆる「キルスプ」。

ただ、コクリコのDAによる攻撃力ダウンやきららの透明化のように、敵をやり過ごす手段をもっていないため、キルスプのなかでもやられやすい。

タイマンでキルに漕ぎ着けるというよりは、ダッシュスタンなどを利用して味方をサポートしたり、わずかなスキに見逃さずに大ダメージを与えたりして活躍していこう。

開幕から攻撃的に!敵陣側ポータルにプレッシャーをかけよう

零夜は、攻撃的に立ち回ることで真価を発揮するスプリンター。

持ち前の俊足を生かしてスタートから最前線へと向かいたいが、デッキに相手をポータルキーから遠ざけるカードを採用しづらく、Voidollやアクアなど、妨害を得意とするスプリンターとの駆け引きは苦手となりやすい。

そのため、ステージにもよるが、バトルが始まったら敵陣2番目のポータル(D,B)や1番目のポータル(E,A)を狙ってプレッシャーをかけていきたい。

もちろん、相手が無防備にC地点を制圧してきたら、キルを狙うのもアリ。敵陣側ポータルを狙う際もだが、他の敵のフォローに注意しよう!

敵をキルできなくても、2人以上引きつけられればOK。

敵を引きつけている間で、味方に有利にバトルを展開してもらい、序盤の有利を決定づけよう。

味方が比較的安全にC地点を制圧したり、人数有利で戦えたりできる状況を少しでも長く作れば、自然とバトルを有利に展開できるはず。間接的にチームへ貢献していこう

#コンパス【攻略】: 零夜のおすすめデッキ・立ち回りまとめ【3/10更新】

ダッシュスタンはけん制と混戦でのサポートで大活躍!

零夜の最大の特長ともいえる、ダッシュ時にまとえるプラズマによるスタンだが、意外に当てることは難しい。

しかし、プラズマを当てようと近づくだけで、多くの相手は【防】カードなどを展開せざるを得なり、実際にはプラズマを当てられずとも立派な妨害になる。

零夜にダッシュで距離を詰められた相手は、状況にもよるがスタンするとやられてしまいやすいため、やり過ごすためにダメカ展開を余儀なくされる。その場でスタンを防がれたとしても、しばらく相手のカードを1枚使えなくできるだけで強力だ

自身がやられないようにだけ気をつけて、どんどん相手に突進していこう。

また、味方に夢中になっている相手を狙うのも有効。うまくヒットさせれば、味方の危機を救えるような場面も多々あるはずだ。

味方と交戦中の相手は、攻撃モーション中で身動きをとれなかったり、零夜の動きを把握しきれていなかったりすることが多いため、ダッシュスタンを決めやすい

HSでC地点起爆を狙え!

ダメージエリアは非常に強力なものの、着弾点を思うように操作しづらく、空振りに終わりやすいHS。

ただ、うまくC地点などの狭いポータルエリア内で起爆できると、相手には非常に対処しづらい攻撃となり、その一撃だけで試合をひっくり返すチャンスを作れるくらいに強力だ。

HSのターゲットは、発動時に最も近くにいる敵にロックオンされる。劣勢時は、C地点の近くをターゲットできるタイミングで発動するのがおすすめ

もうひとりの自分といっしょにC地点に向かい、ポータルに触れる仕草を見せるなどして、逃げようとする相手を釘付けに!

ポータルを維持するためにターゲット以外の敵もエリアに入らざるを得なくなり、結果的に敵全員がスタート地点送りに。HSを起点に見事逆転に成功した

なかなか上記のようにうまくは決められないが、決まったときの爽快感は別格。

ダメージエリアをどう狙い通りに作るかを考えながら戦っていこう。

おすすめ攻撃カードは【連】カード!非搭載もアリ

零夜は、スプリンターでは珍しく【近】カードとの相性が良くないヒーロー。

攻撃カードのなかでは【連】カードとの相性が群を抜いてよく、【周】カードと【遠】カードに関しては使えなくもないといった印象だ。

【連】カードは、全弾ヒットさせることが難しいものの、最大ヒットさせればトップクラスのダメージを叩き出せるカード。ダッシュスタンなどでスキを生み出し、全弾ヒットを狙おう

攻撃カードの発動時間目安

攻撃種類 類似ヒーロー

また、攻撃倍率が高く、通常攻撃も優秀なため、「ドリーム☆マジカルスクエア」などを搭載して、通常攻撃やDAをメインに立ち回るのも面白い。

通常攻撃やDAをメインに戦いたい場合は、特にデッキに採用するカードの属性にも意識して構築していきたい。安定して弱点ヒットできるだけで、与えられるダメージは大きく変わってくる

零夜のおすすめデッキ【ランクF~A(レアリティSR以下)】

零夜の得意攻撃カードとなる【連】カードはCランク、特におすすめの貫通【連】カードはBランク到達で入手可能になる。

それまでは、通常攻撃やDAをメインに立ち回ることになりやすいので、なかなかバトルに勝てない…といったときは、他のヒーローで先にBランクまで進めてしまうことも視野に入れよう。

  1. Fランク
  2. Eランク到達
  3. Dランク到達
  4. Cランク到達
  5. Bランク到達以降

Fランク

  • -蒼王宮- 第一魔剣 ザヴァイヴァーニィ(自分の攻撃力を12秒間中アップ)
  • ドリーム☆ミーティア(自分の移動速度を25秒間中アップ)
  • 警備ロボ Guardoll-4771(10秒間 被ダメージを40%減らす)
  • 雨霊の加護 ウィネバ(ライフ30%回復)

通常攻撃とDAを使って、キルを狙っていくデッキ。

ザヴァイヴァーニィで攻撃力を高めている間の攻撃は、相手にとっては非常にやっかいなものになるはず。警備ロボを使ってダメージ軽減しつつ、攻撃を畳み掛けていこう。

ミーティアで移動速度を高めれば、攻撃しやすくなることはもちろん、ガンナーとの距離を詰めるまでのダメージも抑えられる。

Eランク到達後

  • ひめたる力の覚醒(自分の攻撃力を12秒間大アップ)
  • ドリーム☆ミーティア(自分の移動速度を25秒間中アップ)
  • 警備ロボ Guardoll-4771(10秒間 被ダメージを40%減らす)
  • 聖女の守り手 黒猫リリィ(ライフを60%回復)

Eランクに到達すれば、ひめたるやリリィといった、ザヴァイヴァーニィやウィネバの上位互換となるSRカードが入手可能になる。

手に入り次第、即刻入れ替えていこう。

リリィは、レアリティURの【癒】カードが手に入らなければ、長くお世話になるカードとなりやすい。

また、ひめたるも同様に、Sランク帯でも採用候補に挙がる優秀なカードだ。

特にひめたるは、序盤から積極的にカードエナジーを使っても構わないので、どんどん強化していこう。

同じスキルをもつのに「楽団員 アルプ(写真右)」ではなくリリィ(写真左)を薦めるのは、リリィのほうがカードステータスが零夜に合っているから。同じようなスキルのカードで迷ったら、ステータスや属性にも注目してみよう

Dランク到達後

  • ひめたる力の覚醒(自分の攻撃力を12秒間大アップ)
  • ドリーム☆ミーティア(自分の移動速度を25秒間中アップ)
  • アイちゃんのオススメ防弾パーカー(10秒間 被ダメージを45%減らす)
  • 聖女の守り手 黒猫リリィ(ライフを60%回復)

Dランク到達で、警備ロボの上位互換カードのなるアイちゃんが解放。

これまでのバトルで相手にやられることが多かったら、ミーティアなどと入れ替えて、【防】カードを2枚搭載するのもアリだろう。

Cランク到達後

  • ひめたる力の覚醒(自分の攻撃力を12秒間大アップ)
  • 切り裂き魔 ジャック(前方に強力な中ダメージ連続攻撃)
  • アイちゃんのオススメ防弾パーカー(10秒間 被ダメージを45%減らす)
  • 聖女の守り手 黒猫リリィ(ライフを60%回復)

Cランク到達で、零夜と相性のいい【連】カードがようやくアンロックされる。

貫通連続攻撃ではないが、ひめたるによる攻撃力アップ中に繰り出せば、驚異的なダメージを与えられるはずだ。

Bランク到達以降

  • ひめたる力の覚醒(自分の攻撃力を12秒間大アップ)
  • オンエア部下忍者 -アニマルチューバーズ-(中ダメージ連打攻撃で防御力無視の攻撃)
  • 帝皇機神 ケーニヒ・イェーガー(10秒間 被ダメージを50%減らす)
  • 聖女の守り手 黒猫リリィ(ライフを60%回復)

Bランクに到達すると、ついに貫通連続攻撃カードが手に入れられるようになる。

また、ランカーの間でも人気のカードであるイェーガーなども同時に解放される。

零夜の【防】カードをこちら1枚だけでカバーすることは難しいものの、SR以下では最高のカット率のカードとなる。

発動時間「無」という長所もあるので、ぜひ入手して搭載しよう!

零夜のおすすめデッキ【ランクS1以上】

恒常的に入手できる全カードを使った、零夜のおすすめデッキを紹介。

主流なのは、【防】カードなどを複数枚採用した、耐久力を重視したデッキだ。

耐久重視型

  • 自由枠
  • 帝皇機神 ケーニヒ・イェーガー
  • 全天首都防壁 Hum-Sphere LLIK
  • 魂を司る聖天使 ガブリエル

自由枠に組み込んだ攻撃カードや通常攻撃をメインに戦っていくデッキ。

2枚の【防】カードを駆使して、できるだけ被ダメージを抑えながら敵との距離を詰めていこう。

ダメカを展開している時間が長いので、カノーネなどのガードブレイク攻撃に要注意!

自由枠にいれるおすすめカードは、以下のとおり。

自由枠候補カード

カード ポイント

ライバル狂刃忍者 -幽々院ゆらら-
  • ダメカに対応できるようになる
  • 単体だと全弾ヒットさせにくい
  • 単体だと体力の高い相手を倒しきれないことが多い

ドリーム☆マジカルスクエア
  • 相手のスキを大きくできる
  • ステータスの攻撃値が高い
  • 回転率がよくない
  • 効果中にダメカ展開されると倒しきれない場合が多い

ひめたる力の覚醒
  • 通常攻撃やダッシュアタックなど、さまざまな攻撃をダメージアップできる
  • 回転率がいい
  • 手に入りやすい
  • ステータスが低い

-蒼王宮- 終焉禁獣 グラナート
  • ダメカに対応できるようになる
  • 発動が若干遅い
  • 回転率がよくない

攻撃重視型

  • ドリーム☆マジカルスクエア
  • ライバル狂刃忍者 -幽々院ゆらら-
  • 全天首都防壁 Hum-Sphere LLIK
  • ハイカラ盟友忍者 -壬生咲みみみ-

とにかく攻撃力を意識し、相手をキルすることに重きをおいたデッキ。

マジスクを採用することで、ダッシュスタン以外にもゆららを当てるチャンスをつくれるのが強みだ。

また、みみみを採用することで、ガブリエルより高い攻撃力を確保しながら、火属性を確保して通常攻撃やDAの火力の確保もしやすくなる。

ただ、ガンナーに対応しづらく全天発動の起点にもなるみみみも、回復量で物足りない場面が多い。

実際にプレイしつつ、攻撃力と耐久力のバランスを調整していこう。

おすすめデッキ紹介カードの代用カード【恒常カードのみ】

カード名 代用カード名
帝皇機神 ケーニヒ・イェーガー 【UR】楽団姫 ディーバ
#コンパス【攻略】: 零夜のおすすめデッキ・立ち回りまとめ【3/10更新】 【R】アイちゃんのオススメ防弾パーカー
#コンパス【攻略】: 零夜のおすすめデッキ・立ち回りまとめ【3/10更新】 【N】警備ロボ Guardoll-4771
全天首都防壁 Hum-Sphere LLIK 【UR】究極系ノーガード戦法
魂を司る聖天使 ガブリエル 【SR】聖女の守り手 黒猫リリィ
【SR】楽団員 アルプ
【R】雨霊の加護 ウィネバ
【R】保健室の救急セット
ひめたる力の覚醒 【N】翼霊の加護 クワリ
【N】-蒼王宮- 第一魔剣 ザヴァイヴァーニィ
【N】武器商人 エンフィールド
ライバル狂刃忍者 -幽々院ゆらら- 【UR】とある家庭用メカの反乱
【SR】オンエア部下忍者 -アニマルチューバーズ-
【SR】聖女の前衛 ジル・ド・レ

零夜のおすすめメダル

相手をキルすることでチームに貢献していく零夜には、「攻撃力アップ」メダルをつけて、打点を上げていくのがおすすめ。

しっかりと攻撃力を高めれば、【連】攻撃で相手を倒せる場面も増えていくだろう。

また、攻撃を回避しやすくなり、相手との距離を素早く詰められる「移動速度アップ」も同様におすすめだ。

ダッシュスタンをカウンターで対処された際の追撃まで避けやすくなることだろう。

メダルおすすめポイント


攻撃力アップ

・全体的な攻撃力が高まり、キルしやすくなる


移動速度アップ

・敵と距離を詰めやすくなる
・敵の攻撃を回避しやすくなる
・敵陣にプレッシャーをかけやすくなる

コスチュームバリエーション

オリジナル

カラーバリエーション1

カラーバリエーション2

並行存在:case01 – 追跡する者

並行存在:case02 – 特別収容患者

ヒーロー紹介PV

解説動画

(C) NHN PlayArt Corp.
(C) DWANGO Co., Ltd.

※掲載写真の一部は開発中のものです