#コンパス攻略

#コンパス【攻略】: Voidoll(ボイドール)のおすすめデッキ・立ち回りまとめ【12/2更新】

『#コンパス』でカードスキルの出が早く、敵チームをかく乱することに特化した「Voidoll(ボイドール)」。「相手をキルするよりも妨害したい!」というプレイヤーには、もってこいのスプリンターだ。本記事では、基本となる立ち回り方やデッキの組み方、小技などをまとめて紹介していく。

  1. ステータス
  2. ヒーローアクション
  3. ヒーロースキル
  4. アビリティ
  5. 基本的な立ち回り方
  6. おすすめ攻撃カード
  7. おすすめデッキ【ランクF~A】
  8. おすすめデッキ【ランクS1以上】
  9. おすすめメダル
  10. コスチュームバリエーション
  11. テーマ曲MV

Voidoll(ボイドール)の基本ステータス

攻撃倍率 0.90
防御倍率 1.45(スプリンターでトップ)
体力倍率 0.85
移動速度 その他スプリンターとほぼ同速
得意攻撃カード 【近】【周】
テーマ曲 ダンスロボットダンス
MUSIC ナユタン星人
イラスト ちゃもーい
声優 丹下桜

ヒーローアクション(長押し):ダッシュ

操作エリアを長押しすることで、通常移動よりすばやく動けるヒーローアクション(以下、HA)。

ボイドールの操作時は、基本的にこのダッシュをメインに使って移動することになる。

ダッシュで勢いのついた状態で、攻撃範囲に敵がいるときに指を離すと、ダッシュアタックを繰り出せる。カードキャンセルも狙え、攻撃力には2.0倍の倍率ボーナスがつく

ヒーロースキル:リブート シーケンス スタート

発動から8秒後に、効果範囲内(約3.7マス)にいる敵全員をスタート地点に強制送還するヒーロースキル(以下、HS)。

撃破しても一度だけその場で復活するようになるジャンヌのHSに強く、終盤のC地点を取り返すのに役立つ。

HS発動しながら拠点制圧すると、相手がかなり近寄りづらくなる。C地点のキーに触る場合、強制送還まで5~6秒のときにモーションに入るようにすると、制圧直後のタイミングで転送できる

アビリティ:緊急回避プログラム

ライフが50%以下になると、移動速度が約1.3倍にアップするアビリティ。

その名のとおり緊急時の逃げるときに役立ち、ライフに不安は残るが、そのまま裏取りなどを狙っても面白い。

移動速度の倍率は、トレーニングステージの端から端までダッシュでかかる時間から算出した。アビリティ発動時は、体感ではっきりわかるほどスピードアップする

ボイドールの立ち回り方

ボイドールは、カードやダッシュアタックを使って相手を妨害したり、味方をサポートしたりするのが大きな役割だ。

そのためには、常に敵や味方を見渡して、戦況を把握しておかなければならない。

開幕は最前線を守りきれ! C地点を確保

バトル序盤は持ち前のスピードを生かして、両チームの中間にあるC地点の制圧を狙おう。

ボイドールはスキルゲージがたまりやすいうえ、HSが戦況をひっくり返せるほど強力ではないので、序盤から自陣エリアでゲージをためておく必要はあまりない。

終盤で相手のHSを回避するために使えるよう、前線が落ち着いたときに少しずつためていけるとベストだ。

C地点は、バトル開始直後から駆け引きや争いが激しくなる。相手のカードスキルをガード、回避して序盤の優勢をものにしよう

また、敵チームが前線ばかりに気を取られ、敵陣側ポータルのD(B)、E(A)の拡張が甘い場合、そちらを狙ってゆさぶるのも手。

スタート地点に近い拠点ほどエリアの最大拡張面積が広いため、確保して広げると取られにくい拠点にできる。

この際、敵の戦力を分散できるので、間接的に味方がC地点を制圧しやすいスキを生み出せることも。

制圧モーションのスキに要注意!!

拠点制圧時には必ずモーションが入り、一時的に無防備な状態となる。

制圧前に【防】カードでガードを展開したり、近くの敵を吹き飛ばしたりして、周囲の安全を確保してから制圧するクセをつけよう。

無防備な状態だと、せっかく拠点が取れても、すぐに取り返されることも少なくない

あえて無防備なモーションを見せて、相手にやっかいなカードを消費させるのもアリ

#コンパス【攻略】: Voidoll(ボイドール)のおすすめデッキ・立ち回りまとめ【12/2更新】

有利時:エリア全力キープ!裏取りに注意しつつサポート&妨害

序盤で有利な状況を作り出せたら、拠点防衛を最優先に、味方をサポートしたり相手のエリアに踏み込んでゲージためを妨害したりして、立ち回っていこう。

あえて敵拠点を制圧しようとする素振りを見せて敵チームを分断したり、すばやい動きで相手のカードをムダに消費させたりして、味方がより戦いやすい状況を作り出していきたい。

「けっこいスターパーク」などで裏取りを狙われると、スプリンターかワープ系のカードを持っていないと対処することは難しい。相手のデッキや動き、マップを観察して、すばやく対処するのも、ボイドールの役割だ

不利時:敵をけん制!ポータルキーを奪おう

2-3など、先に敵チームに有利を取られた場合、味方のキルサポートや裏取りを狙うなどして、ポータルを奪取するスキを作り出そう。

敵陣側のポータルキー【D(B)、E(A)】が広がりきっていないときに、特に有効なのが裏取り。対応にきた相手を足止めできると、敵2人を引きつけやすく、味方が有利に戦いやすくなる

弱っている敵を攻撃カードやダッシュアタックで追撃して、キルも狙っていきたい。人数的有利な状況に持っていこう

前線が人数的有利になったら、味方と協力して2点同時制圧!たとえ、ポータルを奪取できなくても、着実にエリア面積を縮小できる

味方に任せっきりはNG! 拠点と味方のカバーを常に意識しよう

ステージを自由に駆け回って相手を引きつけていると、ついつい制圧済みのポータルキーや味方の状況確認が疎かになりがち。

ミニマップなどをよく見て、味方やポータルキーがピンチの場合は、いち早く駆けつけて防衛やサポートに徹するのも重要だ。

残りライフや味方の位置はすぐにチェックできる。状態異常やHA使用中といった具体的な状況も、効果音やボイスでおおよそつかめるので、目の前の敵に集中しすぎず、全体の状況を把握していこう

むやみやたらとカードを切らない!使用タイミングを把握しよう

相手が目の前に来ただけでカードを使うと、いざというときにカードがクールタイムに突入し、チャンスをものにできないこともある。

そのため、攻撃カードを切る前に、なんのためにカードを使うのか、目的をしっかりさせてから切るようにしよう。

まずは、典型的なNG例を紹介する。

C地点の防衛中で、目の前に相手が来て、攻撃が当たりそうなのでカードを切った。

味方はスキルゲージをためるため、後ろに引いているので、スタン中に敵を倒すことも期待できない。味方と息を合わせるのも大事だ

カードは相手に当たったものの、この攻撃には相手にとりあえず当てる以外の目的がなく、意味がほとんどない攻撃と言える。

これでは、カードの無駄遣いとなってしまう。

使用すべきタイミングで使うと、ボイドールの貢献度も大きく変わってくるので、ボイドールで採用されることの多い、近距離スタンカードと周囲スタンカードを入れたデッキを例に紹介していく。

ボイドールでよく採用される「*絢爛ノ美* ボラ&アルヒコ&アペイロン」は、クールタイムが45秒とかなり長めなので、特に大事に使っていきたい

使用タイミング(例)

  • 周りに味方がいるとき【キルサポート】
  • カードを当てればポータルキーを奪い返せる、または自陣が安定するとき【奪還・防衛】
  • 味方がピンチのとき【手助け】

周りに味方がいるとき

味方が周りにいないときに、相手をスタンにしても、ボイドールの攻撃力では相手を倒すことは難しい。

そのため、味方が近くにいるときに、相手をスタンさせて、味方に倒してもらったほうが貢献度が高い。

マップを見て、味方が周りにいるかどうか、また相手が【防】カードを使っているかどうかを確認して問題なければ、スタン攻撃をするようにしよう。

写真左は、相手は【防】カードを使っていないが味方が近くにいないシーン。写真右は、味方が近づいてきているが相手が【防】カードを使っているシーン。どちらの場面でもスタンを使うべきではない

マップで味方がこちらに近づいてきたのを確認して、2人同時にスタン!

味方がスタン中に相手を倒しきれなかった場合は、もう1枚のスタンカードでスタンを延長させてあげるのもいいだろう 

カードを当てればポータルキーを奪い返せる

まだエリアを拡張しきれていない相手のポータルキーがあれば、カードで相手をエリアから出しつつスタンさせて、その間に相手のポータルキーを奪還する目的で使うことができる。

エリア内にいた相手きららをカードでスタンさせつつエリアから出して、その間にポータルキーを奪取!

味方がピンチのとき

味方が相手に追い詰められていたり、倒されそうになっていたりしたら、カードでスタンさせて助けてあげよう。

味方を助けてあげることで、人数不利になるのを避けることができるメリットがある。

残り体力わずかである味方の乃保を、敵エミリアが追いかけている。相手エミリアをスタンで足止めさせることで、味方の乃保が逃げたり回復したりして生き延びられる

おすすめ攻撃カードは【近】と【周】!

発動時間の目安

  • 【近】:全ヒーローで最速(
  • 【周】:春麗と同じくらい(
  • 【遠】:イスタカと同じくらい(
  • 【連】:忠臣と同じくらい(

ボイドールは、【近】カードを全ヒーロー最速で繰り出すことができ、攻撃がとても当たりやすい。

また、【周】カードも発動速度が早いので、単体の相手を見るときは【近】カード、複数の相手を見るときは【周】カードと使い分けるといいだろう。

【近】【周】の発動速度は早いが、攻撃倍率が低く火力には期待できないので、状態異常系の攻撃カードを入れるのが無難

ボイドールのおすすめデッキ【ランクF~A】

  • 一撃必殺 ブラストアッパー(前方に火属性の中ダメージ攻撃)
  • 操宴軍馬 ベディーネン・パンツァー(前方に木属性の中ダメージ攻撃)
  • 警備ロボ Guardoll-4711(10秒間 被ダメージの40%を減らす)
  • 保健室の救急セット(ライフを30%回復)

【近】カードを2枚積み、拠点防衛と奪取に特化させたデッキ。

「保健室の救急セット」は体力の30%ぶん回復と、回復量が少ないため、ランクE~Dで解放されるレアリティSR以上の回復量がより多いカードを入手したら、入れ替えてみよう。

回復カードには大きく分けて、即時に割合回復できる【癒】カードと持続的に徐々に回復していく【続】&【癒】カードの2種類がある。プレイスタイルに合った方を組み込んでみよう

攻撃カードは、【近】か【周】カードを使うようにしよう。

しかし、ボイドールは攻撃倍率が全ヒーローで2番目に低いので、基本的には相手を倒すことに期待はできない。

大ダメージを与えるカードよりも、スタンなどの状態異常にするカードのほうが適している。

状態異常とは異なるが、相手をかなり遠くまで飛ばすカードがランクEで解放される。これらのカードを使えば、相手を遠くに飛ばして、再び戻ってくるまでの間にポータルキー奪還を狙えるきる

レアリティURの【近】カードならこちらがおすすめ。「機航師弾 フルーク・ツォイク」は、大ダメージを与えるカードだが、相手を遠くに飛ばす効果もあるため、じゅうぶんな活躍が見込める

【周】カードは、スタン効果のあるものがおすすめ。相手の動きを数秒間止めることができる強力な状態異常だ

初心者脱出デッキ(レアリティSR以下)

  • -蒼王宮- 白翼騎士ジェニト
  • 電撃ロボ Eledoll-115
  • 帝皇機神 ケーニヒ・イェーガー
  • 楽団員 アルプ

ジェニトで相手を遠くに飛ばしたり、エレドールでスタンさせたりして、相手を妨害するデッキ。

エレドールは、発動時間「短」のため、カードを切ってから実際に攻撃に移るまでに少々時間がかかるので、攻撃があたりづらい。

発動時間をカットするテクニック「連切り」を覚えて、イェーガーといっしょに使うようにしよう。

ボイドールのおすすめデッキ【ランクS1以上】

ボイドールの回復枠は、「魂を司る聖天使 ガブリエル」などの即時回復カードを採用することがほとんどだ。

即時回復採用の最大の利点は、アビリティ(体力が半分以下になると、移動速度アップ)をフルに生かせるところだ。

持続回復の場合は、回復している途中でアビリティの効果が終わり、通常スピードに戻る。

即時回復の場合は、アビリティを生かしたいときは回復しない、命の危険を感じたときは回復するというように、体力をコントロールしやすい。

スタン特化型

  • 雷霊の加護 ワキンヤン
  • *絢爛ノ美* ボラ&アルヒコ&アペイロン
  • 帝皇機神 ケーニヒ・イェーガー
  • 魂を司る聖天使 ガブリエル

ワキンヤン絢爛ノ美で敵をスタンさせて、ポータルキーを取り返したり、味方にキルをしてもらったりすることを狙った、サポート・妨害に特化したデッキ。

1人をスタンさせたいときはワキンヤン、複数人をスタンさせたいときは絢爛ノ美というように使い分けよう。

このデッキを使うに当たって、注意が必要なのがカイの存在。カイには、ワキンヤンも絢爛ノ美も効かないため、他の敵2人に使うなど工夫しなければならない

バランス型

  • 機航師弾 フルーク・ツォイク
  • *絢爛ノ美* ボラ&アルヒコ&アペイロン
  • 帝皇機神 ケーニヒ・イェーガー
  • 魂を司る聖天使 ガブリエル

【近】カードとスタン【周】カードをそれぞれ1枚ずつ搭載した、敵ヒーローに関わらず、安定して拠点を取りやすく、キープもしやすい定番デッキ。

【防】カードでは、展開時間が長く発動のスキもほとんどない、イェーガーが圧倒的な人気。

タイミングを見極めれば、絢爛ノ美フルークどちらか1枚だけでも、拠点から相手をはがすことができる。

「*絢爛ノ美* ボラ&アルヒコ&アペイロン」と似た性能である、SRカードの「電撃ロボ Eledoll-115」。比較すると、発動時にスキがあるものの、クールダウンが10秒短いというメリットを持つ

フルカノ型

  • 機航師弾 フルーク・ツォイク
  • 反導砲 カノーネ・ファイエル
  • 帝皇機神 ケーニヒ・イェーガー
  • 魂を司る聖天使 ガブリエル

スタン【周】カードの枠に、ガードブレイク攻撃を搭載したデッキ。忠臣やアダムなど、多くのヒーローでも採用されている人気構成だ。

フルークとカノーネを同時搭載することで、相手のガード展開非展開に関わらず、大ダメージを与えて吹き飛ばせるのが持ち味。

乱戦では、攻撃力の高いアタッカーやガンナーを狙って打ち上げていこう。

スタンを搭載しないため、バランス型と比べるとタンクに対処しづらくなる点に注意。

イェーガーの代わりに「全天首都防壁 Hum-Sphere LLIK」を入れてもよい。発動時間「短」なので、展開には時間がかかるが、攻撃ステータスが全カードでトップなので、攻撃カードの火力を上げられる

番外編:ドア型

  • どこにでもいけるドア
  • 雷霊の加護 ワキンヤン
  • 帝皇機神 ケーニヒ・イェーガー
  • 祭りの真打ち!打ち上げ花火

あくまでも、こういうデッキもあるという紹介にすぎない。参考程度にしておくといいだろう。

こちらのデッキは、ドアで敵陣側ポータルやC地点へと飛び、開幕時の有利を確保しやすいのが特徴だ。

他ヒーローのドア型と比べると、ライフの低さが目立つが、すばやい【近】攻撃で相手を拠点からはがしやすく、HSと合わせることで終盤に大逆転も狙える、というボイドールならではの良さもある。

アビリティによるスピードアップも活用して、序盤の有利を最後までキープしよう。

デッキの代用カード

カード名 代用カード名
帝皇機神 ケーニヒ・イェーガー 【R】アイちゃんのオススメ防弾パーカー
【N】警備ロボ Guardoll-4771
魂を司る聖天使 ガブリエル 【SR】楽団員 アルプ
【SR】聖女の守り手 黒猫リリィ
【R】保健室の救急セット
【R】雨霊の加護 ウィネバ
*絢爛の美* ボラ&アルヒコ&アペイロン 【SR】電撃ロボ Guardoll-4771
雷霊の加護 ワキンヤン 【R】千血妖刀 牛鬼村正
     機航師弾 フルーク・ツォイク 【SR】操宴軍馬 ベディーネン・パンツァー
 【SR】一撃必殺 ブラストアッパー
【SR】楽団員 サンバール
#コンパス【攻略】: Voidoll(ボイドール)のおすすめデッキ・立ち回りまとめ【12/2更新】 【N】血塗れチェーンソウ
#コンパス【攻略】: Voidoll(ボイドール)のおすすめデッキ・立ち回りまとめ【12/2更新】 【N】ドリーム☆ステッキ
#コンパス【攻略】: Voidoll(ボイドール)のおすすめデッキ・立ち回りまとめ【12/2更新】 【N】祭りのお供!手持ち花火
#コンパス【攻略】: Voidoll(ボイドール)のおすすめデッキ・立ち回りまとめ【12/2更新】 反導砲 カノーネ・ファイエル #コンパス【攻略】: Voidoll(ボイドール)のおすすめデッキ・立ち回りまとめ【12/2更新】 【R】死献薬 シュタルク・トート

ボイドールのおすすめメダル

相手の妨害が得意なボイドールだが、カードなしではできることが少ない。そのため、カードの回転率を早くするための「クールタイム短縮」がおすすめ。

また、奪われそうなポータルキーへ早く駆けつけるための「移動速度アップ」もいいだろう。

メダル おすすめポイント

クールタイム短縮
  • カードの回転率が上がり、妨害しやすくなる

移動速度アップ
  • ピンチ時にポータルキーや味方の元へ駆けつけやすくなる
  • 開幕のC地点争いで早くC地点へたどり着ける

コスチュームバリエーション

オリジナル

カラーバリエーション1

カラーバリエーション2

容姿に意味などありませんよ

逮捕する権限を獲得しました

初音ミク コスチューム

※『初音ミク』コラボ限定

水着という物を着てみました

※夏の水着イベント限定

【BEATLESS】レイシア コスチューム

※『BEATLESS』コラボ限定

【ダンガンロンパ】モノミ コスチューム

※『ダンガンロンパ1・2 Reload』コラボ限定

飛び級で入学しました

※春のエイプリルフールイベント限定

【殺戮の天使】ザック コスチューム

※『殺戮の天使』コラボ限定

容姿に意味などありませんよ【蒼】

※2019年10月シーズン報酬限定

テーマ曲MV

(C) NHN PlayArt Corp.
(C) DWANGO Co., Ltd.