#コンパス攻略

#コンパス【ステージ】: 「Castle of the Silver Feet」の基本な立ち回りと覚えておきたいテクニック【先行プレイ版】

「ニコニコネット超会議」の超「#コンパス」ステージにて発表された『GUILTY GEAR -STRIVE-』コラボ新ステージ「Castle of the Silver Feet」が、2021年5月1日(土)に登場!AE地点のある手前側とBCD地点のある奥側が段差で別け隔てられたような構造のステージだ。本記事では先行プレイでわかったステージ構造や予想される立ち回りなどについて紹介していく。

※本記事の内容や掲載写真は開発時のものです。実装時とは異なる場合があります。
覚えておきたい基礎知識
   ステージを分断する段差アリ
挑むうえでの心構え
   開幕奇襲に要注意! AE側の人数不利にも注意!
基本的な立ち回り
【開幕】 自陣1番目ポータルを安定! 【開幕】 ドアは温存か敵陣1番目に!
【中盤以降:優勢】 裏取りに要注意! 【中盤以降:劣勢】 人数有利を作って下段に敵を呼び込もう
編集部おすすめヒーロー&豆知識
  乃保   マルコス 勇者 きらら
めぐみん リヴァイ   オルタ   アイズ

戦力が分断されやすい!?段差アリの『ギルティギア』コラボステージ

「Castle of the Silver Feet」は、『GUILTY GEAR -STRIVE-』とのコラボステージ! ステージ専用のテーマ曲として『GUILTY GEAR -STRIVE-』イメージソングの『Smell of the Game』が流れる、「光と闇のライブステージ」や「妖華帝都ケルパーズの散歩道」を彷彿させるような構造のステージとなっている。 一見シンプルな長方形型のステージだが、AE側とBCD側を分断するように段差があるのが特徴。一度段差を降りると、C地点を経由しないとAE側には戻れない 本記事では、先行プレイを通じて判明したステージ構造や予想される立ち回りなどについて紹介していく。 「Castle of the Silver Feet」は、もちろん『GUILTY GEAR -STRIVE-』でもステージとして登場する!

Castle of the Silver Feetの基礎知識

AE側に戻ることが難しい段差アリ

Castle of the Silver Feetは、AB間とED間にある段差を降りると、一部のヒーローを除いてC地点にある階段を使わないとAE側へは戻れなくなる。 チームの戦力がBCD側に集まっていると、自陣1番目のポータルキー(A,E地点)を狙われた際に対処が遅れてしまいやすいので注意しよう。
#コンパス【ステージ】:  「Castle of the Silver Feet」の基本な立ち回りと覚えておきたいテクニック【先行プレイ版】

Castle of the Silver Feetでの心構え

1.開幕奇襲に要注意!!

Castle of the Silver Feetは、「光と闇のライブステージ」と同様、スタート地点から敵陣1番目のポータルキー(E,A)が近い構造となっている。 そのため、バトル開始直後から自陣1番目のポータルキー(A,E地点)を狙われやすい。 序盤から制圧されてしまうと逆転が難しくなるので、敵陣側を狙いつつも、まずは自陣1番目のポータルキーを安定させることを優先したい。

2.AE側の人数不利にも要注意!

一度BCD側に降りるとAE側には戻りづらい構造上、BCD側に戦力が集中した状況でAE側を狙われると、対処が遅れがちになる。 反対に、BCD側への対処はAE側にいても対処しやすいので、AE側の状況を注視しつつバトルを進められると戦いやすいだろう。

Castle of the Silver Feetでの立ち回り

【開幕】自陣1番目ポータルの安定が最優先!敵陣奇襲も有効!!

バトルがスタートしたら、まずは自陣1番目のポータルキー(A,E地点)の制圧を優先しよう。 この際、ポータルキーを制圧するのは編成にもよるが
  • 足の速いスプリンター
  • チームのなかでダメージを稼ぎにくいヒーロー(タンクなど)
が担当するのがおすすめ。 制圧を担当しなかったヒーローたちで、制圧ヒーローを守りつつ、隙あらば敵陣1番目のポータル(E,A地点)を狙っていきたい。

開幕敵陣2番目ドアは超危険!温存か敵陣1番目がおすすめ

タンクなどを中心に採用される「どこにでもいけるドア」だが、開幕直後に敵陣2番目のポータルキー(B,D地点)に飛ぶと、AE側の人数不利を自ら作ってしまうかたちとなり、序盤からA,E両地点を奪われた展開になりやすくなってしまう。 そのため、ドアは制圧ポータルのピンチ時のために開幕は使わず温存しておくか、敵陣1番目(E,A地点)に飛んで、相手の注意を引くのがベターだろう。

【中盤以降:優勢】裏取りに要注意!

もし、序盤から3点以上のポータルキーを制圧できたら、各制圧ポータルキーで人数的に不利にならないように意識しながら、相手チームに対処していこう。 ステージの構造上、裏取りを狙われやすいA,E地点も、ポータルエリアを拡張しておけば、簡単には奪われないポータルキーになる。 敵のいない隙を見計らって、しっかりとエリアを拡張させ、自チームの有利を盤石なものにしていこう。 どのポータルも、ある程度エリアを拡張しておかないと制圧していても安心できない。敵スタート地点から近いA,E地点を優先しつつ、自陣制圧ポータルを確固たるものにしていこう

【中盤以降:劣勢】人数有利を作って2点攻め!

他のステージと同様だが、バトル序盤で相手に有利に展開されてしまったら、キルするなどして一時的に数的に有利な状況を作り出して逆転を狙っていこう。 Castle of the Silver Feetは、段差を使えば敵戦力を分断させやすい。 段差を挟むように、敵陣1番目のポータル(E,A地点)と敵陣2番目のポータル(D,B地点)に同時にプレッシャーをかけられれば、少しずつでも不利な状況を打開していきやすいはずだ。 また、C地点は両スタート地点から最も遠いポータルキーになり、BCD側にいる敵を一掃すれば取り返しやすいポータルにもなっている。終盤ではC地点奪還を狙うのもおすすめだ

Castle of the Silver Feetの編集部おすすめヒーロー&豆知識

乃保:HAで裏取り対処!

他ヒーローと比べ、乃保はHAを使えばBCD側からもAE側に戻りやすい。 ただ、HAは意外に演出時間が長いため、気づくのが遅れてしまうと間に合わない自体にもなりかねない。 マップをよくみて、裏取りされそうな展開になったらすぐにHAを使えるようにしたい。

勇者&リヴァイ&オルタ(&アイズ&マルコス):段差を飛び越えられる得意ステージ!

勇者・リヴァイ・オルタの3人は、AB,ED間にある段差をHAを使って飛び越えることができる。 特に勇者・リヴァイは、簡単に安定して段差を無視できるので、ステージローテーションでCastle of the Silver Feetが出現した際に積極的に選びたいヒーローだ。 オルタは、HAを3段階ためることで段差越えできる。比較的簡単に越えられるが、距離を調節しないといけないことから、勇者やリヴァイと比べると若干難度は高め また、アイズはHSを使えば簡単に段差を飛び越えられるほか、マルコスも段差上の敵にHAを当てることさえできれば、段差越えできる。

きらら:戒天炎龍(HS)ルート

ステージのポータルキーの配置によって、攻撃ルートが変わるきららのHS「戒天炎龍」。 Castle of the Silver Feetでは、A地点からE地点へとコの字を描くように炎龍がポータルキーを辿る(※)。 ※きららが蒼チームの場合。紅チームの場合EからAへと反対方向に炎龍が巡る

めぐみん:爆裂魔法(HS)最大範囲

Castle of the Silver Feetは各ポータルキーが離れており、めぐみんのHSで複数のポータルキーを覆い尽くすことはできない。 ただ、A,E地点に向けてライフ満タンの状態で使えば、B,Dのポータルエリアや段差をつなぐ階段を封鎖するように放つことができる。

GUILTY GEAR -STRIVE- “Smell of the Game” MV (Short Ver.)

(C) ARC SYSTEM WORKS. (C) NHN PlayArt Corp. (C) DWANGO Co., Ltd. ※本記事の内容や掲載写真は開発時のものです。実装時とは異なる場合があります。