#コンパス【戦闘摂理解析システム】

#コンパス【攻略】: 鏡音 リン使いになるためのテクニックまとめ(5/3更新)

  • 2018年05月03日
  • PR

『#コンパス』の新コラボヒーロー「鏡音 リン」は、ヒーローアクションやヒーロースキルで味方を強化することができる、サポート性能が高いガンナーだ。本記事では、基本となる立ち回り方やデッキの組み方、小技などをまとめて紹介していく。

  1. ステータス
  2. 基本的な立ち回り方
  3. ランクFから使えるおすすめデッキ
  4. 上位ランカーデッキ紹介
  5. 人気カードと攻撃値
  6. コスチュームバリエーション

リン・レンが『#コンパス』に登場!新スキルカードにも注目!!

2度目の「初音 ミク」コラボ復刻に合わせて新登場が決定した「鏡音リン・レン」。

彼女らの登場に合わせて、4枚の新コラボ限定カードも追加されている。

カードデザインは、深川まといのイラストレーターである「鈴ノ助」さんやマルコスのイラストレーターの「たま」さん、初音ミクカード「【空駆ける歌姫】 初音 ミク」なども手掛けた「wogura」さんが担当

4枚のうち、3枚は既存のスキルを持った属性違いやレアリティ違いのカードとなっている。

「【ハッピーシンガー】鏡音 リン」は、フルアーマー機動兵の木属性版となる、攻撃寄りの防御系【強】カード。「【パワフルプレイヤー】鏡音 レン」は、多脚戦車の下位互換となるカードだ

火属性URの「【熱狂する双演】鏡音リン&鏡音レン」は、ヴァルヴァラの属性違いとなるカード。攻撃値が高くなっているのが持ち味

注目したいのが、「前方にあるポータルキー周囲に持続回復エリアを15秒間展開する」という新スキルを持った水属性URカード「【夢超える共演】初音ミク&鏡音リンレン」だ。

ステータスは体力寄り。アミスターの持続回復版となるカードだ

その効果範囲は、C地点を悠々覆いつくすほど。一度の回復量は最大ライフの約6.7%で最大19回も回復できる。最大合計回復量は約127%にもなるのだ!

クールダウンは、アミスターと同じ45秒。

野良バトルで使いこなすのは難しそうだが、うまく3人回復できたときの回復効率は目を見張るものとなるはず。

また、序盤に「どこにでもいけるドア」で最前線へと飛んだ味方のフォローにも有効だ。

鏡音 リンの基本ステータス

  • 攻撃倍率:1.15(18位)
  • 防御倍率:0.75(21位)
  • 体力倍率:0.75(24位)
  • 移動速度:17位(サーティーン【ガンナー時】、エミリア、レンとほぼ同じ速度)
  • 通常攻撃射程:約6.5マス(まとい、サーティーン【ガンナー時】、エミリアと同じ攻撃範囲)
  • テーマ曲:右肩の蝶 feat. 鏡音リン/のりぴー
  • イラスト:KEI
  • 声優:鏡音 リン(下田麻美)

ヒーローアクション(長押し):味方 攻撃&防御アップ

発動中、前方範囲内にいる味方の攻撃力と防御力をアップさせるヒーローアクション(以下、HA)。

効果範囲は扇状に広がっていて、既存のヒーローでいうと、「エミリア」のHAに似た範囲となっている

効果中は、味方の攻撃力を約1.4倍、防御力約2.5倍にまで高めることができる。

味方が周りにいないと使いものにならないが、非常に強力な効果を持つHAだ。

ヒーロースキル:リンちゃんのトリコになっちゃえ♪

「ミク」と「リリカ」のヒーロースキルを掛け合わせたような性能のヒーロースキル(以下、HS)。

HS発動から約10秒間、自身とその周囲にいる味方の攻撃力と防御力を高めるエリアを展開する。

効果範囲は、通常攻撃範囲より少し広い程度(約7マス)

かかる強化倍率は、自身と味方で異なり、基本的には味方を大幅強化するために使用していくことになる。

HSによる強化倍率

強化対象攻撃倍率防御倍率
リン自身1.5倍3.0倍
味方3.0倍6.0倍

発動中、無敵になるわけではないので、やられないように注意。

HAと重ね掛けすれば、攻撃力は約4.2倍、防御力は約15倍まで底上げ可能だ!

HA&HS中の味方のステータスは、もはや別ゲーとも思えるものに!!

アビリティ:双鏡のキズナ ~レン~

「鏡音 レン」が近くにいると、スキルゲージがたまるアビリティ。

アビリティ効果範囲は、リンの通常攻撃範囲内(約6.5マス)。レンも同じ範囲内でアビリティ発動する

リン&レンは、互いがマルコスとリリカのような関係性となっており、敵チームのレンの近くにいるだけでもスキルゲージをためることが可能。

ただ、レンも同じくリンが近くにいるとスキルゲージがたまるアビリティを持っているので、敵チームのレンに近づく際は、相手のスキルゲージをためることにも繋がることを覚えておこう。

アビリティによるゲージ増加量は、拡張済みエリア内にいるときと同じ。また、エリア内で味方レンが近くにいても、増加スピードはアップしないことが検証により判明している

HS発動までに必要な時間

さまざまなシチュエーションで、スキルゲージが空っぽから一杯になるまでのタイムを計測。

リンは、HS発動までに長いタメ時間が必要になるので、序盤の拡張時にしっかりとゲージをためておきたい。

状態必要時間
アビリティのみ64秒
拡張済みエリア内64秒
アビリティ+拡張エリア内64秒
常時エリア拡張時(※)32秒

※「お試し」中のスキルゲージ上昇を用いて測定
※そのほかは、カスタムバトルにて味方にレンを用意して計測

基本的な立ち回り方

リンは、サポートに特化したガンナー。リン自身のステータスは高いとはいえず、通常攻撃性能も高くはない。

HAとHSなどで、味方の攻撃力と防御力を底上げして、チーム一丸となって勝利を目指していこう!

通常攻撃は、初撃から2撃目、2撃目から3撃目の間隔が1.3秒ほどとリリカ以上に長い。味方と戦いながら、弱った敵を追撃するように使っていこう

序盤はA(E)を制圧!中~終盤に向けてゲージをためよう

移動速度はそこそこだが、スキルゲージがたまるスピードがジャンヌと同じ程度と、ヒーロー全体でみても遅いリン。

そのため、バトルスタート後は、自陣から1番目のポータル(A、E)を制圧することが多い。

ただ、リンよりもスキルゲージをたまるスピード、移動スピードが遅いヒーローも少なくない。

チーム編成によっては、自陣から2番目のポータル(B,D)に向かうことも考えよう。

バトル開幕後B,Dに向かった場合、すぐに前線をサポートできるというメリットも。HAやカード、通常攻撃をフル活用し、序盤の有利を確立しよう

味方にいたらA(E)を譲りたいヒーロー例

  • マリア
  • ルチアーノ
  • ディズィー
  • (マルコス)
  • (まとい)

カッコ内ヒーローは、ステージやデッキ、プレイスタイルによってどちらがA,Eを制圧するか迷うところ。

事前にチャットなどで、しっかり連携をとっておきたい。

味方と足並みを揃えて戦おう!

自身の性能が高くないかわりに、味方を大幅に強化できるリン。

そのメリットを最大限に活かすために、基本的には常に味方の後に続くように行動していきたい。

HA中は、マップなどが見えない無防備な状態となる。敵の動向に注意しよう

デッキには迎撃手段を!

リンは敵にとって、前線にいられるだけでやっかいな存在かつ、耐久力が低くキルを取りやすい相手となるため、自ずと狙われやすい。

また、カードなしでは個としての打開力が低いので、デッキにはしっかりと妨害・迎撃手段を用意しておきたい。

攻撃カードの中で比較的使いやすいのが、【近】カードと【遠】カード。【近】カードの繰り出しスピードと硬直時間はサーティーンとほぼ同じで、【遠】カードはテスラやディズィーに近い感覚で繰り出せる

【周】カードも、テスラやリュウと同程度のヒット速度と硬直時間で使え、採用候補に入る。【連】カードは硬直時間が長いため、耐久力の低いリンには搭載しづらいだろう

HSは味方強化に!やられないよう注意!!

リンのHSは、自身も強化できるが、メインとなるのは倍率の高い味方強化。

味方が最大限に効果を活用できるタイミングで使用したい。味方2人が効果を受けられるのがベストだ。

HS演出終了直後を狙われ、リン自身がやられてしまい、不発に終わることも少なくない。発動場所に気をつけたり発動中にうまくカードも使ったりして、やられないように工夫しよう

まとい&メグメグのHSに合わせてHA&HS!凶悪タレット&ガトりんに!!

まとい、メグメグのHSで設置できるタレット、ガトりんの攻撃力は、設置時の攻撃力で決まる。

設置前に攻撃力を強化できれば、それだけ強いタレット、ガトりんになるので、味方にいれば連携を狙ってみよう。

ランクFから使えるおすすめデッキ(レアリティSR以下)

  • 一撃必殺 ブラストアッパー
  • 警備ロボ Guardoll-4711
  • 【ピースメーカー】初音 ミク
  • 保健室の救急セット

警備ロボとピースメーカー、2枚の【防】カードを採用して、耐久力を重視したデッキ。近づいてくる敵は、【近】カードのブラストアッパーで迎撃しよう。

【防】カードは、Dランク到達から手に入るようになる【貫】カードやBランク到達から入手可能になる【破】カードには弱いが、S1ランクに到達するまで、かなり役に立つカードとなる。

救急セットは回復量が非常に少ないので、Eランク以降で手に入る【癒】カードを入手したら、即刻入れ替えていこう。

すぐに到達できるEランクでは、入手が容易で優秀な回復カードが多く入手可能となる

序盤に手に入る【防】カードでは攻撃がしのぎ切れない場合、移動系【強】カードを入れて、攻撃を回避しやすくするのも手だ

カードガチャから排出するカードは、ランクが上がるほど増えていくので、目当てのカードが解放されてから回すのがおすすめだ。

迷ったときのカードの選び方

リンは、多くのヒーローに射程でアドバンテージをとれるガンナー。

通常攻撃スピードが早くはないが、攻撃できる機会は多いので、攻撃値の高いカードを優先して採用して、1撃のダメージを上げよう。

属性違いの同性能のカードでも、ステータスは大きく違ってくる。デッキ全体の属性バランスだけでなく、ステータスにも注目しながらデッキを構築していこう

耐久力が気になったら、防御値より体力値に注目したほうが、攻撃を耐えられるようになりやすい。

上位ランカーデッキ紹介

実装から4日後、S5ランク以上のリン使い30人のデッキを調査。

まだ、さまざまなデッキが試されている状態だが、多くのデッキに「迅雷の科学者 アバカン」や「反導砲 カノーネ・ファイエル」が搭載されているのが特徴だ。

サポート特化型

  • 迅雷の科学者 アバカン
  • 全天首都防壁 Hum-Sphere LLIK
  • 妖炎参謀 月夜叉
  • ドリーム☆マジカルスクエア

月夜叉で味方のライフ回復まで可能にしたデッキ。

近づく敵は、マジカルスクエアやアバカンで迎撃。ひるんだスキを味方をいっしょにキルまでもっていく。

現在入手可能な「【空駆ける歌姫】初音 ミク」で、味方全員のスピードアップを図ったデッキも。全体に効果を及ぼすカードは、クールダウンが長いものが多いことだけ覚えておこう

ひめたる【近】・アバカン型

  • ひめたる力の覚醒
  • 反導砲 カノーネ・ファイエル
  • 全天首都防壁 Hum-Sphere LLIK
  • 魂を司る聖天使 ガブリエル

ひめたるで通常攻撃と攻撃カードの威力を高め、個としての力を高めたデッキ。

味方と協力せずとも、キルを取りやすいのが持ち味だが、ルチアーノやエミリアと比べ、通常攻撃自体が見劣りがちなのが難点だ。

比較的入手しやすいSR以下のカードでも、似たようなデッキが組めるのもポイント。リンのデッキ構成に迷ったら、ひとまず試しに似たようなデッキを作ってみよう

【近】カードの枠に、アバカンを搭載したデッキも多い。

バランス型

  • 反導砲 カノーネ・ファイエル
  • 忘愛の長女 アレクサンドラ
  • 帝皇機神 ケーニヒ・イェーガー
  • 祭りの真打ち!打ち上げ花火

攻撃カード2枚に、【防】カードと【癒】カードをそれぞれ1枚ずつ採用した、バランスの良いデッキ。

アバカン、カノーネ以外だと以下の攻撃カードが多い。

  • 機甲師団 フルーク・ツォイク
  • 忘愛の長女 アレクサンドラ

【止】カードと【破】カードを同時搭載すると、【止】カードの対処でガード展開させたところに、【破】カードで大ダメージを与えるといった戦法がとれる。

耐久力重視型

  • 迅雷の科学者 アバカン
  • 楽団姫 ディーバ
  • 全天首都防壁 Hum-Sphere LLIL
  • 聖女の守り手 黒猫リリィ

【防】カードを2枚搭載し、前線に居座り続けることを意識したデッキ。

自身がやられないことで、長くサポート力を活かしやすくなる。【破】カードには注意しよう。

【防】カードの代わりに【返】カードを採用したプレイヤーも多い。

リンに人気のカードと攻撃値(レベル20時)

カード名タイプ攻撃値
忘愛の長女 アレクサンドラ止&罠145
迅雷の科学者 アバカン止&遠142
【空駆ける歌姫】 初音 ミク(※)全&強137
機甲師団 フルーク・ツォイク132
反導砲 カノーネ・ファイエル破&近128
ミナ&ルナ&レナのバーゲンセール戦争128
【ライジング・フォース】カイ(※)止&遠126
【画竜点晴】梅喧(ばいけん)126
ひめたる力の覚醒108

コスチュームバリエーション

V2

アペンドリン

双挽乃保リン

(C) NHN PlayArt Corp.
(C) DWANGO Co., Ltd.