#コンパス【戦闘摂理解析システム】

#コンパス【攻略】: ディズィー使いになるためのテクニックまとめ【1/11更新】

  • 2018年01月11日

『#コンパス』の『ギルティギア』コラボでのみ入手できる「ディズィー」は、テンポの早い通常攻撃と拠点制圧スピードの早さ、敵全員の強制スタンを狙えるヒーロースキルが特長のガンナーだ。本記事では、基本となる立ち回り方やデッキの組み方、対処法などをまとめて紹介していく。

12月18日のバランス調整内容

  • ステータスの防御倍率が0.75倍から0.85倍にアップ
  • 通常攻撃の攻撃速度が上方修正(1発目と2発目の速度アップ)
  • 通常攻撃の射程範囲が14mから15mにアップ
  • ヒーローアクションの拠点拡大速度が約11%アップ
  • アビリティの拠点制圧速度が約3%アップ
  1. ステータス
  2. 基本的な立ち回り方
  3. ランクFから使えるおすすめデッキ
  4. 上位ランカーデッキ紹介
  5. ディズィーへの対処法
  6. HSへの対処法

ディズィーの基本ステータス

  • 攻撃倍率:1.25(11位)
  • 防御倍率:0.85(14位)
  • 体力倍率:0.55(25位)
  • 移動速度:8位(マルコスとほぼ同じ速度)

※アタリからレムまでの25ヒーロー中の順位
※「13 †サーティーン†」はロールを分けてランキングしているため、26位中の順位
※12月18日のバランス調整で上方修正された項目を赤色で表示

ヒーローアクション(長押し):拠点拡大速度アップ

制圧したポータルエリアの拡張時に使うと、驚異的な早さでエリアを拡張できるヒーローアクション(以下、HA)。

12月18日のバランス調整によってスピードアップして、より短い時間でエリアを広げられるようになった。

例えば、「でらクランクストリート」のA(E)地点に触れてから拡張しきるまでの時間を他ヒーローと比べると、約11秒ぶんも短縮できた

同時に、エリア内のスキルゲージの上昇速度も上がるので、単純に序盤の自陣固めの時間を短縮できる。

スキルゲージが早くたまる効果は、もちろんエリア内の味方にもある。エリア拡張のしやすい序盤に限られるが、マルコスと組めばリリカとはまた違ったサポートができる

ヒーロースキル:感情的なガンマレイ

ガードを貫通して、敵チーム全員を約7秒間強制スタンさせる超強力なヒーロースキル(以下、HS)。

バトル終盤で使えば、それだけで試合をひっくり返せるほど。全ヒーロー中でも、最強クラスのHSだ。

アイコンを上にフリックしてから、自身が動けるようになるまでは、およそ8.5秒ほど。遅くても残り20~30秒までに発動させると、効果を最大限に発揮できるだろう

敵チームにディズィーがいる場合、しっかりとHS対策しないと勝つのは難しい。

くわしくは後述しているので、対処法を覚えておこう。

アビリティ:競うことは争うことではありません

敵ポータルキーの制圧速度がアップするアビリティ。

12月18日のバランス調整でHAと同様、こちらもスピードアップしている。

「どこにでもいけるドア」や高い移動能力を活かせば、素早く裏取りを狙うこともできる。

「でらクランクストリート」のA(E)地点を例にして、拠点に触れた瞬間から制圧までの時間を比較すると、約3.7秒ほども早く制圧できた

基本的な立ち回り方

ディズィーは、通常攻撃をリリカに次ぐ射程範囲、かつハイスピードで繰り出すことができ、通常攻撃だけでキルを狙うことも難しくないガンナーだ。

拠点の制圧と奪取も得意なので、後方から射撃してキルを狙いながら、積極的にポータルキーの奪い合いにからんでいきたい。

バランス調整によって、まといやガンナー時のサーティーン、エミリアよりも少しだけ射程範囲が広くなった。ほとんどのヒーローに対して先制攻撃可能だ

序盤:HAで時間短縮! 自陣に近い2拠点を最大限まで拡張しよう

バトル序盤は、HAを使ってスタート地点から近い2つのポータルエリアを、最大限まで拡張しておくのがベスト。

味方のいるエリアを拡張すると、ゲージためをサポートすることもできる。

HA中に気をつけたいのが、ミニマップが見えなくなって属性変更もカード発動もできない、完全に無防備な状態になってしまうこと。

自分が気づかないうちに奇襲されることもあるので、制圧しながら視点を回転させるなどして、周囲の状況把握を怠らないようにしよう。

長押し中も左右にスライドすれば、視点変更できる。周りの安全をよく確認しながら使おう

前線の状況によっては、広げきる前にサポートに入って有利を確立することも考えよう。スキを見計らって広がり切ってないエリアを拡張しながら、終盤に向けてスキルゲージをためていこう

基本:味方と行動!脆い耐久面をうまくカバーしよう

ディズィーの最大の弱点が、非常にやられやすいこと。

体力倍率がコクリコに次いで低いので、防御力無視の【貫】カードなどをくらえば即死は免れない。

味方のタンクやアタッカーの後方から支援するなどして、基本的には単独で敵と戦わないように立ち回ろう。

味方といっしょに行動していても、敵は率先して打たれ弱いディズィーを狙ってくることが多い。迎撃用に【近】カードや【周】カードを積んでおくと役立つ

とはいえ、バトル中は1人で戦わざるを得ない場面も多い。

長い射程とすばやい足、【防】カードなどを活かして、被ダメージを最小限に抑えるようにして立ち回っていこう。

ゲージを奪われないように注意!

ディズィーは、HSを終盤まで大事に取っておくことが多い。

たまっているまま行動するときに気をつけたいのが、「革命の旗」をはじめとするゲージ系の【奪】カードだ。

一度被弾するだけで、バトル中のHS発動が難しくなってしまうだけでなく、相手のゲージために貢献してしまうことになる

この効果は、ガードを展開しても回避できない。幸い足は速いので、ルチアーノなどがやたら近づいてくる場合は、警戒して距離を取ろう。

ランクFから使えるおすすめデッキ

  • ジャンクヤード・ドック(自分の攻撃力を12秒間中アップ)
  • ドリーム☆ステッキ(前方に木属性の小ダメージ攻撃)
  • ジャック・オー(10秒間被ダメージを50%減らす)
  • 連合宇宙軍 ステルス迷彩(ライフ100%回復でスタート位置に戻る)

ジャンクヤードで通常攻撃の威力を上げ、通常攻撃をメインのダメージソースにしてキル量産を狙っていくデッキ。

近寄ってきた敵は、ドリームステッキでダウンさせて、通常攻撃で追撃して倒していこう。

コラボガチャでのみ手に入る2枚のカードは、それぞれ以下のカードに変えることで性能は落ちるが再現可能。

  • ジャンクヤード・ドッグ→「-蒼王宮- 第一魔剣 ザヴァイヴァーニィ」、「武器商人 エンフィールド」
  • ジャック・オー→「警備ロボ Guardoll-4771」

移動速度を強化して回避! という選択肢もあるが、ディズィーには基本的に【防】カードが必需品になる。なるべくダメージカット率の高いカードを組み込んで、少しでも相手の攻撃を耐えられるようにしたい

迷ったときのカードの選び方

ディズィーは、HSや通常攻撃が高スペックなぶん、攻撃以外のステータス倍率が非常に低いヒーロー。

同じような性能のカードで迷った場合は、攻撃力の高いカードを選ぶのがベターだ。

攻撃系カードとの相性はいずれも悪くなく、【近】【遠】【連】【周】、どのスキルタイプのカードも、卒なく使いこなしてくれる。

特に、【連】の攻撃スピードは全ヒーローでも指折り。とはいえ、硬直中は大きなスキとなるので、使いこなすには高いプレイヤースキルが求められる

上位ランカーデッキ紹介

1月シーズン直前に、S5ランク以上のディズィー使い42人のデッキを調査。

圧倒的に多いのが、攻撃系カードを2枚採用したバランス型デッキで、次いでHSから逆転も狙える「ドア型」が人気だ。

バランス型

デッキ例

  • 【破】&【近】:反導砲 カノーネ・ファイエル(Bランク到達で入手可能)
  • 【貫】&【周】:オールレンジアタック(Aランク到達で入手可能)
  • 【防】:全天首都防壁 Hum-Sphere LLIKなど
  • 【癒】:聖女の守り手 黒猫リリィなど

バランスのいいデッキの中でも、もっとも多かったのが、ガード対策に重点を置いたデッキ構成。

カノーネの威力はすさまじく、ガードブレイク成功時にはダウンが取れるので、決まれば確殺級の攻撃となる。

オールレンジアタックは、ガード越しでも大ダメージを与えられるほか、ガード非展開には相手をダウンさせて攻撃の起点も作れる。ディズィー使いにいちばん人気のある攻撃カードだ。

カノーネの枠には「とある家庭用メカの反乱」や「聖女の後衛 銃士レオン」など、さらに【貫】カードを入れている使い手も多い

オールレンジアタックに次いで人気なのが、「ドリーム☆マジカルスクエア」。迎撃用として非常に有効で、カノーネなどとも相性がいい

ドア型

キーカード

  • 【鍵】&【移】:どこにでもいけるドア(Cランク到達で入手可能)

中・終盤のドアによる裏取りで、相手チームをかき回せるデッキ構成。ドアは攻撃値もじゅうぶんに高く、ステータス確保要員としても優秀だ。

しかし、攻撃カードに枠を割く余裕がなくなりがちで、思い切って回復カードを切った使い手もいる。

HS発動してから裏取りを狙うと、わかっていても相手は対応しづらい。

加速型

キーカード

  • 【全】&【強】:【空駆ける歌姫】初音 ミク(初音ミクコラボ限定)
  • 【強】:ぶじゅつかの超速加速(初めから入手可能)

スプリンターを除けば最速の足を、さらに移動系【強】カードで高めたデッキ。

そのスピードで相手にプレッシャーを与えることができ、長い射程と組み合わせて、距離を取りながら着実にライフを削っていける。

ぶじゅつかは、カードの攻撃値が高くないので、通常攻撃の火力が控え目になってしまう点に注意。

ディズィーの人気カードと攻撃値(レベル20時)

カード名タイプ攻撃値
【リゼロ】間断なき結束貫&周143
【空駆ける歌姫】初音 ミク全&強137
ドリーム☆マジカルスクエア134
機甲師団 フルーク・ツォイク132
オールレンジアタック貫&周131
反導砲 カノーネ・ファイエル破&近128
【リゼロ】絶望という病破&近128
聖女の後衛 銃士レオン貫&遠126
ラム貫&遠120
どこにでもいけるドア鍵&移115
ひめたる力の覚醒108
ぶじゅつかの超速加速77

ディズィーへの対処法

ほとんどスキがないディズィーだが、耐久力の低さは唯一にして最大の弱点。

【貫】カードであれば、そのウィークポイントを思い切り突けるので、ディズィーになかなか勝てない場合はデッキに組み込んでみよう。

貫通攻撃カードは、ランクDから徐々に入手可能になる。ディズィーだけでなく、耐久力のないガンナーやコクリコなどにも有効なので、試しに使ってみてほしい

耐久力に不安があるディズィーは、ガード展開することが多いので、ガードブレイク攻撃も刺さりやすい。うまく当てられれば、ほぼ間違いなく一撃で倒せるはずだ

HSへの対処法

ディズィーのHSは強力で、それだけで逆転を狙えるほど。対策は必須だ。

敵にHSを発動されたら、以下のような対処をとろう。

1:HSで対抗!

ディズィーのカットインが見えたら、こちらもHSを発動し、カットイン中の無敵を利用してスタンを防ぐ対処法。

後出しで発動すれば、ほぼ確実に回避できる、最もおすすめしたい対処法だ。

ディズィーのカットインから、約6.5秒後にスタンさせられる。スタンになる瞬間を、自分のHS発動演出で乗り切ればOKだ

2:制圧済みポータルエリアで【防】カード発動!

一定ダメージをカットできるガードを展開し、スタン中の撃破と拠点制圧を妨害する対処法。

スタン中のスキはポータルキーが奪取されやすいので、すでに制圧したエリア内にいると、被害を抑えられる。

「全天首都防壁 Hum-Sphere LLIK」であれば、6秒間はほぼ無傷でやり過ごせる。ただし、ガードブレイク攻撃のマトになってしまうので注意

3:スタート地点で待機!

発動の瞬間にスタート地点にいれば、カードやHSを使わずにスタンを回避することも可能。

撃破された直後にディズィーのHSが発動しそうならば、少し待ってやり過ごしてから行動を開始したほうがいいだろう。

(C) NHN PlayArt Corp.
(C) DWANGO Co., Ltd.
(C) ARC SYSTEM WORKS